キティ ちゃん ポップコーン。 上京わっしょいのわかはるの年齢や本名は?キティちゃんの動画が面白い!

上京わっしょいのわかはるの年齢や本名は?キティちゃんの動画が面白い!

キティ ちゃん ポップコーン

aimiyumeさんの仰る通り、あれが日本での公式的な理由になっている。 というのもキティーちゃんの3代目デザイナー山口裕子がそう言ったから。 でもそれはあくまで「日本」での話。 海外、特に西洋ではオカルト的なある物語として都市伝説化しているのだ。 西洋でのキティーちゃんの認識は「悪魔」であるとしている。 英語の「Hello」と「Kitty」は「悪魔」の意味だと何故かそう考えている人が多いのだ。 何故「Kitty」が「悪魔」になるのか?私にはわからぬが。 都市伝説の内容はこうだ。 1970年代、イギリスのとある町に14歳の少女が住んでいた。 その少女は末期の口腔癌であり、話すことができない。 当時の医師たちも完治不可能な難病であると諦めていた。 だが、少女の母親はそうではなく、彼女を助けるために教会に走り、祈りを捧げた。 だが、神は助けてはくれなかった。 その母親に手を差し伸べたのが、「悪魔」であったのだ。 母親はあろうことか悪魔にすがり始めた。 母親は悪魔と契約する。 悪魔は言った。 少女の口を奪えと。 さすれば少女は助かるであろうと。 母親は実行に移し、少女の口を破壊した。 無論少女は死に、悲しみに明け暮れる母親はその少女を悪魔に崇め奉った。 母親は黒魔術に傾倒するあまり我を忘れ、やがて死んで行ったとさ。 この伝説をモチーフにキャラとして描いたのが、キティーちゃんであり、初代デザイナーの清水侑子は裏設定であるとしている。 信じるか、信じないかはあなた次第。 先ず、何故、キティちゃんに口が無いか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ キティちゃんに口が描かれていないのは、 口を書いてしまうと表情が限定されてしまうため、 見ている人が表情を自由に想像できるようにという理由がある。 見ている人が楽しければキティちゃんが笑っているように見え、 悲しい時には悲しそうな表情に見えるように、 あえて口を描いていない。 正確には口がないのではなく口を描いていないだけで実際には口はある。 アニメ版では言葉を話すため口が描かれている。 口がある方が逆に違和感がある。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ んで、都市伝説は、大したことではなくて、 皆が知らなかったキティちゃんのキャラの元々の設定についてだわ。 キティは猫ではなくて、猫に似たキャラ。 家族とかどこの生まれとか、フツーのキャラクターにもある設定。 ただ、実際に、アメリカの人権団体が 『キティちゃんの口がないのは、女はしゃべるなという女性差別だ!!』 とサンリオを訴えるというバカバカしい事件があったそうな。 けど、キティの男性家族のキャラにも口は無い。 だから訴える人達のほうがアホやなぁと思う。

次の

ネットで話題のキティちゃん世代交代説、真相を担当者に直撃

キティ ちゃん ポップコーン

先ごろ、サンリオのキャラクター「ぐでたま」のポップコーンマシンの画像がSNS上で話題となり「キティちゃんが世代交代か」との声が多数見受けられた。 事実、サンリオキャラクター大賞などでも後進のキャラクターが育っており、ハローキティは2013年以降1位には上がっていない。 その真相を探るべく、サンリオを直撃。 子ども向けのポップコーンマシンといえば、アンパンマンとハローキティが定番。 おもちゃ売り場などで何十年と続いてきた「出来立てのポップコーンはいかが? キティはみんなの人気者〜」と聞こえてくる、ノスタルジックな光景を思い浮かべる大人も多いはずだ。 「ぐでたま」のポップコーンマシンの画像が投稿されると、「あの歌懐かしいな。 もう聞けないのか」「うちの近所ではまだキティちゃん現役だよ!」「え!? まさかキティちゃんじゃなくなる時代がくるなんて…」「ぐでたまの勢いがすごい…のか」などと、Twitterユーザーの間で悲しみの声が溢れた。 1986年から開催しているファン投票「サンリオキャラクター大賞」では、ハローキティは過去最多の14度も大賞に輝いている。 中には12年連続1位という期間もあり、いわば殿堂入り的な人気を誇る。 しかし、2013年を最後に、シナモロール、ポムポムプリン、マイメロディなどに大賞の座を明け渡している。 さらに、話題になった「ぐでたま」は朝の情報番組『あさチャン!』(TBS系)でショートアニメコーナーを持っており。 子どもだけでなく、主婦層、ビジネスマン層にも拾い認知度を誇る。 公式が世代交代を否定、キティちゃんポップコーンマシンは全国1200箇所で稼働中 この現象について、サンリオ広報課に取材し、見解を聞いた。 「ポップコーン販売機はグループ会社の株式会社ココロが担当しており、ぐでたまのポップコーン販売機は現在全国で25台設置されています。 東京都内はサンリオピューロランド、サンリオ直営店であるHello Kitty Japan ダイバーシティ東京店など、4ヵ所のみに設置しています。 今後もハローキティのポップコーン販売機をぐでたまに入れ換えていく方針はありません」(サンリオ広報課) ぐでたまのポップコーン販売機は高速道路のサービスエリアなど、従来設置していなかった場所を中心に設置を進めていく予定で、当面50台程度の設置を目指しているとのこと。 ハローキティのポップコーン販売機は、1987年にカップ式販売機が初登場。 その後も改良を重ね、現在は第四形態となる販売機が全国1200箇所で稼働している。 つまり、ぐでたまはレアなマシンであった。 キャラクターグッズの概念を変えたキティちゃん 絶大な認知度ゆえのショック反応 しかしながら、ネット上に悲しみの感情が溢れたのは事実。 「ハローキティ」はそれだけ、日本人にとって広い世代で認知度の高いキャラクターであることの裏付けでもある。 電通が公開している「ジャパンブランド調査2016の概要」によると、20カ国での認知度調査の内容では、「ポケットモンスター」についで「ハローキティ」が2位となっており(3位はドラゴンボールZ、4位はドラえもん)と、国民的アニメキャラクターにも勝る知名度を世界で誇っている。 なぜここまで国際的な人気を得たのか、歴史を振り返ってみよう。 ハローキティは1974年に開発し、翌1975年に最初の商品(第1弾は「がまぐち」)を発売。 翌1976年に米国法人を設立し、海外初のサンリオショップをカリフォルニア州に直営でオープンするとともに海外事業を開始した。 当時はハローキティの商品化を始めて間もない時期であり、ハローキティが人気になる以前より海外展開の準備をしていたことを意味する。 同時期にデビューした「パティ&ジミー」、キキ&ララの愛称で知られる「リトルツインスターズ」などと一緒にショップに「ハローキティ」商品が並んだ。 その後アジア、ヨーロッパ、南アメリカへと展開が広がっていった。 そしてハローキティにとって大きな意味を持つ出来事が1996年前後に日本で起こったという。 「それまで子ども中心だったファン層が大人へ広がりました。 『キャラクターグッズは子どものもの』という既成概念が変わり『大人がキャラグッズを持つことは決して子どもっぽいことでない』という新しい価値観が生まれました。 商品を供給する側である弊社も当時のトレンドセッターだった女子高校生のそういった動向を察知した段階から大人向け商品を増やしていく商品戦略をとっていたことがその動きを加速させました。 このように長い年月をかけて国内外で事業展開をして、ファン層を広げていったのだ。 さらに、時にはゾンビになったり、人気アニメ『ラブライブ!』とコラボしたりと商品展開は多岐にわたっており、現在は親しみを込めて「仕事を選ばないキティさん」などと呼ばれることもある。 「ハローキティは世界130の国と地域で年間約5万種類の商品が販売されております。 どのような商品化を行っていくかは、常に時代の変化を考えながら行っています。 また、相手を傷つけるような暴力的表現は弊社のキャラクターには似つかわしくありません。 事実、実は年代ごとにハローキティのデザインは少しずつ変化しており、その市場規模も計り知れない大きさだ。 「ハローキティ」は、世代交代どころか、現在もサンリオの屋台骨を支える最重要キャラクターであるようだ。 現在、第33回目となる『サンリオキャラクター大賞』の投票が実施中。 中間発表ではシナモロールが1位で、ハローキティは5位につけている。 その絶大なる認知度から、ファンの間でも「キティちゃんは別腹」といった心理が働いているのかもしれない。 ハローキティは、世代交代どころか、現在も日本を代表する比類なき人気キャラクターであることが改めて分かったが、果たして世代交代の日は来るのだろうか。 もし、その日が来るときがあれば、日本のキャラクタービジネスを一身に背負い、最前線を走り続けてきた労をねぎらってあげたいものである。

次の

ネットで話題のキティちゃん世代交代説、真相を担当者に直撃

キティ ちゃん ポップコーン

写真 キティちゃんのポップコーンマシーンにガンダム版登場「アムロ いきまーす」 大型商業施設などに置いてある「ハローキティポップコーンマシーン」にガンダム版が登場。 株式会社サンリオと株式会社創通がコラボし、ガンダムの「ポップコーンマシーン」が6月13日よりお台場のガンダムベース東京に設置されます。 展開は2020年12月末まで。 このコラボ企画、2019年4月から始まった「ガンダムvsハローキティ」対決プロジェクトが発端。 「ガンダム・キティLINE公式アカウント」を友だち登録後、ガンダム派かキティ派を選び、各ステージに参加する事で、選んだキャラクターを応援することができる、という仕組みでした。 全12ステージの対決の結果は8対4でガンダムが勝利。 これを受けて、全国1200か所で稼働しているハローキティの「ポップコーンマシーン」のガンダム版を製作し、3月に開催するファン感謝祭「春のファン祭り」でお披露目の予定となっていました。 しかし、イベントの延期により、6月に発表・登場する事に。 マシーンの製作は「ハローキティポップコーンマシーン」を担当している株式会社ココロが担当。 ガンダム版なので、もちろんキティちゃんが言うセリフもガンダムの操縦をしているアムロのセリフに。 キティ版:キティ「出来立てのポップコーンはいかが?」 ガンダム版:アムロ 「こいつ 動くぞ」 キティ版:キティ「ハーイ いらっしゃいませ キティの店にようこそ」 ガンダム版:アムロ 「アムロ いきまーす」 キティ版:キティ「お金を入れたら 好きな味を選んでボタンを押してね」 ガンダム版:アムロ 「後悔なんかするもんか」 キティ版:キティ「今日はキティのポップコーン屋さんに来てくれてどうもありがとう」 ガンダム版:アムロ「 やれるとは言えない、けど、やるしかないんだ」 キティ版:キティ「レンジで温め中 いまポップコーンがポンッポン膨らんでまーす」 ガンダム版:アムロ 「僕が一番ガンダムを上手く使えるんだ」 この名セリフの数々を聞くためだけに、思わずポップコーンマシーンにお金を入れてしまいたくなりそうです。 ガンダム版ポップコーンマシーンは、東京都江東区青海のダイバーシティ東京 プラザ7Fにある「ガンダムベース東京」にて、6月13日から年12月末まで稼働予定。 1回300円(税込み)で、バター・うすしお・キャラメルの3つから選ぶ事ができます。

次の