二 松 学舎 柏 高校。 二松学舎大学はFランク大学?文東立松では上位でもFラン?

施設 / 制服紹介 - 二松學舍大学附属高等学校

二 松 学舎 柏 高校

この学校に入学するのはお勧めしません。 なぜなら、学校側の束縛がきついし、おかしな校則があるからです。 携帯禁止、髪染め、ピアス、化粧、頭髪も厳しく見られます。 また、昼休みは、食事中に先生が教室に入りとことん携帯やなどの違反を調べられるため、 落ち着いて食事ができません。 また、バスの本数が少なく、柏便だけたくさん出すくせに、我孫子や新柏は4時の1本だけしか出ません。 部活で7時下校の生徒にはキツいですね。 また、制服は、ブレザーのデザインは良いのですが、何故か男子までハイソックスにさせられるという驚きの事実。 また、私が1番納得出来ないのが、学食です。 一学期までは、とても美味しく、値段も200円台で、カレーとラーメンのセットでも430円という生徒からはとても良い評価でした。 しかし、夏休み明け、学食の評価は急に悪くなります。 まず、学食を作る会社が変わり、メニューは110円も値上げされました。 それだけでなく、作りたてではなく、作り置きしてあるので、今まで人気だったからあげも、生徒からは、「不味くなった。 」「俺学食もうやめよ」という声が多々。 食堂の中にあるヤマザキショップの方が、儲かっているでしょう。

次の

二松学舎大学附属柏中学校・高等学校 掲示板

二 松 学舎 柏 高校

千代田区九段南。 本学は、閑静な都心部に位置しています。 通学路の九段坂からは、靖國神社や千鳥ヶ淵の四季折々の季節感を感じることが出来ます。 豊かな自然と、文化や歴史を感じさせる二松學舍ならではの周辺環境。 そして充実した校内の様々な設備により、生徒達は成長していきます。 校舎は地下2階から6階。 屋上を含めると全9フロアです。 特別教室も充実しており、すべての施設が特徴ある吹き抜け構造を持つひとつの校舎に収まっています。 敷地は決して広くありませんが、それがかえって本校の特徴のひとつである生徒同士、生徒と教員の物理的・精神的距離感を近づけ、お互いの信頼関係を生む理由となっています。 また、本校のグラウンドは千葉県柏市の柏キャンパス内にあります。 学年ごと土曜日にキャンパス・グラウンドに集まり、自然に囲まれた広い人工芝グラウンドでのびのび運動ができるので、人間教育に重要な心身の充実がはかれます。 調理教室 生物化学教室 パソコン室 音楽室 美術室 屋上 図書室 体育室 和室 エントランスホール 柏キャンパス人工芝グラウンド 本校のグラウンドは、二松學舍大学柏キャンパス内にあります。 柏駅からスクールバスで約15分の位置にあり、野球場、サッカー場、ラグビー場、合宿所などの施設が整っています。

次の

二松學舍大学附属高等学校

二 松 学舎 柏 高校

名前のイメージが厳かな大学は数あれど、今回ピックアップする 「二松學舍大学(にしょうがくしゃだいがく。 以下、二松)」の記述の難しさはトップレベルだと思います^^; 付属高校が高校野球界隈で有名なので、何となく気に掛かっていたんですよね! 大学自体は名前の印象どおり、長い歴史と伝統を誇る学校との評判を聞きつけましたが、一方で「余りレベルの高くない大学群に分類される、Fランク大学」といった見方もあるようです。 とりあえず学校の実情をもっと知りたいと考えましたので、具体的な数字や世間の評価を鑑みながら概要をまとめました。 二松学舎大学の偏差値は? を参考に二松学舎大学の偏差値をまとめると以下のようになります。 大学名 学部 偏差値 二松學舍 文 47. 5~55 国際政経 47. benesse. 余り聞き覚えのない大学群かもしれませんが、その内訳は「・・・二松學舍大学」の4校で、ざっくりいえば「中堅私大の中でも比較的入試難易度が低いグループ」であると認識されていますね。 相対的なレベルでいえば「日東駒専未満・大東亜帝国より上」程度の位置づけでしょう。 なお4校内の序列をみると、二松は「文東立松で一番レベルが高い大学」と評価されています。 スポンサーリンク? shigaku. html 二松は東京都千代田区に本部を置く私立大学で、そのルーツは1877年に東京麹町へ設置された漢学塾にまでさかのぼります。 同校はその長い歴史の中で多くの偉人たちを輩出しており、中江 兆民・犬養 毅・平塚 雷鳥といった教科書掲載レベルの著名な人物が、卒業生として名を連ねていますよ^^ また現在に至るまで伝統的に文学部が強い点は、かの夏目 漱石が学んだという事実からも理解できるというものです。 このような輝かしい実績や、日本武道館にほど近い立地、更にはキャンパスの設備が非常に充実している点などが相まって、二松には一種のブランド的付加価値が生まれているようにも思えます。 規模的にはそう大きくありませんが、「少数精鋭」との評価もあり、何かと好意的にとらえられている学校かもしれません^^ 付属高校の活躍もあって名前も売れていますし、進学先として検討するには良い学校ではないでしょうか? 加えて文学部が強い特性を生かし、国語の教員育成にも注力していますので、将来的にそちらの分野で働きたいという学生は特にチェックしておくべきでしょう。 スポンサーリンク?

次の