アワビ ウェア。 淡路島の「美」が宿る、継承したい焼き物「Awabiware(あわびウェア)」

あわびウェアの耐熱グラタン皿 M・白マット / オレンジページ通販【公式】

アワビ ウェア

このごろ足しげく通っている北浜のでは、6月2日から、 さんの展示がはじまりました。 初日は、作家の 岡本純一さんがお店にいらっしゃるということだったので、さっそく初日に伺ってみると。。。 やわらかい、奥ゆかしい、何色ものパステルカラーが目に飛び込んできた瞬間。 あの胸の高鳴りは、ちょっと忘れられません。 と同時に、日本独自の豊かな色彩感覚を、そこにあらためて見た気がします。 残念ながら、今回は展示のようすを写真に納めてこれませんでしたが、まずは上のポスターから、雰囲気が伝わるでしょうか?(かなりナナメですみません…) 女性の心をくすぐること間違いなしの「あわびウェア」について、今日はご紹介しますね。 でもなぜ「あわび」?と気になっていたんです。 (あの貝のアワビとは関係ないのかな、なんて思いつつ。 ) 今回、展示を見に行くにあたり、ウェブサイトを拝見して、ようやく納得。 淡路島の美しさと書いて「あわび」、あわびウェアの「ウェア」には製品という意味があります。 江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、生活道具としての器をつくっています。 (以上、ウェブサイトより引用) 淡路島!わたし、淡路島が大好きです。 自然豊かで、海がきれいで、さらに、神聖な場所。 というのは、古事記では、日本で一番最初に作られた場所だそうで、それに由来した神社がたくさんあるのです。 実際に、あわびウェアの工房は淡路島のまんなかあたりにあります。 次に淡路島を訪れるときは、工房見学に行こうと心に決めました。 岡本さんと少しお話させていただいたのですが、工房の近く(?近くかどうか、うろ覚えですが)には、あわびウェアを使って料理を出されるレストランがあるそうで、そこにも興味しんしんです。 淡い色彩の展開が新鮮 (今回購入したものを自宅で撮影。 ピンクのうつわ2つが、あわびウェア) 展示を見ていて、どうにも心を惹かれてしまったのが、この淡いピンク色。 それからラベンダー色も美しかったな。 さらには、クリーム色、カフェオレのような茶色、優しいグレー、トルコブルーなども。 いろんな色が並ぶさまが、とにかくキレイで、「全色ひとつずつ持って帰りたい・・・」と本気で思いました(思いとどまりましたが)。 でも、この不思議な感じは何だろう?パステルカラーなのだけど、乙女過ぎず、静かな空気。 普段の食卓の中に、あわびウェアのうつわをひとつ置いて、しっくりなじみつつ華を添えてくれる様子が想像できます。 わたしは、色のことはあまり詳しくありませんが、これらは洋風のパステルカラーのようで、「和の色」なのかも。 ラベンダーではなく藤色、ピンクというより桃色。 絶妙に和の色合いが表現されている気がします。 日本人って、古来から認識している色の数が、他の国の人と比べて非常に多い、と聞いたことがあります。 あわびウェアのうつわがまとう、様々な色ひとつひとつが、そんな日本人の(そして、もちろん岡本さんの)細やかな色彩感覚から生まれたもの、なのでしょうね。 ちなみに今回も、小さなうつわ二つをお買い上げ。 一つは親友にプレゼントする予定です。 食卓に仲間入りさせようかと思いましたが、なんとなくアクセサリーを置いてみたら素敵だったので、写真のようになりました。 laughout83.

次の

あわびウェアの耐熱グラタン皿 M・白マット / オレンジページ通販【公式】

アワビ ウェア

「Awabi ware」は、受け継ぐ器をコンセプトにした日用食器のブランドです。 オーバル皿や輪花皿シリーズが、代表的な商品で、色はマット系をメインとし、カラフルながらも優しい色合いを基調としています。 形は、昔からある伝統的な形を参考に、現代の食卓に合うようにデザインしています。 どの商品も、試行錯誤を重ねて生み出した、使い易い形と色になっています。 クールさ、華やかさ、温かさ、など組み合わせ次第で全く違う雰囲気になるので、選ぶ楽しみ、使う楽しみがあります。 バイヤーレコメンド 彼は常にわたしの想像を超えています。 graf代表の服部滋樹氏が彼を引き合わせてくれた『うめだスーク』のイベントで、彼は綿施氏(九州のクレイワークの作家)と同じ場所に出店。 2、3日で九州に戻った綿施氏の作品も、残りの期間中、飄々と販売していました。 (私には到底無理だと思いました。。 武蔵野美術大学の大学院まで行き、助手、非常勤講師まで勤めながら、故郷の淡路島に帰って、農的生活の傍ら、古物に学び、独学で器を作り始める。 その振れ幅の大きさに驚きました。 ご自身の納得のいくものを納得のいくやり方で作り上げていく。 そんな生き方、価値観を垣間見た思いです。 こどもたちが大人になった時の食卓を想像し、そこでも使ってもらいたいので長く使ってもらえる器作りを目指している、とのこと。 そんな中で彼はそれを飄々と実践している方だと思っています。 担当バイヤー:国井 祐子.

次の

あわびウェア×堤人美 楕円平皿23㎝・青白磁 / オレンジページ通販【公式】

アワビ ウェア

アワビ さばき方 簡単 アワビのさばき方は実は簡単でした。 まず、アワビに塩をまぶして擦ります。 ヌメリが取れます。 塩をまぶして・・・ 擦ります!! ヌメリが取れたら次は、アワビの身から殻を外します。 アワビを外すときには丸くなっている部分を上に向けて、指のところからスプーンやナイフを入れて貝柱を切ります。 貝柱と殻が離れましたね。 ここまで来たら後はすぐに身は取れます。 ナイフ等を入れたところの反対側からめくりあげると簡単にアワビの身は取れます。 殻には肝とひもがついているので捨てないでくださいね。 続いて、アワビの口を取っていきます。 サザエにもありましたが、アワビにももちろん口があります。 ここに三角になるように包丁を入れて口を取り除きましょう。 ここまで来たらもう完成です。 でも、忘れてはいけないのは肝の部分。 肝醤油にするのなら肝が必須ですよね。 アワビはよけておいて、殻に戻ります。 肝は指で簡単に取れますよ。 ほらね。 それ以外は美味しく食べることができます。 最後はお好みに応じて食べてください。 アワビの刺身を肝醤油につけて食べてもいいですし、バター焼きにしてもいいですしね。 私は断然刺身をおすすめします。 アワビのうまみを惜しみなく楽しむことができますよ。 噛めば噛むほどうまみがにじみ出てきます。

次の