疫病 の 歴史。 疫病

世界史のパンデミック死者数TOP10

疫病 の 歴史

古代日本の政変と疫病 古代日本の政変と疫病 医薬の知識が全くなかった時代には病気に対して「おまじない」しか打つ手はなかった。 伝染病の被害はことさら大きなものであっただろう。 しかし、伝染病はどこからか病原菌が伝わってこなければ蔓延しない。 実は原始時代には伝染病は多くなかったのではないかとも思われるのである。 一番古い伝染病は結核で、弥生人の人骨からもカリエスが見いだされる。 しかし、縄文人にはこれが見えない。 結核は移住してきた弥生人が持ち込んだものだ。 伝染病が流行するには条件があり、必ずしも病原体がありさえすれば広がるものではない。 結核の発生が多くなったのは、産業革命で劣悪な環境の中での長時間労働に人口が集中したことによるものだ。 青空のもと野外で農作業に従事する限り、結核が重大な伝染脅威になることはなかった。 咳逆つまりインフルエンザは渡り鳥が運ぶから、どこへでも飛んでいく。 日本にも古くからあったに違いない。 日本書紀にも疫病のことは早い時代から何度も出てくる。 病名は特定できないが、インフルエンザであったことは十分考えられる。 赤痢が文献に出てくるのは、三代実録の貞観三年 861年 であるが、それ以前から痢というから消化器系の病気で、中に死に至るものがあったからこれは赤痢だろう。 上下水道が十分でなかったから、都市に人口が集中すれば当然のごとく発生する。 そのため遷都が必要になった。 しかし、一気に全国に広まり、人口を左右するような爆発的流行は起こらなかった。 人口を減らすような大流行は14世紀の黒死病(ペスト)が知られている。 世界人口を4億5000万人から3億5000万人にまで減少させたほどだが、これはネズミを保菌者としてノミが媒介するものだった。 中国に始まり、ヨーロッパで爆発的に増殖して世界中に広がった。 しかし、日本は流行を免れた。 日本に繁殖していたのはヒトノミであり、ネズミとヒトの両方に寄生するケオプスネズミノミが日本にはいなかったからである。 人から人への空気伝染の場合、動物の生態とはかかわりなく、防ぎようもない広がりを見せる。 伝染経路としては国際交流がその発端になる。 新たな伝染病がもたらされた場合、免疫が皆無だから爆発的な流行になる。 南米のアステカ文明が滅びたのもスペイン人が持ち込んだ痘瘡(天然痘)による人口減少が寄与している。 日本でも、最初に起こった危機的大流行は痘瘡(天然痘)によるものである。 それまであった風土病的な伝染病や結核では、爆発的な流行は起こらない。 インフルエンザも繰り返されてある程度の免疫下地が形成されている。 しかし痘瘡に対する免疫は皆無だった。 朝鮮との交流が増えて、仏教伝来と時を同じくして痘瘡が持ち込まれ、日本最初の疫病大流行となった。 『日本書紀』敏達天皇十四年 585年 の記事がによれば、膿疱(できもの)が出来て死ぬものが充ち満ちた(發瘡死者充盈於國)。 身を焼かれ打ち砕かれたようになり泣きわめいて死んで行く(身、如被燒被打被摧 啼泣而死)という症状の重さを持った膿疱であることと、致死率の高さからこれは痘瘡であると推定されるのである。 これをめぐって、古来神をあがめず仏教などというものを取り入れるからだとする物部氏と、仏像を焼いたりしたから疫病が流行るのだとする蘇我氏の対立となった。 大和政権の成立期における一大政争は痘瘡に起因しているのだ。 奈良時代、735年にも大流行があった。 流行は九州から始まり(大宰府言。 管内諸國疫瘡大發)夏から冬にかけて豌豆瘡(わんずかさ)が流行り、死者を多く出して(自夏至冬。 天下患豌豆瘡[俗曰裳瘡]夭死者多)賦役を免除しなければならなかった 五穀不饒。 宜免今年田租 と続日本紀は書いている。 豆のように盛り上がった瘡だから痘瘡であることに間違いないだろう。 一般には裳瘡(もかさ)とも言われていた。 2年後の737年にも再び九州から疫病が流行して農民の多数が死んだ(大宰管内諸国。 疫瘡時行。 百姓多死)。 このときは流行が各地に広がり、平城京でも皇族や政治の実権を握っていた藤原四兄弟が相次いで死ぬという大惨事になった。 橘諸兄による政権への移行という転換をもたらした。 大流行の2年後には免疫が残っているから、同じ流行が繰り返されるとは考えにくい。 疫瘡と言うだけで、豌豆瘡という言葉は使われていないから、これは症状がよく似た麻疹(はしか)であったと考えられる。 成人の麻疹は重症化して死亡することも多い。 疫瘡の大流行は平安時代995年にもあって、赤斑瘡(あかもがさ)と表現されている。 盛り上がるよりも赤く広がるという特徴に合致するから麻疹である。 この時も政権中枢の大混乱をきたした。 中納言以上の上達部14人の内8人が死んで藤原道長が一気に政権を握るきっかけとなった。 痘瘡の方が致死率が高く、治ったとしても「あばた面」が残る。 麻疹は幼少の時にかかれば軽く済むことも多い。 こんなこともあって、痘瘡が最も恐れられた疫病であった。 痘瘡には二度かからないことが知られており、軽く患ることで重症を逃れようとする試みはあったが、人痘接種による予防は致死率20%ほどもある危険なものだった。 日本でも緒方春朔が試みたりしている。 人間には発症しない牛痘を使って疑似的な毒素で免疫を発現させるという画期的なアイデアで種痘を開発したのはジェンナーであるが、王立学会には認められず、1798年に「牛痘の原因と効果についての研究」を自費出版してこれが普及した。 歴史を左右するほどの大病を安全に予防できるようになったと言うのは驚異的な出来事である。 1823年に来日したシーボルトによってこの知識は伝えられたが、実際に摂取されたのは1849年にドイツ人医師モーニッケによるものが最初である。 痘瘡への関心は非常に高かったから日本での種痘は急速に広まった。 日本では1955年以来発生を見ていない。 いまでこそ痘瘡は絶滅した病気だが、日本史においては何度も歴史を動かす決定的な要因として働いたのである。

次の

感染症の歴史

疫病 の 歴史

平安時代は、王朝貴族が政権を握り優雅な社会情勢がイメージとして浮かびますが、実際は毎年のように異常気象や疫病の流行が繰り返されていました。 なかでもそれまでに藤原一族が次々と罹患し命を落としていった天然痘(痘瘡)( 、 参照)は、全国的な大流行を繰り返していました。 中央政府は限られた地方の流行であれば食料などをふるまうなどの対策が立てられますが、全国的な広がりとなると、医療はもちろん公衆衛生的な施策をすることは不可能で、神仏に頼ることしかできませんでした。 また 861 年における赤痢の流行は病名が記録に残っています。 赤痢にはアメーバ赤痢という寄生虫が原因で発症するものと、赤痢菌が原因の細菌性赤痢がありますが、多くは細菌性赤痢だったのでしょう。 食物や水から消化管に感染する食中毒で、高熱、激しい腹痛、下痢、血便が続きます。 京やその周辺の村で大流行し、多くの子供が亡くなったといいます。 冬季になると、高熱と咳が続く咳逆(しはぶき)という一種の流行性感冒がたびたび流行しました。 インフルエンザだったかも知れません。 おびただしい数の死者があり、 1011 年には時の一条天皇が 32 歳でこの「しはぶき」により亡くなったことが平安後期の歴史書「大鏡」に記されています。 その他のウイルス性疾患としては麻疹の流行もたびたび発生しました。 なお麻疹を「はしか」と称するようになったのは鎌倉時代になってからのことです。 平安時代で記録に残る大流行は歴史書「扶桑略記」などによると 1077 年で、白河天皇やその皇后が麻疹に罹患し、多くの皇族や公家が死亡したそうです。 これらの病気は現在ではあらかたの正体が判りますが、当時はこれに対して例えば高熱や下痢による脱水に対して十分な水分を与えるなどの医療法は考えられていなかったようです。 薬物療法についても抗菌薬などはもちろん存在しませんが、漢方薬など当時からあった薬物が使用された記録はありません。 やはり加持・祈祷という治療法しか考えられなかったのでしょう。

次の

【「日本書紀」から現代へ 歴史と疫病】国難を「和」の力で乗り越えた日本 (1/2ページ)

疫病 の 歴史

飢えに苦しむ人々 1801年のの成立以降、は全土がの連合王国政府およびによる直接的な統治下に置かれていた。 しかし、のように製造業が発展せず、アイルランドに住む国民の大半は農業に依存していた。 さらにアイルランドの農民は兄弟全員が土地を分割相続できたため、農地の細分化が進んだ。 また、小作農家は以前は主にを栽培していたが、地主に地代を納めなくても済む自分たちの小さな庭地で、生産性の非常に高いジャガイモの栽培を始めた。 これらの要因が重なったことによって、次第にジャガイモが貧農の唯一の食料となってゆき、飢饉直前には人口の3割がジャガイモに食料を依存する状態になっていた。 そして、からの4年間にわたってヨーロッパ全域でジャガイモの疫病が大発生し、壊滅的な被害を受けた。 ただ、アイルランド島において、この不作を飢饉に変えた要因は、その後の政策にあると言われている。 ヨーロッパの他の地域では在地の貴族や地主が救済活動を行ったのに対して、アイルランドの領主であるや地主はほとんどがに在住しているイングランド人や人であり、自らの地代収入を心配するあまりアイルランドの食料輸出禁止に反対するなどして、餓死者が出ているにもかかわらず食料がアイルランドから輸出されるという状態が続いた。 連合王国政府も、緊急に救済食料を他から調達して飢え苦しんでいる人々に直接食料を配給することを、予算の関係などから躊躇しただけでなく、調達した食料を安値で売るなどの間接的救済策に重点を置いた。 さらに、政府からの直接の救済措置の対象を土地を持たない者に制限したため、小作農が救済措置を受けるためにわずかな農地と家を二束三文で売り払う結果となり、これが食糧生産基盤に決定的な打撃を与え、飢餓を長引かせることになった。 発端 [ ] ジャガイモ疫病 このジャガイモ飢饉の発端とされるは、植物のの一種である。 このような伝染病が蔓延するためには、感染源、宿主、環境の3つの要素が揃うことが必要である。 ジャガイモがヨーロッパに持ち込まれた当初は、この中の感染源となる病原菌そのものがの特定の地域に限定されていて、ヨーロッパにはいまだ伝来していなかったものと推定されている。 その後、何らかの理由によりジャガイモ疫病の菌がからヨーロッパに持ち込まれて急速に蔓延し、ジャガイモ作物に壊滅的な被害を与えることになった。 当時はまだ、このようなが病気を引き起こすという考え方そのものが一般的に受け入れられていない時代であり、がその原因菌であると明らかにされたのは、さらに時代が下ってのの功績による。 当時のヨーロッパでは、ジャガイモの疫病の存在自体が知られておらず、これがヨーロッパにおける最初の蔓延であった。 ジャガイモは通常、前年のを植えるというによる栽培法を用いる。 これを利用して、当時のヨーロッパでは収量の多い品種に偏った栽培が行われてゆき、がほとんど無かった。 そのため、菌の感染に耐え得るジャガイモがなく、ヨーロッパでは菌の感染がそれまでにないほど広がった。 これに対して、ジャガイモが主食作物であった原産地のでは、1つの畑にいくつもの品種を混ぜて栽培する習慣が伝統的に存在し、これが特定の病原菌の蔓延による飢饉を防いでいた。 また現代の大規模農業でも収量の多い品種に偏って栽培される傾向は強いが、種芋の段階で防疫対策が取られている他に、品種改良によって耐病性を獲得させている。 状況・対応 [ ] 1849年3月30日に建てられた慰霊碑 植民地政策 [ ] イングランドへの食料輸出 [ ] 記録によれば、に起きた飢饉の最も酷い時期ですら、食料はアイルランドから輸出されていた。 これに対して、アイルランドでからにかけて飢饉が起きた際は、港は閉鎖され、アイルランド人のためにアイルランド産の食料は確保された。 結果、すぐに食料価格は下落し、商人は輸出禁止に対して反対運動を行ったが、の政府はその反対を覆した。 ところが、1840年代には食料の輸出禁止は行われなかった。 アイルランドの飢饉についての権威であるセシル・ウッドハム=スミス(Cecil Woodham-Smith)の著書 "The Great Hunger; Ireland 1845-1849" で次のように言及した。 (前略)飢餓でアイルランドの人々が死んでいっている時に、大量の食物がアイルランドからに輸出されていたという疑いようのないこの事実ほど、激しい怒りをかき立て、この2つの国(イングランドとアイルランド)の間に憎悪の関係を生んだものはない。 実際、アイルランドはジャガイモ飢饉の続いた5年間のほとんどを通して、食料の純輸出国であった。 のフェローであり、飢饉に関する2つの文献、 "Irish Famine: This Great Calamity" および "A Death-Dealing Famine"の著者であるクリスティーン・キニアリー(Christine Kinealy)によれば、子牛、家畜類(豚を除く)、ベーコン、ハムのアイルランドの輸出量は飢饉の間に増加していた。 飢饉が起きた地域のアイルランドの港からは、護衛に守られながら食料が船で輸出されていた。 貧困層は食料を買う金もなく、政府は食料輸出禁止も行わなかった。 ただ、アイルランドの気象学者のオースティン・バーク(Austin Bourke)は著書 "The use of the potato crop in pre-famine Ireland" の中で、ウッドハム=スミスのいくつかの計算に異議を唱え、1846年12月の輸入量はほぼ2倍になっていると書いている。 彼によれば アイルランドと1750年からのヨーロッパの人口。 1845年から49年にかけてのジャガイモ飢饉の悲惨な結果を表している。 この飢饉の間にどのくらいの死者が出たかは不明である。 ただ、ヨーロッパを広範囲に襲ったやよりも多くの死者が出たとも言われている。 当時はがまだ始められておらず、各地のに残された記録も不完全である。 の記録の多くは(アイルランド聖公会へのカトリック地方教会の徴収の記録を含む)、のの際に放火により焼失した。 見積もりの方法の一つとして、の最終的な人口との比較をする方法がある。 もし飢饉が発生しなければ、1851年にはアイルランドの人口は800万から900万人になっていたはずだと考えられている。 1841年に行われた調査では、人口は800万人をわずかに超えていたからである。 しかし飢饉の発生した直後、1851年に行われた調査では、アイルランドの人口は6,552,385人であった。 10年でほぼ150万人が死亡、あるいは国外脱出したと考えられる。 現代の歴史家と統計学者は、病気と飢餓の影響で80万人から100万人が亡くなったと考えている。 加えて、計200万人以上がアイルランド島外に移住・移民したと考えられている。 アイルランドはの人口に比べての人口が減少している、西欧では唯一の国である。 近年は経済成長などもあり増加傾向にあるのにもかかわらず、21世紀に入った2007年時点ですらアイルランド共和国とを合わせた全島の人口はいまだに約600万人と、大飢饉以前の数字には及んでいない。 評価 [ ]• 飢饉の際の連合王国政府の無策はアイルランドのイングランドへの不信感を増幅させ、宗教政策ともあいまって独立運動のきっかけとなった。 連合王国政府の行動が意図的なかそうではなかったかについては、いまだに歴史的評価が定まっていない。 ただ、にイギリスの首相は、アイルランドで開催されていた追悼集会において、1万5千人の群衆を前に飢饉当時のイギリス政府の責任を認め、謝罪の手紙を読み上げた。 これはイギリス政府の要人からの初めての謝罪であった。 影響 [ ] 詳細は「」を参照 ジャガイモを主食としていた被支配層のアイルランド人の間からは、100万人以上とも言われる多数の餓死者を出した。 さらに、連合王国内のへの移住、が発生していた、連合王国の植民地であった、などへのは、合計200万人以上にのぼったとされる。 アメリカ合衆国に渡ったはアメリカ社会で大きなグループを形成し、経済界や特に政治の世界で大きな影響力を持つようになった。 この時代のアメリカへの移民の中には、の先祖も含まれていた。 文化 [ ] 犠牲者の多くが被支配層のアイルランド人で、彼らは主に話者であった。 しかし飢饉によって人口が減ったことに加え、生き残ったアイルランド人もその後の政策や生活上の便宜から英語を話すようになったため、アイルランド語話者の比率が回復不可能なほど激減し、英語の優位が確立する結果となった。 脚注 [ ] [].

次の