イラスト 描き方。 iPhoneを使ったイラスト&漫画の描き方 3つの手順

『象』の浮世絵イラストの描き方3ステップ

イラスト 描き方

スポンサードリンク クレヨンのイラストの描き方とは? それでは早速、普段絵を描かないような初心者や子供にも手書きで簡単に描ける「 クレヨンのイラストの描き方 書き方 」をご紹介します。 まずはこのような感じで台形の形を描いていきましょう。 定規を使用すればきれいに線を描くことが出来てしまいます。 長方形をこのような感じでくっつけましょう。 上に2本線をこのような感じで描いてみましょう。 下に線をこのような感じで描いていきましょう。 色を塗ったら完成となります。 上記の描き方 書き方 で簡単にクレヨンのイラストを手書きで描くことが出来てしまいます。 スポンサードリンク クレヨンのイラストの描き方は他にも? それでは今度は先程紹介したものとはまた別の、普段絵を描かないような初心者や子供にも手書きで簡単に描ける「 クレヨンのイラストの描き方 書き方 」をご紹介します。 まずはこのような感じで楕円を描いていきましょう。 2本の線を伸ばしていきましょう。 定規を使用すればこのような感じできれいに線を描くことが出来ます。 カーブをこのような感じで描いていきましょう。 山のようなカーブをこのような感じで描いていきましょう。 上の方にこのような感じでカーブを描いていきましょう。 下にカーブを2本このような感じで描いていきましょう。 色を塗ったら完成です。 上記の描き方 書き方 でも簡単にクレヨンのイラストを手書きで描くことが出来てしまいます。 クレヨンのイラストの描き方をさらに さらに今度は先程までとはまた別の、普段絵を描かないような初心者や子供にも手書きで簡単に描ける「 クレヨンのイラストの描き方 書き方 」をご紹介します。 山をこのような感じで描いていきましょう。 カーブをこのような感じで描いていきましょう。 線を下にこのような感じで伸ばしていきましょう。 定規を使用すればきれいに線を描くことが出来ます。 下にカーブをこのような感じで描いていきましょう。 カーブを5本くらいこのような感じで描いていきましょう。 色を塗ったら完成となります。 上記の描き方 書き方 で簡単にクレヨンのイラストを手書きで描くことが出来てしまいます。 クレヨンのイラストの描き方まとめ クレヨンのイラストの描き方 書き方 については以上となります。 今回紹介した描き方 書き方 で簡単にクレヨンのイラストを手書きで描くことが出来てしまいますので、是非とも試しに描いてみてください。

次の

【体の描き方】これから絵を描き始める人へ その5

イラスト 描き方

わかりやすい髪の毛の描き方 まずは全体のシルエットの把握をしましょう。 前回も書きましたが、 長いのか短いのか、くせっ毛なのか直毛なのか…など、 イメージを固めておくことはとても重要です。 下記のように、髪が長いと イラストの構図にも影響してきます。 また、 曲線で描くということも重要です。 まっすぐな髪と言うのは自然ではありません。 長い髪は 緩やかなS字を描くようにすると自然で流れのある髪が描けます 疎と密のバランスをとる 髪を描いていると似た線を何本も引くことになると思うのですが、この 幅や密度なども重要です 同じ間隔にならないように 疎と密をかき分けていきましょう。 ポイント1:サイドに細かい毛を足す 大きい束を描いたら サイドに細かい毛を描きましょう。 絵の動きが出て、密度をあげられます。 ポイント2:髪の毛の表面にパースをきかせる 頭に沿うように髪の束を描いて行くときに、 表面のパースを意識しましょう。 簡単に言うと 面がこちらを向いてるほど幅が広くなります。 パースについてはを参照してください ポイント3:毛先は細かく分ける 太めの髪の束を描いた場合は、 毛先を散らすと自然に見えます。 みつ編みも重なりの一つです。 編み込みの表現は髪の毛だけではなく、いろいろなものの描き方に応用がききます バリエーションを増やす 髪の毛を描くときは、ある程度かける髪の毛の バリエーションを増やしておくと描きやすいです。 常日頃から、いろいろな人やイラスト髪型を観察してみましょう。 ここではパーツにわけていくつかのパターンを描いていきます。 大きく分けて前髪、もみあげ、後ろ髪に分けて描いてみました。 組み合わせるとこれだけで 125通り! の髪型がかけるようになります。 おわりに 髪の描き方についてでした。 二次元的な髪の毛は現実に存在しないので難しいですよね。 個性が出るところでもありますので、自分なりの描き方をまとめてみるのもいいかもしれません。 ではまた、次の講座でお会いしましょう。

次の

窓の描き方を描くコツとは?背景イラストをググッと上達しよう!

イラスト 描き方

どちらが4 分割して描いた線? 実は Bが4 回に分けて描いたものです。 AもBも差はほとんどないと思います。 では、線Bはどのように描いた線なのか見てみましょう。 こうすることで、線の切れ目が見えなくなり、1本の線として見えるようになります。 このように、線のつなぎ方さえマスターしてしまえば、どんなに長い線でも分割して、綺麗な1本の線として描くことができます。 基準になる線を描く 曲がりはじめがどこになるのか意識しておきましょう。 2 つ目の曲線を描く 曲がりはじめを1で描いた線に沿うようにすると、線のつながりが自然に見えるようになります。 いらない部分を消す はみ出ている部分を消します。 線同士の接続部をより自然に見せるために丁寧に消していきましょう。 完成 完成です。 実際に描く時は線の色を変える必要はありません。 このような線のつなぎ方を覚えておくことで、気構えることなく綺麗な線を引くことができるのです。 また、身もふたもないことを言ってしまうと、完成したイラストを見る人に、「この線は一度で描いたものかどうか?」という視点で評価されることは、基本的にないと言ってもいいでしょう。 線画を描いていく ここでは実際にサンプルのイラストを描く様子を通して、線画の描き方のコツを解説します。 正確な線を描いた後に、その強弱を後づけしていくイメージです。 手順を分けることで、一度に考えなくてはならないことが減らせます。 ラフをもとに線を描く• 顎の輪郭を描く 「体」レイヤーを作って描いていきます。 前髪を描く 3. 前髪以外の髪の毛を描く ラフ線の一部がつながっていないので、その部分の形が崩れないよう注意したり、頭全体の形を確認しながら描きます。 また、顎のラインが髪の毛で見えなくなるところまで描いてしまったので、はみ出てしまった箇所を消しゴムツールで消します。 目の輪郭を描く ここからは表情を描き込んでいきます。 表情は「顔」レイヤーに描きます。 目の輪郭をバケツツールで塗りつぶします この時、下書きレイヤー機能が効果を発揮し、ラフに左右されず塗りつぶすことができました。 目、眉毛、鼻、口を描いていく この時、ラフにはなかった目の下まつ毛部分も描き足しています。 眼鏡を描いていく 「 眼鏡」レイヤーを作って、眼鏡を描きます。 別レイヤーにすることで、後の作業が楽になります。 左側のフレームに小さな鼻あても追加しました。 眼鏡を描く時には、「顔」レイヤーの表情を非表示にすると、より描きやすくなります。 眼鏡に隠れる部分の線を消す 眼鏡と髪の毛や肌の位置関係を考えて、眼鏡で隠れる部分の線を消していきます。 眼鏡を持つ右手を描く 眼鏡を持つ右手を描き、右手で隠れる部分を消していきます。 首から襟、リボンにかけてを描く この時、リボンのラフの形があまり可愛くない感じでしたので、大きさは合わせたまま、丁寧に再度描き起こしました。 カーディガンと左手を描く 胸の位置やバランス、左肩からできる皺の大きさがやや不自然に感じたので、このタイミングで修正しました。 スカートを描く スカートの輪郭はラフから大きく変えていませんが、スカートの皺を少し細目の線で描いています。 足を描く 左右の膝の位置と、左足のももの太さを修正しています。 このように線画を描いた部位の隣り合っている部分を順に描いていくと、全体のバランスを確認しながら描きやすくなります。 ラフはあくまで大まかな目安くらいなものだと思って、線画を起こす時におかしいと思ったら直してしまいましょう。 ラフ通りに描かないといけない、ということはありません。 最終的に納得のできる絵を描くことができればOK なのです。 そこで線画の一部にさらに加筆して立体感を出していきます。 線を加筆する場所は、主に影が落ちる部分に接した線で、例としては、前髪から肌に落ちる影を意識して、前髪の流れの交点に線を描き加えていきます。 反対に、落ちる影がなさそうな後ろ髪や、髪が肩にかかっている部分には加筆はしないほうがよいでしょう。 モノクロの漫画表現としてはこのような線を見かけることもありますが、フルカラーイラストを描く際にはほとんど使わない表現です。 今回の線画に対して加筆を行った場所は下図の赤色で表している部分です。 主に影が落ちやすい部分や、服の皺の交点などを中心に全体的に入れています。 もっと強く線の強弱を出すために、線を太めに加筆してしまってもかまいません。 このあたりのさじ加減は個人の好みによるところが大きいです。

次の