イスラエル アデ サンヤ。 イスラエル・アデサンヤ「ウィテカーは簡単に倒せると思う」

亡くなった盟友の魂とともに闘い続けるイスラエル・アデサニャ【前編】

イスラエル アデ サンヤ

ミドル級タイトルマッチ5分5R。 王者アデサニヤはP4Pで6位。 ロメロは級3位。 無敗の王者アデサニヤの初防衛戦。 現王者で無敗なのはヌルマゴとアデサニヤだけ。 タイトルを獲得した昨年は多数のサイトでファイター・オブ・ザ・イヤーを受賞。 キックでの81戦のキャリアに加え、では18戦全勝。 合計100戦目の試合。 ロメロは3試合連続でタイトル戦が組まれたが、タイトル獲得ならず(2戦目のロックホールド戦は勝ったが体重オーバー)。 前回・コスタに敗れ、年齢的にもうタイトル挑戦の機会は回ってこないと思ったが、コスタの長期欠場によりまたチャンスが巡ってきた。 ロメロ、ガードを固めたまま動かない。 アデサニヤ警戒している。 ようやく動き出したロメロ。 両者間合いに入らないまま1分。 アデサニヤの牽制のローがかすった。 ロメロまだ出ない。 アデサニヤも入れない。 2分経過。 2発目のロー。 ロメロもローを返しようやくファーストヒット。 アデサニヤが右を入れる。 ロメロケージ際まで後退。 右ミドルを入れたアデサニヤ。 また飛び込むアデサニヤにロメロの左フックのカウンター。 アデサニヤまたロー。 ほぼ攻防がないまま残り1分。 ロメロのジャンピングキック。 両者ここまで単発の打撃のみ。 ホーン。 会場大ブーイング。 1Rは手数でアデサニヤに入れるしかないラウンド。 アデサニヤのミドルにロメロが左フックを合わせる。 ちょっとバランスを崩したアデサニヤ。 アデサニヤ左ハイ。 前蹴り。 パンチが届かない間合いで蹴りを入れていく。 ロメロは間合いに入れない状態。 ロメロがローからパンチにつなげてバランスを崩したアデサニヤ。 すかさず間合いを詰めるとパンチ連打を入れる。 アデサニヤ距離をとって逃れる。 アデサニヤがローを入れるがロメロが左を合わせる。 アデサニヤロー、ハイ。 また見合いに。 残りわずかでロメロ出てきた。 飛び蹴り。 アデサニヤかわしてパンチを入れた。 ホーン。 手数ではロメロだが、ローやハイの単発のみなので、連打を入れたロメロのラウンドか。 アデサニヤの左ハイをかいくぐってパンチを入れたロメロ。 ロメロ突然前転するフェイント。 前蹴りを入れたアデサニヤ。 ロメロが左フックを返すがでかわした。 距離を取り単発の蹴りを入れるアデサニヤ。 ロメロ突然飛び込んだが、アデサニヤかわす。 アデサニヤミドル。 やはり単発の蹴りのみ。 お互い来いと挑発。 両者のローがヒット。 ジャブを入れるアデサニヤ。 ロメロが詰めてくるがパンチを入れて離れる。 右ハイ。 ホーン。 3Rアデサニヤ。 ローを蹴るアデサニヤ。 ロメロが膝からワンツー。 ロメロ大きな空振り。 アデサニヤは単発の蹴りのみ。 パンチを入れたがアイポークになりタイムストップ。 ロレイク開けにタックル。 倒したが押さえ込まず立ち際にパンチ連打。 アデサニヤ距離を取って離れる。 ロメロタックルのフェイントを見せる。 アデサニヤ出られず見合いが続く。 ロメロちょっと出てきた。 アデサニヤ距離を取りかわす。 残り1分。 ロメロタックル。 アデサニヤ切った。 ホーン。 4Rアデサニヤ。 微妙なラウンドもあるが、ロメロは確実に勝っているという確信はないはず。 それなら5RはKO狙いでなければいけないが…。 ロメロの左がヒット。 ロメロが出てパンチを出すが、アデサニヤ距離を取る。 ロメロ組んだが引き剥がしたアデサニヤ。 またロー。 ロメロは左フックを合わせる。 ローを入れたがキャッチされバランスを崩したアデサニヤ。 すかさずロメロが出たが、アデサニヤかわす。 残り1分。 ロメロ間合いを詰めるがアデサニヤ距離を取り付き合わない。 両者挑発を繰り返す。 最後に挑発したロメロ。 アデサニヤはセンチャイキック。 パンチを入れるとロメロ挑発して出る。 タイムアップ。 両者リスクを冒さない展開のままの凡戦に。 アデサニヤは勝てるだろうからペースを変える必要はない。 ロメロはあれで勝っていると思ったのか?結局自分から出て手を出すのが少なすぎた。 lutalivre.

次の

イスラエル・アデサンヤ「誰もジョーンズを気にしていない」

イスラエル アデ サンヤ

スポンサーリンク 3月のUFC248ではメインイベントでヨエル・ロメロを相手に防衛に成功したものの、試合内容は期待したものではありませんでした。 ロメロは終始カウンター狙いだったために動きが少なかったことから、アデサンヤはゲームプランを変更せざるを得なくなりました。 アデサンヤは『MMA Fighting』のインタビューで、ロメロとの試合と違って、今年後半に対戦するであろうパウロ・コスタとの試合に対して楽しみにしていると語りました。 「今回の試合は自分のためのものだ。 次の試合は自分のためのものであって、コスタや他の誰かのためのものではない。 自分自身を証明する戦いだよ。 前回の試合では銅像と戦わなければならなかったが、今回は楽しみたいと思っているよ」 アデサンヤはこれまで自分の持ち味であるアグレッシブさを武器にUFCで結果を出してきましたが、もし今後コスタと対戦したとき、コスタにとってはこれまでに対処したことのないパワーや正確さを感じることになると語っています。 「彼は前に出てプレッシャーをかけてくるつもりだろうけど、最初から本当の私を感じることになるだろう。 UFCではまだ誰も経験したことがない本当の私を感じてくれるはずだよ。 ケルヴィン ガステラム 以外で、私に少しプレッシャーをかけたのはおそらくイタリア人 マービン・ヴェットーリ だけだったと思う。 彼らはどうせ2人ともジュースド・モンキー ステロイドを過剰に使用する人 だからね。 でも今回を楽しみにしているよ。 彼は段違いに優れているし、サウスポーではない。 彼はパーフェクトだし、オーソドックススタイルだ。 最近はサウスポーと戦うことに慣れてきたけどね。 純粋なオーソドックスファイターと戦うのが楽しみだよ」 アデサンヤは当初次の防衛戦として6月~8月頃を考えていたようですが、現在はUFCからの連絡を待っている状況です。 パンデミックによってUFCの計画やスケジュールに大きな影響を及ぼしましたが、アデサンヤは無観客での試合でも問題はないと語ります。 「観客がいてもいなくても気にしないよ。 私にとっては関係ないことだ。 ファイト・アイランドは面白そうだね。 フロリダ州のどこかだろうな。 あそこはすごいんだ。 フロリダ州の マイアミ・デイド郡にまた行けると嬉しいね」.

次の

【3.8 UFC248】 超人対決!!! UFCミドル級タイトルマッチ イスラエル・アデサンヤ vs ヨエル・ロメロ|YASU|note

イスラエル アデ サンヤ

ミドル級タイトルマッチ5分5R。 王者アデサニヤはP4Pで6位。 ロメロは級3位。 無敗の王者アデサニヤの初防衛戦。 現王者で無敗なのはヌルマゴとアデサニヤだけ。 タイトルを獲得した昨年は多数のサイトでファイター・オブ・ザ・イヤーを受賞。 キックでの81戦のキャリアに加え、では18戦全勝。 合計100戦目の試合。 ロメロは3試合連続でタイトル戦が組まれたが、タイトル獲得ならず(2戦目のロックホールド戦は勝ったが体重オーバー)。 前回・コスタに敗れ、年齢的にもうタイトル挑戦の機会は回ってこないと思ったが、コスタの長期欠場によりまたチャンスが巡ってきた。 ロメロ、ガードを固めたまま動かない。 アデサニヤ警戒している。 ようやく動き出したロメロ。 両者間合いに入らないまま1分。 アデサニヤの牽制のローがかすった。 ロメロまだ出ない。 アデサニヤも入れない。 2分経過。 2発目のロー。 ロメロもローを返しようやくファーストヒット。 アデサニヤが右を入れる。 ロメロケージ際まで後退。 右ミドルを入れたアデサニヤ。 また飛び込むアデサニヤにロメロの左フックのカウンター。 アデサニヤまたロー。 ほぼ攻防がないまま残り1分。 ロメロのジャンピングキック。 両者ここまで単発の打撃のみ。 ホーン。 会場大ブーイング。 1Rは手数でアデサニヤに入れるしかないラウンド。 アデサニヤのミドルにロメロが左フックを合わせる。 ちょっとバランスを崩したアデサニヤ。 アデサニヤ左ハイ。 前蹴り。 パンチが届かない間合いで蹴りを入れていく。 ロメロは間合いに入れない状態。 ロメロがローからパンチにつなげてバランスを崩したアデサニヤ。 すかさず間合いを詰めるとパンチ連打を入れる。 アデサニヤ距離をとって逃れる。 アデサニヤがローを入れるがロメロが左を合わせる。 アデサニヤロー、ハイ。 また見合いに。 残りわずかでロメロ出てきた。 飛び蹴り。 アデサニヤかわしてパンチを入れた。 ホーン。 手数ではロメロだが、ローやハイの単発のみなので、連打を入れたロメロのラウンドか。 アデサニヤの左ハイをかいくぐってパンチを入れたロメロ。 ロメロ突然前転するフェイント。 前蹴りを入れたアデサニヤ。 ロメロが左フックを返すがでかわした。 距離を取り単発の蹴りを入れるアデサニヤ。 ロメロ突然飛び込んだが、アデサニヤかわす。 アデサニヤミドル。 やはり単発の蹴りのみ。 お互い来いと挑発。 両者のローがヒット。 ジャブを入れるアデサニヤ。 ロメロが詰めてくるがパンチを入れて離れる。 右ハイ。 ホーン。 3Rアデサニヤ。 ローを蹴るアデサニヤ。 ロメロが膝からワンツー。 ロメロ大きな空振り。 アデサニヤは単発の蹴りのみ。 パンチを入れたがアイポークになりタイムストップ。 ロレイク開けにタックル。 倒したが押さえ込まず立ち際にパンチ連打。 アデサニヤ距離を取って離れる。 ロメロタックルのフェイントを見せる。 アデサニヤ出られず見合いが続く。 ロメロちょっと出てきた。 アデサニヤ距離を取りかわす。 残り1分。 ロメロタックル。 アデサニヤ切った。 ホーン。 4Rアデサニヤ。 微妙なラウンドもあるが、ロメロは確実に勝っているという確信はないはず。 それなら5RはKO狙いでなければいけないが…。 ロメロの左がヒット。 ロメロが出てパンチを出すが、アデサニヤ距離を取る。 ロメロ組んだが引き剥がしたアデサニヤ。 またロー。 ロメロは左フックを合わせる。 ローを入れたがキャッチされバランスを崩したアデサニヤ。 すかさずロメロが出たが、アデサニヤかわす。 残り1分。 ロメロ間合いを詰めるがアデサニヤ距離を取り付き合わない。 両者挑発を繰り返す。 最後に挑発したロメロ。 アデサニヤはセンチャイキック。 パンチを入れるとロメロ挑発して出る。 タイムアップ。 両者リスクを冒さない展開のままの凡戦に。 アデサニヤは勝てるだろうからペースを変える必要はない。 ロメロはあれで勝っていると思ったのか?結局自分から出て手を出すのが少なすぎた。 lutalivre.

次の