ドラクエウォーク 転職 レベル。 【ドラクエウォーク】転職の職業別おすすめルート|タイミングとコツを紹介【DQウォーク】

【ドラゴンクエストウォーク】転職の方法とおすすめの職業

ドラクエウォーク 転職 レベル

転職とは キャラの職業が変更できる 転職とは、言葉の通りキャラの職業が変更できるシステムです。 ドラクエウォークでは、職業によって戦闘時の役割が異なるため、転職システムを上手く利用してパーティ編成が構築できます。 転職後の職業はレベル1から上げ直し 転職をした後の職業はレベル1からレベル上げをやり直す必要があります。 前職時のレベルは引き継がれませんが、保存はされています。 もう一度育成した職業に転職し直せば、元に戻せます。 得意武器やステータスが変わる 転職をすると得意武器やステータス、セットできるこころの色が転職をした職業に合わせて変化します。 手持ちの装備次第では、転職させて得意武器を持たせた方が有効な場合があります。 転職のタイミング メインストーリー攻略中の転職は非推奨 メインストーリーは、クリアできない場所でもレベル上げを行えば初期の職業の状態でも最後までクリア可能です。 転職をするとレベル上げを1からしなければいけないため、ストーリー攻略を効率的に進めることができません。 また、主人公の初期職業である戦士は、Lv. 25で「やいばくだき」を習得します。 3章10話のボス「キラーマシン」に対して非常に有効かつ「ラリホー」を持っていない場合の必須スキルなので、絶対に転職させないようにしましょう。 メタルダンジョン解放時に転職推奨 転職は、週末限定で開催される「メタルダンジョン」を攻略する際に行いましょう。 メタルダンジョンでは、メタル系モンスターを効率的に倒せるので、転職後のキャラ育成に最適です。 転職するメリット 永続パッシブ効果を得られる 職業 永続効果:Lv. 20 永続効果:Lv. 20とLv. 50時に永続効果がある特殊効果を習得します。 どの職業に転職しても効果が発動するため、キャラ自体のステータス強化が可能です。 永続パッシブを取ったあとは別の職業に転職しましょう。 永続効果の内容は職業毎に異なるため、メインとして使用したい職業に合わせて有効な永続効果から習得していきましょう。 上級職の永続パッシブ 職業 永続効果:Lv. 30 永続効果:Lv. 30とLv. 55時に永続効果がある特殊効果を習得します。 レベル55まで上げる必要があるため、大量の経験値が必要になります。 永続パッシブを取るためだけなら、取りやすい基本職の永続パッシブを先に取りましょう。 上級職に転職するためにレベルを上げる 上級職の一覧 上級職実装に伴い、2つの特定の職業をレベル50まで上げることで、上級職に転職できるようになります。 パーティ編成の幅がひろがる 転職をすると、パーティに同じ職業を複数編成できるようになり、物理攻撃主体のパーティや魔法攻撃主体のパーティなどの編成が組めるようになります。 上級職にも転職しやすくなりパーティ編成の幅が広がります。 装備の確保や育成に労力はかかりますが、メガモンスター戦時にはパーティ全員を物理職で揃えて火力に特化させるといった戦法も可能です。 星5武器に合わせて転職する ドラクエウォークは装備の恩恵が大きいため、星5武器を入手できているのであれば得意武器にあわせて転職するのはありです。 例えば、初期段階で「クリスタルクロー」と「らいじんの槍」を持っている場合、武闘家をパーティに2体編成することが考えられます。 職業別おすすめ転職ルート ストーリークリア前の転職ルート 職業 おすすめ転職ルート 盗賊Lv. 20 盗賊Lv. 20 盗賊Lv. 20 戦士Lv. 20 戦士Lv. 20 ストーリー攻略に行き詰まった時におすすめの転職ルートです。 レベル上げの労力を考慮し、レベル20時の永続効果のみ習得していく場合のルートを記載しています。 ストーリークリア後の上級職に向けた転職ルート 職業 おすすめ転職ルート 盗賊Lv. 元の職業をレベル50まで上げたら、上級職に対応した基本職に転職してレベル50を目指しましょう。 最低基本職を2職レベル50にすれば上級職に転職できます。 基本的には素早さステータス重視 転職を行う場合は、まず素早さを高められる盗賊を経由することをおすすめします。 魔法使いや僧侶に関しては、好みによって変わり、耐久力を補いたければ戦士を経由することで戦闘を安定させることも考えられます。 転職キャラのレベル上げおすすめ方法 おすすめ方法• ・低レベルのモンスターを効率的に倒す• ・メタル系で一気にレベルを上げる• ・編成配置を一番右にして生存率を上げる 転職キャラは、初期レベル1に戻るため、いかに戦闘不能に陥らず経験値を稼ぐかが重要です。 主に推奨レベルの低いクエストで被弾せず経験値を獲得するか、メタル系モンスターを倒して一気にレベルを上げる方法があります。 主力キャラが先制で全体攻撃を行いモンスターを一掃できるため、時短かつ効率的に転職後キャラのレベル上げをすることができます。 メタル系モンスターで一気に経験値を稼ぐ 転職キャラのレベルをいち早く上げるには、メタル系モンスターを撃破するのが最効率です。 週末限定のメタルダンジョンやメタル系モンスターがフィールドに出現した場合は、一時的に転職して経験値を一気に稼ぎましょう。 メタルフェスティバルイベントが開催中です。 大量のメタル系モンスターを倒せるイベントなので、効率よくレベルを上げられます。 転職中でもメタル系は倒しやすいので、転職レベリングに最適です。 転職キャラの編成配置は一番右がベスト 1体づつ転職させる場合、転職したキャラの編成配置は、一番攻撃を狙われにくい右側に設定しましょう。 戦闘不能に陥ると経験値が入らないため、転職キャラが死なないように、少しでも生存率を高める編成を行うべきです。 転職キャラLv20までの育成時間を検証 Lv20までの必要経験値 93,837 対象クエスト 3章7話:推奨Lv27 パーティの平均Lv Lv37 Lv20までの所要時間 1時間30分 攻略班が転職キャラをレベル20まで育成するための所要時間を検証しました。 3章で約1時間30分、戦闘を繰り返すとレベル20に到達しました。 なお、挑戦するクエストや敵の殲滅速度で誤差が出るため、所要時間の参考にしてください。 転職キャラにおすすめの低コストモンスター こころ 色 Sランク注目のスキル・性能 出現場所:試練の扉「中級」 出現確率:ときどき見かける• ・コストが39と低くつけやすい• ・特殊効果が強く転職キャラに重宝する 出現場所:• ・コストが24と低くつけやすい• ・HPや器用さが高い低コストこころ• ・竜王イベント3-5で同時厳選可能 出現場所:3-5~8 出現確率:よく見かける• ・攻撃魔力とMPが高い魔法使いのこころ• ・イオも習得可能 キャラの転職時に、いち早く戦力として使用したい場合のおすすめこころです。 「よく見かける」以上のモンスターの中から「低コスト」「ステータス」を重視して選定しています。 目安として、ゲーム開始からストーリーのみを進めていた場合、2章の5話クリア前後で冒険ランクが12に到達します。 転職には100Gが必要 転職は1回につき100Gが必要です。 転職先のレベルに関わらず、100Gで転職が可能です。 また、転職に時間と回数の制限はないため、ゴールドさえあればいつでも好きな職業に転職が可能です。 転職の注意点 レベルは各キャラの各職業で固有 職業のレベルは、各キャラの各職業ごとに固有になっており、初めて転職をする場合はレベル1から上げ直す必要があります。 当然、キャラも転職前より弱くなっているので、安易に強いモンスターと戦闘をしないように注意しましょう。 転職後はモンスターのこころが外れる 転職をした後は、元々装備していたモンスターのこころが外れます。 戦闘を行う前に必ずセットをし直すようにしましょう。 また、武器も転職後の職業の得意武器でない場合は、装備の変更も忘れないようにしましょう。

次の

【ドラクエウォーク】転職してからのレベル上げ効率良いやり方は? | ドラクエウォーク最強攻略冒険隊!

ドラクエウォーク 転職 レベル

ドラクエウォークは「さあ、スマホを持って冒険に出かけよう!」の宣伝でもおなじみのスマホゲームです。 2019年9月にスクエアーエニックスとココプラの共同開発でリリースされ同年11月には1000万ダウンロードを記録するなど人気の高いゲームです。 そのドラクエウォークですが、RPGということで当然ながらレベル上げの作業が必須になります。 このゲームは「レベル上げゲーム」と言っても過言ではありません。 なので今回は、そのレベル上げをより効率的に最速で行う方法。 そしてレベル上げに最適な作戦やメンバー構成と、転職の順番。 またどの職業を順番にレベル上げしていけばいいのかを紹介します。 自宅にいながら効率的にレベル上げをしたい!スキマ時間に最速でレベル上げをしたい!という方に読んで欲しいと思います。 ドラクエウォークのレベル上げを最速で行う方法 においぶくろ・上級においぶくろを使う アイテムに、いおい袋・上級におい袋があります。 このアイテムを使用するとモンスターが次から次に湧いてきますので待ち時間なく戦闘が行えます。 いおい袋(5分間)・上級におい袋(20分間)効果がありますのでお好みの時間で使いましょう。 経験の珠・ゴールドの珠も一緒に使う 経験の珠を使うとフィールド通常戦闘時の経験値が20%増えます。 ゴールドの珠は通常戦闘時のゴールド50%増えます。 どちらのアイテムも30分間効果がありますのでにおい袋と一緒に使えば効果的です。 びっくりマークが3の敵を優先して倒す!!! 違いですが、!!! は強敵とされておりモンスターの数が多かったり強い敵が出ます。 もちろん強敵や数が多い方が経験値も高いので積極的に狙って行きましょう。 戦闘終了時はタップして文字おくり 細かいところですが、ウォークモード(自動)で戦闘を行うと思いますが、戦闘終了後の経験値・ゴールド・アイテム入手などの表示は、タップして文字送り出来ますので、戦闘終了は連打で画面をタップすれば少しでも時間の短縮になります。 こころ所持枠に余裕をもたせておく モンスターと戦闘することによって、モンスターのこころをゲットすることができます。 しかしながら、こころの所持枠がギリギリだと整理するか、こころ枠を拡張しなければならなくり、ここでも時間をロスすることになりますので、におい袋を使用する前にこころ枠を整理しておきましょう。 ちなみに30分間レベリングして5個のこころが落ちましたので5枠以上は開けておいたほうが無難です。 レベル上げに最適なメンバー構成と順番・作戦や回復法 レベル上げの最適なメンバー構成 レベル上げのメンバー構成ですが、重要なのはできるだけ「全体攻撃が使える二人で素早く仕留める」ことです。 戦闘に時間がかかってしまっては、におい袋を使う意味がないので、なるべく短時間で素早く敵を仕留めましょう。 一人目の攻撃だけで倒すのは厳しいですが二人目でかならず仕留められる様に全体攻撃アタッカーの2名入れましょう。 また2パンチで全滅できるステージでレベリングすることをオススメします。 また、回復呪文の使える仲間を一人は入れましょう。 これは「呪文でまんたん」という機能がついおりこの機能を使うためには、呪文が使えるメンバーがパーティーにいなければ使えないからです。 どの職業を順番でレベリング・転職すれば効果的なのか 主人公(自分)はバトルマスター(戦士LV50+武闘家LV50)を目指しましょう。 バトルマスターは【怒り】の固有特性を持ち、ターン開始時たまに斬撃・体技ダメージがアップしますので火力が高い職業です。 僧侶は【やまびこ】の固有特性を持ち唱えた呪文がたまに2回連続で発動します。 2回目の呪文は威力は落ちるものの攻撃・回復魔法が使える便利な職業です。 素早さ・きようさが優れている汎用性の高い職業です。 「バイシオン・MPパサー」などのサポートスキルを持ち戦闘を優位に進められます。 個人的には基本職をすべてLV50まで上げてから上級職に転職することをオススメします。 理由は【永続スキル】の習得があり、たとえば戦士LV50で「最大HP+20」の永続スキルを習得し他の職業に転職しても引き継がれますので基本能力を底上げしてくれるからです。 すべての職業をLV50に上げるのはしんどい、という方には、LV20で習得できる戦士「身の守り+15」や盗賊「素早さ+20」などの使えそうなスキルを自分で判断してその永続スキルを習得するLVまで上げるのも一つのやり方です。 作戦は「ガンガン行こうぜ」 作戦はパーティー全員「ガンガン行こうぜ」にします。 基本的にはWALKモード(自動)で行いますので、作戦は「ガンガン行こうぜ」で問題ありません。 ただし、戦闘不能者がいて戦闘が終了してしまうと、その戦闘不能者だけ経験値がもらえませんので、必ず生き返させて下さい。 特にメタルスラム系を倒した時は経験値も多くてもったいないので復活させておくことを覚えておいて下さい。 HP・MPの回復 レベル上げをしていく時に一番ネックになるのが、HP・MPの回復です。 特にMPはスキルを使うのですぐに枯渇します。 回復方法は、上記でも説明しましたが「まんたん」機能を使うこと。 その他にスラミチ君が1日2回は全回復してくれます。 また自宅に入るとでも30分おきに回復することが出来ます。 またレベルアップ時の全回復します。 ツボずらしして素早く回復 ツボずらしは、回復のツボを移動して割に(取りに)行かなくてもいいように自分に寄せる裏技的なものです。 ツボを寄せて使用することによってHPやMPを40%回復することができるので、とても便利です。 アイテムの魔法のせいすいを使用してもいいのですが、アイテムを開いて使用するまでの時間をロスしますしアイテムを消費してもったいないです。 回復のツボは使用しても15分するとまた復活しますので有効利用しましょう。 特に上級におい袋を使う場合は、アタッカー2名のMPはすぐ少なくなりますのでワンタップで回復できるのでツボずらしをすることをオススメします。 まとめ いかがだったでしょうか? 最近は、上級職も加わりべリングしないといけない職業が増えたこともあり、今まで以上にレベリングしないといけなくなりました。 中には「レベル上げ面倒だなぁ〜」と思われる方もいるかも知れませんが、レベルが上がると他の職業に転職できたり新しいスキルを覚えたりと楽しい所も沢山あるので自分で何か楽しみを見つけてレベル上げをしていくのもいいかも知れませんね。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

【ドラクエウォーク】転職のタイミングとおすすめレベル上げ方法!周回するならこのクエスト

ドラクエウォーク 転職 レベル

当面の目標・編成可能PT ここでは「転職のおすすめルート」を元にした、編成可能なパーティを掲載・解説しています。 ベーシック・汎用性 編成例 バトマス レンジャー 賢者 賢者 基本職から上級職にステップアップする上において、 一番目標にしたいベーシックなパーティです。 高難度向け 編成例 パラディン バトマス レンジャー 賢者 こちらは 高難度で活躍するパラディン入りの編成となります。 しかし、パラディンは回復に徹することや、火力に振った場合の賢者を「かばう」立ち回りも可能なので、 1人は育成しておきたい職。 メガモン・単体向け 編成例 バトマス バトマス 魔法戦士 賢者 上記は メガモンや単体ボス相手の場合の編成です。 難易度が低ければ、フォースブレイク込みで攻めに徹することもできますし、魔法戦士は回復役も熟せるため自由自在。 回復に特化したいなら「賢者」にチェンジも可能です。 火力賢者 編成例 レンジャー レンジャー 魔法戦士 賢者 賢者を火力特化にした場合の編成です(火力杖を持っている方向け)。 魔法戦士のフォースブレイクを合せて火力UP!前衛の2人は 「回復レンジャー」を想定していますが、「主人公」と「3人目」のどちらかをパラディンまで育成して「かばう戦法」にシフトしてもいいと思います。 魔法使いの理由 完全に個人的な理由ですが、何故か自分の端末は「」など盗賊向けの武器が複数当たります。 魔法型にするなら紫のこころもそのまま使えますし、前衛3人欲しかったので「盗賊」へ。 僧侶の理由 僧侶はバイシオン役、そして普段こころ集めする際に火力が出せる職4人で冒険に出かけたかったため「魔法使い」をチョイス。 一応上位職も視野に入れました。 抑えておくポイント・転職時期 ここでは転職する上において、抑えておいた方がいいポイントを 5つ紹介しています。 初期職で十分間に合っていますし、PTバランスもとれているので序盤の内は考える必要はないです。 6章以降は上級職必須級 6章に突入すると 推奨レベル40~になり、敵のすばやさや火力も高く、 基本職では快適に進行・レベル上げができません。 レベルMAXまで育成するよりはサッと転職させてPTバリエーションを増やす方が充実します。 近年高コストが増殖しているため、 物理はレベル55、 魔法はレベル50が目安となります。 ただし、1周目はレベル50で転職して、組み合わせを増やすことに重きを置いた方がいいと思います。 メリットまとめ• 上級職にステップアップできる• 各職業の「永続効果」を受けられる• パーティのバリエーションが増える• 合計レベルが増加、モチベUP• 初心者の方には敷居が高いかもしれませんが、 現環境は上級職必須です。 主に下記のようなステータスがメインであり、レベル20と50(上級職は55)が対象です。 そういった時に育成しておくと最適PTを組むことが可能に。 火力上げ重視PT 戦士 武闘家 魔法使い 魔法使い 回復重視PT 戦士 武闘家 僧侶 僧侶 レベル上げ重視PT(上級職ver. モチベーションに関わる結構大事な要素。 「得」対象の武器を持たせることで様々な特殊効果を受けられるため、これも大切な要素。 例:が当たった!けどレンジャーを育ててない・・ 転職のデメリット3つ紹介 デメリットまとめ• レベル1から再スタート• 高コストのこころが付けられない• レベルも 1からのスタートなので戦力が1人欠けた状態となります。 レベル1になると... 予めパーティ切り替え機能に保存したり、メモったりしておくと良いです。 武器や防具はそのまま。 上級職のタグ レベル上げの超効率的な方法!MPを半永久的に回復するサイクル 5章までは物理でレベリングでもいけるけど6章以降は弾かれる率上がるから魔法職で引率しないとストレスがマッハ。 職業固有のステータス差で魔戦は賢者より素早さ20くらい低いから魔戦を先導にする場合はメイジドラキーやマッドフィンガー相手には素早さ少し盛ってあげると完全先制可能。

次の