浜松 市 コロナ 感染 者 数。 新型コロナ感染135人…浜松市在住のクルーズ船乗客が不安を吐露「今は元気だけど、咳は出た」(静岡朝日テレビ)

静岡県浜松市コロナウイルス感染者は誰で入院する病院はどこ?記者会見まとめ

浜松 市 コロナ 感染 者 数

浜松市は、対話アプリ「LINE」を使って新型コロナウイルスに感染した可能性のある人に通知を送るサービス「はままつLINEコロナ見守りシステム」を16日に始める。 市内の店舗や施設に掲示したQRコードを利用者が読み取れば、来場したという情報が登録される。 同じ場所に感染者がいたと分かった場合にLINEのメッセージを届ける仕組みだ。 飲食店などの店舗やイベント会場など人の集まる場所にQRコードを掲示し、来場時にスマートフォンで読み取ってもらう。 感染者と同じ時間帯にその場にいた人に、対応を案内するメッセージを送る。 利用者は市の公式LINEアカウントを友達に追加しておく必要がある。 個人情報やスマホの位置情報は使わない。 風評被害への対策として店舗名も明かさない。 市によると、全国の市町村で初めての取り組み。 鈴木康友市長は「感染防止に高い効果がある。 活用してもらいたい」と話した。 市内の金融機関などと連携し協力店舗・施設を増やす考えだ。

次の

新型コロナウイルス感染症による患者確認について【4例目】(4月8日)/浜松市

浜松 市 コロナ 感染 者 数

会見内容まとめ 症状、行動歴、感染経路 2020年3月28日、 静岡県浜松市で 新型コロナウイルスへの感染者が確認されました。 静岡県浜松市は下記の場所になります。 第一報は下記の通りです。 浜松市で、新型コロナウイルスの患者が確認されました。 浜松市は、市内で新型コロナの患者が発生したとして午後7時から会見を開くと発表しました。 県内ではこれまでに、クルーズ船の下船者や神奈川県から袋井市に来た男性、さらにエジプトツアーからの帰国者など3人の感染が確認されていて、これが4人目です。 浜松市での感染確認は今回が初めてです。 現時点では、 静岡県および 浜松市の公式サイトでも詳細情報はありませんでした。 3月28日19:00より会見予定ということで、会見内容が分かりましたら追記させていただきます。 浜松市より発表がありました。 感染が確認されたのは、浜松市の自営業の男性です。 海外への渡航歴はなく、現時点では感染経路は不明だとしています。 市は男性の年齢を本人の希望で公表していません。 男性は25日にのどの痛みがあり、26日に37.1度の発熱がありました。 27日に自ら相談センターに連絡し、28日に帰国者・接触者外来を受診しました。 28日午後にはPCR検査で陽性が確認されました。 症状は軽く安定していますが、現在市内の病院に入院しています。 浜松市は詳しい行動履歴を確認し、改めて会見を開く予定です。 今回の会見では第一報ということで、 かなり情報が少ない印象です。 詳細は改めて会見を開くとのことです。 追加の発表がありましたら追記いたします。 追加の記者会見がありました。 浜松市の男性が、新型コロナウイルス に感染していたことがきのう分かりましたが、男性は症状が出始めた25日の夜、飲食店とスーパーを利用していました。 飲食店にはほかの客もいたものの、密閉された空間でなく、個別のテーブル席でほかの客と背中合わせになっていたこと、また、スーパーでは来店者が少なく滞在時間も短かったとして、浜松市はいずれも濃厚接触者はいない、と判断したということです。 浜松市が会見で明らかにしました。 また、20日(金)昼頃から21日(土)朝にかけて、知人5人で市外、県外で行動していましたが、その後、このうち1人が新型コロナに感染していたことがわかりました。 また23日(月)にも飲食と買い物のため数時間外出したということです。 市外と県外の施設利用に関して、浜松市は該当する自治体に連絡した、としています。 浜松市は感染経路は明確にはならなかったものの、現時点では同居人以外の濃厚接触者はいないと判断したということです。 浜松市の調査によると、濃厚接触者はいなかったとのことですが、どうなんでしょうか。 都合のいいように解釈しているような気がしないでもないですね。。 そもそも公表したがらない感染男性からの自己申告をもとにしていますからね。 本当に感染拡大していなければいいのですが。 追加の報道がありましたら追記いたしたします。 症状・行動歴・感染経路 感染者の症状、行動歴・感染経路について、現時点判明している内容は下記の通りです。 追加発表がありましたら追記させていただきます。

次の

浜松市新型コロナウイルス感染症対策本部会議/浜松市

浜松 市 コロナ 感染 者 数

この統計は、各地のAFP支局が各国当局から収集したデータと世界保健機関()からの情報に基づいたもので、実際の感染者はこれよりも多いとみられる。 多くの国では、症状がある人や重症患者にのみ検査を実施している。 12日午前4時以降、新たに5007人の死亡と13万1826人の新規感染が発表された。 死者の増加幅が最も大きいのはブラジルの1239人。 次いで米国(856人)、メキシコ(587人)となっている。 最も被害が大きい米国では、これまでに11万4065人が死亡、203万1173人が感染し、少なくとも54万292人が回復した。 次いで被害が大きい国は英国で、死者数は4万1481人、感染者数は29万2950人。 以降はブラジル(死者4万919人、感染者80万2828人)、イタリア(死者3万4223人、感染者23万6305人)、フランス(死者2万9374人、感染者19万3090人)となっている。 人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの83人。 次いで英国(61人)、スペイン(58人)、イタリア(57人)、スウェーデン(48人)となっている。 香港とマカオ()を除く中国本土で発表された死者数は4634人、感染者数は8万3064人、回復者数は7万8365人。 地域別の死者数は、欧州が18万6843人(感染236万3480人)、米国・カナダが12万2159人(感染212万9067人)、中南米・カリブ海()諸国が7万4618人(感染152万8388人)、アジアが2万1852人(感染78万6631人)、中東が1万1309人(感染53万4020人)、アフリカが5939人(感染21万9599人)、オセアニアが131人(感染8676人)となっている。 各国の死者数・感染者数は当局による訂正やデータ公表の遅れがあるため、過去24時間での増加幅は前日の集計結果との差と一致しない場合がある。 c AFP.

次の