深田 えい み 過去。 深田久弥

【2020】深田恭子の彼氏歴がすごい!歴代15人フライデーされた人全てまとめました(画像)

深田 えい み 過去

るいにとって、その男はベストセラーを生み出す人材の1人に過ぎなかったが、自分の志にまっすぐで、時に無防備な行に、しだいにひかれてゆく。 若い時に結婚に失敗し、仕事一筋に生きてきたるいにとって、17歳年下の男に抱いた感情は、深い動揺と忘れていた甘美さを目覚めさせ…。 第2回「キスして」 仕事一筋で生きてきた中村るい(鈴木京香)は、17歳年下の男・鈴木行(長谷川博己)と恋に落ちるが、彼には妻・万理江(深田恭子)がいる。 そして、偶然にも鈴木夫婦は、るいの家の向かいに引っ越してきた。 行の妻とは知らず、るいは万理江と近所づきあいを始める。 行との恋路は深まるが、るいは、行との別れを決心。 しかし、仕事で訪れたシンガポール。 ホテルのるいの部屋をノックするのは、行で…。 第3回「正直な体」 シンガポールで結ばれた、るい(鈴木京香)と行(長谷川博己)。 一方、行が子どもを欲しがらないことで悩む万理江(深田恭子)は、るいに夫への説得を依頼。 そして、るいの家に、息子・亮(綾野剛)が年上の恋人・愛子(YOU)を連れて来た夜、夫婦ゲンカの仲裁を求めて、万理江が駆け込んでくる。 るいは、万理江の背後に立つ男を見て凍りつく。 第4回「二番目の女」 るい(鈴木京香)に約束したとおり、万理江(深田恭子)に別れを切り出す行(長谷川博己)。 万理江は逆上して手首を切り、父・賢吉(石田太郎)と母・文江(朝加真由美)が、長崎から駆けつける。 一方、秀月(草笛光子)が引き合わせた、医者で作家の秋夫(布施明)から、るいは交際を求められる。 るいは、「けじめをつけるために時間がほしい」と言う行の言葉を信じようとするが、万理江から衝撃の事実を告げられ…。 第5回「愚かな女」 るい(鈴木京香)と行(長谷川博己)は、「妊娠した」と言う万理江(深田恭子)のことばに衝撃を受ける。 数日後、万理江の妊娠は、間違いであったことがわかるが…。 一方、新海社では社長・向井(段田安則)の長年の夢であった株式上場が実現しようとしていた。 しかし突然、秀月(草笛光子)が「自分の作品をすべて引き上げる」と通告してくる。 第6回「うずく背中」 るい(鈴木京香)は、秀月(草笛光子)を怒らせた一件の責任を取り、総務部付に降格となった。 そこに、亮(綾野剛)とケンカしてアパートを飛び出してきた愛子(YOU)が現れ、居候させてくれと頼まれる。 数日後、るいはイギリスに帰国する秋夫(布施明)から「いっしょに来てほしい」と言われ…。 第7回「のぞかれた夜」 「会社に泊まる」と万理江(深田恭子)にウソをつき、るい(鈴木京香)と密会を重ねる行(長谷川博己)。 しかし万理江は、すべてを悟る。 そのころ、るいの愛猫が消え、編集部には悪質な嫌がらせの手紙が届き始める。 そして、行が狙う証券会社の買収が着実に進むなか、週刊誌に、るいと行のスキャンダルが取り上げられた。 マスコミの取材を受けた万理江は、心労が原因で流産になったと偽る。 さらに、万理江の行動は止まらず…。 第8回「愛しているのは私」 東京地検に逮捕された行(長谷川博己)は、取り調べに、しょうすいしていた。 面会に来た万理江(深田恭子)に「離婚してくれ」と頼むが、きっぱりと拒絶される。 嫌がらせが万理江の仕業だとわかり、愛子(YOU)は、ばとうするが、「愛人は妻にはなれない」と万理江は勝ち誇る。 るいにできるのは、日々、拘置所の行に手紙を書くことだけだった。 第9回「最後の一夜」 拘置所から出所し、るい(鈴木京香)と暮らし始めた行(長谷川博己)。 しかし、脅迫されている行は神経質になり、2人の愛に影を落とす。 一方、長崎の実家に帰った万理江(深田恭子)は、ペット向けの自然食事業に乗りだし、生き生きと輝き始める。 執行猶予つきの判決が下りた夜、るいは久しぶりに明るい表情の行を見て、胸が熱くなる。 2人は激しく愛し合う。 しかし、明け方、行は家を出て行く。 そして、2年の月日が流れ…。 第10回<終>「誇り高き女たち」 シンガポールでマフィアに撃たれた行(長谷川博己)。 るい(鈴木京香)は病院に駆けつけ、意識不明の行に寄り添う。 一方、ペット向けの事業を始めた万理江(深田恭子)は、別人のように輝きだす。 1年後、肇(段田安則)が引退し、るいは社長を引き継ぐ。 しかし大手取次会社の倒産で、新海社は窮地に陥る。 秀月(草笛光子)や秋夫(布施明)、万理江にまで頭を下げて会社を救う。 そして、万理江から手渡された行の手紙には…。

次の

【2020】深田恭子の彼氏歴がすごい!歴代15人フライデーされた人全てまとめました(画像)

深田 えい み 過去

「結婚を考えている彼女」 として紹介しています。 亀梨和也さんは小泉今日子さんとかなり本気でお付き合いしていたのは事実のようです。 亀梨和也、小泉今日子がパリに婚前旅行!? — エリナ erina2014x 2007年にはパリ旅行をスクープされ、婚前旅行ではないかと報道されました。 その後、度々破局が言われていましたが、結局 2014年ごろまでは交際が続いていたのでは?と言われています。 ですが、結果的には亀梨和也さんと小泉今日子さんは破局してしまいます。 破局の原因は、• 亀梨さんが深田恭子に乗り換えた• 価値観の違い• 事務所の圧力 など、様々な憶測が飛び交っています。 大政絢さん(Twitterより) 亀梨和也さんと大政絢さんは 2010年「ヤマトナデシコ七変化」で共演しています。 年上好きと言われていた亀梨さんだったので、 年下の女優と噂になって驚いた人も多かったようです、 二人のデートを目撃したという一般の人のツイートがきっかけで熱愛が発覚 路中キスも撮影されたと言われていましたが、その画像は かなり不鮮明で相手が誰なのかはっきりしないので、本当に大政絢さんだったのか疑問が残ります。 大政絢さんが亀梨和也さんに猛アタックしてお付き合いが開始したのでは? と言われていますが、 本当に付き合っていたかは不透明 大政絢さんは他にもジャニーズのタレントと噂になったこともあり、好みのタイプがジャニーズである可能性は高そうですね! 5.杏 亀梨和也さんと杏さんは、2011年「妖怪人間ベム」で共演しています。 また、杏さんから亀梨さんに猛アタックして、大政絢さんから奪った?という噂もありました。 杏さんの父・渡辺謙さんも亀梨和也さんとの熱愛には賛成で、親公認の仲だったという情報もありますが、交際していたかどうかは不透明な部分が多いようです。 杏さんは2015年俳優の東出昌大さんと結婚、現在は三児の母となっていますね 6.米倉涼子 亀梨和也さんと噂になった深田恭子さん(Twitterより) 2015年に映画「ジョーカー・ゲーム」、ドラマ「セカンドラブ」で共演がきっかけでお付き合いが始まったと言われいます。 たまにふいに見たくなる — たつろー tatsurooo0813 「セカンド・ラブ」では、 ドラマでのディープキスがリアルすぎることから、交際しているのでは?と噂になりました。 実際に、 ドラマの中で20回以上もキスをしたことからお互いを意識し始めるきっかけになっていた、と言われています。 2016年7月頃から亀梨さんの自宅から深田恭子さんが出てくる姿が目撃されたり 亀梨さんの愛犬を散歩させたりする姿が目撃されていたので、半同棲なのでは!?と噂になりました。 2019年1月に深田恭子さんに新恋人がいることがスクープされ、 亀梨さんとは破局したのでは?と言われています。 深田恭子さんの歴代彼氏についてはこちらをどうぞ! 亀梨和也さんの2020年現在お付き合いしている最新彼女はいるのでしょうか? 深田恭子さんの新恋人出現で、亀梨和也さんとは破局した説 と 深田恭子さんとまだお付き合いしている説 があり、亀梨和也さんと深田恭子さんが現在もお付き合をされているのかどうかははっきりとした確証は得られていません。 2019年現在も彼女は深田恭子さんなのか それとも新たな恋人がいるのか はたまた現在はフリーで誰ともお付き合をしていないのか… 続報を待ちたいと思います。 亀梨和也さんは2019年4月から放送予定の「ストロベリーナイトサーガ」に出演予定になっています! ストロベリーナイトサーガ! — 神野紫 -yukari- pompin1103.

次の

試験内容・過去問

深田 えい み 過去

概要 [ ] 旧制福井中学(現・)から(現・)に進み、文芸部でやと知り合う。 また山岳部員として山にも親しんだ。 をこよなく愛し、を受賞した著書『』は特に良く知られている。 俳号も山の入った「九山」である。 一高卒業後は東京帝国大学に進むも中退。 (46年)の登山中に、山頂直下でのため68歳で死去。 その場所には『深田久弥先生終焉の地』と表記されたが立っている。 「深田クラブ」により100名山を加えて200にしたもある。 略歴 [ ]• (36年) - 石川県大聖寺町字中町(現在の加賀市)にとして生まれる。 (2年) - 文学部哲学科に在籍しつつ当時ブームに沸いていた改造社に入社。 懸賞小説の下読みをする過程でと知り合い、恋に落ちる。 (昭和5年) - 北畠と同棲を始めるとともに『オロッコの娘』などの小説を発表。 これらの作品が好評だったことに勇気を得て大学を中退、勤めを辞めて文筆一本の生活に入った。 (昭和7年) - 発表した『あすならう』で文壇的評価を確立したが、実は『あすならう』も『オロッコの娘』もその他の作品も、北畠の作品の焼き直しであった。 このことに気付いたやから厳しくたしなめられたため、時には深田自身が独自に作品を書くこともあったが、全くの駄作に終わった。 (8年) - が創刊され、その同人となる。 同人は他に、川端康成、小林秀雄、、がいた。 深田はこの年編集委員になる。 (昭和10年) - に入会。 (昭和15年)3月 - 北畠と入籍。 (昭和16年) - 初恋の女性・木庭志げ子(の姉)と再会して道ならぬ恋に落ち、脊椎カリエスで寝たきりの北畠を差し置いて志げ子と逢引を繰り返す。 一方、かねてから親交のあったは、1941年6月にパラオに出立する前に、深田久弥に自身の原稿をまとめたもの『古潭』を託し、発表の仲介を依頼した。 (17年) - に前年託された原稿のうち『』『』、またの『』の原稿をに紹介する。 (昭和18年)5月 - 志げ子が深田の子を出産したことが北畠に露見。 (昭和22年) - 北畠と離婚。 志げ子と再婚。 激怒した北畠に焼き直しの件を暴露されたため、作家としての深田の信用は失墜し、10年以上にわたる雌伏生活を余儀なくされた。 (昭和24年) - 錦城山岳会を結成し、理事となる。 (昭和34年) - (昭和38年)にかけて、山岳雑誌「山と高原」(朋文堂)で毎月2山の連載を50回行い、推敲を行いから1964年に『』を出版。 (昭和39年) - 『』で、第16回(評論・伝記賞)を受賞。 人気作家に返り咲いた。 (昭和41年) - 約4ヶ月中央アジアを旅行し、その後紀行探検記を著した。 (昭和43年) - の副会長に就任した。 (昭和44年) - 山渓賞()を受賞。 深田久弥文学碑(江沼神社境内)• (昭和50年) - 加賀市の名誉市民に選ばれる。 (昭和56年) - 観光協会がの登山口に深田久弥記念公園を開設した。 その顕彰碑には「百の頂上に百の喜びあり」と記されている。 翌年の1982年から毎年4月の第3日曜日に「深田祭」が開催されている。 (5年)11月 - 深田久弥誕生の地の深田印刷部前に「深田久弥誕生の地」のが観光協会により設定された。 (9年) - 加賀市山岳協会と大聖寺文化協会が中心となり「深田久弥を愛する会」が結成された。 (14年)12月 - 加賀市大聖寺に「深田久弥 山の文化館」がオープンした。 (15年) - 生誕100年のの山開きの日に『山を愛した文学者深田久弥 生誕100年(北陸 石川)』の北陸ふるさとがから発売された。 南西部にあり境に近い 富士写ヶ岳(942メートル)への登山は地元の多くの小中学校の遠足コースであったが、12歳の時登ったのがきっかけで登山に興味を持ったと自書で述懐している。 主な登山記録(山行記録) [ ]• (7年) - 中学生の時友人と二人でに登頂し、山岳開眼した。 (大正11年)• - 槍沢からに登頂。 夏 - 高等学校一年生の時にに登頂。 秋 - に登頂。 (大正12年)7月 - 栂池方面より、に登頂。 (大正14年) - に登頂。 (大正15年)• 大学一年生で、重いを背負い、朝日連峰を縦走して、に登頂。 友人と二人でテントを背負い、に登頂。 ほとんど人に合わない静かな山であったに登頂。 秋 - に狩小屋沢から登頂。 (7年)秋 - 友人と三人で、青木鉱泉からドンドコ沢を通り、に登頂。 (昭和8年)秋 - 天神峠を経て、に登頂。 (昭和9年)夏 - 友人と二人で、に登頂。 (昭和11年)• - 残雪のに登頂。 中旬 - 快晴のに登頂。 (昭和14年)• - 快晴のに登頂。 12月に、花之江河の小屋に宿泊し、に登頂。 18年後に、2度目の登頂。 (昭和16年)• 6月上旬 - 弟と梶山新湯よりをめざすも、薬師尾根上で登山道が見つからず、引き返す。 6月中旬 - 木庭志げ子とをめざし、に4日間滞在するが、雨が続いて断念。 湯峠を越えて根知に出る。 (昭和17年)• 5月中旬 - 赤岳鉱泉に泊まりに登頂。 - に登頂。 10月中旬 - に入った翌日、に登頂。 (昭和22年)に、雨天の夏にに登頂。 (昭和27年)• の縦走時にに登頂。 夏 - 友人と二人で易老渡からに登頂。 秋 - 一人で大門峠からに登頂。 (昭和32年) 15時 - 室谷福一をに立て、から荒菅沢経由でに登頂。 三度目の挑戦であった。 夫人(志げ子)、画家の山川勇一郎、大町南高校教諭の丸山彰の5人パーティーである。 行動時間は12時間を越え、宿に戻ったのは20時。 そこで大町保健所長の古原和美の出迎えを受けた。 (昭和34年)• 五合目の清岳荘に宿泊し、翌日家族3人で登頂。 に登頂したが、は火山活動中で登山禁止になっていた。 (昭和35年) - 黒井沢ルートからに登頂し、神坂ルートを下り、翌日萬岳荘に宿泊し、富士見台高原にも登頂する。 日本百名山のその後 [ ] 1978年(昭和53年)にのメンバーが新たに選定した二百山を追加する形で「」を選定した。 また1973年(昭和49年)6月には日本百名山を完登して深田久弥の精神を受け継ぐ「深田クラブ」が発足した。 会員内で吟味した結果、1987年(昭和52年)8月には本百名山に百山を追加する形で『』が出版された (三百名山に含まれないを追加してを除外した)。 1994年(平成6年)には()のテレビ番組『日本百名山』シリーズで全山が紹介された。 多くの登山ガイド本、、も出版されている。 その結果、多くの登山者に認知されるようになり、完登を目標とする登山者もあらわれた。 関連画像 [ ]• 深田記念公園(山麓) 著書一覧 [ ]• 『雪崩』 、1934年• 『青猪』 竹村書房、1935年• 『津軽の野づら』 、1935年(、1948年、 B000JBN016)• 『鎌倉夫人』 改造社、1937年(、1954年、ASIN B000JB832C 他)• 『山岳展望』 、1937年(、1982年、ASIN B000J7L9Z4)• 『雲と花と歌』 、1938年• 『知と愛』 、1939年(角川文庫、1952年、ASIN B000JB7JE0)• 『贋修道院』 、1939年、ASIN B000JAQYGA(角川文庫、1956年、ASIN B000JB1GSA)• 『山の幸』 、1940年• 『翼ある花』 金星堂、1940年• 『春蘭 随筆集』 東峰書房、1941年• 『紫匂ふ』 、1941年• 『山頂山麓』 青木書店、1942年(朝日文庫、1982年、ASIN B000J7K0ZO)• 『紫陽花姫』 、1942年• 『少年部隊』 、1942年• 『命短し』 青木書店、1943年• 『をとめだより』 、1943年• 『親友』 新潮社、1943年(斎藤書店、1948年、ASIN B000JBM45E)、(角川文庫、1955年、ASIN B000JB4LBE)• 『わが山山』 東峰書房、1948年、ASIN B000JBM0IK(中公文庫、1980年、中公文庫BIBLIO、2002年)• 『をちこちの山』 、1952年、ASIN B000JBCY04• 『知と愛〈続〉』 角川文庫、1953年、ASIN B000JBAL8G• 『あすならう・オロツコの娘(現代日本名作選)』 、1954年、ASIN B000JB8D72• 『四季の山登り その魅力・想い出』 社会思想研究会出版部()、1956年、ASIN B000JB0HTO• 『ヒマラヤ 山と人』 中央公論社、1956年、ASIN B000JB0DJI• 『火にも水にも』 角川書店〈角川小説新書〉、1956年、ASIN B000JAZ5JW• 『山秀水清』 朋文堂、1956年、ASIN B000JAZM3Q• 『ヒマラヤ登攀史 八千メートルの山々』 、1957年、ASIN B000JAXQXE• 『雲の上の道 わがヒマラヤ紀行』 新潮社、1959年、ASIN B000JARZCW(BIBLIO、2003年、)• 『山さまざま』 五月書房、1959年、ASIN B000JARM6G (、1982年11月、ASIN B000J7J8HU)• 『登山十二か月』 角川文庫、1959年、ASIN B000JASA9Y• 『わが愛する山々』 新潮社、1959年、ASIN B000JAN1B6(新潮文庫、1969年、新版1981年、)• 『シルクロード』 角川新書、1962年、ASIN B000JAKOIY(角川選書、1972年、)• 『山があるから』 、1963年、ASIN B000JAIX4Q• 『日本アルプス』 (現代教養文庫)、1963年、ASIN B000JAIKKI• 『四季の山登り』 現代教養文庫、1963年、ASIN B000JAIQT8• 「ヒマラヤの高峰」全5巻・別巻、雪華社• 『ヒマラヤの高峰〈第1巻〉』 1964年、ASIN B000JAGFOG• 『ヒマラヤの高峰〈第2巻〉』 1964年、ASIN B000JAET3K• 『ヒマラヤの高峰〈第3巻〉』 1964年、ASIN B000JAEY8K• 『ヒマラヤの高峰〈第4巻〉』 1965年、ASIN B000JAE7CS• 『ヒマラヤの高峰〈第5巻〉』 1965年、ASIN B000JAE3N6• 『ヒマラヤの高峰〈別巻〉』 1966年、ASIN B000JABX6G• 『』 新潮社、1964年、ASIN B000JAFKT2。 新版1991年、• 『想い出の山旅』 角川文庫、1965年、ASIN B000JADM1A• 『瀟洒なる自然 わが山旅の記』 、1967年、ASIN B000JA7GBM• 『山岳遍歴』 番町書房、1967年、ASIN B000JA6AP0• 『ヒマラヤ登攀史 第二版』 、1969年、復刊1989年、2002年、• 『きたぐに ピルグリムエッセイシリーズ〈6〉』 、1970年、ASIN B000J95IYK• 『雪山の一週間』 、1971年、ASIN B000J95B2O 没後刊 [ ]• 『山頂の憩い 「日本百名山」その後』 新潮社、1971年、新潮文庫、2000年、。 『シルクロードの旅』 、1971年、新版1978年、、オンデマンド2003年• 『中央アジア探検史』 「西域探検紀行全集 別巻」、1971年、ASIN B000J9H6L8。 新装版2003年ほか多数• 『 絶筆41座』 新潮社、1974年、ASIN B000J9GLAA• 「山の文学全集」 朝日新聞社(全12巻 別巻1)、1974-75年。 『山の文学全集〈1〉わが山山』、ASIN B000J99R92• 『山の文学全集〈2〉山頂山麓』、ASIN B000J99R8S• 『山の文学全集〈3〉わが愛する山々』、ASIN B000J99R8I• 『山の文学全集〈4〉瀟洒なる自然』、ASIN B000J99R88• 『山の文学全集〈5〉日本百名山』、ASIN B000J99R7Y• 『山の文学全集〈6〉雲の上の道』、ASIN B000J99R7O• 『山の文学全集〈7〉ヒマラヤの高峰 上』、ASIN B000J9HMPI• 『山の文学全集〈8〉ヒマラヤの高峰 中』、ASIN B000J9ECKQ• 『山の文学全集〈9〉ヒマラヤの高峰 下』、ASIN B000J9ECKG• 『山の文学全集〈10〉シルクロードの旅』、ASIN B000J9FBE• 『山の文学全集〈11〉中央アジア探検史』、ASIN B000J9ECK6• 『山の文学全集〈12〉九山山房夜話』、ASIN B000J99R7E• 『山の文学全集〈別巻〉 ヒマラヤの高峰』、1978年• 『九山句集』 卯辰山文庫、1978年3月、ASIN B000J8P9BS。 私家版• 『』 、1978年、改版2003年、• 「深田久弥 山の文庫シリーズ」 (全6巻)• 『山の文庫〈1〉日本百名山』、1982年7月、• 『山の文庫〈2〉ヒマラヤの高峰』、1982年8月、• 『山の文庫〈3〉山岳展望』、1982年9月、• 『山の文庫〈4〉山頂山麓』、1982年10月、• 『山の文庫〈5〉山さまざま』、1982年11月、• 『山の文庫〈6〉山頂の憩い』、1982年12月、• 『山岳遍歴』 主婦と生活社(文庫判)、1998年、• 『百名山以外の名山50』 、1999年8月、• 『百名山ふたたび』 河出書房新社、2000年4月、• 『一日二日の百名山』 河出書房新社、2000年6月、• 『日本アルプス百名山紀行』 河出書房新社、2000年6月、• 「深田久弥の山がたり」 (山岳名著シリーズ 全3巻)• 『深田久弥の山がたり〈1〉山嶺の風』 2000年3月、• 『深田久弥の山がたり〈2〉百の頂に百の喜び』 2000年5月、• 『深田久弥の山がたり〈3〉ヒマラヤ物語』 2000年8月、• 『わが愛する山々』 〈ヤマケイ文庫〉、2011年• 『名もなき山へ』 幻戯書房、2014年。 単行本未収録の随筆集• 『拝啓山ガール様 深田久弥作品集』 〈文庫〉、2015年• 『百名山紀行 深田久彌選集』 山と溪谷社〈ヤマケイ文庫 上・下〉、2015年 編著・共著 [ ]• 『富士山』 青木書店、1940年• 写真文集『日本アルプス』 修道社、1958年、ASIN B000JATAWA• 『上高地』長尾宏也共編 修道社、1958年、ASIN B000JAULJG• 『富士山』 写真:岡田紅陽、雪華社、1965年、ASIN B000JADJG8• 『シルクロード 過去と現在』 共著、白水社、1968年、新版1980年、ASIN B000J87SEY• 『現代の冒険2 悲劇の山 栄光の山』 文藝春秋、1970年• 『愉しき山談義 深田久弥対話集』 、2014年。 対話12篇 翻訳 [ ]• シプトン 『エヴェレストへの長い道』 、1957年、ASIN B000JAZ61Y• 『氷河への旅 ジュガール・ヒマール探査行』 朋文堂、1959年、ASIN B000JAT0HK• ウイルフリッド・ノイス『マチャプチャリ ヒマラヤで一番美しく嶮しい山』 文藝春秋新社、1962年、ASIN B000JAKBZA• ティルマン『ネパール・ヒマラヤ』 四季書館、1976年、ASIN B000J9EVRU 音声 [ ]• 『深田久弥の万葉登山 新潮CD』 新潮社、2010年2月、 脚注 [ ] []• (2019年11月17日閲覧)など、書籍・辞書等では「ふかだ」となっているものが多い。 (深田久弥 山の文化館、2019年11月17日閲覧)や(2019年11月17日閲覧)など、地元・石川県では「ふかた」と呼んでいる例が見られる。 『日本掌編小説秀作選 雪・月篇』編、・1987年 「作者紹介」より• 堀込静香他編『人物書誌体系14 深田久弥』日外アソシエーツ、1986年、190頁。 公益財団法人 神奈川文学振興会『中島敦展ー魅せられた旅人の短い生涯』神奈川近代文学館、201909、41頁。 堀込静香他編『人物書誌体系14 深田久弥』日外アソシエーツ、1986年、200頁。 『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)282頁• 深田久弥の文化館、2011年2月7日閲覧。 観光協会、2011年2月8日。 韮崎市観光協会、2011年2月8日閲覧。 深田久弥 山の文化館、2011年2月8日閲覧。 加賀市、2011年2月8日閲覧。 日本郵政、2011年2月6日閲覧。 『日本三百名山』 、1997年、• 深田クラブ、2011年2月8日閲覧。 『日本200名山』 深田クラブ、、1987年9月、• NHK、2011年2月8日閲覧。 参考文献 [ ]• 深田久弥『日本百名山』 新潮社、1964年、ASIN B000JAFKT2• 『百名山の人 深田久弥伝』 、2002年2月、。 、2005年3月、• 高辻謙輔『日本百名山と深田久弥』 白山書房、2004年11月、 回想・評伝 [ ]• 深田志げ子 『私の小谷温泉 深田久弥とともに』山と溪谷社、2015年。 回想エッセー• 『深田久彌 その山と文学』、2011年• 『山へ登ろう。 いろんな山へ 子どもたちへの深田久弥のメッセージ』桂書房、2012年• 滝本幸夫 『私の中の深田久弥 「日本百名山」以降の北の山紀行』柏艪舎、2015年• 高澤光雄 『深田久弥と北海道の山』白山書房、2017年• 『玉まつり 深田久弥『日本百名山』と『津軽の野づら』と』、2020年。 久弥、、志げ子への鎮魂の回想 関連項目 [ ]• - 深田久弥山の文化館館長を務めた• 外部リンク [ ]• ニッポニカ 『』 -.

次の