アラジン イラスト。 アラジンの時代背景は?どこの国で何人なの?

アラジンの時代背景は?どこの国で何人なの?

アラジン イラスト

1、アラジン あまり知られていないが、アラジンは劇中では18歳という設定。 父親の名前はカシームで母親の存在は明らかにされていない。 アラジンがまだ赤ん坊のときに父親は彼と彼の母親を置いて家を出て行っている。 一方、アラジンの母親はアラジンがまだ2歳のときに盗賊に誘拐され、死亡したと考えられている。 つまりアラジンは子供のときから孤児だったのだ。 両親を失ったアラジンは学校にも行かず、アグラバーのストリートで盗みを覚えながら生活していた。 生き延びるために盗みはするものの、彼は自分の盗ったものを貧しい人に与えるなど優しい心の持ち主でもある。 2、ジャスミン ジャスミンはアグラバー王国のお姫様。 父親は国王のサルタンで、母親はほとんど物語りの中では触れられておらず、昔に亡くなったと考えられている。 ジャスミンは王国の生活に退屈し、外の世界に強い憧れを抱いている。 そんな中、次の誕生日までには父親から結婚するようにせがまれていて、頭を悩ませている。 お姫様となればもちろん相手にはそれなりの地位と名誉が求められるが、ジャスミンは愛のために結婚するのが本望だとずっと心に思っていた。 そんなタイミングで知り合ったのがアラジンだったのだ。 ちなみにジャスミンはディズニー映画で唯一のアラブ人プリンセスだ。 3、ジーニー ジニーは「アラジン」だけでなく、「アラジン ジャファーの逆襲」、スピンオフビデオ作品「アラジン完結編 盗賊王の伝説」に連続して登場するキャラクター。 声を担当したのはロビン・ウィリスアムズで、ほとんどが彼による即興の演技で行われ、そのあまりにも高いクオリティーが話題を集めた。 「」 原作「アラジンと魔法のランプ」でお馴染みのキャラクターでもあるジーニーはもともとは奴隷という設定。 彼を操るのは魔法のランプの持ち主であり、ランプを擦って自分を起こしたご主人様が願いごとをしたときのみ、魔法を使うことができる。 願いごとは3つまでで、アラジンが3つ目の願い事でジーニーを自由にしてあげる。 4、アブー アラジンのペットであり、パートナー。 アラジンと一緒に盗みを働くこともしばしば。 特に光るものには目がなく、すぐに盗ってしまう手癖の悪いところもある。 アラジンと知り合う前は盗賊団と一緒に行動していた。 ちなみにアラジンと出会ったのもアブーがアラジンのお金を盗もうとしたことがきっかけ。 5、ジャファー サルタンの右腕的な役割を果たす国務大臣で、物語の最大の悪役でもある。 権力者に媚を売る性格にも関わらず、ひそかに王位を狙うなどずる賢く、強い野望を抱いている。 ナルシストな性格で、サディスティックでもあり、悪役の要素が満載なのが特徴で、そのせいかジャーファーをメインキャラクターの一人に抜擢した続編「アラジン ジャファーの逆襲」まで制作された。 6、スルタン 一見優しそうな外見とは裏腹に娘のジャスミンを無理やり結婚させようとしたり、実は尊大で横柄な性格の持ち主でもあるアグラバー王国の国王。 一方でいい歳をしておもちゃと遊ぶのが好きといった子供っぽいところもある。 自分については人を見極める能力に長けていると信じているものの、ジャファーの悪巧みにまったく気づかないなど鈍感なところもある。 7、イアーゴ ジャファーの肩にいつも乗っているオウム。 主人に似て捻くれて、凶暴な性格をしている。 「アラジン ジャファーの逆襲」でジャファーがイアゴをマーケットで買ったことを話すシーンがある。 ちなみにイアゴという名前はシェークスピアの劇、「オセロ」の悪役から取ったもの。 そのためかイアゴには双子の兄弟、「オセロ」がいる。 8、カシーム アラジンの父親。 「アラジン完結編 盗賊王の伝説」で40人の盗賊の王として登場する。 もともとアラジンと彼の母親を置いて家を出て行ったのは「家族にもっといい暮らしをさせてやりたい」という思いからだった。 しかしいつの間にか盗賊団の首領となり、触れたものを金に変える秘法「ミダスの手」を探し求めて旅に出る。 「アラジン完結編 盗賊王の伝説」では数々の悪事に手を染めるが、その度にアラジンは父親の彼を助けようとする。

次の

アラジンの時代背景は?どこの国で何人なの?

アラジン イラスト

1、アラジン あまり知られていないが、アラジンは劇中では18歳という設定。 父親の名前はカシームで母親の存在は明らかにされていない。 アラジンがまだ赤ん坊のときに父親は彼と彼の母親を置いて家を出て行っている。 一方、アラジンの母親はアラジンがまだ2歳のときに盗賊に誘拐され、死亡したと考えられている。 つまりアラジンは子供のときから孤児だったのだ。 両親を失ったアラジンは学校にも行かず、アグラバーのストリートで盗みを覚えながら生活していた。 生き延びるために盗みはするものの、彼は自分の盗ったものを貧しい人に与えるなど優しい心の持ち主でもある。 2、ジャスミン ジャスミンはアグラバー王国のお姫様。 父親は国王のサルタンで、母親はほとんど物語りの中では触れられておらず、昔に亡くなったと考えられている。 ジャスミンは王国の生活に退屈し、外の世界に強い憧れを抱いている。 そんな中、次の誕生日までには父親から結婚するようにせがまれていて、頭を悩ませている。 お姫様となればもちろん相手にはそれなりの地位と名誉が求められるが、ジャスミンは愛のために結婚するのが本望だとずっと心に思っていた。 そんなタイミングで知り合ったのがアラジンだったのだ。 ちなみにジャスミンはディズニー映画で唯一のアラブ人プリンセスだ。 3、ジーニー ジニーは「アラジン」だけでなく、「アラジン ジャファーの逆襲」、スピンオフビデオ作品「アラジン完結編 盗賊王の伝説」に連続して登場するキャラクター。 声を担当したのはロビン・ウィリスアムズで、ほとんどが彼による即興の演技で行われ、そのあまりにも高いクオリティーが話題を集めた。 「」 原作「アラジンと魔法のランプ」でお馴染みのキャラクターでもあるジーニーはもともとは奴隷という設定。 彼を操るのは魔法のランプの持ち主であり、ランプを擦って自分を起こしたご主人様が願いごとをしたときのみ、魔法を使うことができる。 願いごとは3つまでで、アラジンが3つ目の願い事でジーニーを自由にしてあげる。 4、アブー アラジンのペットであり、パートナー。 アラジンと一緒に盗みを働くこともしばしば。 特に光るものには目がなく、すぐに盗ってしまう手癖の悪いところもある。 アラジンと知り合う前は盗賊団と一緒に行動していた。 ちなみにアラジンと出会ったのもアブーがアラジンのお金を盗もうとしたことがきっかけ。 5、ジャファー サルタンの右腕的な役割を果たす国務大臣で、物語の最大の悪役でもある。 権力者に媚を売る性格にも関わらず、ひそかに王位を狙うなどずる賢く、強い野望を抱いている。 ナルシストな性格で、サディスティックでもあり、悪役の要素が満載なのが特徴で、そのせいかジャーファーをメインキャラクターの一人に抜擢した続編「アラジン ジャファーの逆襲」まで制作された。 6、スルタン 一見優しそうな外見とは裏腹に娘のジャスミンを無理やり結婚させようとしたり、実は尊大で横柄な性格の持ち主でもあるアグラバー王国の国王。 一方でいい歳をしておもちゃと遊ぶのが好きといった子供っぽいところもある。 自分については人を見極める能力に長けていると信じているものの、ジャファーの悪巧みにまったく気づかないなど鈍感なところもある。 7、イアーゴ ジャファーの肩にいつも乗っているオウム。 主人に似て捻くれて、凶暴な性格をしている。 「アラジン ジャファーの逆襲」でジャファーがイアゴをマーケットで買ったことを話すシーンがある。 ちなみにイアゴという名前はシェークスピアの劇、「オセロ」の悪役から取ったもの。 そのためかイアゴには双子の兄弟、「オセロ」がいる。 8、カシーム アラジンの父親。 「アラジン完結編 盗賊王の伝説」で40人の盗賊の王として登場する。 もともとアラジンと彼の母親を置いて家を出て行ったのは「家族にもっといい暮らしをさせてやりたい」という思いからだった。 しかしいつの間にか盗賊団の首領となり、触れたものを金に変える秘法「ミダスの手」を探し求めて旅に出る。 「アラジン完結編 盗賊王の伝説」では数々の悪事に手を染めるが、その度にアラジンは父親の彼を助けようとする。

次の

ディズニー映画アラジンの登場人物キャラクター一覧

アラジン イラスト

アラジンの時代背景について ディズニー映画「アラジン」はいつ頃の話なのでしょうか。 公式に発表はありませんので、原案となった物語から、年代を探っていきたいと思います。 ディズニー映画「アラジン」は「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を題材にしています。 まず「千夜一夜物語」とは、イスラム世界における逸話集です。 ペルシャの王の妻が毎夜、何かの物語を王へ語っている形をとって書かれています。 英語版では「アラビアンナイト」として広く知られています。 では、なぜ王の妻は毎夜、物語を語るのでしょうか。 実は妻は殺されないように、王へ毎夜話を聞かせているのです。 このシャフリヤールという王は、最初の妃に浮気されてしまい、その妃と奴隷の首をはねます。 その後、毎晩一人の女性を連れてこさせて、翌朝にはその女性を殺すようになってしまうのです。 この王の行いに困った大臣は、娘のシャハラザードを王の元へ連れていきます。 そして、シャハラザードは王へ古今の物語を夜通し語り始めるのです。 国中の娘たちを救うため、また自分の命を守るために「続きはまた明日」、「明日はもっと面白いお話です」と王が次々に聞きたくなるような話をし続けます。 そのシャハラザードが語るいくつもの逸話が書かれています。 船乗りシンドバットの冒険も、「千夜一夜物語」でシャハラザードが語る物語の一つです。 また「開け、ごま」の台詞で有名な、アリババと40人の盗賊のお話。 その他にも、鬼神がでてくる魔法の話や、王子や姫の恋の話など、様々な話があります。 その中の「アラジンと魔法のランプ」がディズニー映画「アラジン」の題材になりました。 この「千夜一夜物語」が書かれたのは、だいたい800年ごろとされています。 そのため、「千夜一夜物語」に合わせていると考えると、800年ごろの話と推測されます。 ちなみに、ディズニープリンセスの物語は主に、1500年〜1800年代とされています。 それと比べると、ディズニー映画「アラジン」はだいぶ昔の話なようです。 どこの国で何人なの? まずは、原案となった「アラジンと魔法のランプ」を簡単にご紹介します。 中国で母親と2人で貧乏暮らしをしていたアラジンは、叔父を騙る魔法使いにそそのかされて、魔法のランプを手にします。 ランプをこすると魔人があらわれ、願いを叶えてくれ、アラジンは大金持ちになり、皇帝の娘と結婚します。 しかし、魔法使いはランプを奪い取り、皇帝の娘を連れて行ってしまいます。 アラジンは指輪の魔神の力を借りて、魔法使いからランプを取り戻します。 そして、魔法使いを退治して、皇帝の娘と共にかえってきます。 以上が、ディズニー映画「アラジン」の原案となった「アラジンと魔法のランプ」のあらすじです。 原案の「アラジンと魔法のランプ」は、中国が舞台になっていたとは驚きです。 しかし、ディズニー映画「アラジン」の舞台は、中国ではないように思いませんか。 では、ディズニー映画「アラジン」はどこの国の話なのでしょうか。 ディズニー映画「アラジン」の舞台は、砂漠の王国アグラバーとなっています。 こちらは、もちろん実在はせず、架空の国です。 ディズニー映画「アラジン」の中には、アラビア語が登場します。 「サラーム」という挨拶は、アラビア語のため、アラビア語を使う国ということが推測されます。 アラジンやジャスミンたちの服装からは、イスラムの国のような印象を受けます。 次は、ディズニー映画「アラジン」で登場する王宮の形に注目してみます。 ジャスミンの住む王宮はタージ・マハルと、とてもよく似ています。 そして、タージ・マハルのある都市は、インドにあり、アーグラといいます。 アーグラとアグラバー、言葉の響きが少し似ている気もします。 こちらの都市を参考にした可能性もあると思われます。 このことから、アグラバーはインドとイスラムの国々を合わせて作り出した架空の国という可能性が高いと思われます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ディズニー映画「アラジン」の時代背景、どこの国の話なのかという謎を推測してみました。 あくまでファンタジーのお話なので、時代や国など考えなくても楽しめます。 しかし、また違った目線で作品を楽しむことができ、面白いと思います。 この機会に、あらためて原案となった物語を読んでみては、いかがでしょうか。

次の