インテージ ヘルス ケア。 売上や利益は?

『健康食品・サプリメント+ヘルスケアフーズ+セルフヘルスケア市場実態把握レポート2019年度版』発行

インテージ ヘルス ケア

日本のセルフヘルスケア市場とは?その大きさは? 日本の健康・美容に関係する商品やサービスはメジャーなものだけでも健康食品、サプリメント、OTC医薬品 処方箋なしで店頭で手に入る一般医薬品 、健康系の機能を訴求した食品・飲料、フィットネス、マッサージ、エステなど数多くあります。 図1 図1 これらの商品・サービスは多様な効果・効能や成分・素材、技術を謳っていて、訴求の似た商品・サービスがカテゴリーをまたいで存在しているにもかかわらず、売り手視点でカテゴリーを定義しているため、市場の全体像を捉えるということが難しくなっています。 そこで有効となるのが、生活者自身が必要とする健康効果・効能(ヘルスベネフィット)を起点に市場を捉えるという手段です。 (生活者起点での市場の捉え方については、でご紹介しています。 ) 日本のセルフヘルスケア市場をこのヘルスベネフィット別にみてみましょう。 1つ目のトレンドが、健康・美容効果を期待させる一般食品・飲料が、生活者にとってより身近な存在になったことです。 2015年4月開始の消費者庁による「機能性表示食品制度」をきっかけに、コンビニやスーパーといった生活者が普段買い物するチャネルの店頭に、健康・美容効果を期待させる一般食品・飲料が並びだしました。 2018年末時点では、800を超える加工食品・生鮮食品がそれぞれに機能を訴求しており、今もなお新商品が次々とでています。 「健康食品・サプリメント」と「健康・美容目的で摂る一般食品・飲料」を合わせた「ヘルスケアフーズ」の推計市場規模の動きを見てみると、ヘルスケアフーズ全体の市場規模 2兆6,735億円 は昨年とさほど変わりませんが、内訳をみるとこれまでヘルスケアフーズ市場をけん引してきた「健康食品・サプリメント」が271億円と-1. 図3 機能性表示食品市場の活性化は、この一般食品・飲料市場の伸びの要因のひとつとなっています。 図3 ヘルスケアフーズが実際にどのようなニーズで利用されているのか、利用目的のランキングを見てみましょう。 (図4)、男性は「疲労回復」「高血圧予防・改善」、「健康維持/体力増進」、「血液サラサラ」、女性では、「整腸・便秘の改善」、「美肌・肌ケア」、「栄養の補給・栄養バランス」、「痩身・減量」と続き、まったく異なるニーズを持たれていることがわかります。 図4 インテージの全国小売店パネル調査SRIのデータを用いて、機能性表示食品の訴求別の売れ筋商品を見てみると、男性1位の「疲労回復」に対処する商品としては、クエン酸配合の清涼飲料が特に売れていました。 また、女性1位の「整腸・便秘の改善」に対処する機能性表示食品のカテゴリーは多岐にわたり、主力のヨーグルトの他にもチョコレートや液体茶、もち麦ごはんといったカテゴリーの商品が売れ筋でした。 この売れ筋商品の中には、元々売れていた人気商品が「機能性表示食品」としてリニューアルされたケースも見られます。 既存商品の「機能性表示食品」へのスイッチも含め、今後も機能訴求した一般食品の市場は盛り上がりそうです。 そもそもスポーツ・運動は、生活者のセルフヘルスケア活動において大きな選択肢の一つです。 図5 図5 もともと「食」と「身体を動かすこと」は結びつきが強いものでしたが、近年はその傾向がより強くなっているようです。 健康意識の高い生活者が集まるフィットネスジム等の施設では、個人の状況に応じたヘルスケアフーズのクロス販売が増えていますし、その販売に健康データを活用する、新たなヘルスケアサービス・技術も次々と生まれています。 先進的な事例としては、近年急速に一般化した遺伝子検査キットの解析データを活用することで1人1人にあった運動メニューや食事メニューを提案し、さらに関連した商品やサービスの推奨、販売に繋げるといったサービスがはじまっています。 性別で対処状況をみると、男性はスポーツ・運動で、女性は食品で対処している傾向があるようです。 (図7) 特に女性では、70代が全年代を通じて最もスポーツ・運動で対処する人の割合が高くなっていました。 国による高齢者への総合的なセルフヘルスケアの推進を背景に、カーブスといったシニア女性に特化したフィットネスなどが身近になったことがひとつの要因と考えられます。 図7 「機能訴求食品」、「スポーツ・運動による健康対処」。 まだまだ続きそうなこの2つのトレンド。 今後どのように拡大していくのか、知るGalleryでは今後も注目していきます。 ヘルスケアフーズ市場やセルフヘルスケア市場の詳細データを掲載した最新レポートのサンプル版の無料ダウンロードも可能です。 是非ご利用ください。 それぞれ以下のように定義しています。 「ヘルスケアフーズ」「健康食品・サプリメント」「セルフヘルスケア」の定義 ヘルスケアフーズ: 健康や美容・ダイエットを意識して食べたり飲んだりする、健康食品・サプリメント、(一般の)食品・飲料、生鮮食品、医薬品等の総称。 健康食品・サプリメント: 自身や家族の健康や美容・ダイエットのために、日常生活で不足しがちな栄養素や機能性成分を摂取できるよう加工された食品(形状は、粒・錠剤、カプセル、粉末、液体、ゼリー状など)。 ただし、以下のものは「健康食品・サプリメント」に含まない。 セルフヘルスケア: 健康目的でセルフケアするためのヘルスケアフーズ、化粧品、ヘアケア、オーラルケア、健康器具・グッズ、スポーツ、スポーツ用品・サービス、施術・美容サービス、睡眠、睡眠グッズ、入浴、入浴グッズ・サービスの総称。 以上 転載・引用について 本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。 本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。 【転載・引用に関する注意事項】 以下の行為は禁止いたします。 ・本レポートの一部または全部を改変すること ・本レポートの一部または全部を販売・出版すること ・出所を明記せずに転載・引用を行うこと ・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと ・自社商品の宣伝・広告・販促目的での使用はご遠慮ください。

次の

インテージHD 新会社「インテージヘルスケア」発足へ 子会社のアンテリオとアスクレップの統合で

インテージ ヘルス ケア

日本のセルフヘルスケア市場とは?その大きさは? 日本の健康・美容に関係する商品やサービスはメジャーなものだけでも健康食品、サプリメント、OTC医薬品 処方箋なしで店頭で手に入る一般医薬品 、健康系の機能を訴求した食品・飲料、フィットネス、マッサージ、エステなど数多くあります。 図1 図1 これらの商品・サービスは多様な効果・効能や成分・素材、技術を謳っていて、訴求の似た商品・サービスがカテゴリーをまたいで存在しているにもかかわらず、売り手視点でカテゴリーを定義しているため、市場の全体像を捉えるということが難しくなっています。 そこで有効となるのが、生活者自身が必要とする健康効果・効能(ヘルスベネフィット)を起点に市場を捉えるという手段です。 (生活者起点での市場の捉え方については、でご紹介しています。 ) 日本のセルフヘルスケア市場をこのヘルスベネフィット別にみてみましょう。 1つ目のトレンドが、健康・美容効果を期待させる一般食品・飲料が、生活者にとってより身近な存在になったことです。 2015年4月開始の消費者庁による「機能性表示食品制度」をきっかけに、コンビニやスーパーといった生活者が普段買い物するチャネルの店頭に、健康・美容効果を期待させる一般食品・飲料が並びだしました。 2018年末時点では、800を超える加工食品・生鮮食品がそれぞれに機能を訴求しており、今もなお新商品が次々とでています。 「健康食品・サプリメント」と「健康・美容目的で摂る一般食品・飲料」を合わせた「ヘルスケアフーズ」の推計市場規模の動きを見てみると、ヘルスケアフーズ全体の市場規模 2兆6,735億円 は昨年とさほど変わりませんが、内訳をみるとこれまでヘルスケアフーズ市場をけん引してきた「健康食品・サプリメント」が271億円と-1. 図3 機能性表示食品市場の活性化は、この一般食品・飲料市場の伸びの要因のひとつとなっています。 図3 ヘルスケアフーズが実際にどのようなニーズで利用されているのか、利用目的のランキングを見てみましょう。 (図4)、男性は「疲労回復」「高血圧予防・改善」、「健康維持/体力増進」、「血液サラサラ」、女性では、「整腸・便秘の改善」、「美肌・肌ケア」、「栄養の補給・栄養バランス」、「痩身・減量」と続き、まったく異なるニーズを持たれていることがわかります。 図4 インテージの全国小売店パネル調査SRIのデータを用いて、機能性表示食品の訴求別の売れ筋商品を見てみると、男性1位の「疲労回復」に対処する商品としては、クエン酸配合の清涼飲料が特に売れていました。 また、女性1位の「整腸・便秘の改善」に対処する機能性表示食品のカテゴリーは多岐にわたり、主力のヨーグルトの他にもチョコレートや液体茶、もち麦ごはんといったカテゴリーの商品が売れ筋でした。 この売れ筋商品の中には、元々売れていた人気商品が「機能性表示食品」としてリニューアルされたケースも見られます。 既存商品の「機能性表示食品」へのスイッチも含め、今後も機能訴求した一般食品の市場は盛り上がりそうです。 そもそもスポーツ・運動は、生活者のセルフヘルスケア活動において大きな選択肢の一つです。 図5 図5 もともと「食」と「身体を動かすこと」は結びつきが強いものでしたが、近年はその傾向がより強くなっているようです。 健康意識の高い生活者が集まるフィットネスジム等の施設では、個人の状況に応じたヘルスケアフーズのクロス販売が増えていますし、その販売に健康データを活用する、新たなヘルスケアサービス・技術も次々と生まれています。 先進的な事例としては、近年急速に一般化した遺伝子検査キットの解析データを活用することで1人1人にあった運動メニューや食事メニューを提案し、さらに関連した商品やサービスの推奨、販売に繋げるといったサービスがはじまっています。 性別で対処状況をみると、男性はスポーツ・運動で、女性は食品で対処している傾向があるようです。 (図7) 特に女性では、70代が全年代を通じて最もスポーツ・運動で対処する人の割合が高くなっていました。 国による高齢者への総合的なセルフヘルスケアの推進を背景に、カーブスといったシニア女性に特化したフィットネスなどが身近になったことがひとつの要因と考えられます。 図7 「機能訴求食品」、「スポーツ・運動による健康対処」。 まだまだ続きそうなこの2つのトレンド。 今後どのように拡大していくのか、知るGalleryでは今後も注目していきます。 ヘルスケアフーズ市場やセルフヘルスケア市場の詳細データを掲載した最新レポートのサンプル版の無料ダウンロードも可能です。 是非ご利用ください。 それぞれ以下のように定義しています。 「ヘルスケアフーズ」「健康食品・サプリメント」「セルフヘルスケア」の定義 ヘルスケアフーズ: 健康や美容・ダイエットを意識して食べたり飲んだりする、健康食品・サプリメント、(一般の)食品・飲料、生鮮食品、医薬品等の総称。 健康食品・サプリメント: 自身や家族の健康や美容・ダイエットのために、日常生活で不足しがちな栄養素や機能性成分を摂取できるよう加工された食品(形状は、粒・錠剤、カプセル、粉末、液体、ゼリー状など)。 ただし、以下のものは「健康食品・サプリメント」に含まない。 セルフヘルスケア: 健康目的でセルフケアするためのヘルスケアフーズ、化粧品、ヘアケア、オーラルケア、健康器具・グッズ、スポーツ、スポーツ用品・サービス、施術・美容サービス、睡眠、睡眠グッズ、入浴、入浴グッズ・サービスの総称。 以上 転載・引用について 本レポートの著作権は、株式会社インテージが保有します。 本レポートの内容を転載・引用する場合には、「インテージ調べ」と明記してご利用ください。 【転載・引用に関する注意事項】 以下の行為は禁止いたします。 ・本レポートの一部または全部を改変すること ・本レポートの一部または全部を販売・出版すること ・出所を明記せずに転載・引用を行うこと ・公序良俗に反する利用や違法行為につながる可能性がある利用を行うこと ・自社商品の宣伝・広告・販促目的での使用はご遠慮ください。

次の

推定市場規模5.7兆円超。日本のセルフヘルスケア市場の二大トレンドとは

インテージ ヘルス ケア

マクロミルの非上場化と 2017 年の再上場 既に述べたようにパネル調査とアドホック調査で大きく手法が変わるように、業界でもそれぞれの会社によって、調査手法や事業内容が異なります。 パネル調査市場では、インテージホールディングスが圧倒的なポジションを占め、アドホック調査市場ではマクロミルが有力です。 マクロミルは、アドホック調査、ネットリサーチ国内最大手で、2014年に上場廃止し、そして2017年に再上場しました。 市場調査を、ネットリサーチで安く提供するところからはじめたマクロミル。 ベインキャピタルによって、約500億円で買収された後、2014年にオランダのMetrixLabの買収など、海外事業の拡大によって成長を実現、今後もさらなるグローバル展開を加速していく見込みです。 このように、国内市場の成熟を受けて、多くの市場調査会社が成長戦略として海外を志向しています。 また、別の動きとしては2014年にケアネットと合弁でマクロミルケアネットを設立。 ケアネットが持つ医師リサーチパネルを獲得しています。 製薬企業向けの調査は、年々複雑化、高度化していく中、医療分野専門の市場調査を提供しています。 国内の業界 2 強。 マクロミルとインテージホールディングス 国内では、マクロミルとインテージホールディングスが市場調査業界では大きな存在感を示しています。 ただ、既に述べた通りネットリサーチ、アドホック調査が中心のマクロミルに対して、パネル調査がメインのインテージホールディングスと事業内容は大きく異なります。 売上高規模でみると、直近の実績ではマクロミルの売上高320億円(2016年6月期)に対して、インテージホールディングスは480億円(2017年3月期)とインテージホールディングスが上回りますが、EBITDAで見た場合は、マクロミルが上回っており、収益性が大きく異なることがわかります。 さらに、直近での事業の成長性としてもインテージホールディングスが微増に対して、マクロミルは高い成長性が見込まれており、時価総額でみるとマクロミルの920億円(2017年6月時点)に対してインテージホールディングスが434億円(2017年6月時点)と2倍程度の差がついており、最近上場したマクロミルの市場での高い評価が伺えます。 マクロミルの2016年度の売上高は325億円(内訳はマクロミル258億円、MetrixLabが67億円)。 利益率は、マクロミル20%に比べてMetrixLAbが11. 2%と全体的に足を引っ張っているものの、売上高・利益率はともに上昇傾向にあります。 マクロミルの業績推移 インテージホールディングスの業績推移 出典:各社の有価証券報告書 次にインテージホールディングスの直近でのセグメントの売上高、営業利益をみると、マーケティング・リサーチの消費財向けとヘルスケアで分かれており、売上高への貢献としては消費財・サービス向けが大きいものの、収益貢献ではヘルスケアが非常に大きいことがわかります。 マクロミルでも、前述の通りヘルスケア領域の強化がみられますが、インテージホールディングスにおける一般用医薬品・医療用医薬品の市場調査や、製薬企業からの委託での医薬品開発をサポートするCRO(医薬品開発業務受託機関)業務の事業の重要性が伺えます。 インテージホールディングスのセグメント別業績(2017年3月期) 出典:有価証券報告書 ニールセン。 マーケティング・リサーチのグローバル市場最大手 ニールセンは100か国以上に拠点を持ち世界人口の90%を網羅する市場調査業界のリーディングカンパニーです。 ニールセンの事業をみると、「消費者購買行動分析(BUY)」と「消費者視聴行動分析(WATCH)」の2つのセグメントに分かれます。 消費者購買行動分析では、消費財メーカーや小売企業等を対象に世界規模でのリテールパフォーマンス分析を行っており、商品開発イノベーションからマーケティング活動最適化まで購買行動に関わる包括的なビジネスサポートを提供しています。 一方で、消費者視聴行動分析では、メディア・広告企業向けにあらゆるデバイス上での消費行動を把握するトータル・オーディエンス測定を行っており、広告効果の最大化に向けたソリューションを提供しています。 売上高は2015年に61. 7億ドル、2016年に63億ドルと伸びています。 売り上げの比率としては購買行動部門が53%、視聴行動分析部門が43%と両分野でバランスよく売上を立てています。 ニールセンの売上高推移 出典:FORM 10-K Nielsen Holdings plc 同社の主だった成長戦略として、「新興国市場への展開」と「高度なソリューション提供」をあげられます。 新興市場への展開をみると、アフリカ・ブラジル・インド・ロシア・中国等の新興市場の売り上げは消費者購買行動部門(BUY)で既に3割程度を占めています。 高度なソリューションに関しては、「オープン」「コネクテッド」「ユースフル」「パーソナル」という4つの視点で顧客の事業戦略効果最大化を狙っていくようです。 ニールセンの売上比率 出典:FORM 10-K Nielsen Holdings plc ここからも、マーケティング・リサーチ業界のトレンドが「質」の追求にあることが分かります。 また、新興市場含めたグローバル展開もほとんどの市場調査大手が強化している領域といえるでしょう。 その他のリサーチ手法。 コンサルティングファームや投資家が利用する GLG など「エキスパート・ネットワーク」 その他の調査手法、リサーチのサービスとしてはどのようなものがあるでしょうか。 「エキスパート・ネットワーク」といった有識者を活用したリサーチのサービスも海外企業を中心に展開されています。 「エキスパート・ネットワーク」とは、様々な業界や企業のリサーチのために、その業界の知見者、元従業員などのエキスパートがネットワーク登録し、投資家や調査員などに紹介して質の高い情報を提供するサービスです。 1時間のインタビューで情報獲得するエキスパートインタビューや、有識者へのアンケートをするエキスパートサーベイなどを提供しています。 例えば、プロの投資家やファンドの投資判断のため、コンサルティングファームのプロジェクトのために、業界レポートなど流通している情報だけではなく、より精度の高い情報や業界の知見者ならではの視点を取得するために活用されています。 このようなサービスを提供している企業は、最大手ではGLG(ガーソン・レーマン・グループ、Gerson Lehrman Group)が1998年に設立され、現在では50万人規模のネットワークを構築しています。 他にも業界大手としては、Guidepoint、Third Bridgeなどの企業がグローバルに展開をしています。 日本では、まだこのようなサービスを活用する企業は一部にとどまりますが、これらの企業も日本に既に進出しています。 このように、今後は情報を獲得していく手段もより多様化していくのかもしれません。

次の