東邦 大学 e ラーニング。 アメリカの大学のeラーニング事情|アメリカの大学のeラーニング事情

循環器病予防 eラーニング講座のご案内|一般社団法人動脈硬化予防啓発センター

東邦 大学 e ラーニング

数学教室 教養科数学教室 東邦大学理学部 教授・安冨真一,講師・ 東邦大学Moodle 理学部教養の一部の授業では Moodle と言われる web を通して教材を配 布したりレポートファイルを集めたりできるシステムを利用しています。 ただしすべての教養科の授業で使われている訳ではありません。 教師の指示にしたがってお使いください。 大学数学への架け橋 -大学での数学を学ぶための基礎-• 数学教室の担当授業 -高校で得た数学を基礎にして大学 理学系 数学への飛躍をナビゲートする-• 数学A1, 数学A2 微分積分• 数学B1, 数学B2 線形代数• 数理科学特論A 保険とファイナンス数学入門• 数理科学特論B 微分方程式とその応用• 確率過程論 情報科学科専門科目• 応用幾何学 情報科学科専門科目• 大学院情報数理専攻科目 数学教室の研究テーマ -実際の現象に付随した数学の理論と応用を学ぶ- 数式の中に秘められた驚きと喜びを、論理的思考の力を使って読み解くのが数学とい学問の面白さです。 本教室では特に、数を有理数で近似することにより数達の不思議で魅力的な性質を見抜く デイオファントス近似論と、 縞模様のように等質な図形が層をなしてできる構造について調べる 葉層構造論について研究を行っています。

次の

東邦大学の評判と偏差値【大学ランクは帝京平成大学以上】

東邦 大学 e ラーニング

受講対象者• 旧免許状所有者(平成21年3月31日までに授与された教員免許状を持つ方)は、生年月日等により修了確認期限を、新免許状所有者(平成21年4月1日以降に初めて教員免許状を授与された方)は、免許状記載の有効期間を確認してください。 有効期間(修了確認期限)が 2021年3月31日 の方は、初夏・夏期・秋期・冬期の各講習を受講できます。 有効期間(修了確認期限)が 2022年3月31日 の方は、初夏・夏期・秋期・冬期・新春・春期の各講習を受講できます。 有効期間(修了確認期限)が 2023年3月31日 の方は、春期講習を受講できます。 現職の教員でない場合や修了確認期限の延長をしている場合など、上記以外も受講対象となる場合があります。 講習一覧• 時間数:1科目 6時間 、受講料:1科目 6,000円• 選択必修および選択の科目において、同じ科目名の講習を受講することはできません。 【必修】社会・子どもの変化と教育の課題 子どもたちが活き活きと生活していくために、教員としてどのように子どもや親を支援していけばよいのか、一緒に考えましょう。 【選択必修】教員のICT活用と教育の情報化の実際 インターネットやICT機器の利用について、正しく理解を深めることにより、子どもたちに適切に指導できるようになりましょう。 【選択必修】仏教に基づく道徳教育と人間形成 道徳教育に期待が高まる中、日本の文化や仏教にも目を向けながら、道徳について理解を深めるきっかけにしたいですね。 【選択必修】昭和・平成の変遷を踏まえた令和教育の展望 その時代の子どもや学校の雰囲気を理解するために、部分的に当時の教員の「語り」等を導入しながら変化をつけて解説します。 【選択】教員のICT活用と教育の情報化の実際 インターネットやICT機器の利用について、正しく理解を深めることにより、子どもたちに適切に指導できるようになりましょう。 【選択】仏教に基づく道徳教育と人間形成 道徳教育に期待が高まる中、日本の文化や仏教にも目を向けながら、道徳について理解を深めるきっかけにしたいですね。 【選択】教師のためのオフィスソフトの使い方~アンケート調査を例に~ オフィスソフトの基本操作を学習し、単に教師自身の技術習得だけでなく、児童生徒への指導のヒントとなることを目指します。 【選択】やさしい児童期・思春期の精神医学〜その深層心理と心の病気〜 児童期・思春期は心理的・社会的発達に大切な時期です。 深層心理を学び、心の病を理解しましょう。 【選択】学校現場のメンタルヘルス 学校での不登校、いじめ、発達障害、自殺、新しくはスマートフォン問題を解説し、教師の対応の仕方を学習します。 【選択】学校における消費者教育 「消費者教育の推進に関する法律」が成立、施行されました。 学校、家庭、地域における消費者教育の仕方を解説します。 【選択】雇用のルール ブラック企業、格差社会を是正する力を養う法教育には、雇用のルール(労働法)の体系的な理解は不可欠です。 【選択】わかりやすい環境問題 常に、正しく理解し、むやみに怖がったり、むやみに安心したりしないで、冷静に判断できるようになりたいものです。 【選択】成績評価のための統計学講座 統計学を成績評価という点から学習し、平均、分散、標準偏差、偏差値等の意味を知り、その計算方法を習得します。 【選択】Webとその作成 Webの仕組みと作成方法を学習し、Webシステムについての理解とページ作成に必要となる実践的知識を習得します。 【選択】宇宙と素粒子 我々の宇宙は、どうして、どのようにして現在の姿になったのか。 素粒子の世界を調べていくことでその謎を解き明かします。 【選択】ICTを活用した「アクティブ・ラーニング型」力学授業法 実験結果の予測の正否をICT活用実験で一気に決着。 これこそ「眼からうろこの科学授業法の真髄だ!」と痛感するに違いありません。 【選択】未来への新しいエネルギーと発電のしくみ 太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス、振動エネルギーについて講義し、持続可能な社会のためのエネルギー利用技術と活用例を解説します。 【選択】バイオへの誘い(生命の仕組み) 生きるために必要な、エネルギー獲得や遺伝などにあずかる分子とその動きを学び、最近のバイオの発展を解説します。 【選択】子ども達と一緒に語る資源とエネルギー 資源・エネルギー問題は、しっかり現実を見つめる目を養うために、エネルギーの基本にもどって考えることも必要です。 【選択】わかりやすい小学校理科実験の手引き(電気・磁気) 電磁気は、新しい項目が追加され戸惑っておられる先生方も多いので、先生方のご質問に答える形で授業に含めています。 【選択】風景のサイエンス 風景は時々刻々変化するが、水蒸気やチリのわずかな配合の具合で驚くほど変貌することを原子、分子のレベルで解説します。 【選択】幼児からの英語遊び指導法 子どもと英語を使って自然に関わるための実践的な数多くの指導法やクラスの準備、指導のねらいやポイントを具体的に説明します。 【選択】昭和・平成の変遷を踏まえた令和教育の展望 その時代の子どもや学校の雰囲気を理解するために、部分的に当時の教員の「語り」等を導入しながら変化をつけて解説します。

次の

TOHOインタビュー|TOHO MAGAZINE|愛知東邦大学

東邦 大学 e ラーニング

オンライン授業の受講率 National Center for Education Statisticsの調査(2017最新)によると、アメリカでは710万人もの大学生が、少なくとも1つのオンラインコースを受講しているという実態があります。 つまり大学生のうち3人に1人は、少なくとも1つのオンラインコースを受講しているわけです。 全米で大学への入学者数は減少していますが、オンラインコースの受講者は増加傾向が続いています。 アメリカの大学の講師のうち75%は、オンラインコースの学習成果が教室のコースと同等以上であると認識しているという調査結果も出ています。 アメリカのオンラインコースで問題となっているのは、途中でドロップアウトする生徒が多いことです。 教室に集まって受講する通常の授業に比べ、オンラインコースの受講には高い自主性・自律性が求められるので、途中でコースを放棄してしまう生徒が出てくるのです。 思うように学習成果が上げられないことへのいら立ちや、モチベーションの低下などが背景にあるのでしょうか。 受講を辞めてしまう生徒の割合は、受講が始まって最初の数週間が特に高くなっています。 1~2週目までで50%もの生徒が受講を辞めてしまうのです。 しかし、コースが進むにつれて辞める生徒が少なくなり、受講人数が安定していきます。 ハーバード大学とMIT(マサチューセッツ工科大学)の共同研究では、edXプラットフォームを通じて提供される大規模なオープンオンラインコースの受講状況を調査しています。 それによると、オンラインコースの入学者のうち修了認定を受けることができた生徒の割合はわずか約5%にとどまっていました。 その原因の一つとして、受講者の大半が教育コンテンツに接した機会がない人であるからだと考えられています。 調査によると、学位取得者のうち6%が50歳以上、3%が開発途上国の出身者でした。 この結果は、オンラインコースにアクセスできるチャンスが、幅広い属性を持つ学生に学習の機会を与えるという可能性を示唆しています。 この研究はアメリカの学生のみを対象に行われましたが、eラーニングの持つ可能性が及ぶ範囲は一国にとどまりません。 オンライン教育の持つ大きな可能性を示しているといえるでしょう。 オンラインカレッジの主流化 2020年3月現在、アメリカでは276もの大学でオンライン講座が提供されています。 これは、米国教育省によって承認された「遠隔教育基準認定委員会」という認定機関の認定を受けた学校だけの数です。 このなかには、オンラインプログラムのみを提供している学校もあれば、キャンパスで提供するコースと並行して、オンラインプログラムを提供している大学も含まれています。 2019~2020年度における新型コロナウイルスの世界的大流行を受け、アメリカの多くの大学ではオンラインプログラムの提供が加速しています。 対応期間中、キャンパスでの講座を停止してオンラインのみで授業を提供すると決めた大学や短大も多数ありました。 eラーニングの課題とは? このように世界各国で普及が進むeラーニングですが、今後さらに拡大していく中で、どのような課題が考えられるでしょうか? アメリカでは、次のような問題点が指摘されています。 課題1 ネット環境の均衡化 ハーバード大学やスタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学のように学力が高く、所属する世帯の平均年収も高い大学の学生では、あまりネット環境は問題になりません。 学生自身のテクノロジーへの対応能力が高いことに加え、問題が生じたときには多少コストがかかっても、早期に解決することを優先するためです。 しかし、学生のうち約20%は、何らかの問題でオンラインに安定して接続できていないことがわかってきました。 もともとネット環境が整っていない家庭もあれば、データプランによって毎月のデータ容量が制限されている生徒もいますし、個人のPCを所有していなかったり、たとえ所有していても一度壊れてしまうと修理に出せずそのままになっていたりする生徒もいるためです。 技術的な問題で接続に失敗していて、うまく問題を解決できないまま放置している生徒も少なくありません。 より公正な学習成果を得られるようにするためには、ネットワークインフラの整備による根本的な環境整備が必要です。 さらに、オンラインプログラムを想定したコース設計も求められます。 課題2 大学講師のリテラシー オンラインで効果的に学習内容を教えるには、講師自身がビデオ通話などの各種ツールをうまく使いこなす必要があり、一定の練習が求められます。 eラーニングの普及を受けて大学講師のこれらのスキルは向上しつつありますが、講師のモチベーションには大きな格差があり、普及の下地はまだ十分とはいえません。 この問題を解決する方法として考えられるのが、オンライン教育を得意とする講師の担当する学生数を増やすことです。 オンライン講座なら生徒の人数が増えても、講師が大きな教室で声を張り上げる必要はありません。 これによって一人の講師が担当する学生の人数が増えれば、大学の運営という面でもコストパフォーマンスの向上を図ることができます。 まとめ 先見性の高いアメリカの大学の中には、多くの資金を動画教材の制作会社やデザイン会社に投入し、eラーニングの学習教材の作成に力を入れつつあるところが多数あります。 オンライン教育のプラットフォームもより利便性が向上され、やがて何百人、何千人もの受講生の受講状況や習熟度などが、より管理しやすくなっていくことでしょう。 学習教材の開発に対する資金投入は、そういった将来の展開に対する先行投資だと考えられます。 アメリカの事例を見ると、日本でもeラーニングの全面導入といった将来を見据え、しっかりとした土台作りをしていくべき時期に差し掛かっているといえるのではないでしょうか。

次の