喪中 にし て は いけない こと。 忌中や喪中に「お中元」を贈ってもいいの?

忌中や喪中に「お中元」を贈ってもいいの?

喪中 にし て は いけない こと

喪中に入ると、挨拶文を出したり法事の手配・お墓の準備・ 遺品整理や遺産相続の手続き等で バタバタと日々が忙しくなる事も多く、 人生の中で近親者を亡くすと言う事は、 そう多いものではないので経験が少ない・無い事から 解らない事が多い中で苦労をする方も多いのではないでしょうか? そして、喪中には行う事の多さと共に、 行ってはいけない事・マナーがあります。 若い内や独身の内は、多少は許されるかもしれませんが、 大人としてのマナーは故人を偲ぶためにも身に着けておきたいものです。 その為に、喪中期間にしてはいけないこと・ 仏教とキリスト教では違いがあるのか?と言う事を 確認しておきましょう。 スポンサードリンク 喪中期間にしてはいけないことは? まず、近親者が亡くなると忌中という期間が始まります。 死を忌む期間である忌中には様々な説がありますが、 現代では一般的に四十九日の法要が終わるまでとされています。 そして、喪中の期間は近親者が亡くなった日が始まりになります。 自分と相手の間柄により、喪中期間に違いがあります。 喪中の期間や、初詣などお正月行事についてはこちらをご参照下さい。 喪中は、亡くなった方を偲び、喪に服す期間なので 一般的にはお祝いや派手で目立つ事は避けるべき、とされていますが 日常生活の中で、どの程度の事は行ってよくて、 どんな事はいけないのか?その境界線がよく解らない事も多いです。 神社により、忌明け(忌中の間はNG) であれば良し・喪中の間は控えるべき、等様々です。 又、ビジネス上の付き合い等、喪中である事が知られていない 間柄であれば、そのまま伏せておいた方が相手への配慮だと言えるでしょう。 忌中は過ぎているけれど気になる様であれば、参加は遠慮して お祝いだけ渡すと言う選択もあります。 忌中が明ければ 参加する事に問題は無いかと思いますが、本人の悲しみが深く参加する気持ちに なれないと言うのであれば無理に参加する必要は無いと思います。 一般的に喪中に行ってはいけない事を挙げさせていただきましたが、 仏教の場合は、特別何か行ってはいけない事があるのでしょうか? まず、仏教には「喪中」と言う考え方はありません。 (喪中と言う考え方がある宗派もありますが、日本の仏教徒の中で 一番信徒が多い浄土真宗には、喪中と言う考え方はありません) 本来、忌中や喪中は神教の考え方によるものです。 (神教では死を穢れと捉え、死後50日までを忌中とします。 ) しかし仏教には「中陰」と言う期間があり、 死後49日を六道輪廻をさまよう期間としており、 この期間に行う供養を中陰供養と言います。 「中陰(ちゅういん)」の語源は、死者が生と死、陰と陽の間の 狭間に居る状態を指しています。 死後49日目に故人は来世へと旅立ち、極楽浄土で仏となります。 こう考えると、本来喪中の考え方が無い仏教(浄土真宗) においては、四十九日の法要が過ぎれば 喪中葉書を出したり、お祝い事を避けたり、 年賀状を出さなかったりする必要は無いと考えられますが、 喪中に喪中葉書を出したり、忌明け後もお祝い事や年賀状を 慎むと言うのは、もはや一般常識やマナーから来る行動と 言えるかもしれません。 喪中にしてはいけないこと キリスト教の場合は? 仏教(浄土真宗)と同じく、キリスト教にも 「喪中」と言う考え方はありません。 喪中葉書や年賀状等については、家庭の信仰や 習慣により変わる事が多い様ですが、 喪中葉書を出す場合は、キリスト教らしい文面や 絵柄にする場合が多い様です。 まとめ 喪中期間にしてはいけない事・仏教とキリスト教の 場合についてご紹介させて頂きました。 宗教上は問題が無いとしても、地域や家庭による習慣や 周囲の目もありますので、 そういった事を考慮しつつ、故人を偲びながら 喪中の期間を過ごして頂けたらと思います。

次の

喪中と忌中に絶対にしてはいけない事!旅行や残暑見舞い・結婚式入籍はどう?

喪中 にし て は いけない こと

喪中の時に餅つきはしてもいいの? お正月に臼 うす や杵 きね を使って 餅をつくのはなんとなく、 おめでたい感じがします。 餅つきは神棚に お供えする餅をつくこと。 そのお餅を鏡餅にして、 お供えしてから、わたしたちはお下がりを 雑煮としていただきます。 喪中に餅つきをして良いかは 個人の考え方なのではないでしょうか。 故人が餅つきやお餅が大好きだったのであれば、 弔いの意味を込めてやれば問題ありません。 お餅は保存食として考えられていますしね。 ただ、ご近所では 「あのお家、喪中なのに餅つきなんかして……」 と、白い目で見られるとも 限りませんが…… そういった場合は、 餅つきする人を考えれば 良いのではないかと思います。 結論は、しても問題ありません! 喪中にやってはいけないこと 喪中のときは、 亡くなった人に哀悼の意を込めて 静かに慎ましく過ごすことが一般的。 約1年間は喪中と考えるべきですが、 現代では、喪中にするかしないかは 各家庭や個人の考え方次第です。 故人を悼み、 前を向いて歩いていこうとしていれば 喪が明けているとも言えます。 しかし、1年が経過しても、 まだなにもする気が起きず、 気分が落ち込んでいるのであれば、 まだ喪は明けていないと言えますね。 そのようなときは、 祝い事や華やかな席の出席は控えましょう。 観光を目的とした旅行も自粛するべき。 初詣もダメなんだよね?と 思われる方もいるでしょうが、 それは違います。 初詣に行ってダメなのは忌中です。 そもそも、忌中と喪中は どう違うのか? 忌中は不幸があってから 約50日間自宅にこもって 静かに過ごす期間です。 神道では忌中が明ける51日以降であれば、 穢れが晴れているとみなされるので、 参拝しても問題はありません。 しかし、仏教には穢れという概念はないので、 忌中に迎えたお正月でお参りに行きたい場合は、 神社ではなくお寺に参拝すると良いでしょう。 喪中でも大丈夫な年末年始の食べ物とは? 喪中期間は最長1年間ですから、 その中で年末年始を迎えることも 少なくないですよね。 そんなとき、 食べるものに困ることもあるでしょう。 まず、年末で食べるもので 思いつくのは年越しそば。 年越しそばは、 細く長い意味から長寿を願うという意味や 1年間の厄を落とすという意味なので、 喪中で食べても問題ありません。 おせち料理は祝いの料理なので、 忌中も喪中も避けた方が良いとされています。 お屠蘇 とそ をする家庭も少なくなりましたが、 毎年行っているようならお屠蘇も祝い事なので、 控えるべきです。 しかし、お正月に おせち料理がないと寂しいという方は、 このようにしたら良いでしょう。 お正月の料理としてではなく、 重箱に詰めず、お皿に盛って 日常の食事として出すのは問題ありません。 食べる箸は祝箸は控え、 普通の箸を使ってくださいね。 鯛や海老は使用せず、 紅白のかまぼこは良くないので、 白だけにすれば良いという考え方もあります。 雑煮も祝い料理としてではなく、 日常の食事として出せば大丈夫です。 餅は長く伸びることから、 長生きできますようにという 意味で食べます。 喪中時の正月は、 おせち料理はなるべく控えたほうが無難です。 現代っこならず、 昔の子どももあんまりおせちを 好んで食べない気がします。 お正月だとこだわらず、 おでんや鍋、カレーなど、 普通の食事でいいのではないでしょうか。 まとめ 喪中に餅つきをしても良いのか? 喪中にやってはいけないこと、 たとえ喪中でも、食べても大丈夫な 年末年始の食べ物をご紹介しました。 現代では、昔ほど厳格に 喪中を意識する家庭は 少なくなったでしょうね。 この記事があなたの疑問解消に 役立ったなら幸いです。

次の

喪中期間はいつからいつまで?親族の範囲やしてはいけないこととは?

喪中 にし て は いけない こと

スポンサーリンク 神棚は喪中の間お供えや参拝はどうする? まず結論から言うと、 家庭内で不幸があったときには、神棚には一切触れてはなりません。 お供えや参拝、掃除など、いかなる行為も慎まねばならないのです。 なぜかというと、神道では 死を「穢れ」(けがれ)とする概念があり、 忌み嫌うからです。 穢れとは、死が汚れているという意味ではなく、「気枯れ」とも書き、 「死 = 気が枯れた状態」であると捉える考え方です。 また、身内に不幸があると人は悲しみに暮れて落ち込むものですが、 そのように遺族が深く悲しみ、そして暗く沈んでいるような状態も、 死と同様に気が枯れている状態 =「穢れ」と考えます。 したがって、不幸があった家は家庭全体が穢れている状態であり、 その 穢れを身に纏った状態、すなわち気が枯れている状態で、 神棚の神様に接してはならないとされているわけです。 このため、身内に不幸があった家庭では、 「神棚封じ」といって、中におわす神様に穢れが及ばないように、 神棚の正面に半紙を貼り、封印するのが正式な作法です。 具体的なやり方は、神棚の扉をすべて閉じ、お供えや榊を撤収し、 しめ縄に白い半紙を貼り付けて、神棚の正面が隠れるように封じます。 画鋲などで穴を開けないよう、テープや糊で固定して下さい。 この神棚封じも、本来は第三者に行っていただくといいのですが、 最近は遺族が行うということも多くなっているのが実情ですので、 他に誰もいなければご遺族で臨機応変に対応しましょう。 そして、封印後は一定期間が経過するまで神棚に触れてはなりません。 参拝や掃除など、全ての行為を慎むようにしてください。 スポンサーリンク 神棚の喪中の期間はいつまで? 神棚封じを行った後は、いつその封印を解けばいのでしょうか? 喪中といえば一年間では?と言われる方も多いですが、 神棚の封印期間は忌中の間になります。 「喪中」と「忌中」は明確に違い、 忌中とは、一般的に五十日祭(仏式の四十九日法要)までを言い、 喪中でも、忌が明ければ神様と接することが許されます。 したがって、忌が明けたら神棚を封印している半紙を取り除き、 その後は、お供え、参拝、掃除など、普段通りに行って大丈夫です。 上記のように、50日祭が終わるまで神棚封じを行うのが一般的ですが、 こういった忌中や喪中などのような昔からのしきたりや習慣に関しては、 地域や家庭ごとに独自の風習があったりすることがあります。 明治時代には太政官布告「服忌令」という法律があり、 故人との関係ごとに細かく服忌期間が法律で定められていました。 例:父母50日、夫 30日、妻 20日、兄弟姉妹 20日など。 しかし現在は廃止されていて、服忌に関する法律はありませんので、 それぞれの地域、ご家庭ごとに決められた習慣があればそれに従い、 特別になければ、50日祭を区切りと考えて差し支えありません。 神棚のお札の交換は喪中の時はどうする? 神棚に納めている御札は、毎年お正月に新しいものに交換しますが、 忌中にお正月を迎える場合はどうしたらいいでしょう? 忌中で神棚に触れるのは、タブーを侵すこととわかってはいても、 かといって、お正月に御札の交換をしないということもまた、 別の意味で失礼なのではないかと思ってしまいますよね。 これは非常に迷いやすく、多くの方が悩むところですが、 これには明確な答えがあります。 神棚の御札の交換は、忌が明けてから行うのが正しい作法です。 いかにお正月でも、忌中に神棚に触れてはならないのです。 したがって、 忌明けまでは御札の交換も行なってはならない、 ということです。 また、そもそも忌中には神社の参拝も慎まねばなりません。 そのため、新しい御札をいただきに行くこともできませんので、 その意味でも御札の交換は忌が明けてから行うことになります。 お焚き上げやどんど焼きなどが、多くの神社で1月15日頃に 行われるため、それまでに御札の交換をしなければいけないと 勘違いされている方もいますが、そんなことはありません。 古神札を納めることや、新しい御札をいただくこと、 そのどちらもいつでもできますので、忌が明けるまで待って、 それから神社へお参りして御札を交換するようにしましょう。 まとめ 喪中の神棚の取り扱い方について書きましたが、 疑問点は解決できましたでしょうか? 簡単にまとめると、家庭内で不幸があった場合は、 50日祭が終わる忌明けまでは、神棚を半紙などで封印します。 忌明け後は、封印を外して普段通りお供えや参拝ができます。 忌中にお正月を迎える場合、正月といえども神棚には触れず、 忌明けまで待って御札の交換を行うのが正しいやり方です。 神棚は、家の中にある小さな神社であり、 神様がおられる神聖な場所ですので、決して粗末に扱わず、 神道の作法に則って正しく取り扱いましょう。

次の