変わり損。 電話加入権の除却

2016年4月からおくすり手帳の制度が変わり、損をする人も?

変わり損

改正ポイントは次の2点です。 ・給与所得控除の額が10万円減少 ・給与所得控除額の上限が195万円に引き下げ これだけ見るとすべての人の給与所得控除が引き下げられ、その結果、課税所得額が上がって税金が増えるように見えます。 しかし、実際には基礎控除の改正も同時に行われるため、高所得者以外の税額は変わりません。 【基礎控除】 基礎控除は、すべての人が一律で受けられる控除のことで、所得額に関わらず同額です。 2019年まで…38万円 2020年から…48万円 つまり、今回の改正の影響を受けるのは、年収が850万円を超える人ということになります。 ただし、子育て世帯や介護世帯については、この改正の影響が出ないよう調整されますので、厳密には、改正の影響があるのは「子育て、介護世帯ではない年収850万円超の人」ということになります。 給与所得控除額を具体的に計算してみましょう。 毎月の月給(手取りではなく支給額。 交通費は含めない)が25万円、賞与が年2回30万円だった人を例にとって考えてみます。 2020年から変わるのは、給与所得控除と基礎控除だけではありません。 現役の会社員の方にはあまり関係ないかもしれませんが、ご家族の方などに関わる場合もあるので概要を知っておきましょう。 ・公的年金等控除 給与収入に給与所得控除があるのと同じように、年金収入には公的年金等控除があります。 この公的年金等控除も、2020年からは10万円引き下げられます。 ただし、給与所得者の場合と同様に基礎控除が同額上がるので、基本的に税額は変わりません。 ただし、これまでは上限がなかった公的年金等控除に新しく上限が設けられた関係で、年金額が1,000万円超の場合は控除額が少なくなり、結果として税額が上がります。 また、年金以外の雑収入を1,000万円以上得ている人も税額がアップすることになるでしょう。 ・青色申告特別控除 事業を営み青色申告をしている人には、青色申告特別控除という控除項目がありますが、この金額も2020年、65万円から55万円に10万円引き下げられます。 ただし、e-Taxを利用して電子申告した場合は従来通り65万円の控除が受けられます。 このように2020年の改正で、税金が多くなる人、少なくなる人がいますので、整理してみましょう。 年収1,000万円を超える年金受給者も同様です。 給与所得控除が引き下げになることで、「増税だ!」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、一部の高年収の人以外には、今回の改正はそれほど大きな影響のないものです。 安心して2020年を迎えましょう。

次の

2016年4月からおくすり手帳の制度が変わり、損をする人も?

変わり損

今回はふるさと納税について考えてみたいと思います。 どーも。 はじめましての方、はじめまして。 OZ と申します。 以後お見知り置きの程よろしくお願いいたします。 ふるさと納税について ふるさと納税制度を利用されたことがある方はいらっしゃいますでしょうか。 制度の詳細につきましては「ふるさと納税」で検索いただくと様々なサイトで紹介されていますが、ざっくりと言うと 住民税を居住地以外の県や市町村に前払いできる制度です。 説明が乱暴かもしれませんが制度利用者目線からすると、この解釈で問題ないと考えます。 ふるさと納税と呼称されていますが、行政上の扱いは納税ではなく地方自治体への寄付金扱いですので税金から控除されるようにするためには、確定申告若しくはワンストップ特例制度という制度の申請が必要となります。 確定申告をする方の場合は所得税の還付も受けることが出来ますが、どちらにせよ殆どの方は最終的な税控除額は同じですので、どちらの方が得といったことはございません。 住民税と所得税から控除されるワケですから、 税金を払っていない方にはメリットは皆無です。 ふるさと納税によって控除される税金の金額は寄付した金額から2,000円を引いた額となります。 例えば2万円ずつ5自治体に寄付したとすると合計額の10万円から2,000円を引いた98,000円が翌年の住民税から控除されます。 10万円寄付して98,000円の控除では2,000円の損のように思えますが、ふるさと納税のメリットといえるのが自治体によって設定されている 返礼品です。 返礼品については各自治体が寄付の金額によって様々なモノを設定しています。 どのようなモノがあるのかは例えば等でも紹介されていますので、調べてみると人によっては意外なお宝が見つかるかもしれません。 ふるさと納税の制度策定主旨から逸脱気味になっているような気もするのですが、この返礼品が実質2,000円で貰えるというのが 現状におけるメリットとなっています。 例えば350mlのビール24本(約5,000円)が貰える5つの自治体に寄付したとすると実質2,000円で約25,000円のビールが入手出来るということになります。 ご自身で呑むもよし!転売するもよし!? とはいえ、寄付するにも限界がございますので転売目的で利用する方がいるかどうかは不明ですが、モノを得るための自己アフィリエイトと捉えられるかもしれませんね。 ふるさと納税(寄付)先の自治体の数に制限は設けられていませんが、ワンストップ特例制度を利用できるのは5自治体までですので、確定申告するのが面倒臭い方は寄付する先を5自治体までにする方が良いでしょう。 寄付金額にも上限はありませんが、収入によって控除される税金の上限は変わりますので 上限額を超えて寄付をした場合には損をすることになります。 いくらまで寄付出来るのかについては等で試算できますので、ふるさと納税を検討されているのであれば、 損をしないためにも確認しておくべきでしょう。 因みに、上限額のギリギリまで寄付するよりも少しだけ控えめの金額にしておいた方が計算ミス等により損をするリスクを回避出来ると思います。 ワンストップ特例制度の申請をする際にはマイナンバーカードを作成している方が楽なのですが、作成していなくても通知カードと免許証等の身分を証明できるものがあれば問題ありません。 因みに私はマイナンバーカードを作成しておりません。 理由はいたってシンプルで、 私がただのモノグサ体質だからです。 ええはい。 ふるさと納税で税控除を受けるには、確定申告若しくはワンストップ特例制度の申請をする必要があるということ及び寄付行為のアクションを起こす必要がありますので、それすらも面倒臭いと思われる方には縁のない制度と言えるでしょう。 後から控除されるとはいえ、 一旦は支出が発生しますので支出(前払い)が可能な方でなければ利用できません。 ふるさと納税制度で寄付できる自治体は任意で選べますので、純粋に故郷に寄付することも出来ますし、被災地等の支援をしたいという理由での利用も可能です。 また、寄付の使い道についても指定することが可能ですし、始めから使用目的が設定されているクラウドファンディングもありますので、目的に賛同するものがあればそういったところを選ぶのもアリかもしれません。 我が家の場合はと申しますと、金額や自治体数につきましてはプライベートな部分ですので控えさせていただきますが、家族揃って海産物が好物ですのでそういった返礼品の自治体をいくつか選んで寄付しております。 まとめ 制度利用の検討にあたっては、百人百様の考え方があるでしょう。 人気のある返礼品は早期に品切れとなる可能性がございますので、お目当ての返礼品がある方は早めにアクションを起こされた方が良いかもしれません。 「いつ販売中止になるかわからないから早く購入した方が良いよ!」と煽っている有象無象の 胡散臭い商材とは全くの別物です。 返礼品には魅力的な品物が多いので本当に品切れになるのです。 少々過剰気味に思える返礼品ではありますが、規制がかけられていない現状は利用して損はないと考えます。 収入があって税控除を受けることの出来る方には お薦めできる制度 で あるといえるのではないでしょうか。 ではまた。 免責事項 本記事の情報については確認のうえ記載しております。 ただし、内容や時期によっては古い情報や誤りのあるものが含まれる可能性があります。 あくまでも主観に基づいた内容になっておりますので本記事情報の利用により生じたトラブルの保証は致しかねます。

次の

「世帯年収1000万」が一番損な理由

変わり損

女が損する6のこと 男女の賃金格差 まず最初に挙げるべき項目は、男女での賃金格差であり、お金は生死に直結するほど重要な役目を果たし、高収入であればあるほど裕福な生活をすることも可能となります。 厚生労働省が2016年に発表した賃金格差によると、女性の賃金は増加を続ける良い兆候が見られることに加えて、3年連続で最高水準を記録しています。 最も、パートで共働きを想定してみた場合、男性は長期間一つの企業に勤めることで、基本給やボーナスが上がっていくのに対して、パートは賃金が変わりにくいことも、格差の理由に挙げることができるので、そうした部分での賃金格差が出るのは仕方のない部分もあります。 しかし、日本は欧州などに比べると格差が大きいことからも、日本で住む限りは女性は賃金で損をしていることは間違いないと言えるでしょう。 生理で苦しむ女性 女が損することの2つ目は、男性が理解できないであろう生理の苦しさや面倒に感じることにあり、男性陣の中には生理の苦しさを理解しようとせず、自分勝手な言い分を放つ人もいます。 例えば、イライラする気持ちを理解してもらえず、酷い言葉をかけられたり、吐き気や腰痛など人によって症状は様々でありますが、生理を経験することのない男性は、この苦しさを理解することは不可能です。 特に無神経男との交際ともなれば、「生理でもヤりたい!」と無茶なお願いをされたり、「また生理かよ…」とガッカリされたり、「大げさじゃない?」と理解を示さないなど、別れる原因となることも珍しくありません。 定期的に苦しい思いやイライラを感じるのですから、どう考えても生理は損と言える項目の1つになります。 さらに安定期に入るまで、無理して働くことができないという点も、今の日本では女性が不利になる部分となりやすいです。 結婚願望がない男性にとっては、妊娠発覚は事故のようなものであると表現する人もいるわけですから、こうした男との妊娠発覚は必ずと言ってもいいほど、女が損をする確率が高いと考えられます。 産後に関しては、育休が取れない会社があることや、育休を取ることで昇進が遅れてしまうことなど、仕事面において女が損をすることは明確です。 他にも、少し昔であれば育休を取るなら辞めてくれと言われる会社もたくさんあったので、悔しい思いをして会社を辞めた女性も多々いることでしょう。 また、近年では夫の育休も注目される世の中となりましたが、2016年に厚生労働省が発表した調査によると、男性の育休率は3. 子育てや家事は女の仕事という風潮 出産後も女が損をしやすいもう1つの理由は、育休が取りにくい、育休を取ると昇進が遠のくなどの理由に加えて、「家事育児は女がやるものである」という古い考えを持つ男がいて、実際に何一つ協力してくれない男もいるからです。 この点においては、「女は働く必要がなくていい」と考える男性もいるかと思いますが、共働きが多くなった現在では、働きながら家事育児の3つをのなすことは、実は精神的にもかなり大変なことなのです。 もちろん、家事育児に理解のある夫を選ぶことができれば、こうした悩みを抱えることが少ないとも言えます。 特に古い考えを持つ男を選んでしまった場合、経済力がなければかなり大変な思いをすることが想像でき、交際中にこうした性格を見抜けるかどうかは、非常に重要になることは間違いありません。 この項目に関しては、男を見る目がない女性にも原因があると考えるのが妥当です。 女のライバルは女である 例えば、男が不倫した場合と女が不倫した場合、どちらがネットやテレビで叩かれるのかと言えば、間違いなく女である可能性が高いと言えます。 その理由としては、「女のライバルは女」であることが深く関係し、女性が不倫をすれば男女ともにフクロ叩きにあうわけですから、同じ不倫でも女性の方が叩かれやすい傾向にあります。 男性の場合、「男は浮気をする生き物だ」という考えを持っている人や、「やっぱり男って…」という考えになりやすいので、間違いなく女性の方が印象が悪くなりやすかったり、炎上しやすいと考えることができます。 男性からすれば、「それは女の問題じゃ…」と思う人もいるかもしれませんが、いつまでも許されないイメージが強い女性の方が、損をしやすいことは言うまでもありません。 他にも、姑に意地悪をされるとか、昔の姑と今の自分を比べられるなど、女のライバルが女であるデメリットは面倒がつきものです。 性的被害に遭うのは女性が多い 男の性衝動は勝手なものであるがゆえに、その気がなくとも衝動を抑えきれず犯罪に手を染めてしまうことや、力が強いことを利用して強引に犯罪を犯すなど、基本的に性的被害に遭うのは女性の方が圧倒的に多いです。 平成19年に警察庁が発表した統計データによると、男と女の犯罪比率は8:2であったことからも、男の方が犯罪を犯しやすいことは明らかです。 これは男が持つ性質などが関係しており、逆に女性にはある犯罪率が高いこともはっきりと分かっています。 女性の場合は、万引きなどの比較的見逃してもらえることもある犯罪であることから、男が圧倒的に高いデータが出ているのかもしれませんが、性被害に遭う確率は言うまでもなく女性の方が多く、損をすると言えるでしょう。 女が得する部分も具体的に見てみよう! 美人は生涯年収が上がりやすい? ブスと美人では生涯年収に大きな差があると昔から言われ続け、実際に芸能界で成功を収めた人や、会社経営で大きな成功を収めた人は、美人を嫁に選びやすい傾向があります。 これは男の性質が関係しており、男はプライドが高くて競争心が激しい性質を持つために、美人を横につけることで他の男と大きな差をつけたり、プライドを傷つけることも避けることができます。 さらに美人と結婚することは、より優秀な子孫を残すことにも繋がることからも、美人と結婚を望むことは男の本望でもあります。 もう1つ、美人は社長秘書として仕事をもらえたり、職場でちやほやされやすいなど、仕事面においても美人が得しやすいことが分かっています。 例えばモデルやアナウンサーなどの仕事は、基本的に容姿が整っていることが条件となります。 年収2000万のパイロット結婚するのか、年収400万のサラリーマンと結婚するのかでは、1年だけでも1600万もの差が出ることからも、美人ほど生涯年収が上がりやすいのです。 奢ってもらえる デートで奢ってもらえるのは基本的に女性であるか、イケメン男性であると言っても過言ではありません。 もちろん奢る男にも何か狙いがあり、「付き合いたい」とか「ホテルに行きたい」などの目的があることも多いですが、こうした男の気持ちを利用したクズ女がいることも事実です。 特に若い女性ほど奢ってもらいやすい傾向があり、基本的に男は若い女が好きであることからも、若い頃にどれだけ男が奢ってくれたのか?という部分が、女の価値を語っています。 他にも、日帰り旅行に連れて行ってもらえたり、ガソリン代なしで助手席に乗せてもらえるなど、最も分かりやすい女性が得する部分ではないでしょうか。 若い女はパパ活が可能 パパ活とは、おじさんが様々な支援をしてあげることで、デートや体の関係を望む交際のことであり、若い女性は特にパパ活に有利であり、若い女が好きという性質を持つおじさん達は、若くて可愛らしい女性を選びがちです。 パパ活をするメリットとしては、「お金がもらえる」「ブランド物を買ってもらえる」「家賃を払ってもらえる」など、基本的に生活水準を上げやすく、困った時にはいつでも味方になってくれる存在こそが、パパの存在となります。 一方で、パパ活が得することばかりなのかどうか?と言われると、パパ活を一度経験すると抜け出せない依存性や、体を捧げる必要があるケースがほとんどであるので、パパ活が原因で地獄を見る女もいます。 パパ活など一切目にくれず、真面目に働いてきた女性からすれば、なんのメリットにもならないパパ活でありますが、ただ若いだけで多くの女性にチャンスがあるという見方をすれば、パパ活も間違いなく女が得をするジャンルとなります。 例えば、映画のレディースプランのおかげで600円割引ができた場合、女性は男性が払う金額で、ポップコーンをただで食べることができたり、行き帰りのガソリン代がタダであるという見方もできます。 こう考えると、レディースデーを長く賢く利用できている女性は、年間でかなりの金額を得していると考えることができ、逆に男性は多く出費がかかると言えます。 もちろん女性の場合は、化粧などに出費がかかるので、一概に男性の方が出費が多くなるとは言い切れませんが、レディースデーを上手に活用することで、少しでも多くの貯金が可能となるはずです。 ファッション幅が広い ファッションに興味がない女性は、「そんなのどうでもいいわ」と思うでしょうが、ファッション幅が広かったり、様々なおしゃれができるのも女性が得する部分となります。 田舎や都会に限らず、基本的にファッションセンターは女性物を多く取り扱っていますし、安くて可愛いものが揃いやすいのも女性であります。 可愛いが命の女性からすれば、ファッション幅が広いことは非常に重要な項目となるはずです。 男も女も損する分野は必ずある いかがだったでしょうか。 結論としては、「男も女も必ず損する分野がある」ことにあり、女が損…と愚痴を口にする人は、男であっても同じような愚痴をしているかもしれません。 大事なのは、男だから女だから得する損すると考えるのではなく、自分がどうすれば幸せに暮らせるのか?という部分にあり、得をしたから幸せなんてことはあり得ないのです。 自分がやりたいことにチャレンジできたり、幸せな日々を送れているのであれば、そもそもこうした考えに至ることもありません。 もしも心の底から「女は損である」と思うのであれば、逆に女が得することを徹底的に行動に移すことで、「女で良かった」と思えるほどの満足感を得られるでしょう。 つまり、男が損とか女が損という感情は、結局のところ捉え方次第で大きく変わり、ネガティブに捉えると何事にもネガティブ思考になってしまうので、これでは不満が溜まっていく一方となってしまうだけです。 女である武器を最大に生かし、女で良かったと思う自分になりたいのであれば、まずは「 」を読み、愛想1つでどれだけ世界が変わるのか?という現実を知ることから始めてみましょう。

次の