タブラ カレー。 シタールとタブラ、カレーの夜|ひとみ (カレー)|note

マルコメ君によるアーティスト活動「DJ MARUKOME」が『読めるスパイスカレー』を6月9日(ロックの日)に新発売

タブラ カレー

ベンガル料理ってなあに? 2019年6月、『ベンガル料理はおいしい』(伊藤総研+NUMABOOKS)という異色のレシピ本が刊行された。 まだまだお店で食べるにも難しいベンガル料理を、家庭でつくってしまおうという趣旨の1冊だ。 この本を監修するのは、20年以上インド・コルカタを(ほぼ)毎年訪ね続けているタブラ奏者、ユザーンさん。 彼と長きにわたり友人である、同じく長期間コルカタ在住であったシタール奏者、石濱匡雄さんのレシピを書籍化したものだ。 「以前から石濱さんのつくるベンガル料理が好きで、この本をつくる前にも個人的に何度もレシピをもらっていたんです。 だけど、石濱さんも毎回面倒だろうし、僕も回答を待つのがめんどくさいってことで、みんなが使えるレシピ本をつくろうと決めました。 辞書的にいうと「インド東部に位置するコルカタあたりを中心に食べられている」のがベンガル料理ならば、われわれがイメージするインド料理とはどんなふうに違うのだろう? その回答のひとつとして、東京・町屋にあるベンガル料理店「Puja(プージャー)」の貼り紙が思い出される。 そこには力強く、「ナンありません」と記されているのだ。 実際、本書にもナンやそれに該当するような粉物は出てこない(ベンガル料理全体では朝食に食べるロティ/ルチや、揚げパンなど粉物がいっさいないわけではないが)し、ベンガル料理には米食文化が強いという特徴がある。 ではそれ以外は? これがベンガル料理です! という明確な定義があるわけではなく、前述の米食文化や、マスタードやけしの実の多用、そして、ルイ(鯉)を筆頭にした川魚の調理など……。 そういった特徴をつなぎあわせると、ようやくベンガル料理の輪郭がイメージできてくるのだという。 とはいえ、アンパンのトッピング以外にけしの実を食べることなどなかなか想像できないし、川魚というとやはりにおいも含めて苦手意識がある人も多いのではないだろうか。 それは今回、専門レシピ集を出すことになったユザーンさんも例外ではない。 「最初にベンガル料理を食べたときは、それがベンガルの料理だと知らずに食べていたんです。 そのころは下宿先の家庭料理として出されていました。 ローカル色も強いし、作りおきの冷めた料理だったので余計にですが、そんなに美味しいと思わなかったのが事実です(笑)」 そんなユザーンさんは、コルカタ滞在期間に現地で料理を習ったこともあるそうだ。 しかし、それを日本で再現しようとしても思うようにいかなかったという。 そんなとき、ユザーンさんは石濱さんがつくるベンガル料理の美味しさを思い出したのだ。 石濱さんは滞在先の家庭で食事を担当することで調理法を習得したのだそう。 そのレシピは、どういった点で優れているのだろう? 「少なくとも『自分で作る』という条件では、石濱さんのレシピがいちばん合っていたんです。 『パンチフォロン 入れすぎないぐらい ・ヨーグルト 結構多め 』なんて、指示はすごく大ざっぱなんですけど、ちゃんと最初の工程から教えてくれるので、なんだかんだ丁寧なんですよね。 以前、インド料理を現地のお母さんに習いにいったときに、『おう来たか。 仕込みは済ませておいたぞ』ってことがあって(笑)。 そこがいちばん大事なんじゃないか……というところから石濱さんは教えてくれるんですよ。 あとはやっぱりセンスがいい。 こうしたら美味しくなる、というポイントを押さえているように感じます」 それ以外にも、日本ではなかなか手に入りにくく、作るのも一苦労のパニール(インドのカッテージチーズ)を厚揚げで代用するなど、作り手に対する気づかいもうれしい。 日本人の口に合わせたアイデアも石濱さんならではだろう。 そういった状況を、ユザーンさんはどう捉えているのだろうか。 「ただただ、ありがたいですよ。 ただ、もっと気軽にベンガル料理が食べられるお店が増えたら、僕が自分でつくる必要もなければ、このレシピ本を出す必要もなかったかもしれないですね(笑)」 さいごに、「自分にとってのベンガル料理とは?」という質問をしてみたところ、「一言では言い表せないから、今回の本でこれだけ文字数を使って話しているんです」と答えたユザーンさん。 ALL RIGHTS RESERVED. gqjapan. gqjapan. jp","requestIp":"212. 119. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. socialNetworks. gqjapan. analytics. analytics. analytics. relatedSites. relatedSites. relatedSites. relatedSites. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqmagazine. socialNetworks. socialNetworks. facebook. socialNetworks. socialNetworks. instagram. socialNetworks. youtube. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. analytics. gqjapan. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners. locale. locale. newsletter. newsletter. relatedSites. vogue. relatedSites. wired. relatedSites. voguegirl. relatedSites. gqjapan. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. primary. secondary. secondary. secondary. secondary. commercial. commercial. social. social. social. social. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. secondary. secondary. secondary. secondary. gqjapan. commercial. commercial. social. social. facebook. social. social. instagram. com. com. globo. globo. gq-magazine. gq-magazine. com. com. revistagq. revistagq. gqmagazine. gqmagazine. gq-magazin. gq-magazin. gqindia. gqindia. gqitalia. gqitalia. gqjapan. gqjapan. gqkorea. gqkorea. gqmiddleeast. gqmiddleeast. com. com. com. com. gqthailand. gqthailand. com. com. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. hygiene. sharingLinks. sharingLinks. sharingLinks. gqjapan. gqjapan. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. article. adInsertionIntervals. ads. ads. article. ads. まだまだお店で食べるにも難しいベンガル料理を、家庭でつくってしまおうという趣旨の1冊だ。 この本を監修するのは、20年以上インド・コルカタを(ほぼ)毎年訪ね続けているタブラ奏者、ユザーンさん。 彼と長きにわたり友人である、同じく長期間コルカタ在住であったシタール奏者、石濱匡雄さんのレシピを書籍化したものだ。 「以前から石濱さんのつくるベンガル料理が好きで、この本をつくる前にも個人的に何度もレシピをもらっていたんです。 だけど、石濱さんも毎回面倒だろうし、僕も回答を待つのがめんどくさいってことで、みんなが使えるレシピ本をつくろうと決めました。 辞書的にいうと「インド東部に位置するコルカタあたりを中心に食べられている」のがベンガル料理ならば、われわれがイメージするインド料理とはどんなふうに違うのだろう?その回答のひとつとして、東京・町屋にあるベンガル料理店「Puja(プージャー)」の貼り紙が思い出される。 そこには力強く、「ナンありません」と記されているのだ。 実際、本書にもナンやそれに該当するような粉物は出てこない(ベンガル料理全体では朝食に食べるロティ/ルチや、揚げパンなど粉物がいっさいないわけではないが)し、ベンガル料理には米食文化が強いという特徴がある。 ではそれ以外は?「それを自分でも考えますし、石濱さんにも訊いたりするんですけど、定義みたいなものはない気がしているんです。 マスタードを多めに使うという特徴はあると思いますが、他の近い地域でもマスタードオイルは使いますよね。 ポピーシード(けしの実)はたしかにベンガル料理くらいでしか使わないかもしれない。 でも、じゃあポピーシードや週に何度も食べるルイ・マーチ・ジョル(鯉のカレー)がベンガル料理を代表するものかというと、そうではないんですよね。 そういった特徴をつなぎあわせると、ようやくベンガル料理の輪郭がイメージできてくるのだという。 とはいえ、アンパンのトッピング以外にけしの実を食べることなどなかなか想像できないし、川魚というとやはりにおいも含めて苦手意識がある人も多いのではないだろうか。 それは今回、専門レシピ集を出すことになったユザーンさんも例外ではない。 「最初にベンガル料理を食べたときは、それがベンガルの料理だと知らずに食べていたんです。 そのころは下宿先の家庭料理として出されていました。 ローカル色も強いし、作りおきの冷めた料理だったので余計にですが、そんなに美味しいと思わなかったのが事実です(笑)」ベンガル料理の魅力そうしてベンガル料理を下宿先で食べ続け、ときに屋台やレストランでも食べるようになるうちに、徐々に「あれ? そういえばこれ美味しい……かもしれないな?」と思うようになっていったという。 いまや生まれ育った日本にいるときですら、その料理を欲し、わざわざレシピ本をまとめ上げるまでになったユザーンさんだが、いったいベンガル料理のどんなところに魅せられたのだろうか。 「圧倒的に好きなのは魚のカレーですね。 ルイにしろ、イリシュにしろ、パプダにしろ、ベンガルの魚のカレーと米を一緒に食べることが好きなんです。 ただ最初のころは、あの川魚特有のにおいや、皮のデロデロした感じが苦手でした。 最初にコルカタに行ったときは3カ月くらいで音を上げて、もう二度と魚のカレーは出さないでくれ! って、ベジタリアンに転向したくらい。 でもいまは、川魚をパンチフォロン(ベンガル地方のミックススパイス)やニゲラシード(黒いクミンと呼ばれるスパイス)で調理したあの感じが大好きになりました」そんなユザーンさんは、コルカタ滞在期間に現地で料理を習ったこともあるそうだ。 しかし、それを日本で再現しようとしても思うようにいかなかったという。 そんなとき、ユザーンさんは石濱さんがつくるベンガル料理の美味しさを思い出したのだ。 石濱さんは滞在先の家庭で食事を担当することで調理法を習得したのだそう。 そのレシピは、どういった点で優れているのだろう?「少なくとも『自分で作る』という条件では、石濱さんのレシピがいちばん合っていたんです。 『パンチフォロン 入れすぎないぐらい ・ヨーグルト 結構多め 』なんて、指示はすごく大ざっぱなんですけど、ちゃんと最初の工程から教えてくれるので、なんだかんだ丁寧なんですよね。 以前、インド料理を現地のお母さんに習いにいったときに、『おう来たか。 仕込みは済ませておいたぞ』ってことがあって(笑)。 そこがいちばん大事なんじゃないか……というところから石濱さんは教えてくれるんですよ。 あとはやっぱりセンスがいい。 こうしたら美味しくなる、というポイントを押さえているように感じます」また、本書に掲載されているレシピのなかでは、日本で手に入りにくい素材や用意に手間のかかる素材などが、ほどよく日本風にローカライズされているのも魅力だ。 もっとも特徴的なものは、石濱さんのオリジナルレシピである「ベンガル風からしレンコン」(p. 32)だろう。 ベンガル料理の特徴のひとつであるマスタードを粗挽きのココナッツとまぜ、それをレンコンではさみ揚げにしたものだ。 現地では瓜などを用いて作られるレシピだが、それをレンコンに置きかえ、日本の「からしレンコン」に見立てている。 それ以外にも、日本ではなかなか手に入りにくく、作るのも一苦労のパニール(インドのカッテージチーズ)を厚揚げで代用するなど、作り手に対する気づかいもうれしい。 日本人の口に合わせたアイデアも石濱さんならではだろう。 そういった状況を、ユザーンさんはどう捉えているのだろうか。 「ただただ、ありがたいですよ。 ただ、もっと気軽にベンガル料理が食べられるお店が増えたら、僕が自分でつくる必要もなければ、このレシピ本を出す必要もなかったかもしれないですね(笑)」さいごに、「自分にとってのベンガル料理とは?」という質問をしてみたところ、「一言では言い表せないから、今回の本でこれだけ文字数を使って話しているんです」と答えたユザーンさん。 「ベンガル料理はおいしい」というシンプルなタイトルに反して、その料理の奥はとても深そうだ。 石濱匡雄(いしはま ただお)シタール奏者/1979年、大阪府生まれ。 15歳でインドの弦楽器シタールを習い始め97年渡印、モノジ・シャンカール氏に師事。 在印中から様々なコンサート活動をおこない、帰国後もインド政府主催のイベント出演や数々のアーティストと共演するなど、国内外で幅広く活動している。 また、インド在住経験を生かし現地の家庭料理の紹介、自身の番組でのラジオパーソナリティなど多彩な側面を持つ。 U-zhaan(ユザーン)タブラ奏者/1977年、埼玉県生まれ。 オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏にタブラを師事。 2014年に坂本龍一、コーネリアス、ハナレグミらをゲストに迎えたソロアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリース。 インド滞在中の、ツイッターでのつぶやきをまとめた著書『ムンバイなう。 』(スペースシャワーブックス)が話題となり、のちに続編『ムンバイなう。 2』(同)も刊行された。 aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. aspectRatios. gqjapan. tags. tags. tags. tags. まだまだお店で食べるにも難しいベンガル料理を、家庭でつくってしまおうという趣旨の1冊だ。 この本を監修するのは、20年以上インド・コルカタを(ほぼ)毎年訪ね続けているタブラ奏者、ユザーンさん。 彼と長きにわたり友人である、同じく長期間コルカタ在住であったシタール奏者、石濱匡雄さんのレシピを書籍化したものだ。 "],["p","「以前から石濱さんのつくるベンガル料理が好きで、この本をつくる前にも個人的に何度もレシピをもらっていたんです。 だけど、石濱さんも毎回面倒だろうし、僕も回答を待つのがめんどくさいってことで、みんなが使えるレシピ本をつくろうと決めました。 辞書的にいうと「インド東部に位置するコルカタあたりを中心に食べられている」のがベンガル料理ならば、われわれがイメージするインド料理とはどんなふうに違うのだろう?"],["p","その回答のひとつとして、東京・町屋にあるベンガル料理店「Puja(プージャー)」の貼り紙が思い出される。 そこには力強く、「ナンありません」と記されているのだ。 実際、本書にもナンやそれに該当するような粉物は出てこない(ベンガル料理全体では朝食に食べるロティ/ルチや、揚げパンなど粉物がいっさいないわけではないが)し、ベンガル料理には米食文化が強いという特徴がある。 ではそれ以外は?"],["p","「それを自分でも考えますし、石濱さんにも訊いたりするんですけど、定義みたいなものはない気がしているんです。 マスタードを多めに使うという特徴はあると思いますが、他の近い地域でもマスタードオイルは使いますよね。 ポピーシード(けしの実)はたしかにベンガル料理くらいでしか使わないかもしれない。 でも、じゃあポピーシードや週に何度も食べるルイ・マーチ・ジョル(鯉のカレー)がベンガル料理を代表するものかというと、そうではないんですよね。 そういった特徴をつなぎあわせると、ようやくベンガル料理の輪郭がイメージできてくるのだという。 "],["p","とはいえ、アンパンのトッピング以外にけしの実を食べることなどなかなか想像できないし、川魚というとやはりにおいも含めて苦手意識がある人も多いのではないだろうか。 それは今回、専門レシピ集を出すことになったユザーンさんも例外ではない。 "],["p","「最初にベンガル料理を食べたときは、それがベンガルの料理だと知らずに食べていたんです。 そのころは下宿先の家庭料理として出されていました。 いまや生まれ育った日本にいるときですら、その料理を欲し、わざわざレシピ本をまとめ上げるまでになったユザーンさんだが、いったいベンガル料理のどんなところに魅せられたのだろうか。 "],["p","「圧倒的に好きなのは魚のカレーですね。 ルイにしろ、イリシュにしろ、パプダにしろ、ベンガルの魚のカレーと米を一緒に食べることが好きなんです。 ただ最初のころは、あの川魚特有のにおいや、皮のデロデロした感じが苦手でした。

次の

ECナビ

タブラ カレー

〇目次〇• スポンサーリンク 平日家族で石内バイパス沿いにある 「インドカレーTABLA五日市店」で ランチをしてきました。 お目当てはやっぱりランチセットです。 お得なセットですよね。 私たちが食べたランチセットを 紹介します。 インドカレーTABLAの豊富なメニュー 同じ佐伯区にある個性的で本格スパイスのカレー屋さんもおススメです。 コイン通りに2019年11月オープンのインドカレー屋さん ランチで何を食べるかすごく悩みました。 席待ちの時に、メニューがあったので じっくり見てたんですね。 このメニューは お昼限定のランチセットメニューです。 ほかにもメニューが置いてあって開くと 豊富なカレーやサラダやチキンのメニューがあって 結構圧倒されます 笑 カレーがメインではありますけど サイドメニューも豊富だし アルコール飲み放題のコースもあって 飲み会にも利用できそうです。 ただし、カレー好きじゃないとつらいかな? それでもインド人が作る本格カレーを食べて 非日常感は味わえそうですね。 とにかく、待ち時間はメニューを見て 楽しんでましたので時間はあっという間でした。 おすすめメニューランチ人気No1. 本日のカレーsetで満腹 席に着くと、私は最初「2種類のカレーセット」 にしようかと考えてたのですが、水を持ってきて くれたインド人のコックさんがしきりに 「おすすめメニュー」を勧めてくれました。 店舗入り口のところにも看板がそういえば ありました。 メニューの写真に心奪われて忘れてました。 おすすめらしいので、私は人気No. 1の 「本日のカレーset 1080円」に決めました。 ドリンク付きなのがまた魅力です。 それで注文してきた「本日のカレーset」です。 カレーは何なのか、注文時に聞くと 教えてくれました。 この日はチキンカレーでした。 チキンは辛口を注文です。 カレーとタンドリーチキンとサラダとナン ドリンクはマンゴーラッシーです。 この「本日のカレーset」はとにかく ナンがデカいんです。 食べきれるか不安になるほどです。 チキンカレーの中には大きなチキンのお肉が 2つゴロっと入ってるし、タンドリーチキンは あるしで食べ応え抜群です。 カレーの辛さは 「辛口」ですが どのくらい辛いのかといいますと 汗が噴き出る辛さです。 私は辛い物好きですが、辛口は辛いと 思いました。 でも、楽しめる辛さなので、辛い物が好きな 方はおススメです。 辛さで手が止まることはなかったですよ。 ピリ辛くらいが好きだなぁって方は 中辛くらいがいいのかもしれません。 ランチセットメニュータブラ満足ランチを堪能 旦那が注文したのは 「タブラ満足ランチ 1230円」 旦那は結構大食いなのでそれでも 足りるかなと思ってたのですが。 旦那はナンを200円追加して 「チーズナン」にしました。 見た目は普通のナンですが、旦那がナンを 破ってみると・・わかりますか? ナンのなかがチーズでいっぱいです。 このタブラ満足セットですが、ドリンクこそ ついてませんが ナンとライスのおかわりが 1回無料で頼めるんです。 これはすごく嬉しいです! ところで旦那は辛い物がちょっと苦手なので カレーの辛さは甘口です。 美味しそうに食べてました。 でもタンドリーチキンが少し辛かったようです。 私も食べたのですが、ピリ辛くらいの辛さでした。 ナンとライスがおかわり無料なのに おかわりする前にお腹いっぱいに なったようで、おかわりなしです。 チーズナンも美味しくてそれ単体で楽しめますが 後半は少し重たく感じるようです。 私のプレーンナンと半分こにしました。 半分ずつがちょうどいいです。 おすすめメニューランチとランチセットの違いはココ! ランチ一つとっても普通のランチセットと おすすめメニューランチって何が違うの?って 思いました。 おすすめメニューランチは写真がないから ちょっと注文はドキドキします。 これはおすすめメニューランチNo. おすすめメニューランチの ナンはLサイズ ランチセットメニューの ナンはMサイズ おすすめメニューランチのカレーとサラダの 容器が大きい ランチセットメニューのカレーとサラダの 容器は中くらい それでも ランチセットメニューはナンがおかわり 出来るので食べる人だったらランチで食べる場合 ランチセットメニューのタブラ満足セットが 最強かもしれません。 CURRY INDIA TABLA インド料理タブラ 住所:広島市佐伯区八幡東4-35-8 営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00 駐車場:8台 定休日:不定休.

次の

インド料理 TABLA(タブラ)春日町

タブラ カレー

京都のインドレストランThilagaさんで、シタール奏者石濱匡雄さんのレシピ本「ベンガル料理はおいしい」とアルバム「Tattva」の発売記念イベントがあった。 旅好きな方はニヤリとするデザイン 笑 予約で満席の中、石濱匡雄さんのシタールと、中尾幸介さんのタブラの演奏スタート。 シタールもタブラも、生演奏を聴くのははじめての経験で、2人で演奏しているとは思えない重厚な音色。 知識がなくて残念なコメントになるけれど、「わぁー」と思った。 弦がいっぱいあって、いろんな感じで手を動かすとすごいメロディが出てきて「わぁー」って…書いてて恥ずかしくなるので感想はこのへんにするけれど、中尾幸介さんのタブラもエモーショナルで引き込まれた。 2個なのにいろんな音色だった。 すごい。 私は音楽が好きだけど全然できない。 6歳からピアノを習ったけど何も弾けず、コーラス部に所属したけれど大きな声が出るようになっただけで、バンドに憧れてベースを買っても弾けないまま手放してしまった。 詳しいことは全然わからないので、言葉にするのが難しい。 音楽を浴びて心を震わせることが好きだ。 シタールとタブラ、かっこよかった。 心震えた。 誰もが知っているCMソングも演奏してくれた。 雰囲気がベンガルで楽しかった。 もっと聴きたい気持ちだけど続いてはお料理。 石濱匡雄さんのベンガル料理と、ティラガさんのタミル料理のコラボミールス。 ベンガル料理は、レシピ本「ベンガル料理はおいしい」にも掲載されているじゃが芋とケシの実の炒めもの、秋刀魚のマスタード煮。 ケシの実といえば、あんパンにほんの少し乗ってるようなイメージだったけれどこんなにふんだんに使う料理があるとは知らなかった。 ベンガル地方ではケシの実がよく穫れるとのこと。 知らなかった美味しさ!マスタードの華やかな風味と、それに負けない秋刀魚の旨味も絶妙!! ティラガさんの料理も、いつも大好き。 大海老のカレー、チェティナードチキン、ラッサム、サンバル、ビリヤニ等しっかりしたミールスだけど、ベンガル料理と調和していた。 レシピ本「ベンガル料理はおいしい」を買ったので色々作ってみたい。 すてきなイベントだったー!.

次の