グローセンス。 新スタイルの加熱式タバコ「glo sens(グロー・センス)」はまず東京都内限定販売

グローセンスの交換時期は?何回吸えるの?タバコポットの替え時タイミング

グローセンス

低温加熱式タバコのメリットは• タバコの嫌な臭いが少ない• 吸いたい時にサクっと吸える という事ですね。 タバコスティックをいちいち詰めたり、吸い終わったあとに捨てたりといった面倒が無いのでとっても簡単。 リキッドを加熱して発生させた蒸気を「タバコ葉」の入ったポッドに通しニコチン入の蒸気(たばこベイパー)を吸うという仕組みです。 低温加熱式はタバコ葉を直接加温しているわけではないので喫味が弱い反面、臭いは圧倒的に少ないです。 それぞれのデバイスの特徴・メリット&デメリットをわたしなりにまとめてみます。 Ploom TECH プルームテック Ploom TECH プルームテック はJTから販売されているペン型デバイスです。 形状だけでいうと1番葉タバコに近い感覚で吸う事ができます。 メビウスだけでなく女性に人気のピアニッシモのラインもあるのでフレーバーも豊富。 あずき・抹茶・さくらといったちょと変わった季節限定のフレーバーが登場するのも面白いですね。 たばこカプセルの味と香りには独特なクセがあるので好みは分かれるでしょう。 プルームテックの吸いごたえの物足りなさを改良したタイプなので キック感・ 蒸気量がアップしています。 形状的には葉巻を吸ってるような感じで重厚感があって渋いですよね。 個人的にこのデザインは好きです。 「喫味」「キック感」をもとめるならプルームテックプラスって感じなかなと。 ただ今の所フレーバーの種類が少ないのが残念ポイント。 当初は4,908円で発売されていたのが現在では大幅値下げされて驚きの980円。 プルームテックと違う点は、吸う時は 「ボタンを押しながら」喫煙するというところですね。 吸い方といいデザインといい葉タバコやペン型に慣れている人にはちょっと違和感があるかもしれません。 でもこれはこれで実際に吸ってみると全然アリです。 キック感が弱いので吸いごたえがないんだけど、その分蒸気量が多くて味もハッキリしているのである意味違った吸いごたえがあります。 専用の「ネオポッド」は既に全12種類と豊富なのはいいんですが、コンビニでの扱いは5種類のみで、他のフレーバーは公式オンラインショップでの購入となります。 そこがちょっと面倒臭い。 メリット• モクモク感がかなりある• フレーバーの味がハッキリしてる• スターターキッドが安い デメリット• キックは弱い• タバコを吸ってる感はない• 吸うごとにボタンを押さなければならない• コンビニで全てのフレーバーを購入できない キック感を求めるならプルームテックプラスの1択 低温加熱式タバコの中でキック感やタバコ感を求めるなら迷わずプルームテックプラスがおすすめ。 アイコスとかに比べるとやっぱり弱いんですが他のデバイスとは比べ物にならないくらいの吸いごたえはあります。 プルームテックプラスのキック感の秘密はJTオリジナルのたばこカプセルに秘密があるらしいですね。 ただこのたばこカプセルの味と香りにはやっぱり好き嫌いがあるんじゃないかなとは思います。 私は苦手なので・・・。 この味が好きならバッチリハマるでしょう。 味わい&モクモク感を楽しむなら断然グローセンス タバコのようなキック感は求めていない、ベイプだと物足りないから多少のニコチンが欲しい、という人にぴったりなのはグローセンスですね。 グローセンスのフレーバーは味がはっきりしていて普通の美味しいのばかりです。 タバコを吸ってる感じとは違いますけどね。 喉にグッとくる感じがなくてソフトな吸い心地なのでこれくらいの吸い心地が丁度いいという人も多いんじゃないかと思います。 オンラインストアのフレーバーも良さそうなのがいくつかあるので後々レビューしていきますね。 従来からのファンや女子向けなのはプルームテック マイルドな吸い心地を求めている人にはプルームテックがおすすめです。 誰もがキック感を求めているわけではないですからね。 煙の量も1番少ないので「ちょこっとだけ吸いたい!」という人には向いているでしょう。 季節限定フレーバーも楽しめるし女子ウケしそいうなフレーバーも楽しめるのもプルームテックの魅力ですよね。 まとめ というわけで「プルームテック」「プルームテックプラス」「グローセンス」それどれの違いやメリット&デメリットについては以上です。 低温加熱式タバコは「ニコチン量が少ない」「タバコの嫌な臭いが少ない」というメリットがあるので、家にいる事が多い人や家族に喫煙者がいない人にはちょうどいいデバイスだと思います。 普段葉タバコやアイコスを吸ってる人が少しづつ禁煙&減煙を目指して購入するパターンも多いみたいですね。 個人的にはプルームテックプラスのたばこカプセルや、グローセンスのタバコポッドにもう少しバリエーションがあって喫味を選べるようになるといいなぁと思うんですが・・・ まだまだ進化していくと思うので期待しましょう! ではまた、よしだろぐでした。

次の

加熱式タバコの新顔「グロー・センス」を「プルーム・テック・プラス」ユーザーが吸ってみた

グローセンス

低温加熱型の加熱式タバコ• 本体は軽くてコンパクト• 60パフお知らせ機能を搭載していない• podカートリッジを採用• 専用フレーバーは12種類• タバコ感あるけどキック感ない• 匂いが少ない 実際に使ってみた感想としては、こんな感じでした。 やはり、低温加熱型なので「匂い」は抑えられていますね。 そこは好印象。 POD型VAPEを使用している感覚で、わりと馴染みやすかったです。 それでは、グローセンスを見ていきましょう。 パッケージ 黒を基調としたパッケージデザインです。 マグネットタイプの箱を、パカっと開けると本体が登場します。 付属品を、Discover(発見)してください(笑 付属品• glo sens 本体• ダミー カートリッジ・ポッド• デバイスキャップ• デバイスポーチ• USBケーブル• スタイリッシュなデザインですね。 本体にはパフボタンを搭載。 このパフボタンで操作していきます。 裏側には、ロゴやモデル番号などがデザインされていました。 モデルは「H100」です。 本体は滑らかな曲線を描いていますね。 握ってみると手にフィットしますので、握りやすさを追求されたんだなと思います。 薄くて軽い本体は、思いのほか持ちやすく扱いやすい印象。 パフボタンの位置も親指で操作しやすい位置だと思います。 底部には、充電用ポートを搭載。 「USB Type-C」ではなく「micro USB」を採用しています。 このように付属のmicro USBケーブルを取り付けて充電してください。 充電時間は、最短で75分となっていますが、ユーザーマニュアルには「2時間」と記載されていました。 マウスピース部分の面積が大きいかったので「MTL」より「DL」向けだと思う。 ドローは軽そうですね。 購入時には、ダミーカートリッジが装着されています。 グローセンスを使用する際は、このダミーカートリッジを取り外してから使用してください。 あと「VAPEってどんな感じだろ?」って興味がある人は、ダミーカートリッジの「マウスピース」を使用すると、POD型VAPEになりますよ。 こんな感じで、フレーバーカートリッジに、ダミーマウスピースを装着するだけ。 たばこ葉が入っていないから、フレーバー本来の味わいを楽しめます。 少し薄味のフレーバーですが、マイブルー感覚で使用できますので、興味がある人は試してみてください。 専用タバコ|neo pods(ネオ・ポッド) こちらが、専用タバコ neo pods です。 内容物は、フレーバーカートリッジ(1本)、たばこポッド(3本)となります。 グローセンスは、6種類のフレーバーから発売を開始しましたが、全国発売前に新フレーバーも追加されました。 豊富なラインナップです。 フレーバーカートリッジには「2ml」のリキッドが入っています。 1つのカートリッジで「約180パフ」使用可能。 たばこポッド3本分ですね。 フレーバーカートリッジには、シリコンキャップが装着されていますので、取り外してから使用してください。 カートリッジ内部には、コイルとコットン。 それにリキッドが入っています。 コイルが丸見えなので、リキッドが無くなっても普通に注げそうですね。 もしかして再生いらずかも(笑 たばこポッド内には、刻まれたたばこ葉が入っています。 このたばこポッド1本で「約60パフ」使用することが可能となります。 60パフを目安に交換してください。 たばこポッドを分解してみましたが、グローセンスは、粗びきタイプのたばこ葉でした。 プルームテックのたばこ葉より大きかったです。 グローセンスは、オートパフ機能を搭載しないので、ボタンを押している間しか吸引できません。 お間違えの無いように。 バッテリー残量確認 パフボタンのLEDランプで、バッテリー残量を確認できます。 バッテリー残量が10%以下になると「5回」白く点滅。 少しわかりにくいかもしれません。 グローセンスを実際に使ってみた感想 本体を持った感じは軽い。 握ってみるとPOD型VAPEです。 それにパフボタンを押しながら吸引するので、ホントVAPEを使用している感覚。 肝心のフレーバーは、少し薄味ですが美味しいと思います。 想像以上にミスト量が多く、タバコ感がありました。 プルームテックシリーズよりタバコって感じです。 だけどキック感はないですね。 マウスピース部分の面積が大きいので、ドローは軽くあまり抵抗感がない。 どちらかといえばDL向けです。 なので「ガツン」と楽しみたい方には物足りないかと。 POD型VAPEでいったらを使用している感じかな。 あと、グローセンスの気になる匂いは、フレーバーの香りでした。 やはり低温加熱型です!タバコ特有の嫌な匂いを感じませんね。 ただ、ひとつネックなのは、180パフお知らせ機能を搭載しているにもかかわらず、 たばこポッド(60パフ)の交換をお知らせする機能がないんです。 普通逆でしょっ!!! と、一応ツッコんどきます。 BATも初の低温加熱型なので、改善の余地はありそうですね。 グローセンスはコンビニで買えるの? 発売当初、東京都在住者限定で抽選販売を行っていたグローセンスですが、2019年11月14日より全国販売を開始しました!• 全国で買えるフレーバー(5種類)• gloストア限定フレーバー(5種類)• gloオンラインストア限定フレーバー(2種類) 今のところコンビニで買えるフレーバーは5種類のみ。 gloオンラインストアだけ、全てのフレーバーを購入することができます。 ちなみに、gloオンラインストアで12種類のフレーバーを全て購入すると送料が倍になります。 専用フレーバーの同時購入は「 最大10点」までとなっていますので、内容を確認してから注文するようにしてくださいね。 まとめ グローセンスは、60パフお知らせ機能を搭載していません。 ぶっちゃけ「どれくらい吸ったのか?」わかりにくい。 吸いたいときにすぐ吸えて、辞めたいときにすぐ辞めれるのが、低温加熱型のメリットです。 だからこそ、たばこポッドの交換時期を知らせてほしかった。 まぁタバコ特有の嫌な匂いを発生しない。 フレーバーによっては、タバコ感もあるので悪くないと思います。 欲を言えば「60パフ」カウントだけ。 ホントそこだけ欲しかったですね。 今後に期待したいです。 では、また。

次の

glo sens(グローセンス)使ってみた感想を徹底レビュー|ニコチン感じるけどスカスカです

グローセンス

この記事を3行でまとめると• グローセンス用の純正アクセサリーは5種類• グローの純正アクセサリーは基本的にお手軽価格• これまでグローストア青山店、グローストア浅草店と東京の主力店舗(であろう)店舗をみて回ってきましたが、 どこの店舗でも堂々全カラー展示されていたのはこれらのシェルケースのみでした。 ケースをつけても コンパクト感全然変わらないのもGOOD。 ということですね。 しかもこのケース、 純正ケースなのになんと値段が税込で880円なんですよね。 良心的な価格設定もGOOD。 そしてそもそもグローの本体のカラバリが少ないため、 グローセンスのブラックモデル+ 自分の好みのカラーのシェルケースというチョイスもおしゃれかもしれません。 流石にグローの純正アクセサリーは安いといっても、 素材がレザーのケースなので、それなりの値段がしてしまっているケースとなっています。 見ての通り袋に入れるタイプのケースで、純正ケースらしく前面にgloの刻印があるタイプのケースになっています。 かなりタイトな設計になっていそうですが、これでは毎回吸引時に取り出すのがグローセンスだからこそ、めんどくさくなってしまいそうです。 グローセンスのように いつでも吸引開始、終了できるタイプのデバイスは、「 ケースをつけたまま吸引できるタイプ」じゃないとどこか勿体無いような気がするよね。 ケース 出典 : 対応デバイス glo sens 価格 2,480円(税込) 本体サイズ 27mmx107mmx50mm カラバリ ブラックのみ 販売場所 続いてマグネット開閉で本体の取り出しができるタイプのケースです。 先ほどのレザーケースほどは取り出しは難しくなさそうですが、とはいえこれも装着状態では利用できないタイプとなっています。 (残念) ということで、これはグローセンスの直接口に触れる部分を覆うためのカバーですね。 見た目的に私も最初に見たときに「マウスピースかな?」と思ったのですが マウスピースではありません。 正直これは買わずに、グローセンス用のマウスピースを購入して使った方がいいじゃん!なんて思ったりしましたが、まだグローセンス用のマウスピースが販売されていないようです。 今後のアクセサリーの充実を待ちましょう。 完全に個人的にな意見なのですが。 対応デバイス glo sens 価格 1,680円 本体サイズ 2. 2cm カラバリ 4色 販売場所 楽天(上のボックスから購入可能) 一応上記のようなレザーバッグスタイルのアクセサリーも製造されています。 内部にたばこポッドを2個収納できるので、これらも便利ですね。 まとめ ということで最後に今回の記事をもう一度まとめておくと。。 グローセンス用の純正アクセサリーは5種類• グローの純正アクセサリーは基本的にお手軽価格• シェルケースとポーチが良さそう ということですね。 グローセンスはまだ発売されてから日も経っていない機種なのでサードパーティー製のアクセサリーも数が少ないため、積極的に純正のアクセサリーも使っていくといいかもしれません!.

次の