国債先物 チャート。 米国債先物リアルタイムチャートでの単位表記

US10Yチャートと相場 — TradingView

国債先物 チャート

への投資を通じて、実質的に国債先物、日本の短期公社債および等へ投資し、中長期的に無担保コール翌日物レートを上回る運用収益の確保を目指します。 日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、および豪州の7か国(投資対象国)に上場されている10年国債先物を実質的な取引対象とします。 独自開発の計量的手法「国債ロング・ショート2. 5戦略」を用いて、長短金利差の観点から投資対象国の国債先物取引の魅力度を評価します。 魅力度が高いと評価する投資対象国の先物を買建て(ロング)、魅力度が低いと評価する投資対象国の先物を売建てる(ショート)ことで、ロング・ショートのポジションを構築します。 国債ロング・ショート2. 5戦略とは、投資対象国の2年と10年の国債の長短金利差に着目し、そのランキングに従って国別配分を毎年見直し、金利変動による影響を抑制しながらを追求するロング・ショート型の運用戦略です。 10年国債先物取引の買建ておよび売建ての実質的なポジションは、原則としてそれぞれのの250%相当額を目途としますが、とのを管理するために、その範囲を超えてポジションを構築することがあります。 実質的な外貨建てポジションについては、原則としてを行います。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

日本国債 チャート

国債先物 チャート

への投資を通じて、実質的に国債先物、日本の短期公社債および等へ投資し、中長期的に無担保コール翌日物レートを上回る運用収益の確保を目指します。 日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、および豪州の7か国(投資対象国)に上場されている10年国債先物を実質的な取引対象とします。 独自開発の計量的手法「国債ロング・ショート2. 5戦略」を用いて、長短金利差の観点から投資対象国の国債先物取引の魅力度を評価します。 魅力度が高いと評価する投資対象国の先物を買建て(ロング)、魅力度が低いと評価する投資対象国の先物を売建てる(ショート)ことで、ロング・ショートのポジションを構築します。 国債ロング・ショート2. 5戦略とは、投資対象国の2年と10年の国債の長短金利差に着目し、そのランキングに従って国別配分を毎年見直し、金利変動による影響を抑制しながらを追求するロング・ショート型の運用戦略です。 10年国債先物取引の買建ておよび売建ての実質的なポジションは、原則としてそれぞれのの250%相当額を目途としますが、とのを管理するために、その範囲を超えてポジションを構築することがあります。 実質的な外貨建てポジションについては、原則としてを行います。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

日本国債利回りの推移とチャート(2年債・5年債・10年債・30年債)|株式マーケットデータ

国債先物 チャート

への投資を通じて、実質的に国債先物、日本の短期公社債および等へ投資し、中長期的に無担保コール翌日物レートを上回る運用収益の確保を目指します。 日本、米国、英国、ドイツ、フランス、カナダ、および豪州の7か国(投資対象国)に上場されている10年国債先物を実質的な取引対象とします。 独自開発の計量的手法「国債ロング・ショート2. 5戦略」を用いて、長短金利差の観点から投資対象国の国債先物取引の魅力度を評価します。 魅力度が高いと評価する投資対象国の先物を買建て(ロング)、魅力度が低いと評価する投資対象国の先物を売建てる(ショート)ことで、ロング・ショートのポジションを構築します。 国債ロング・ショート2. 5戦略とは、投資対象国の2年と10年の国債の長短金利差に着目し、そのランキングに従って国別配分を毎年見直し、金利変動による影響を抑制しながらを追求するロング・ショート型の運用戦略です。 10年国債先物取引の買建ておよび売建ての実質的なポジションは、原則としてそれぞれのの250%相当額を目途としますが、とのを管理するために、その範囲を超えてポジションを構築することがあります。 実質的な外貨建てポジションについては、原則としてを行います。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の