親が亡くなった人にかける言葉 上司。 上司に掛ける言葉として適切なもの

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び│トイコタエ

親が亡くなった人にかける言葉 上司

冠婚葬祭の中でも仕事仲間や上司に身内の不幸が出ると、関係者はみんな大層気をつかうもの。 ちょっとしたマナー違反や間違いも、遺族の心を傷つけてしまうかも……と、その対応にはとても神経を使いますよね。 そこで今回は、冠婚葬祭のなかでも上司の義理の親の不幸の場合を取り上げました。 少し関係性が遠く感じる上司の義父や義母。 上司の義理の親が亡くなった場合、会社関係者は葬儀に参列すべきなのでしょうか。 上司の義理の親の葬儀に参列するかは、上司との関係次第 社会人になれば、葬儀は「故人のため」ではなく、自分の仕事の関連性で判断します。 なので、上司の義理の親が亡くなった場合の葬儀に参列するかどうかは、上司との関係によって決まります。 上司との関係によっては故人が上司の実の親であれ葬儀にでる必要がない場合もあります。 上司の親が亡くなった時でも義理の親が亡くなった時であっても、あくまで葬儀への参列は自己判断で良いようです。 上司の義理の親の葬儀に参加するならお通夜と告別式のどっち? 上司の義理の親の葬儀の場合、お通夜と告別式のどちらに参列すればいいのでしょうか。 本来、親族以外は、告別式に参列します。 お通夜は身内で行うものとされているからです。 しかし、最近ではその区切りが曖昧になっており、どちらか一方に参列すれば、マナーは守られていると思われるようです。 会社として行く場合と個人として行く場合とで対応が違う 会社として上司の義理の親の葬儀に出るのであれば、できれば2日間参列した方がいいようです。 個人的な場合であれば、お通夜か告別式、どちらか都合の良い方に向かえば、充分、弔意をあらわせます。 なお、故人との面識がなければ、どちらか1日だけのパターンが一般的です。 上司の義理の親の葬儀の香典マナー 上司の義理の親の葬儀に参列する場合、気になるのが香典マナーですよね。 とくに香典の金額は気になります。 冠婚葬祭に関するお金は悩むことが多いですが、香典が少なすぎては冠婚葬祭のマナーに反しているように感じますが、上司の親が亡くなった時や上司の義理の親が亡くなった場合、面識のない上司の義理の親の香典にあまり高い額を包むのもあまりスマートな印象ではない気がします。 上司の義理の親の葬儀に参列し、香典を渡し、さあでは何て声をかけましょう?上司の親が亡くなった時・上司の義理の親が亡くなった場合でも、冠婚葬祭には、世間でいう定型のお悔み文句はありますが、できれば心からの気持ちが伝わるような言葉を選びたいところですが…。 月並みなお悔やみの言葉の方が上司にとってはよい 義理の親とは言え、上司も葬儀に大きな労力を割いているでしょう。 葬儀当日も取り込んでおり、大勢の人の応対もしなければならないので、月並みな短いお悔やみの言葉の方が上司にとっては負担が少なくて良いのです。 ・この度は御愁傷様です ・心からお悔やみ申し上げます ・安らかな眠りをお祈りいたします(キリスト教) といった、言葉をかけましょう。 上司の体調を気遣う言葉も加えるのがマナー 上司の義理の親の葬儀で、上司と話す際は、「この度は心からお悔やみ申し上げます。 お疲れが出ませんように、お身体にお気をつけてください」と言った上司を気遣う言葉も加えましょう。 また葬儀が終わり、上司が出社した際は、手伝える仕事があれば回してください、といった心配りもできるといいでしょう。 上司の義理の親の葬儀では香典マナーやかける言葉に注意して! 上司の義理の親が亡くなった際は葬儀に参列するべきなのか、そして香典マナーと上司にかける言葉について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。 冠婚葬祭は相手への気配りと、マナーを意識すれば失敗しません。 葬儀だからと必要以上に気を回さず、心からのお悔みの言葉をかけて上司を励ましましょう。

次の

関係者が危篤だという連絡を受けた人への返信方法

親が亡くなった人にかける言葉 上司

忌引き休暇から職場や学校に戻ってきた人に対し、どのような言葉をかければいいのか、またはどのような接し方をするのが正しいのかが分からずに苦労したという経験がある方も多いのではないでしょうか。 忌引き明けで傷心している人にかける言葉を誤ると、その後の人間関係において大きな傷をつけてしまう可能性もあります。 それほどのデリケートな問題であるため、いつ忌引き明けの人と話す場面に遭遇しても礼儀正しく相手を傷つけない対応をすることができるよう、あらかじめかける言葉に関するマナーを学んでおくことが大切です。 そこで今回「終活ねっと」では、以下の内容を中心に 忌引き明けの人にかける言葉について、例文を交えて詳しく解説していきます。 忌引きとは、近親者が亡くなった際、 喪に服すために会社や学校を休むということです。 会社については、労働基準法などの法律による規定はないので、それぞれの会社における就業規則に記載されている対応が取られます。 そのため、特別休暇として有給での忌引き休暇が与えられる会社もあれば、休暇を取ることは認められるもののその間の給料は支払われないという会社も存在します。 一方、学校においては地域や学校間に違いはあるものの、基本的に小学校・中学校・高校・大学のいずれにおいても、 必要な手続きさえ踏めば基本的には必要な出席日数に影響しません。 また、忌引きで休むことができる日数は亡くなった方との親等のような 血縁関係の深さによって異なります。 一般的には以下の表の通りになっています。 忌引き明けで会社や学校に来た人に対してはどのような言葉をかければいいのでしょうか。 ここでは適切なかける言葉や、 お悔やみの言葉は必ずしもかけるべきなのかどうかについて解説します。 どんな言葉をかければいいの? お通夜などにおける挨拶などとは異なり、忌引き明けの人に対してかける言葉については 模範解答のようなフレーズは存在しません。 しかし、忌引きのためしばらく休暇を取った後に会社や学校に復帰するという場合、多くの方は親族が亡くなった悲しみを抱えたままであり、自分が休んでいた間の仕事や勉強のことや人間関係などにおいても多かれ少なかれ不安を感じているものです。 そのため、相手の心情や状況を気遣い、 思いやりのある言葉をかけることが最も大切なポイントです。 お悔やみの言葉を言うべき? 葬儀のような弔事においてはお悔やみの言葉をかけるのが基本です。 しかし忌引き休暇が明けて戻ってきた人に対してはお悔やみの言葉はかけるべきなのでしょうか。 御愁傷様などは違和感を感じる人も お通夜や葬儀の際には多くの参列者が「この度は御愁傷様です」と遺族に声をかけますが、基本的には忌引き明けの人に対してもこの言葉を用いて 問題はないとされています。 しかし、忌引き休暇が明けて日常の生活へと戻ってきた人は、近親者を失った悲しみから前向きな気持ちへと切り替えようとしています。 そのため、 中にはお悔やみの言葉をかけられることに違和感を感じるという人もいるのです。 また、「御愁傷様です」という言葉は使い方によっては皮肉の意味も含んでおり、この言葉をかけられることを快く思わない人もいます。 これらのことから、お悔やみの言葉をかける場合は気持ちをしっかりと込めて声をかけることが何よりも大切であり、言葉の選択に関しては「御愁傷様」と声を掛けるよりも お悔やみ申し上げますという言葉を選んだ方が無難であるということが言えます。 敢えてお悔やみは言わないという手も 上述したように、忌引き明けの人の中にはすでに大切な人を失った悲しみから前向きな気持ちへと切り替えているという人も少なくありません。 そこで、お悔やみの言葉を用いずに 他の言葉をかけるという選択肢もあります。 大丈夫ですか、辛い時期でしょうが無理はなさらずに、大変でしたね、のように純粋に相手を思いやる言葉をかけることもできます。 また、相手のことを考慮して自分からは忌引きに関する話題に触れない方がいいのではないか、と考える人もいるのではないでしょうか。 この問題はとても難しいものであり、一言も声をかけてくれないのは冷たいのではないかと考える人もいれば、その一方で、もう気持ちを切り替えたのだからあまり話題にしてほしくないという思いを抱えている人もいます。 忌引き明けの人への声のかけ方に正解はないので、 相手の表情や仕草を伺いながら自分がベストだと思う対応をするようにしましょう。 かける言葉の注意点 ここでは忌引き明けの人に対し何らかの言葉をかけることを決めた場合に、声をかけられる側とかける側のお互いに嫌な気分にならないために 気に留めておくべきマナーについて紹介していきます。 忌み言葉は使わない 忌み言葉とは、葬儀などの 弔事においては縁起が悪いため使用を避けた方が良いとされている言葉のことを指します。 以下で数多く存在する忌み言葉の一部を系統別に示していきます。 忌引きとは、近親者が亡くなった際、喪に服するために会社や学校を休むということである。 会社については労働基準法などの法律による規定はないので、それぞれの会社における就業規則に記載されている対応が取られる。 学校においては基本的に、学校ごとに定められた手続きを踏めば必要な出席日数に影響することなく休むことができる。 忌引きで休むことができる日数は亡くなった方との親等のような血縁関係の深さによって異なる。 忌引き休暇明けで会社や学校に復帰した人に対しては、相手の心情や状況を気遣った言葉をかけることが大切であり、お悔やみの言葉や「大変でしたね」のように相手を気遣う言葉をかけると良い。 忌引き明けの人にかける言葉としては、忌み言葉は使わないことや生死にまつわる言葉は使わないように注意する必要がある。 自分が忌引き休暇明けで会社に復帰する場合、上司には感謝の気持ち・現在の状況・今後のことについて適切な言葉遣いで挨拶をし、また同僚や部下に対しても一言挨拶をすることが大切である。 忌引き休暇明けに社会に復帰する人は多かれ少なかれ不安を抱いており、またそのような人に対して言葉を掛けることもなかなか難しいものです。 この記事が少しでも不安解消の役に立ったならば幸いです。 お悔やみの言葉の伝え方についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクもご覧ください。 最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

次の

親が亡くなった人にかける言葉

親が亡くなった人にかける言葉 上司

お悔やみの言葉とは? お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み悲しむ気持ちをこめて、遺された人々に対して述べる言葉のことです。 親戚などある程度遺族と関係がある人であればまだしも、一般の弔問客と遺族がお話する機会は実はあまり多くはありません。 弔問客と遺族が言葉を交わす場面は、通夜振る舞い 遺族が弔問客に対して食事や飲み物を、あるいはお菓子とお茶を提供し、みなで故人を偲ぶ場のこと を除けば弔問時の挨拶をするときくらいです。 弔問には、個人や遺族とゆかりのある、多くの人々が訪れます。 つまり弔問時の、ごく短い挨拶で「お悔やみ」の気持ちを、端的に伝える必要があるのです。 長々と話してしまわないよう、自分の立場をわきまえ、端的に気持ちを伝えるためにはポイントを押さえておく必要がありますが、こればかりは慣れるものでもなく、とくに初めての人はどのように声をかければいいか、なかなか分からないものです。 お悔やみの言葉は、故人の死を悼み悲しみ、遺族を慰めいたわるものです。 故人との関係性によっては、言葉に詰まってしまう場合もあるでしょう。 そういった場合には、「このたびはご愁傷さまでございます」というだけでもかまいません。 【合わせて読みたい】 ちなみに「ご愁傷様」とは、人の死を悼み、遺族に述べるお悔やみの言葉です。 つまり「このたびはご愁傷さまでございます」 というだけで十分、お悔やみの言葉として成立するのです。 本来、「愁」は物悲しさを意味し、「傷」は強い悲しみを意味します。 人を亡くすことによる大きな嘆きや悲しみを現す言葉です。 【合わせて読みたい】 基本的なお悔やみの言葉の例文 ではさっそく、お悔やみの言葉の一般的な例文をいくつか並べてみます。 お知らせで本当に驚きました。 心からお悔やみを申し上げます。 上記の例文の中で、どれが正解ということはありません。 自分の立場をわきまえ、自分の言葉で気持ちを伝えることが大切だといえるでしょう。 とにかく、短く端的に、気持ちを伝えることは鉄則です。 通夜でお悔やみの言葉を述べることがほとんどですので、突然の訃報で驚いたことや、故人のご冥福を祈る言葉と、遺族への心遣いを伝えましょう。 夫・妻を亡くされた場合• 「このたびは、誠にご愁傷さまでございます。 ご主人様のお元気な頃のお姿を思い出すと、悲しみで言葉もありません。 ご家族様の皆様には、一日も早くお心が癒えますよう、心よりお祈りいたしております。 「このたびは、誠にご愁傷さまでございます。 奥様の急なご不幸、さぞお力落としのことと存じます。 旦那様までご心労で倒れることのないよう、心よりお祈りいたしております。 」 夫を亡くした方は、長年連れ添った伴侶の訃報に、たいへん心を痛めていることでしょう。 また、一家の大黒柱を失った家族の悲しみはたいへん深く、これからのことを考えると、不安も大きいことでしょう。 妻を亡くした方には、家事などをする方がいなくなってしまい、慣れない日常生活を前にして、悲しみと共に体調を崩す方が多いといいます。 人生の伴侶に先立たれ、一人残される遺族の方の、不安や寂しさを察することが大切といえます。 父親・母親を亡くされた場合• 「このたびはご愁傷さまでございます。 お父様(お母様)の訃報に接し、驚きと悲しみを深くしております。 ご家族の皆様の悲しみを思うとお慰めの言葉もございません。 一日も早く立ち直られますよう、お祈りいたしております。 」 自身の身に置き換えてみれば、親を亡くされた方の不安定な心の状態は、想像に難くないでしょう。 あまり悲しみを増長させてしまわないよう、心がけることが大切です。 祖父・祖母を亡くされた場合• 「このたびは、ご家族の皆様さぞかしご無念のことでございましょう。 お察し申し上げます。 私にできることがありましたら何でもお手伝いいたしますので、何なりとお申し付けください。 「このたびは、悲報に驚いております。 ご家族のお気持ちを思うと胸が痛みます。 心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。 」 やはり親を亡くされた方と同じように、身近な人の死にたいへん心を痛めていることでしょう。 遺族の方を労わる気持ちが重要です。 子供を亡くされた場合• 「このたびはご愁傷様です。 こんなことになるとは本当に残念です。 悲しくて胸が張り裂けそうです。 ご両親のお悲しみは計り知れないものでございましょう。 「あんなに元気だったのに、まだ信じられません。 どうか気をしっかりとお持ちください。 」 故人である子供に対し、その死を悼み悲しむ気持ちはもちろんです。 しかし上記の例文にもある通り、子供を亡くした当の両親の悲しみは計り知れません。 生前の思い出を少しだけ添えるかたちで、悲しみをあまり強調してしまわないよう、感傷的になり過ぎないよう心がけることが重要です。 それ以上に、親身になって寄り添うような励ましの言葉が、より大切だといえるでしょう。 彼氏・彼女を亡くされた場合• 「何と申し上げてよいか、言葉もありません。 心からお悔やみ申し上げます。 私にできる事がありましたら、何でもおっしゃってください。 」 彼氏・彼女という、これからのパートナーを亡くした方の気持ちを、理解しようとする、そんな心の支えとなるような言葉がけが重要です。 友人を亡くされた場合• 「このたびはご愁傷さまでございます。 急なことでお慰めの言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます」 彼氏・彼女を亡くされた方と同じように、パートナーである友人を亡くされた方はたいへん辛いはずです。 その心を少しでもほぐすことができるような言葉がけが重要です。 また、あなたと遺族の方が親しい場合、• 「突然のことで言葉もみつからないけど、大変だったね。 私にお手伝いできることがあったら何でも言ってね。 」 というような、より親身になった伝え方をするのもいいかもしれません。 上司・部下・同僚を亡くされた場合• 「このたびは、思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 」 上司・部下・同僚を亡くされた方に述べるお悔やみの言葉としては、上記のような基本例文を用いるのが良いとされています。 故人である上司・部下・同僚と、遺族の方がどの程度親しい間柄だったのか、把握しておく必要があります。 それに合わせて、述べる言葉も変えましょう。 親戚の方を亡くされた場合• 「このたびは、誠にご愁傷さまでございます。 心からお悔やみ申し上げます。 」 親戚を亡くされた方に述べるお悔やみの言葉としては、上記のような基本例文を用いるのが良いとされています。 故人である親戚と遺族の方が、近い親戚なのか、遠い親戚なのか。 あるいは、どれくらいの頻度で会っていたのか、どれくらいの期間会っていなかったのか、把握するのもいいかもしれません。 学校の先生を亡くされた場合• 「このたびは、思いもかけないことで、さぞお力落としのことでしょう。 お慰めの言葉もございません。 」 学校の先生を亡くされた方に述べるお悔やみの言葉としては、上記のような基本例文を用いるのが良いとされています。 恩師である学校の先生を亡くした方はたいへん心を痛めていることでしょう。 相手の気持ちになって、状況に応じた気遣いのある言葉がけが重 要です。 お悔やみの言葉における注意点 遺族との長話は避ける まず第一に、喪家へは多くの弔問客が訪れます。 遺族の方はそれぞれの弔問客への応対や、儀式の準備などに追われているので、長々と話すことは避けましょう。 先述しました通り、短く端的に、が大前提です。 遺族に故人の死因を尋ねることは避ける 遺族の方に対し、故人の死因の詳細を尋ねることはたいへん失礼です。 遺族の方の心中を察し、純粋に亡くなったことへのお悔やみの言葉だけを伝えるようにしましょう。 【合わせて読みたい】 重ね言葉は避ける 「重ね重ね」、「まだまだ」、「つくづく」、「いよいよ」など、不幸が重なることを想起させてしまうような言葉は避けましょう。 繰り返しを現す言葉は避ける 「これからも」、「この先も」、「追って」、「続く」など、繰り返すことを想起させてしまうような言葉も避けましょう。 直接的な表現は避ける 生死に対する直接的な表現は避けましょう。 例えば、「死亡」、「死去」、「亡くなった」などは「ご逝去」などに言い換え、「ご存命」、「生きていた頃」などは、「ご生前」「お元気な頃」などに言い換えましょう。 不吉な表現は避ける 「死」、「苦しみ」などを想起させる言葉は避けましょう。 また、「消える」、「大変なことになる」といった不吉さを想起させる言葉も避けましょう。 電話・メールやラインでも大丈夫?手紙の方が良いの? 電話の優れている点は、やはり、双方向のコミュニケーションを即時性をもって成立させるということです。 あなたの伝えたい気持ちを、言葉を、あなたの声で伝えることができます。 数年前までは、メールでお悔やみの言葉を述べるなど非常識だといわれていました。 しかし現在、LINEやメールは伝達事項だけなく、気持ちを伝えるツールとして多くの人々に親しまれています。 目上のかたや仕事関係の相手には避けた方が賢明ですが、これらを含め、親しい間柄では、きちんとした「形式」以上に、素直な「気持ちを伝える」ことを、重要視するべきでしょう。 手紙でお悔やみの言葉を述べる場合、お悔やみの手紙、お悔やみ状というものがあります。 何らかの事情で通夜や葬儀、告別式に参列できない場合、弔問へ伺う代わりとして送るものです。 基本的には手書きが良いでしょう。 手紙が遺族のもとへ届くタイミングは弔電よりも遅くなるかもしれませんが、香典を同封して送ることもできます。 手書きの場合、あなたの伝えたい気持ちを、自筆の文字に託すことができるというのも大きいでしょう。 自分の立場をわきまえ、相手の気持ちを察し、短く端的に伝えることは言わずもがなです。 きちんとした「形式」を重んじることももちろん大切ですが、何より優先するべきは、素直な「気持ちを伝える」ことです。 万が一の時に備えて、常に感謝の気持ちを持っていれば、自然な言葉が出ることでしょう。

次の