花粉 大き さ。 ひまわりの花粉の特徴について。大きさはどれくらい!?

花粉、黄砂、PM2.5、ウイルスの大きさを比較|熊本市東区の内科医院|田中内科クリニック

花粉 大き さ

さぁ、クイズです。 次のA~Fの中で、 PM2. 5はどれでしょう。 ちなみにAは 髪の毛の断面です。 (B~Fは、細菌・黄砂・ウイルス・PM2. 5・花粉のどれかです。 5の存在です。 特に 3月末から5月にかけて 黄砂と一緒に多く飛来し、 西日本への影響が大きくなっています。 ちょうど 花粉症の季節でもあるので アレルギー体質の人にとっては、 ダブル・トリプルパンチといった感じですね。 T-T (上の図では黄砂や花粉も含まれているので 当ててみて下さいね。 ヒントは、黄砂がPM2. 5の2倍以上になることも) PM2. 5とは、 すでにご存知かもしれませんが 超小さい微粒子で目に見えにくいものです。 今回は、そのPM2. 5の 大きさのが意味するものを 様々な角度から見ていきたいと思います。 スポンサードリンク PM2. 5のPMってなに? そもそも、 PMって何なのでしょう。 あ、わかった! 午後( post meridiem) という意味で 2. 5だから14:30ってことでしょ! そんなバカな・・・・ あ、それじゃぁ、 プロジェクトマネジメントかな。 プロジェクトが2. 5%まで 進んでいるってことでしょ! ふざけるな~!! って、すいません。 PMは、 particulate(微粒子) matter(物質)の略です。 大気中にただよう微粒子物質の 直径が2. 5と言われています。 0025㎜です。 ちなみに、 たばこの煙もPM2. 5とも言えるので 喫煙可な飲食店で長時間いれば、 北京の街の真っ白な状態の 中にいるのと 同じになるんだとか。 しかもこの状態が、 安全基準の 20倍!! ひょえ~~~!!! スポンサードリンク PM2. 5は、PM1. 5じゃダメなんですか? 昔、蓮舫議員の発言した内容を覚えていますか? 「2位じゃダメなんですか?」 日本製スーパーコンピューターの 事業仕分けで話題になりましたね。 そんな感じで考えると、 なぜPM2. 5なのでしょう。 切りのいいPM3. 0やPM2. 0じゃダメなんですか? (ちょっと強引なつなぎですが・・・) いろいろ調べてみたところ 1990年代にアメリカで監視された 粒子の大きさが2. なので、最近のPM2. 5は、 昔からあったもので 1970年代の日本の高度成長期に 工場をバンバン作って 空気を汚すと大変だよ! と同じ繰り返しをしないための 教訓 の キーワードなのです。 PM2. 5が変身してもっと小さくなる? ここでクイズのヒントを 1つお伝えしましょう。 実は、このスギ花粉が舞っている時に PM2. 5が 合体するケースもあると 報道されたことがあります。 すると空気中の水分と反応して 粒子が壊れます。 そして、粉々になり、 PM1. 0といった 超超微粒子が 誕生するんだとか。 すると花粉症でなかった人も なる可能性が大きくなるんです。 要は、数値が小さくなるほど 人体に悪影響になるってことですね。 スポンサードリンク PM2. 5の大きさは?クイズの正解はコレ! さぁ、ここまで引っ張ってしまいましたが、 クイズの答えを見ていきましょう。 よく雨が降った後に、 排水溝近くのアスファルトに 黄色くなっているのを見ると想像できますよね。 それ以下もありますが・・・ 残り3つとなりました。 その3つを先に言うと 細菌・PM2. 5・ウイルスの比較です。 さぁ、これでわかりますか? 正解は・・・ D:PM2. 5 2.

次の

花粉

花粉 大き さ

4月に入り、いちだんと花粉が気になる季節となってきました。 みなさんのまわりにも、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど辛い症状にお困りの人は多いのではないでしょうか。 国内では花粉症の原因となる植物は50種類以上にものぼると言われ、種類が異なるものが年間を通して飛散しています。 しかも、花粉はそれぞれ特徴や飛散時期、飛散エリアが異なるため、まずはお住いの地域に舞っている花粉の種類やその特徴、花粉の飛散量などをしっかりと把握しておくことが大切です。 そこで今回は、花粉の種類と飛散時期についてご紹介いたします。 国内に飛散する代表的な花粉を一挙紹介! 北海道から九州まで、沖縄を除く日本全国でさまざまな花粉が飛散しています。 花粉は種類によって異なる症状をもたらすほか、エリアによって飛散する種類によって時期が異なります。 スギ花粉 <特徴> 花粉症の代表的な存在といえるのがスギ花粉です。 スギは風によって花粉を飛ばす植物であり、「風媒花」とも呼ばれています。 スギ花粉は風によって飛散する距離も長いため、飛散時期には北海道や沖縄を除き、ほぼ全国的に飛散量が多いです。 5の約12倍の大きさとなります。 スギ花粉は飛散量が多い時期と少ない時期がありますが、農林水産省の外局となる林野庁によると スギ花粉は花粉が形成される前年の夏の気象条件と密接な関係にあるといいます。 具体的には日射量が多く、降水量が少ないと翌年の花粉生産量が多くなります。 <症状> 症状も花粉症の定番である「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」「咳」「肌のかゆみ」などが現れます。 <飛散時期・飛散量> 地域 スギ花粉の飛散時期 飛散量 北海道 3月~5月 少ない 東北 2月~6月・8月~12月 多い 3月~4月がピーク 関東 1月~7月・9月~12月 多い 2月~4月がピーク 東海 1月~5月・10月~12月 多い 2月~3月がピーク 関西 1月~5月・10月~12月 多い 2月~3月がピーク 九州 1月~7月・9月~12月 多い 2月~3月がピーク ヒノキ花粉 <特徴> スギ花粉と同時期かそれよりも少し遅れて飛び始めるのがヒノキ花粉です。 そのため、スギ花粉の症状が和らいだと思ったら、すぐにヒノキ花粉で悩まされる方も多いのが特徴です。 ヒノキ花粉も飛散距離が長く、広範囲に及ぶため注意が必要です。 特にスギ花粉と合わせてヒノキ花粉を持つ方は症状が重くなることもあるため、飛散量が多い季節は十分な予防が必要となります。 <症状> スギ花粉症と同様、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」「咳」「肌のかゆみ」などが現れます。 <飛散時期・飛散量> 地域 ヒノキ花粉の飛散時期 飛散量 北海道 4月~6月 少ない 東北 3月~5月 多い 4月がピーク 関東 1月~7月 多い 3月~4月がピーク 東海 3月~5月 多い 4月がピーク 関西 1月~5月 多い 4月がピーク 九州 3月~5月 多い 3月~4月がピーク ハンノキ花粉 <特徴> 全国的に1~6月頃まで飛散するのがカバノキ科のハンノキ花粉です。 ハンノキは花粉が少ない北海道でも飛散し、時期としてはスギ花粉とかぶるため春先に花粉症に悩まされる人はスギ花粉と勘違いすることが多いです。 しかし、前述のように北海道ではスギ花粉はほとんど飛散しないため、この地域で花粉症を発症する人はハンノキが原因となります。 <症状> スギ花粉症と同様、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」など。 また、症状が悪化すると鼻づまりによる「頭痛」や「倦怠感も」も覚えるようになります。 ハンノキで特に注意しておきたいのは口腔アレルギー症候群(OAS)を併発する可能性があることです。 これは口の中や唇にしびれやかゆみの症状が現れることで、中にはアナフィラキシーショックを起こす人もいます。 <飛散時期・飛散量> 地域 ハンノキ花粉の飛散時期 飛散量 北海道 3月~5月 少ない 東北 1月~6月 少ない 関東 1月~6月 やや多い 3月~4月がピーク 東海 1月~4月 少ない 関西 1月~6月 少ない 3月がピーク 九州 1月~5月 少ない イネ科花粉 <特徴> スギ花粉やヒノキ花粉のピークが過ぎたのに花粉症に悩まされている場合、イネ科による花粉が原因かもしれません。 イネ科花粉症の原因となる主な植物はカモガヤ、ネズミホソムギ、オニウシノケグサ、ハルガヤと考えられ、いずれも繁殖力が強いのが特徴です。 イネ科による花粉のピークは主に2回あり、1度目は春から初夏にかけての5~6月、2度目は夏から秋にかけての8~9月で、イネの田植えや稲刈りが関係しているとされています。 <症状> 基本的にはスギ花粉症と同様、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」など。 また、イネ科のアレルギーをお持ちの人は喘息などの呼吸困難、蕁麻疹といったアナフィラキシーを引き起こすこともあります。 <飛散時期・飛散量> 地域 イネ科花粉の飛散時期 飛散量 北海道 5月~9月 少ない 6月がピーク 東北 3月~10月 やや多い 5月~6月は飛散量増加 関東 2月~12月 多い 5月~6月がピーク 東海 3月~10月 少ない 関西 1月~11月 やや多い 4月~5月・8月~10月がピーク 九州 2月~12月 やや多い 4月~6月・8月~10月がピーク シラカンバ花粉 <特徴> シラカンバは北海道、東北のみで飛散する花粉です。 前述のハンノキと同じカバノキ科の落葉樹であり、主に4月〜6月にかけて花粉症に悩まされる方が増えます。 ハンノキとシラカンバの2種は抗原である花粉が似ているため、シラカンバ花粉症を発症する方は同時にハンノキ花粉によるアレルギー症状を引き起こすこともあります。 <症状> スギ花粉症と同様、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」など。 また、症状が悪化すると鼻づまりによる「頭痛」や「倦怠感も」も覚えるようになります。 口腔アレルギー症候群(OAS)の併発にも要注意です。 <飛散時期・飛散量> 地域 シラカンバ花粉の飛散時期 飛散量 北海道 4月~6月 やや多い 5月がピーク 東北 4月~6月 少ない 5月にやや飛散量増加 関東 なし なし 東海 なし なし 関西 なし なし 九州 なし なし ブタクサ花粉 <特徴> ブタクサはキク科に属する植物であり、8月〜10月に花粉の飛散量がピークを迎えます。 イネ科の花粉と同様の「草本花粉」です。 草本花粉は低い位置で生息しているため、風によって花粉が遠くまで飛散されることはありません。 そのため、基本的には植物に近づかなければ予防は可能です。 ちなみにブタクサはアメリカの外来種であり、過去にも北米軍が持ち込んだことから「マッカーサーの置き土産」ともいわれています。 日本ではスギやヒノキ花粉で悩まされる方の割合が多いですが、輸入元の米国では全人口の5%〜15%がブタクサ花粉症という統計も発表されています。 ブタクサ花粉はスギ花粉と比較すると粒子が細かく、気管支などに入りやすいため注意が必要です。 アレルギー性鼻炎をお持ちの方は春のスギやヒノキだけではなく、秋のブタクサ対策もしっかりと行っておいたほうがよいでしょう。 <症状> 「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」など。 「目・鼻・喉のかゆみ」を伴うケースもあります。 <飛散時期・飛散量> 地域 ブタクサ花粉の飛散時期 飛散量 北海道 なし なし 東北 8月~10月 やや多い 9月は飛散量増加 関東 7月~12月 多い 8月~10月がピーク 東海 9月 少ない 関西 8月~10月 やや多い 9月がピーク 九州 9月~10月 やや多い 9月がピーク ヨモギ <特徴> ヨモギもブタクサと同じキク科に属する植物です。 ブタクサが一年草であるのに対し、ヨモギは多年草となり日本全国に自生しています。 ヨモギはヨモギならではの独特の香りがあり、古くから草餅に使用されてきた非常に身近な植物でもあります。 ちなみにお灸のもぐさもこのヨモギから作られています。 ヨモギは非常に繁殖力が強くブタクサと同様に8月〜10月に花粉のピークを迎えます。 また北海道ではブタクサ花粉の心配をする必要はありませんが、ヨモギ花粉は飛散しているため、全国的に注意が必要な植物となります。 <症状> 「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」など。 「目・鼻・喉のかゆみ」を伴うケースもあります。 <飛散時期・飛散量> 地域 ヨモギ花粉の飛散時期 飛散量 北海道 8月~9月 少ない 東北 8月~10月 やや多い 9月がピーク 関東 7月~12月 やや多い 8月~9月がピーク 東海 8月~10月 少ない 関西 8月~11月 やや多い 8月~9月がピーク 九州 8月~11月 やや多い 9月がピーク カナムグラ <特徴> ブタクサ、ヨモギと同に秋の花粉症の原因となるカナムグラ。 カナムグラは万葉集でも詠まれているほど古くから生息している植物です。 カナムグラの和名は「鉄葎」です。 カナムグラはつる状の茎に鋭いトゲがあり、これを「鉄」と表します。 秋の花粉症の原因となるのは雄株から飛散する花粉です。 カナムグラもブタクサ、ヨモギと同様に飛散距離は短いため、飛散量は少ない傾向にあります。 しかし、 道端など日常生活圏でも生息する植物のため、散歩やジョギング中に花粉を吸い込み花粉症を発症するケースもあるので注意が必要です。 <症状> 「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」など。 「目・鼻・喉のかゆみ」を伴うケースもあります。 <飛散時期・飛散量> 地域 カナムグラ花粉の飛散時期 飛散量 北海道 なし なし 東北 8月~10月 やや多い 9月がピーク 関東 8月~11月 多い 9月~10月がピーク 東海 9月~11月 少ない 関西 8月~11月 少ない 9月~10月にやや飛散量増加 九州 8月~11月 少ない 9月にやや飛散量増加 飛散する「地域」で花粉の種類や時期を把握しましょう! 花粉は地域や時期によって飛散状況が異なります。 ご自分が該当する花粉はどれか、地域で絞り込んで種類や飛散時期などをしっかりと把握しておきましょう。 北海道• 花粉対策を講じる上では、まずご自分が住んでいる地域ではどんな種類の花粉が飛散しているかがポイントとなります。 こうした情報を事前に知っておくことが花粉対策の第一歩となります。 お出かけの際は、お住いの地域に飛散する花粉に十分ご注意ください。

次の

ひまわりの花粉の特徴について。大きさはどれくらい!?

花粉 大き さ

Contents• 花粉・黄砂のサイズはマスクをすり抜ける大きさなのだろうか? スギ・ヒノキと、花粉症のアレルゲンとなるものが日々、宮中を待っている状態ですが、この「花粉の大きさ」といものを皆さん、ご存じでしょうか? 花粉に限らず、黄砂やPM2. 5、ウイルスなど、その実際のサイズを調べてみると、マスクの重要性とマスクの不要性、この双方の矛盾がわかるような気がします。 では、そのサイズを見てみましょう。 わかりやすく言うと1000分の1㎜ですが、もっとわかりやすくすると、髪の毛の太さの平均直径が1㎜ですので、 「髪の毛の太さの30分の1」ということですね。 さらに小さい黄砂やPM2. 5 赤血球より少し大きいくらいと言われても、小さすぎてよくわからないサイズの花粉ですが、更に小さいのが黄砂やPM2. 辛うじて赤血球よりも一回り小さい程度。 さらにそこから PM2. 5はというと……なんと 2. 本当に小さいのですね。 因みに細菌の大きさはPM2. 5に比べれば大きい方なのですが、 インフルエンザなどはかなり小さく、 0. もはや、理解の範疇を超えた小ささです。 例えるなら、 花粉=スイカ>黄砂=ゴルフボール>PM2. 5=ビー玉>インフルエンザ=砂一粒、このような感じでしょうか。 花粉が実は、いかに大きいかがわかりますね。 花粉とマスクの大きさの関係 大きいと言っても、小さい花粉。 その大きさは赤血球よりも小さく、普通に布を織ったものでは当然マスクをすり抜けてしまいます。 ガーゼマスク 最近ではもう見なくなってきてしまいましたが、ガーゼマスクは布を織り上げて作った繊維でできたマスクですので、その隙間は大きく、ウイルスはもとより、花粉もすり抜けやすくおすすめできません。 もちろん、保湿性・保温性に優れているので、喉のケアの意味でのマスクとしては、ガーゼマスクが良いでしょう。 サージカルマスク サージカル=「外科用の」という意味で、本来は医療用のマスクを挿すのですが、今時では、サージカルマスク=不繊維マスクという認識ですね。 当サイトでもサージカルマスクは不繊維マスクという意味合いで使っていますが、この不繊維とは繊維を折らずに絡めたり、混ぜたりして結合させた布のこと。 当然、ガーゼマスクよりも繊維間の大きさは小さく、花粉のキャッチ力は優れているのですが、それでも注意が必要です。 また、 ウイルスカットマスクと書かれているものも、目の細かいフィルターや、特殊フィルターを使用しており、こちらになると、インフルエンザウイルスですら、カットできるというものです。 ですが、当然息苦しくなったりしますし、また、どんなに目の細かいウイルスカットマスクだったとしても、顔の横や鼻の部分に隙間ができてしまったりすると、そこからウイルスや花粉が入り込むため、フィット感もよく確認して付けるようにしましょう。 N95規格マスク このN95マスクというのは、主に医療現場や工事現場など感染予防や防塵マスクとして使われる代物で、 PM2. 5はもちろん、0. ただし、現場や感染拡大系の映画で観るようなごついマスクで、当然重くて息苦しいもの。 Amazon等でも購入は可能ですが、装着の際は覚悟して着けるようにしましょう。 マスクはまず、目的に合ったフィルターの物を購入。

次の