離乳食 さつまいも 後期。 離乳食のさつまいもはいつから?下ごしらえや保存方法、初期・中期・後期別おすすめレシピ

離乳食のさつまいもはいつから?下ごしらえや保存方法、初期・中期・後期別おすすめレシピ

離乳食 さつまいも 後期

ご飯を使ったおやきの離乳食 レシピ ・しらすのごはんのおやき 軟飯を使って少しソフトなおやきを作ります <材料> 軟飯 50g しらす 5g 青のり 少々 <作り方> ・しらすはお湯で湯がいて塩抜きする 1. 軟飯を軽くつぶしてから、ほかの材料をすべて混ぜ合わせる 2. 形作って、フライパンで両面焼く 豆腐を使ったおやきの離乳食レシピ ・豆腐と納豆のおやき いつものお豆腐をおやきにして手づかみ食べでいただきます <材料> 木綿豆腐 25g 納豆 5g 片栗粉 5g <作り方> ・納豆はザルに入れてお湯を回しかけ粘りを取る 1. 木綿豆腐をつぶして納豆と片栗粉を混ぜ合わせる 2. 形作って、フライパンで両面焼く 小麦粉で作るおやきの離乳食レシピ ・カンタンしらすのお好み焼き とってもカンタンにお好み焼き風のおやきを作ります <材料> しらす 5g キャベツ 15g 小麦粉 15g 牛乳 15ml 卵 5g <作り方> ・しらすは塩抜きする ・キャベツは千切り又はみじん切りにする 1. すべての材料を混ぜ合わせる 2. フライパンに流しいれて両面焼く さつまいもやかぼちゃを使ったおやきの離乳食レシピ ・安納芋のおやき さつまいもを生のまますりおろして焼くおやきです。 今回は安納芋を使いました <材料> さつまいも 40g しらす 3g <作り方> ・しらすはお湯で湯がいて塩抜きする ・さつまいもはすりおろす 1. さつまいもとしらすを混ぜ合わせる 2. かぼちゃを湯がいてつぶし、とレーズンを混ぜ合わせる 2. 形作って、フライパンで両面焼く 離乳食用のおやきは冷凍できる? 個別包装で、1週間冷凍保存が可能 おやきを多めに作っておいて、冷凍で保存することもできます。 1枚1枚ラップに包んでジップロックに入れて密封させて冷凍庫に入れます。 解凍するときはフライパンやオーブンで弱火でじっくる温めると美味しく解凍できます。 冷凍したおやきの保存期間は1週間です。 手づかみ食べで、自分で食べることは、赤ちゃんにとって「自分でできたから美味しい!」と思える瞬間です。 今日紹介したおやきをベースに、お好みの具材を混ぜ合わせて作ってみてくださいね! 文/中田 馨(なかた かおり) 一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。 中田家庭保育所施設長。 現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。 「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。 保育、講演、執筆などの分野で活動中。 自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

次の

離乳食のさつまいもレシピ!加熱はレンジより炊飯器が良い?

離乳食 さつまいも 後期

水にさらしてアク抜きを 良いさつまいもを見分けるには、太さとひげをチェックしましょう。 ぷっくりと太くて、ひげがないものがおすすめです。 さつまいもは、アクが強い野菜なので、この アクを抑えるために、皮は厚めにむいて、適当な大きさに切ったら水にさらしてアク抜きをしましょう。 さつまいもの皮部分は、消化しにくいので離乳食には使わないように。 アク抜きをしたら、茹でて、離乳食初期なら裏ごしをします。 中期以降なら、茹でたり、ふかしたりした後に、スプーンなどで潰すだけでOKです。 後期なら、加熱したさつまいもを潰さずに食べられるようになります。 冷凍保存もできるので、まとめて調理して作り置きしておくと便利ですよ。 さつまいもの皮をむいて適当な大きさに切り、10分程水にさらす。 鍋に水を入れて、柔らかくなるまでさつまいもを煮る。 2の茹でたさつまいもをフォーク等で潰す。 りんごの皮をむき、すりおろす。 ボールにさつまいもとりんご、その他の材料を加えてよく混ぜる。 シリコンカップに取り分けて、600Wの電子レンジで約1分10秒加熱する。 加熱が足りない場合は追加で加熱し、完成。 りんごの他にさつまいもの甘みを借りて、苦手野菜を加えても良いですね。 さつまいもを適当な大きさに切って水にさらす。 茹でるか電子レンジで加熱して柔らかくする。 2を熱いうちに潰す。 ほうれん草を茹でて、月齢に合わせた大きさに刻む。 さつまいも、ほうれん草、さらに塩と片栗粉を加えてよく混ぜ合わせる。 5を食べやすい大きさに成型する。 フライパンにオリーブ油を熱し、両面に焼き色がつくまで焼いたら完成。 ほうれん草などの葉物野菜も、甘いさつまいもと一緒におやきにすれば、パクパクと食べやすくなりますよ。 苦手野菜を加えてもいいですね。 たまねぎ、さつまいもを柔らかくなるまで茹でて、細かく刻む。 鶏ささみの筋を取り除き、茹でて細かくほぐす。 うどんは1cm程度に刻み、柔らかく茹でる。 すべての材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。 しょうゆで味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。 食欲のない時もスルっと食べられるうどんは、ストックしておくと便利な食材です。 さつまいもの甘みと、たまねぎと鶏ささみのうまみで食が進む一品です。 材料と作り方 出典: 【材料】 ・食パン(8枚切り又は10枚切り)1枚 ・さつまいも(ペースト)大さじ1弱 ・ツナ水煮缶 小さじ1弱 【作り方】 1. さつまいもの皮をむいて、鍋で柔らかくなるまで茹でる。 1を潰してペースト状にする。 ツナはザルに入れ、熱湯をまわしかけて塩抜きする。 食べにくい場合は、包丁で細かく刻む。 2と3をよく混ぜる。 まとまりにくい場合は、少量のお湯で伸ばす。 食パンの耳を切り、1枚を半分に切って、片面に4を塗る。 もう半分を挟んでサンドし、食べやすい大きさに切れば完成。 手づかみしやすいサンドウィッチが食べられるようになると、おでかけの時も便利ですね。 食べにくい場合は、ラップを使って手で少し潰しておくと食べやすくなります。 食べやすい大きさにカットしてあげましょう。 たまねぎ、にんじん、さつまいもを月齢に合わせた大きさに刻む。 さつまいもは、5~10分程度水につけ、アク抜きをする。 ささみは薄皮と筋をとり、ミンチ状にみじん切りにする。 鍋に1の野菜と水を入れ、フタをして煮込む。 沸騰したらささみを加え、ささみがほぐれるように軽く混ぜたら、再びフタをして弱火で30~40分煮込む。 野菜が柔らかくなったら牛乳を加え、さらに10分程度煮込む。 フタを開けて火を止め、片栗粉がダマにならないよう少量ずつ混ぜながら加える。 再び火にかけ、とろみがついたら完成。 牛乳に抵抗がある場合は、余った粉ミルクを代用しても良いですね。 具だくさんで栄養価も高い一皿なので、食材の大きさや種類をアレンジすれば大人までおいしく食べられます。

次の

離乳食後期(9〜11か月頃)

離乳食 さつまいも 後期

ご飯を使ったおやきの離乳食 レシピ ・しらすのごはんのおやき 軟飯を使って少しソフトなおやきを作ります <材料> 軟飯 50g しらす 5g 青のり 少々 <作り方> ・しらすはお湯で湯がいて塩抜きする 1. 軟飯を軽くつぶしてから、ほかの材料をすべて混ぜ合わせる 2. 形作って、フライパンで両面焼く 豆腐を使ったおやきの離乳食レシピ ・豆腐と納豆のおやき いつものお豆腐をおやきにして手づかみ食べでいただきます <材料> 木綿豆腐 25g 納豆 5g 片栗粉 5g <作り方> ・納豆はザルに入れてお湯を回しかけ粘りを取る 1. 木綿豆腐をつぶして納豆と片栗粉を混ぜ合わせる 2. 形作って、フライパンで両面焼く 小麦粉で作るおやきの離乳食レシピ ・カンタンしらすのお好み焼き とってもカンタンにお好み焼き風のおやきを作ります <材料> しらす 5g キャベツ 15g 小麦粉 15g 牛乳 15ml 卵 5g <作り方> ・しらすは塩抜きする ・キャベツは千切り又はみじん切りにする 1. すべての材料を混ぜ合わせる 2. フライパンに流しいれて両面焼く さつまいもやかぼちゃを使ったおやきの離乳食レシピ ・安納芋のおやき さつまいもを生のまますりおろして焼くおやきです。 今回は安納芋を使いました <材料> さつまいも 40g しらす 3g <作り方> ・しらすはお湯で湯がいて塩抜きする ・さつまいもはすりおろす 1. さつまいもとしらすを混ぜ合わせる 2. かぼちゃを湯がいてつぶし、とレーズンを混ぜ合わせる 2. 形作って、フライパンで両面焼く 離乳食用のおやきは冷凍できる? 個別包装で、1週間冷凍保存が可能 おやきを多めに作っておいて、冷凍で保存することもできます。 1枚1枚ラップに包んでジップロックに入れて密封させて冷凍庫に入れます。 解凍するときはフライパンやオーブンで弱火でじっくる温めると美味しく解凍できます。 冷凍したおやきの保存期間は1週間です。 手づかみ食べで、自分で食べることは、赤ちゃんにとって「自分でできたから美味しい!」と思える瞬間です。 今日紹介したおやきをベースに、お好みの具材を混ぜ合わせて作ってみてくださいね! 文/中田 馨(なかた かおり) 一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。 中田家庭保育所施設長。 現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。 「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。 保育、講演、執筆などの分野で活動中。 自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

次の