辻 あさこ。 news zeroに新加入した辻愛沙子!学生なのに正社員で働く会社エードットとは?ADHDの障害がある?指原莉乃にそっくり

辻愛沙子(つじあさこ)の高校や大学など学歴や経歴は?可愛いけど勤めている広告会社は?【初耳学】|エンタメになる!

辻 あさこ

— 2018年 7月月7日午前3時11分PDT こうしてみると普通の女子大生ですが… 実はスゴイ人だったんですよね。 プロフィール• 辻愛沙子 つじ あさこ• 平成7年 1995年 生まれ 22歳• 東京都出身• エードット勤務• デザイナー・アーティスト 高校はどこ? 調べてみると… 中学2年生の時に単身渡欧しているんですよね。 イギリスの全寮制語学学校を経て、スイスの全寮制アメリカンスクールに入学しています。 その後渡米し、ニューヨークで高校生活を送っていますね。 もともと絵を描くのが好きだったそうでウォールアートなどの政策にも取り組んでいたのだそうです。 もともと絵を描くのが好きだったんだそうですね。 大学はどこ? 現在 慶應義塾大学の学生だったんですね。 学部が環境情報学部というところでした。 偏差値が…74とスゴイですね。 海外から大学に入学するのに、来日が9月と時期がずれちゃいますね。 平成26年 2014年 9月、大学に入学するために帰国しています。 当初は学生生活を満喫していたのですが、 「海外留学時の友人のアグレッシブさに影響を受け、課題を発表するだけの学生生活に物足りなさを感じるようになった」 ことから新たな道を模索し始めた辻愛沙子さん。 [ad co-2] 学生と会社員という二刀流 元々はインターンとして働いていたのでしたが、学生でありながら、正社員として採用されたのでした。 それが平成29年 2017年 のこと。 4月に正式に正社員として採用されました。 学生でありながら正社員として採用するというのはあまり聞いたことがありませんでした。 それだけの秘めたものがあると感じることがあったのでしょうね。 わざわざ学正社員という枠を新設したあたり、スゴイですね。 ちなみにエードットの社長さんもまだ30代と若い方なんですね。 新しいものをどんどん生み出していく人たちは、やはり違うんですね。 昨年話題になったインスタ映えのナイトプールを手がけたのも辻愛沙子さんだったんですね。 — 2017年12月月19日午前5時22分PST これは辻愛沙子さんが手がけたものですが、ハッシュタグをさりげなく誘導するために工夫されていました。 「#Selfie(自撮り)」と入れていたんですね。 インスタグラムのハッシュタグを付ける際は、その場所とノリで入れてしまうことが多いのだとか。 そこに主催者側の意図をさりげなく誘導することで、PRの効果も高まりますね。 この戦略は思いつきそうでなかなか出てこないものですね。 まとめ 現役女子大生でありながら、エードットに勤務している辻愛沙子さん。 ここまで話題になるというのはホント凄いことですね。 現在大学4年生の辻愛沙子さん。 今後の辻愛沙子さんの活躍に注目ですね! それでは最後までお読みいただきありがとうございます! 【関連記事】 [ad co-2].

次の

いざ、出航。辻愛沙子が新会社「arca(アルカ)」設立。

辻 あさこ

名前:辻愛沙子 つじあさこ• 生年月日:1995年11月24日• 年齢:22歳• 出身:東京都• 学歴:慶應義塾大学環境情報学部• 職業:デザイナー、アーティスト、プランナー 東京都出身の22歳、 現役女子大学生でありながら 会社に勤務している辻愛沙子さん。 f0 女性13~19歳 層• f1 20~34歳 層 をターゲットにした企画を 世の中に仕掛ける プランナーさんです。 辻愛沙子さんは2017年に お台場ウォーターパークの 空間デザインを手がけ、 インスタ映えする空間を 作り上げました。 今やプールと言ったらナイトプールなど 写真を撮る場所みたいな 所になってますからね。 商品はリング状という なんとも凝ったデザインで 可愛らしさもありますよね。 ということで現在、辻さんは 女子大生仕掛人として 注目されています。 スポンサードリンク 辻愛沙子 つじあさこ の高校・大学など学歴は? 注目の女子大生仕掛け人の 辻愛沙子さん。 そんな辻愛沙子さんの出身高校は ニューヨークの高校です。 小学生の頃から 海外に興味を持ち始め、 6年生の時にネットで情報を集めて、 留学したいと親に懇願したそう。 こんな小学生滅多にいませんよね笑 少なからず、私の小学生時代には 周りにいなかったです。 そして中学2年生の時に単身渡欧。 イギリスの全寮制語学学校• スイスの全寮制アメリカンスクール この2つを経て、アメリカに渡り 高校生活は ニューヨークで送っています。 中学2年生で単身留学というのも 中々ぶっ飛んだエピソードです。 行動力のある人って素敵ですよね。 現在通っている大学は 慶應義塾大学環境情報学部。 環境情報学部は 人間と人間をとりまく環境 それらに大きな影響を与える 情報とのかかわり合いについて 学んでいく学部で、 辻愛沙子さんの現在の活動とも マッチしている学部になりますな。 スポンサードリンク 辻愛沙子 つじあさこ が可愛い!勤めている広告会社はどこ? 行動力抜群、女子大生ながら 会社に勤めている辻愛沙子さん。 そんな彼女が勤めている会社は 株式会社エードット カラス。 学校に通いながらもアパレル企業で 広報やPR活動として 働いていた辻さんですが、 広告業界にも興味が出始め インターンとして働き始めたのが エードットになります。 辻さんのインターンでの働きが 凄まじかったのか、 学生社員として入社。 新たに学生社員という枠を設けた ことから相当惚れ込んだんでしょう。 これ私の上司のツイートなのだけど、間違いなく世界で一番最高な上司 私調べ と言えるほどの神上司なので本当に自慢でしかない。 スポンサードリンク 辻愛沙子 つじあさこ の高校・大学など学歴や経歴は?可愛いけど勤めている広告会社は?まとめ 今回は現役女子大生で 広告会社勤務の辻愛沙子さんに ついて調べてみました。 まとめますと• 東京都出身の現在22歳、女子大学生• 女性を対象にした仕掛けをプロデュースしている• プロデュースしたものが日経トレンディに• 高校はニューヨーク、大学は慶応義塾大学• 働いている会社は株式会社エードット カラス 行動力抜群の辻愛沙子さん これからの活躍にも期待ですね。

次の

辻愛沙子(つじあさこ)の高校や大学など学歴や経歴は?可愛いけど勤めている広告会社は?【初耳学】|エンタメになる!

辻 あさこ

店舗デザインや、スイーツ等の商品開発、そしてSNSでの拡散を生む企画設計など、 ブランドや企画の中で首尾一貫した全体設計・世界観作りを行う。 社会性のある事業作りと、アート性の強いコンテンツ作りの両軸で、 ナイトプール、飲食店、テーマパーク、コンビニ商品、アイドルなど、幅広い領域の企画を手がける。 この春、女性のエンパワメントや健康促進を目指す 「Ladyknows」プロジェクトを発足。 辻:はい、社名はラテン語で「箱舟」という意味の『arca(アルカ)』にしました。 辻:私は今年で24歳になるのですが、私たちの世代って、幼いときからずっと「この先日本は、世界は、本当に大丈夫なのか?」という不安を感じながら育ってきたと思います。 いわゆる失われた30年やソーシャルイシューというやつです。 そしてこの先も、決して楽観視することのできない未来がきっと待っている。 だからこそ私は、そんな荒れ狂う波の中でも「様々な人たちが多様性を保持したまま集い進める箱舟でありたい」という想いで、この新しく立ち上げた会社に「アルカ」という名前をつけました。 タピオカ専門店の「Tapista」をプロデュース。 「French Diner」をコンセプトに立て、類似ブランドが多いタピオカ業界で唯一無二な世界観を届ける。 一見、選挙とは対極に位置するようなタピオカブランドがメッセージを発信することで、SNS上で話題になり、最終的に3000人以上の方が選挙後、店舗に足を運ぶ結果となった。 辻:そうですね。 今までの代理店ビジネスって、クライアントの抱える問題に対して「それをどう解決していくか?」ということを考えるのが仕事で、決められたお題に対して最終的な解決方法を求められる構造が多かったと思います。 勿論例外はありますが。 それに対して、ブランディングコンサルというのは「パートナー」として、クライアントの長期的なご相談相手、共闘相手になることだと思っています。 特にこの領域は、私の得意な部分で貢献して行くことができると思っています。 例えばf0・ f1層といった若い女性向けの企画やアートディレクションであったり、ジェンダーなどのソーシャルイシューをユーモアに解決するアイディアやブランド作りなどの武器を持って、パートナー企業の未来に向かって長期的に取り組んでいきたい。 イメージでいうと、パートナー企業さんは漫画「キングダム」で言う所の「秦国」、「政」。 辻:業務内容の3つ目は、今までエードットが培ってきた資産をストックするプラットフォームをつくること。 その代表例が、私が今年立ち上げた女性の社会問題などに焦点をあてたメディア「Ladyknows」です。 <Ladyknows Fes 2019>「Ladyknows」は、女性のよりよい生き方、働き方を実現するためのプロジェクト。 記事の制作・配信や、イベントなどを定期的に開催し、今を生きる女性がより輝ける社会づくりに貢 献。 2019 年 10 月には、ポップアップイベント「Ladyknows Fes2019」をメインスポンサーで ある日本生命保険相互会社様を中心に様々な企業様に協賛いただき開催。 辻:Ladyknowsを例としてあげると、まず「Ladyknows」というメディアがある特定の色や思想を持つことで、そこで発信するメッセージや世界観に共感するフォロワーが付きます。 そして「Ladyknows」が発信力のあるプロジェクトとして成長すればするほど、協賛してくださる企業に対して還元できるものは大きくなっていきますし、イベントが終わったり、プロダクトが完成した後も、自分たちのプラットフォームにはきちんと資産として蓄積されていく構造です。 企業と生活者をクリエイティブや思想で繋ぐ。 そしてそのサイクルを回せば回すほど、全てのステイクホルダーにそれぞれのメリットがストックされていく。 これは従来のクライアントワークの構造とは、大きく異なる点ですね。 「Ladyknows」はあくまで1つのプラットフォームですが、アイディアやアクションを通じて、様々な企業の拡声器となり社会の代弁者となり、双方のハブとしての役割をになっていきたいと思っています。 辻:そうですね。 そして最後、4つ目の業務内容として、自社ブランドやサービス、プロダクトといったものをつくりたいと思っています。 実はすでにつくりたいと思ってるものもあるので…それらをひとつずつ形にしていけると思うと、今からとても楽しみです。 「何者でもない私」から「クリエイター辻愛沙子」へ。 そしてそれを超える強いチームを。 そんな中、私が唯一使えた武器は「若い」ということ。 そしてその「若さ」ゆえに見えている世界を具体的なアイディアに落とし込める事でした。 若さが武器というのは、体力的な部分はもちろん、「若者文脈を理解している」ということです。 例えば、ハウステンボスさんが展開していた2017年夏のお台場ウォーターパークのアートディレクションを任せていただいたことなどは、大きなきっかけになりました。 <お台場ウォーターパーク by ハウステンボス>「お台場ウォーターパーク」にて、SNS 映えするウォールアートや空間 室内のブース をデザイン。 1 ヶ月半の運営期間で、SN S 投稿が約 2 万件 にのぼり、その話題性から メディア記事に多数掲載された。 人気芸能人の個人アカウントに投稿されたり、「インスタ映え」での google 検索のトップに該当写真が上がってくるなど、広告費をかけずに 自動拡散されるコンテンツそのものを作る、現代に即した話題づくりの 方法を実現した。 -なるほど、それが辻さんの武器だったわけですね。 辻:武器である以前に、「若者文脈を理解した上で、最終的にクリエイティブに落とす」という一連の流れが、私にとってはシンプルにおもしろく、楽しく感じられたんです。 これまでの23年間で見てきた世界、熱狂したコンテンツ、考えてきた事が全て伏線となって、アイディアとなり具体的なアクションとなり仕事となり少しづつ伏線回収ができてきている。 そんな感覚が仕事にはあります。 そうやって自分が好きな世界観だったり、楽しいと思えるお仕事に全力で取り組み続けていった結果、「クリエイター辻愛沙子」として少しずつ認知されるようになっていったように思います。 辻:そうですね。 自分の色を出して仕事を続けたことで、「クリエイター辻愛沙子」宛てにお仕事を頼んでくださる方が少しずつ増えていきました。 会社に入る前は、デザインやプログラミングなど、具体的な武器のない自分をコンプレックスに感じていましたが、これまで自分が見て考え感じてきたものこそが自分の専門分野であり武器であると仕事を始めてから知る事ができました。 そして特にこの一年は、会社の中でそれぞれのスペシャリティを持つ人たちとチームで仕事をすることで、「私1人でものをつくる」から「チームでものをつくる」という感覚に、どんどん変わり広がっていく感覚があったように思います。 その感覚の蓄積の末、「クリエイター辻愛沙子」という個人を超える箱が必要だなと感じ、会社を立ち上げることに決めました。 辻:「クリエイター辻愛沙子」からもう1個上のレイヤーに行きたいな、って思ったんです。 やりたいことはどんどん出てくるけれど、私1人でできることなんて限られているから、やりたいことを全部実現するためには、「クリエイター辻愛沙子」をはるかに超えていけるようなチームをつくる必要があると思いました。 そして一見チーム戦と個人戦は相反するものとして捉えられがちだと思うのですが、最高のチームを作っていくためにはそれぞれの色や武器を磨き続ける事がとても重要なんです。 エッジの立った個人個人の集積によって最強のチームができていくというか。 そのために、私自身もっともっと先に進んで、まだ誰も見たことのない新しい世界をつくっていく必要があると日々思っています。 だから今は「とにかく外に出て、新しい世界を見たい!」という思いで全力疾走する日々ですね。 「変わり者」だって輝ける。 私が頑張ることが、誰かの証明になる。 辻:そうですね。 そもそもエードットって、会社自体の色が強いというよりは、個の色が強い人たちがたくさん集まっていて、それぞれが個性を出しながらも共闘しあっているんですよね。 出来ることと出来ないことの差が天地のように激しい凸凹な私が、居心地の良い中に留まらずガンガン外へ出て新しい世界に挑戦をすることで、「自分で立つという意思と覚悟さえあれば、自分のやりたいことに挑戦できる場所はある」という、強いメッセージになるのではないかと思っています。 例えば学校といった「社会」の中で、私はずっと「変わった存在」として見られる事が多かった。 エードットに出会うまで、どの組織や社会に行っても馴染めなかった。 でもそんな私が自分の足で立って前進していくことで、「変わり者」の人たちも輝ける場所がある、ということを証明していきたいんです。 辻:そう言っていただけると、とてもとても嬉しいです。 広告業界の中で新しい挑戦をどんどんしていくのがエードットの特徴だと思うんですけど、広告代理店という枠を超えて「エードット」という会社が社会に価値を提供し存在感を増して進化していくためにも、そのグループ会社である「arca アルカ 」が、エードットの独立遊軍として新しいものに挑戦していく「異端児」になっていきたいな、なんて思っています。 けれども社会の構造は今までの「普通」や「常識」を引き継いでそのまま進んでいる。 だから、そういう社会の中で私のような凸凹満載な存在が前進していくことで、「こういう生き方もあるんだ」という1つの指標になって誰かをエンパワメントできたら、それは私にとって何ものにも代えがたい喜びだと思います。 クリエイティブをビジネスに。 エードットの「独立遊軍」として進むその先には。 美しいものや面白いことは皆好きなのに、あくまで人生や社会や仕事のオプションだと思っている。 でも本来のクリエイティブって、側の演出だけではない「物事の本質」を見抜き捉える力が軸にあり、その上にそれをどう表現し伝えるかというクラフト、演出が乗っているものだと私は考えています。 だから次世代のクリエイティブカンパニーとして、わたしたちの具体的なアクションひとつひとつを通じて、クリエイティブが社会に提供できる変化や進化の価値を伝えていく必要があると思っています。 辻:そうですね。 クリエイティブの価値を上げていくためには、クリエイティブをクリエイティブにとどめることなく、ビジネスにしていくことが大切です。 「いいもの」をつくるのを大前提としながらも、社会にとってどのような経済合理性があるか?と言うことを考えながら、クリエイティブをちゃんと「ビジネスに落とす」ということを、会社としても個人としてもやっていく必要があります。 だからこそクリエイターにとどまらず、「経営についても学びたい」という思いから新しく会社をつくりました。 辻:そうですね。 アルカ、そして辻さんが目指す目標ってどんなものなのでしょう? 辻:「エードットでは生まれなかったサービスやプロダクトをつくっていく」というのがアルカでの野望です。 わかりやすく言うと「YouTubeってGoogleの子会社なんだ!」という。 さらにいうと「Googleってアルファベットの子会社なんだ!」って感じですかね(笑)エードットへの愛を掲げ、「アルカってエードットだったんだ!」といつか言ってもらえるように、エードットを超える会社を目指していきたいです。 そしてアルカがエードットに台頭していくプロセスの中で、私個人としても子会社の社長にとどまるのではなく、最終的にはエードットの経営にも関われる人材になっていきたい、と実は虎視眈々と思っています。 私がエードットに感じる信頼や愛は、何よりも「変化し続ける」ところにあります。 朝と夜でどんな成長があったか、変化や学びがあったか、を日々自問している自分にとって、この環境は何よりの舞台。 目標は25!なのであと2年ですね。 辻さんなら、実現できてしまいそうですね。 辻:ありがとうございます。 頑張ります。 エードットで役員を目指すか、アルカで上場して鐘をつくか。 今年3月、エードットが上場する時に、鐘をついてたのがほぼ男性だったのが、自分としては正直ショックだったんですよね。 もちろんそこには性差別の意識があるわけではなく、実情をフラットに判断した結果そうなっただけなのですが。 だからこそ、私が新しい風を吹かせる「独立遊軍」になれるよう頑張っていきたいなと思っています。 エードットにとっても、これからの社会にとっても。 そしてこの先も、ずっと、応援してますね!.

次の