傷病手当申請書2回目以降。 傷病手当金の支給日はいつ?振込日数と振り込まれない時の問い合わせも

傷病手当金は2回目以降も支給される?申請書の書き方や待機期間も解説

傷病手当申請書2回目以降

目次Contents• 傷病手当とは? 傷病手当は、社会保険に加入していれば誰でも支給を受けられます。 支給の条件は、 『仕事に就くことが出来ない』ことを証明するだけです。 ですので、自宅で気分が優れず寝てるだけでも、医師がうつ病など 何かしらの精神病と診断が出れば、支給されるということです。 もちろん、業務外のケガや事故で、労災に認定されない場合でも 支給を受けることが出来ます。 その療養が、 連続して3日以上会社を休んでいなければいけませんが、 治療が長引けば、この制度を使うメリットは大きいでしょう。 支給期間も、最大で1年6カ月あります。 その療養で会社を退職したとしても、そのまま継続して支給を受けられるので、 安心して、治療に専念出来ると思います。 気になる、支給額はこちらから• 申請書の書き方 まず、全国健康保険協会のHPから申請書を印刷します。 申請書は4枚なので、4ページ全て印刷します。 この他に、添付書類が必要な場合がありますが、 添付書類の該当項目に、目を通してみてください。 ほとんどの人は、4枚だけの申請書で大丈夫です。 申請書の記入例が出ていますが、自分がわからなかった事や、 実際、健保に連絡して記入したところなどを、補足します。 1ページの本人記入欄の、赤枠で囲ったところの 『記号』『番号』 は全ての手続きで、必要になりますので正確に記入しましょう。 また、問い合わせなどもこの番号を使うので、 すぐ答えられるように、メモなどに控えておいてください。 ・ 赤枠1 4ページの療養担当が記入した傷病名を、 全て記入してください。 症状によっては、なかなか判別が付きにくい時もあり、 担当医師が複数の病名を書く場合もあるので、漏れないようにしましょう。 ・ 赤枠2 初診日の記入も、療養担当の申請書と 日付が違っていると、 申請が通りません。 よく確認して記入してください。 ・ 赤枠3 療養理由が病気の場合は、発病時の状況を書きます。 ここは覚えている範囲で、簡潔に記入すれば大丈夫です。 ・ 赤枠4 療養のために会社を休んだ期間と、その期間に会社から給料の支払いがあった場合 に記入します。 休んでる期間を有給扱いで給料が支給されていて、 その額が、傷病手当金の支給額より多い場合は支給されません。 支給までの期間 申請書を提出して不備が無ければ、おおよそ2カ月弱で支給されます。 健保協会も基本、土日祝は休みなので時期によっては3カ月ぐらいかかることも。 健保の担当者に聞いたところ、書類が揃ってから2週間が1つの目安だと、言ってました。 申請者も少なくないので、それぐらいはかかってしまうとの事。 支給を早めるには? 支給を早めるには、 いかに申請書を揃えられるか!にかかっています。 特に勤めている会社によっては、経理部署が近隣に無かったり、経理担当が外注 だったりすれば、申請書のやりとりだけで数日が経ってしまいます。 病院の場合も、大きな総合病院だと申請書が手元に届くのに、 2週間くらいかかるので、自分が記入する申請書は間違えが無いよう 何度も見直すことを、オススメします。 申請書の不備で返送されると、それだけで数週間があっという間です! それともうひとつは、 申請者自身が記入の仕方を熟知しておくということです! 自分の申請書は完璧でも、会社や医師の申請書に不備があれば意味がありません。 個人経営の会社や、開業医で傷病手当の申請をした事が無い場合も充分考えられます。 申請書は全ての項目を記入されていないと、申請が通りません。 会社と病院の申請書は、必ず漏れがないか確認しましょう。 実際、私の勤めていた会社はやった事がありませんでした(笑)• 申請時の注意点と まとめ 傷病手当の申請は、 会社を休んでいた期間の後じゃないと申請出来ません。 例えば、ケガをして全治1カ月と医師に診断されても、その治療が1カ月たたないと ダメってことですね。 ただ、療養が長期化しても時間がかかるのは最初の1回だけで、 2回目以降は、約2週間で支給されるので、その後は1カ月ずつ申請すれば、 給料支給と変わらないようになります。 2回目以降の申請書は、会社から給料が支給されていない場合や 退職したときなど、支給期間を変更すればいいだけなので、楽になります。 退職していれば、会社の申請書も不要です。 ただ、必ず1回目の申請書は、提出する前に全部コピーを取っておきましょう。 前述したように、初診の日付や療養期間が違っていると、 申請が通らないので、気をつけてください。 特に、1回目と2回目の申請書の療養期間が繋がっていないと、 その分の手当金が差し引かれますし、 場合によっては就労したとみなされて、最初から申請し直す場合もあるので 気は抜かず、申請書のチェックを怠らないよう注意しましょう。 傷病手当は、2年間さかのぼって申請出来ますし、 退職した後も、働けない期間の生活を助けてくれる、 社会保険加入者の特権です! 絶対に利用しよう!!.

次の

ついに傷病手当金が支給開始されました!初回の金額など公開!!

傷病手当申請書2回目以降

初回傷病手当申請終了後、続けて申請書を書くことになったので、まとめます。 前提として 2回目以降の申請書を書くということは、1回目の申請書が通っていると思われるため、支給要件は満たしていると思われます。 そして支給期間内であることを前提としてお話します。 申請書類はホームページからダウンロード 初回申請時と同じく、自分が加入していた協会健保から、必要書類をダウンロードしましょう。 書式は加入している協会健保でバラバラですが、中身はたいして違いはありません。 被保険者(自分)記入書類• 事業主記入書類• 医師記入書類 2回目以降の申請では、事業主記入書類が不要になります。 医師記入書類は、初回同様、かかりつけの医師に提出して書いてもらいましょう。 自分で書くのは被保険者記入書類です。 記入することは、申請期間以外は初回と全く同じ。 再度、書いておきますが、医師記入書類は 事後記入です! 健保に書類を送付 医師記入の書類が出来れば、自分の書いた書類とまとめて所属の協会健保宛に送付します。 封筒に、 「申請書在中」と記入しましょう。 書類送付時、 や書留にして郵便の追跡が出来るように送ると書類紛失の問題を防ぐことが出来ます。 実際の流れ 私の場合、2回目の申請期間が7月19日~9月5日。 9月5日に医師記入書類を頂き、その足で申請書をで健保宛に送付しました。 協会健保から保険金支給決定通知書が届いたのは9月27日、振込日は9月28日でした。 初回でなくとも、 支給決定まで3週間以上かかりますね。 まとめ 第2回申請以降は全く同じ手続きとなります。 ここまでくれば、あとは医者から働けるという診断をいただくだけ。 同じことを繰り返して、症状が改善されることを待ちましょう。 在職中の方は会社が全部やってくれるでしょうから、まるっとまかせて専念してください。 では、また。

次の

傷病手当金支給申請書の2回目以降の書き方について。

傷病手当申請書2回目以降

傷病手当金の申請について質問です。 業務外の事故で骨折し、休職しました。 欠勤期間 1 9月20日~10月3日 2 10月7日~10月31日 10月4,5,6はどうしても出勤しなけらばならず、 会社に行っています。 この場合の申請は 1 で1回目、 2 で2回目として 申請、受給できますでしょうか? 途中出勤しているので、不支給になってしまうのでしょうか? 両方もらえないなら、 2 だけで申請しようと思っています。 他の資格である在職中であることや1年間以上被保険者であること、 医師に 1 の期間で1枚、 2 の期間で1枚の書類を記入して頂いております。 会社も私も初めてのことで、大変戸惑っています。 どなたか詳しい方、助けてください。 会社に到着後、2~3日うちに提出してくれていれば、概ね10日くらいで振込まれるのではないでしょうか。 ちなみに、政府管掌の都道府県健保協会へ最近請求したところです。 ただ、交通事故によるものなので通常より書類が色々と必要だったり確認が入ったりしたので おそらく通常よりも日数がかかっているものではないかと思います。 なので、質問者さんの場合はもっと早いと思います。 健保組合だと、処理速度はわかりませんが、そんなに大きくはかわらないんじゃないかと思います。 Q 4日以上休んだ場合に、給料日額相当額の6割を補償するものなど、傷病手当の基本は了解しました。 自分は、8月末から10月下旬まで約2ヶ月入院し、その後も自宅療養で欠勤しており、現在、傷病手当をいただいております。 今後の欠勤/出勤をどうすべきか、悩んでおります。 早く出勤して業務に復帰したいのですが、医師からは自宅療養を指示され、事実、通院してますし、体力的にもきついため、週に3日程度の出勤で、疲れ果ててしまいそうです。 現在は、自宅より電子メールで、業務指示などをし、どうしても必要な場合は、自宅に、担当者を呼んで打ち合わせをしています。 今月後半から来月にかけては、社外のお客様などとの折衝などもあり、何日かは出勤せざるを得ない見通しです。 そこで質問です。 1.一旦、傷病手当をいただいてから、数日間、出勤し、また欠勤(無給)した場合、新たに欠勤を始めた時点から、連続4日以上の欠勤と言うのが、傷病手当支給の条件となるのでしょうか? 2.一旦、傷病手当をいただいてから、月の前半を出勤し、後半を欠勤した場合、給料は前半分のみで、後半分は無給になります。 この場合、欠勤した15日分の6割が傷病手当として、支給されるのでしょうか?それとも1か月分トータルで考えて、50%は給料を支給されているので、その分との差額が支給されるのでしょうか? 3.週に3日、各半日出勤し、その他は欠勤を繰り返した場合は、いただけるお給料は、所定の3割程度になると推定されますが、この場合は、1,2項とも関係しますが、傷病手当はいくらぐらいいただけるのでしょうか? あるいは全くいただけないのでしょうか? ちなみに、全欠勤状態の現在は、傷病手当として月額約20万円をいただいております。 尚、当然ながら、自宅療養が必要であり、就労不能であるとの、医師の証明があるとの前提です。 4日以上休んだ場合に、給料日額相当額の6割を補償するものなど、傷病手当の基本は了解しました。 自分は、8月末から10月下旬まで約2ヶ月入院し、その後も自宅療養で欠勤しており、現在、傷病手当をいただいております。 今後の欠勤/出勤をどうすべきか、悩んでおります。 早く出勤して業務に復帰したいのですが、医師からは自宅療養を指示され、事実、通院してますし、体力的にもきついため、週に3日程度の出勤で、疲れ果ててしまいそうです。 現在は、自宅より電子メールで、業務指示などをし、どうし... A ベストアンサー A1.いえいえ。 そんなことはありません。 ちゃんと最初からもらえますよ。 傷病手当金の初回請求時においては、連続する3日間の待期期間を完成後、4日目より傷病手当金が支給されますが、これは初回の請求時のみとなります。 2回目以降は、出勤した日については支給されず、欠勤した日については支給されるようになります。 A2.傷病手当金の算出の元となるのは、「標準報酬月額」という、社会保険の一種の等級です。 この標準報酬月額を30日で除したのが「標準報酬日額」と言い、この60%が傷病手当金の1日の額として支給されます。 A3.これは標準報酬月額がわからないとなんともいえませんし、たとえ半日であっても出勤した日についてはまったく支給されません。 (出勤できるので「労務不能である」とは言えなくなります。 ) 月に20万円くらいの傷病手当金であることから、標準報酬月額は32~34万円くらいと推測いたしますので、傷病手当金の支給日額は6,402~6,798円といったところでしょう。 ですので、出勤した日については支給されないものであるとして考え、欠勤した日のみを掛け合わせて算出してみてください。 ですが、医師は自宅療養すべきだとおっしゃっているのですから、ちゃんと体を休めて早く復帰できるように、治療に専念したほうがよろしいですよ。 A1.いえいえ。 そんなことはありません。 ちゃんと最初からもらえますよ。 傷病手当金の初回請求時においては、連続する3日間の待期期間を完成後、4日目より傷病手当金が支給されますが、これは初回の請求時のみとなります。 2回目以降は、出勤した日については支給されず、欠勤した日については支給されるようになります。 A2.傷病手当金の算出の元となるのは、「標準報酬月額」という、社会保険の一種の等級です。 この標準報酬月額を30日で除したのが「標準報酬日額」と言い、この60%が傷病手当金... A ベストアンサー 似たような状況にあり、以前調べた事がありこれから傷病手当申請をしようとしている者です。 傷病手当は、連続して休んだ日の4日目から対象の為、入院1~3日目までは有給を使用して、それ以降は傷病手当を申請しようとなりました。 (まだしておりません。 ) 但し、傷病手当は基本給の3分の2しか貰えないはずです。 こちらは、入院期間が3ヶ月間もあるので全て有給では不可能な為、傷病手当以外選択はありません。 あと、退院後の検査等で仕事を休んで通院する時の為に、有給は多少あった方がいいかな?と思いまして、有給は残してあります。 (入院前の検査やらで結構有給を消化してしまいましたが・・・。 ) 有給を使用すれば、基本給100%貰えるのでそちらの方が、損得で言うと得かな?と思います。 傷病手当申請には、事業者のサインや賃金台帳の写しやタイムカード等の勤怠表の写しが欲しい上、医療機関の診断書も必要になる為(診断書が意外と高いです。 5000~10000円位)手間も結構掛かります。 入金も申請後1ヶ月だったと思うので結構遅いです。 つらつらと思い当たる事を、書いてしまいまとまりが無い文章になってしまいました。 すみません。 社会保険庁のホームページに参考になる事が書いてあるので、一度ご一読下さい。 それでは、入院生活頑張ってください。 sia. htm 似たような状況にあり、以前調べた事がありこれから傷病手当申請をしようとしている者です。 傷病手当は、連続して休んだ日の4日目から対象の為、入院1~3日目までは有給を使用して、それ以降は傷病手当を申請しようとなりました。 (まだしておりません。 ) 但し、傷病手当は基本給の3分の2しか貰えないはずです。 こちらは、入院期間が3ヶ月間もあるので全て有給では不可能な為、傷病手当以外選択はありません。 あと、退院後の検査等で仕事を休んで通院する時の為に、有給は多少あった方がいいかな?と... Q お尋ねします。 現在、うつのため休職中です、13ヶ月目になります。 通院は月に1~3回していますが通院が不定期なので 傷病手当金の医師証明の記入を断られています。 通院が不定期なのはその日の体調の良し悪しで外に出れなかったためです。 ずっと無収入のため生活も困窮してるためなんとか記入できないかお願いしてみましたが 「私は書類書き屋じゃないんだからアナタみたいに定期的に通院しない患者は診たくない 精神科の病院を紹介するからそっちに行ってくれ」と言われたのがショックで更に寝込み 6ヶ月ほどほとんど外に出れませんでした。 この間ずっと無収入のため、生活に困窮しておりクレジットカードも使えなくなり サラ金からも借りれず食事も3日に1回~週に1回といった生活をしており 休職前に80kgあった体重が45kgまで減りました。 最近は少し体調が良くなってきたので今は別の病院に通ってますがまだ1ヶ月経っていないので まだ申請出来ません。 両親は10年前に病気のため亡くなっており、今は友人に援助してもらってる状態です。 この質問も友人のPCからさせてもらってます。 その際に他の方の質問やネットで調べてみると傷病手当金の支給に通院回数は関係ない 申請は数カ月分まとめて出来るなどのことですがどうしたら良いでしょうか? お尋ねします。 現在、うつのため休職中です、13ヶ月目になります。 通院は月に1~3回していますが通院が不定期なので 傷病手当金の医師証明の記入を断られています。 通院が不定期なのはその日の体調の良し悪しで外に出れなかったためです。 ずっと無収入のため生活も困窮してるためなんとか記入できないかお願いしてみましたが 「私は書類書き屋じゃないんだからアナタみたいに定期的に通院しない患者は診たくない 精神科の病院を紹介するからそっちに行ってくれ」と言われたのがショックで更に寝込み 6ヶ... A ベストアンサー 大変ご苦労をされているようですね。 病院、クリニック、医師の選択は大変難しいですね。 私の意見では、ご自身と合わない医師であれば、即座に転院するべきと思います。 治療は医師と患者の信頼関係がなければ上手くいきません。 メンタルであれば尚更です。 1、2件の病院やクリニックで良い先生に巡り合うことが出来たら幸運なことだと思います。 私も現在、パニック障害で1年半ほど通院しております。 幸運にも比較的良い先生なので助かっています。 質問にある、傷病手当の証明を拒否されている医師は、はっきり言って最低の先生だと思います。 患者の心が理解できない人間が精神科医などやるべきではないでしょう。 残念ながら、過去の療養期間の証明は、この最低の先生に証明して貰わないと傷病手当金は支給されません。 念のため伝えておきますが、傷病手当金の請求は、労務不能である日ごとに、その翌日から2年経過すると時効によって消滅してしまいます。 請求出来なくなります。 傷病手当金の請求に通院回数の制限など、もちろんありません。 記入する欄はありますが、参考情報でしょう。 精神的にも疲弊していて大変でしょうが、生活が係っていますので、使える権利はしっかり主張して、請求して下さい。 また、回復するまで、しっかり休養してください。 メンタルの病気は心の休養が一番の治療になります。 でも、気持ちが前向きになったら、少しずつ行動するようにしましょう。 そして社会復帰することを目指しましょう。 大変ご苦労をされているようですね。 病院、クリニック、医師の選択は大変難しいですね。 私の意見では、ご自身と合わない医師であれば、即座に転院するべきと思います。 治療は医師と患者の信頼関係がなければ上手くいきません。 メンタルであれば尚更です。 1、2件の病院やクリニックで良い先生に巡り合うことが出来たら幸運なことだと思います。 私も現在、パニック障害で1年半ほど通院しております。 幸運にも比較的良い先生なので助かっています。 質問にある、傷病手当の証明を拒否されている医師は、はっ... 本来、基準は健康保険組合が定める物ですから、これが一番困りますよね。 健康保険法では、「病気や怪我で休んだ日」に対して給付するとしております。 この時、休んだ日の起算日は「初診日」であることを要請しておりません。 しかし、その後、症状が増悪して1週間も床から離れない状態。 どうにか119番をして救急車で病院に行き、診察を受けたら『脳梗塞』で死と隣り合わせ状態。 このようなときに、初診日基準では可笑しいですよね。 shougainenkin. sharosisikaku. html 傷病手当金も1年6ヶ月だから『何故調整が必要なのか?』と言う疑問が生じませんか? これは2つの理由がありますが、簡単に書くと、健保側は初診日を要請していないからです。 ここまで余計な事を書き連ねましたが、とどめをさしましょう・・・旧厚生省時代の通達となりますが、次のような通達文が存在いたします。 『「療養ノ為」とは保険給付として受けてる療養の為のみではなく、それ以外の療養の為をも含む』【昭和 2.2. 26保発345】 『労務に服すること能はざる期間は、労務に服すること能はざる状態に置かれた日より之を起算する。 但し、その状態に置かれたる時が就業終了後なる場合は翌日とする』【昭和 5. 11保発52】 つまり、法律及び行政の解釈の上では、ご質問者様の認識の方が正しい。 会社が勝手に法律の解釈を改変することは無効。 とはいえ、運用は各健保ごとに定められるので、結局は指針の出せない健保組合が問題です。 本来、基準は健康保険組合が定める物ですから、これが一番困りますよね。 健康保険法では、「病気や怪我で休んだ日」に対して給付するとしております。 この時、休んだ日の起算日は「初診日」であることを要請しておりません。 しかし、その後、症状が増悪して1週間も床から離れない状態。 どうにか11... 申請書には、事業主の証明および医師の意見が必要です。 と、あるのですが・・・ いくつかのインターネットページで調べたところ、添付書類が必要とのことだったのですが、具体的に何を添付するのでしょうか?? 無知で初歩的な質問しておりまして申し訳ございません ちなみに、実は給与明細は処分してしまっているので(申し訳ない)ございません 毎月、通帳記帳はかかさずしております 先月から休んでいるのですが、20日が給料日で末締めです アドバイスお待ちしております Q こんにちは。 勤めていた会社が請求書の記入に渋っていたのですが、なんとか8月20日~9月20日までの休職期間分の、第1回申請(提出)を10月中旬に行ないました。 社会保険事務所の方で、この申請が認められた(または、認められない)という事前の報告はあるものなのでしょうか?振込みがあれば、認められたという事で判断するのでしょうか? また、その後は会社を辞め、継続するより半分の金額で済む、国保を選択しましたが、傷病手当金の申請は出来るという事なので、暫くはお世話になるつもりです。 第2回目以降の書き方で、現在は国保でも、請求書には前の会社の社会保険証の番号・記号を記入するのでしょうか?(事業所の名称・業務の種別も記入する欄がありますが…) 教えて下さい。 お願いします! A ベストアンサー こんにちは。 現在勤め先にて、ご質問のような事務手続きを担当している者です。 Q1.社会保険事務所の方で、この申請が認められた(または、認められない)という事前の報告はあるものなのでしょうか?振込みがあれば、認められたという事で判断するのでしょうか? 認定の通知というものは来ません。 社会保険事務所のほうで、請求した金額の振込手続きが取れる見通しがつきましたら「健康保険傷病手当金支給決定通知書」というものが届きます。 こちらに、支給される金額と、支払予定年月日等が書いてあります。 ) Q2.第2回目以降の書き方で、現在は国保でも、請求書には前の会社の社会保険証の番号・記号を記入するのでしょうか?(事業所の名称・業務の種別も記入する欄がありますが…) 用紙は退職者用のものを使ってください。 在職時の用紙には事業所の名称・業務の種別を記入する欄がありますが、退職者用のものにはそれがありません。 被保険者証の記号番号は、在職時の資格を継続すると言うことから、恐らくは在職時の記号番号を記載するようになるはずです。 ) ご参考になれば幸いです。 こんにちは。 現在勤め先にて、ご質問のような事務手続きを担当している者です。 Q1.社会保険事務所の方で、この申請が認められた(または、認められない)という事前の報告はあるものなのでしょうか?振込みがあれば、認められたという事で判断するのでしょうか? 認定の通知というものは来ません。 社会保険事務所のほうで、請求した金額の振込手続きが取れる見通しがつきましたら「健康保険傷病手当金支給決定通知書」というものが届きます。 こちらに、支給される金額と、支払予定年月日等が書いてあ...

次の