田邊社長。 【日本新聞精選】11/15:伊藤英明為《請不要在病房誦經》親手剃掉長髮變和尚,剛力彩芽與社長男友分手事務所支援復出因無人可用,紅白宣佈出場歌手菅田將暉LiSA入選,小瀨田麻由半裸F奶誘惑寫真,可愛治癒「兔島」慘變殺戮戰場原因,二宮和也結婚二宮神社5色繪馬大熱

田辺エージェンシー

田邊社長

遊戲大獎」宣布,將把今年的「終身成就獎」頒發給已故的任天堂前社長岩田聰,以表彰他對電玩遊戲產業的貢獻。 另外,知名遊戲創作者小島秀夫則是獲得「名人堂」的榮譽。 1959 年 12 月 6 日生的岩田聰,出身北海道札幌市,畢業於東京工業大學工學部情報工學科。 高中時因為興趣而自學電腦程式編寫,後於大學在學時進入 HAL 研究所打工,畢業後轉為正職。 1993 年晉升為 HAL 研究所社長,2000 年被延攬進入任天堂,2002 年被任天堂前社長山內溥拔擢為首位非山內家族社長。 任內曾主導推出 NDS、Wii 等暢銷主機,帶領任天堂邁向業績高峰。 近年因為罹患膽管腫瘤而導致健康狀況欠佳,不幸於 2015 年 7 月 11 日不治去世,享年 55 歲。 遊戲大獎,將把「終身成就獎」頒發給岩田聰,以表彰他以 Wii、NDS 等異質主機引領整個電玩產業趨勢潮流的貢獻。 另外,以《潛龍諜影》系列廣為人知、去年曾因去留風波而屢屢登上新聞版面的的世界頂尖遊戲創作者小島秀夫,今年則是獲選進入「名人堂」表彰。 遊戲大獎預定於 2 月 18 日在美國拉斯維加斯曼德勒灣會議中心舉行頒獎典禮,本次一共有 53 款遊戲獲得提名,其中角逐最大獎項「年度遊戲獎」的提名作品包括《血源詛咒》、《異塵餘生 4》、《聖靈之光》、《古墓奇兵:崛起》與《巫師 3:狂獵》。 關鍵字:、、、.

次の

社長,戰鬥的時間到了!

田邊社長

今日はaccelと直接関係はありませんが、私がずっとお世話になっており、accelを始めるきっかけとなったパワーハウスアミューズの田名邊社長の思い出を書き込みます。 パワーハウスアミューズの田名邊秀樹社長が9月21日に天国へと旅立たれました。 8年前、JZX100のコンピューターを現車合わせをお願いしに館山へ行ったのが私が田名邊社長に惚れた始まりでした。 『秋田ってどこだっけ?仙台ハイランドより遠いよね?えっ、800km近くあるの??』と笑顔で話してくれたのが最初でした。 非常に気さくで温厚な印象を受けたのですが、車に向かっている表情は真剣そのものでダイノパックで何回も回してちょっと走っての繰り返しで、10時から夜8時過ぎまで掛かりっきりでセッティングしてくれました。 そして数ヵ月後、GT2835Rのオリジナルタービンが欲しくてお店に行くと、 『HKSから新しくGTPROタービンってのが発売されてさ、ウチのタービンより安くてこっちの方が良さそうだからHKSのにしない?』って、自分の店のパーツを販売したほうが利益になるし、簡単にメーカーの方が優れているって言っていいの?とその時思いました。 なかなか言えない言葉です。 オリジナル物を売りたがるショップは実際多いですし。 告別式でポリフォニーデジタルの山内社長が 『奇をてらわず真摯に愚直に作品の完成度を追い求めていた』 との言葉を述べられたとき、ああやっぱり田名邊社長は私の思った通りの人だったんだ、天才なんかじゃない、本当に良い作品をお客さんに提供したいと真剣に車に向かう努力の塊だったんだと改めて思いました。 その後GT30PROタービンを取り付け、筑波で1日がかりで足回りのセッティングをしてショップデモカー並みのタイムを出せる車に仕上げていただき、木更津に移転してからは東京に用事があるついでに顔を出していました。 5月17日、1時間程色々な話をしました。 私の思い出話、常連さんの話、GTRの話、M3・M5の話、最後の会話になりました。 一生忘れられない1時間になりました。 『他の人はいいけどさ、工藤君は宝くじ当たったってお金を持ってきても絶対に車やらないからね。 一生懸命働いて商売成功して持ってきたら俺も一生懸命車つくるよ。 欲しい車が無いならつくればいいんだよ。 カーボンチェイサーでもつくればいいじゃん。 』 4年前独立したと報告に行った時の笑顔が忘れられません。 もう走る車は要らない。 乗りたくない。 東北自動車道を走りながらずっと思ってました。 でもお通夜・告別式に参席させていただき、考えが変わりました。 最後の作品となった、本当に命を削って完成させたPHANTOMに乗りたくなりました。 誰にでも楽しめる仕様に仕上げた筈です。 田名邊さん、奥さん、まっちゃん、来年中に必ずGTR用意して持って行きますので、PHANTOMと同じように仕上げて下さい。 田名邊さんの分まで楽しんで乗ります。 悲しんでいても、『そんなんじゃ男の勲章用意できないよ〜』って笑われそうなので今日から必死にまた働きます。 田名邊さんありがとうございました。 天国でゆっくりと休んで下さいね•

次の

訃報 パワーハウスアミューズ 田名邊秀樹社長

田邊社長

今日はaccelと直接関係はありませんが、私がずっとお世話になっており、accelを始めるきっかけとなったパワーハウスアミューズの田名邊社長の思い出を書き込みます。 パワーハウスアミューズの田名邊秀樹社長が9月21日に天国へと旅立たれました。 8年前、JZX100のコンピューターを現車合わせをお願いしに館山へ行ったのが私が田名邊社長に惚れた始まりでした。 『秋田ってどこだっけ?仙台ハイランドより遠いよね?えっ、800km近くあるの??』と笑顔で話してくれたのが最初でした。 非常に気さくで温厚な印象を受けたのですが、車に向かっている表情は真剣そのものでダイノパックで何回も回してちょっと走っての繰り返しで、10時から夜8時過ぎまで掛かりっきりでセッティングしてくれました。 そして数ヵ月後、GT2835Rのオリジナルタービンが欲しくてお店に行くと、 『HKSから新しくGTPROタービンってのが発売されてさ、ウチのタービンより安くてこっちの方が良さそうだからHKSのにしない?』って、自分の店のパーツを販売したほうが利益になるし、簡単にメーカーの方が優れているって言っていいの?とその時思いました。 なかなか言えない言葉です。 オリジナル物を売りたがるショップは実際多いですし。 告別式でポリフォニーデジタルの山内社長が 『奇をてらわず真摯に愚直に作品の完成度を追い求めていた』 との言葉を述べられたとき、ああやっぱり田名邊社長は私の思った通りの人だったんだ、天才なんかじゃない、本当に良い作品をお客さんに提供したいと真剣に車に向かう努力の塊だったんだと改めて思いました。 その後GT30PROタービンを取り付け、筑波で1日がかりで足回りのセッティングをしてショップデモカー並みのタイムを出せる車に仕上げていただき、木更津に移転してからは東京に用事があるついでに顔を出していました。 5月17日、1時間程色々な話をしました。 私の思い出話、常連さんの話、GTRの話、M3・M5の話、最後の会話になりました。 一生忘れられない1時間になりました。 『他の人はいいけどさ、工藤君は宝くじ当たったってお金を持ってきても絶対に車やらないからね。 一生懸命働いて商売成功して持ってきたら俺も一生懸命車つくるよ。 欲しい車が無いならつくればいいんだよ。 カーボンチェイサーでもつくればいいじゃん。 』 4年前独立したと報告に行った時の笑顔が忘れられません。 もう走る車は要らない。 乗りたくない。 東北自動車道を走りながらずっと思ってました。 でもお通夜・告別式に参席させていただき、考えが変わりました。 最後の作品となった、本当に命を削って完成させたPHANTOMに乗りたくなりました。 誰にでも楽しめる仕様に仕上げた筈です。 田名邊さん、奥さん、まっちゃん、来年中に必ずGTR用意して持って行きますので、PHANTOMと同じように仕上げて下さい。 田名邊さんの分まで楽しんで乗ります。 悲しんでいても、『そんなんじゃ男の勲章用意できないよ〜』って笑われそうなので今日から必死にまた働きます。 田名邊さんありがとうございました。 天国でゆっくりと休んで下さいね•

次の