いらすとや 悩む人。 『安全運転のしおり』に掲載された『いらすとや』のイラストを数えてみた

面白い・意味不明なフリー素材をぱくたそ、いらすとや、スキマナースから厳選してみた

いらすとや 悩む人

リユース ふと思った…。 いらすとやの絵をどこまでカッコよくできるのか…。 でも加筆は面倒くさい…。 Photoshopの機能を使った加工とか調整でできるなら楽したいし手数は少ない方がいい・・・。 で、 本題に入るとどんな絵でもいくつか絵作りのポイントとして効果を押さえると完成度が高く切れ味のある絵が作れます。 絵の最終的なクオリティーを左右するのはエフェクト表現やコンポジットといった仕上げ作業で、絵が描けなくても真似できる部分もあります。 絵が描ける能力と仕上げ能力は分けることができて、絵は描けないけど仕上げはできるよ、という専門の職もあるくらい! なので実際に絵が描けなくてもポイントを押さえれば切れ味のある絵が作れるので、ネットでよく見るいらすとやの絵を使って実際にどんな感じになるのかやってみようと思います。 女性でいうとこのベースメイクみたいな 関連性のないの背景といらすとやの絵をなじませるために作ったベースの絵になります。 OCを足す これは3DCGでよく使われる手法なんですが、 OCは平たく言うと物と物の間の陰影のことです。 隙間にできる陰、光が届かない領域にできる陰というイメージが分かりやすいと思います。 このOCを足すことで絵としてコントラストが締まるだけでなく存在感が増すので説得力が生まれます。 背景のイメージを変える 今回カッコよくするのがテーマなので、クールな印象を出すために背景を寒色系の色にしました。 シンメトリーな絵で単色に近いので色味を足して変化を加えました。 逆光を足す カッコよさを演出するためにキャラクターに逆光を足しました。 キャラに精気を与える? キャラを生き生きさせるちょっとしたポイントがいくつかあって、• 目にハイライトを入れる• 頬に赤みを入れる• 耳に赤みを入れる これを足すだけでキャラに温かみ、可愛らしさが出ます。

次の

Tファンサイト / いらすとや

いらすとや 悩む人

5 自転車に乗りながら携帯電話を操作する女性のイラスト No. 6 自転車通学用のヘルメットのイラスト No. 9 自転車専用道路を走る自転車のイラスト N0. 10 いろいろな色の自転車のイラスト 7ページの『No. 4 コンビニに突っ込む車のイラスト』のように大きなサイズのイラストはなく、イラスト自体は小さなサイズですが様々なイラストを組み合わせてきており、時間がかかるばかりでうまく探し出せません。 結局、10ページの『自転車を避ける女性』のイラストは見つけることができませんでした。 14~15ページ No. 23 「危険」のイラスト No. 24 スピード違反のイラスト No. 25 いろいろな表情の車を運転している男性のイラスト No. 26 怒る警察官のイラスト No. 27 横断歩道のイラスト「手を上げて渡る男の子」(顔は同じだが服装が異なる) No. 28 警察官のイラスト ここから、難易度が跳ね上がります。 なんと、『いらすとや』のイラストを使った4コマ漫画が出てきました。 1コマ目と3コマ目、そして4コマ目に出てくる子供と老人のイラストは絞り切れませんでした。 ちなみに、 1コマ目と3コマ目の子供と老人は同一人物なのですが、4コマ目は別人になっています(髪型や輪郭が違う)。 色々と闇が深いです。 26~27ページ.

次の

みふねたかし(いらすとや作者)年収と顔画像は?年齢などプロフィールも

いらすとや 悩む人

販売についての情報など 詳細を調べてみました! 作者・みふねたかし プロフィール 名前:みふねたか <略歴> 1998年 高校卒業 2000年 大学入学、グラフィックデザインを学ぶ 2002年 DTPデザイナーになる 2004年 卒業 2005年 WEBデザイナーになる 2008年 独立、イラストレーターになる 現在にいたる 生年月日などは非公開ですが 高校卒業年などからすると 2018年現在で 30代後半くらいの年齢では?と いう予想が多いです。 「いらすとや」フィギュア(人形)の値段は? 無料で使える「いらすとや」のイラストが フィギュアになることが最初にわかったのは 2018年2月18日に千葉・幕張メッセで開催された 「 ワンダーフェスティバル2018[冬]」の 会場でのことでした。 その時は1体のみの制作で 『種類や展開については 検討中』 と言われていて、詳細は不明でした。 そして2018年7月29日開催の 「ワンダーフェスティバル2018[夏]」にて 販売されることが決定しました。 価格は 各463円 税抜 とのこと。 作者の公式twitterアカウントでも 今回の立体化について 写真がアップされていました。 公式twitterでは 販売について詳細が案内されていました。 今回のイベントでは、「グッスマ」こと 「グッドスマイルカンパニー」のブースで 販売されているそうです。 グッドスマイルカンパニーとは? 会社名:株式会社グッドスマイルカンパニー 設立:2001年5月(2012年5月 株式に組織変更) 資本金:300万円 従業員数:110名(2018年5月時点) 代表者:代表取締役社長 安藝 貴範 フィギュアの制作会社で エヴァンゲリオンなどの人気アニメの 立体など、非常に 多くのフィギュアを 作っている会社です。 いらすとやのフィギュアには、 会場販売されるタイプと カプセルフィギュアの2パターンがあるようです。 「立体!いらすとやトレーディングフィギュア」の 原型(量産前の一番元となる形状)を制作したのは フォギュア原型師の 七兵衛さんです。 「立体!いらすとや トレーディングフィギュア」は、 「いらすとや」イラストの雰囲気をそのままに、 ちっちゃかわいく立体化 がコンセプトらしいです。 <男の子> 「にっこり立ちポーズ」 「キメポーズ」 「スマホ持ちポーズ」 <女の子> 「指さしポーズ」 「にっこり立ちポーズ」 「スマホ持ちポーズ 慌てるver. 」 の全6種類が販売されます。 とある情報サイトには 全高は約55cmとありますが、、、 多分これは表記ミスかなと思います。 おそらく、55 mmで、5. 5cmが 正しい表記だと思います。 55cmは大きすぎますよね。 通販は? 今回はひとまず 「ワンダーフェスティバル2018[夏]」にて 発売ということでしたので 通販などの予定は今のところ 公開されていません。 かなり話題になっているので 今後はフィギュアとして発売のほか ガシャポンの景品(カプセルトイ)にも なりそうだなと予想しています。 現在の価格が500円なので カプセルトイとしては 結構高級品かもしれません。 まとめ 今回は「ワンダーフェスティバル2018[夏]」で 発売されて話題となっている 「いらすとや」の3Dフィギュアについて 調べました。 無料素材として とても多くの人が知っている 「いらすとや」のイラストが 立体になっているというだけで かなり面白い企画ですね。 「コップのフチ子」のように 3Dになってもフリー素材として いろいろな組み合わせを楽しめそうだと 思いました。 今後通販などの予定が発表されたら 追記したいと思います!.

次の