不知火 半纏。 【楽天市場】和風 衣類 > 大人甚平・半天:和風雑貨 不知火

#めだかボックス #不知火半纏 安心院さんと半纏さん

不知火 半纏

不知火(しらぬい、しらぬひ) 有明海・八代海にまつわるもの• やで旧暦8月1日前後に現れるの一種。 - 九州に伝わる妖怪。 上記現象がその実体。 不知火海 - のこと。 上記妖怪および蜃気楼現象に因む。 (しらぬひまち) - にあった自治体。 のにより、となった。 における、にかかる。 交通・乗物• - 沿いにある。 - とが共同運行していた。 - が運行していた急行列車。 - の。 - 同上• - の。 四股名「不知火」を名乗った力士。 熊本県出身者が多い。 - 宝暦年間(1760年前後)の力士。 最高位前頭3枚目。 - 寛政年間(1790年代後半)の力士。 最高位大関。 初名 磐石荒五郎。 - 天保年間(1840年前後)の力士。 第8代横綱。 - 明治初期(1860年代)の力士。 第11代横綱。 初名 殿リ勝五郎。 - 1880年前後の力士。 大阪相撲所属。 最高位大関。 福岡県出身。 他の光右エ門と区別するため 不知火光五郎の通り名で呼ばれることが多い。 - 1900年前後の力士。 最高位前頭4枚目。 栃木県出身。 初名 藤ノ嶽光右エ門。 - の一つ。 - 『』に登場する架空の登場人物。 不知火半袖 - 「」に登場する架空の人物。 不知火半纏 - の登場人物• - SNKのゲーム等に登場する架空の人物。 シラヌイ - ゲーム『』に登場する架空の人物。 その他• - にを交配して育成した。 条件を満たした一部果実は という商標名で販売されている。 不知火 プロレス技 - のひとつ。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

【楽天市場】和風 衣類 > 大人甚平・半天:和風雑貨 不知火

不知火 半纏

複雑骨折も10秒で治る 上峰書子:マシンガン2丁の弾を全て口で受ける 練兵癒の「退化論(ザッピングスタディ)」:知能を操る 名瀬夭歌の「凍る火柱(アイスファイア)」:体温を上げ下げして猛炎や一瞬で凍りつく吹雪を生み出す。 寿常套「童謡使い」」:人間に聞こえない低周波で歌う事で(携帯からでも)周りの人間を等比的に若返らせる。 近距離なら赤ん坊になる。 即死体を生き返らせられる。 都城王土の「人心支配」」:電磁波により相手の体を心を支配する。 周囲の物体も操る。 相手の心臓をつきそこから相手の能力を完全に奪う 赤青黄の「五本の病爪(ファイブフォーカス)」:心臓病でも癌でもあらゆる病気を感染させ、どんな怪我でも治せる。 その気になれば国を余裕で落とせる 江迎怒江の「荒廃した腐花(ラフラフレシア)」:周りの生物・無生物・気体問わず全て腐らす。 土を腐らすことで植物を操れる。 志布志飛沫の「致死武器((スカーデッド)」:周囲の人間の完治済みの怪我・疾患等の古傷を全て強制的に再発させる。 相手のトラウマや非物体にも効果を及ぼす。 蛇籠飽の「遊酸素運動(エアロバイカー)」:学園全体の酸素を支配し酸欠にも過呼吸にも酸素中毒にも肉体を酸化させる事もできる。 須木奈佐木咲の「操作令状(エラーメッセージプレート)」:人や支配者を支配する。 支配的な空間も支配する 日之影空洞の「光化静翔(テーマソング)」:光より強い力で光速で動き、最光速度により全てが実体の分身さえ出せる。 坂之上替の「賭博師の犬(ギャンブルドッグ)」:奇跡を操る 蝶ヶ崎蛾々丸の「不慮の事故 エンカウンター 」:あらゆるダメージをおしつける。 桃園喪々「名札使い」:めだかちゃんやクマーですら反応出来ない速さで相手をカード化する。 杠かけがえ「嘘八百使い」:めだかが反応出来ない速さで接近出来カウンター出来る上に、一人一人が自分自身という分身を800人、64万人と倍々に増えさせる 「換喩使い」:自分を同属性の別人に変える事が出来る。 めだかや言彦にさえなれる 潜木もぐら「誤変換使い」:全ての言葉を間違える。 「し給え」といえば「死給え」となって相手は即死し「滑れ」ば「全て」を「統べ」、また敵の攻撃は存在しない言葉に変換し存在させなくなる 鶴喰鴎の「独楽図解(スピニングアングラー)地球の自転どころか公転も操る 贄波生煮「逆説使い」:「強固で巨大。 だから斬れる」「相手が強い。 だから勝てる」等因果も強弱も、不可能事ほど可能にする 鶴喰梟:全てのスタイルが使える、 球磨川禊:向かい合っただけで精神が強靱な者でも心が折れる。 人の弱点や死角が全て見える 「大嘘憑き(オールフィクション)」:あらゆる事象をなかった事にする。 死をなかった事にしたり相手を消したりその気になれば世界まで。 「却本作り(ブック・メーカー)」:相手は肉体も精神も球磨川と同じ過負荷になり全てを封印され心が折れる。 弱体化した却本作りでも解除するのに30年はかかる 不知火半袖「正喰者(リアルイーター)」:相手の能力を属性や過程を無視して好きなように変えられる 不知火半纏:「時間を止める能力」や「空間を切断する能力」等どんな能力だろうと制限なくいくらでもいくつでも作れる 安心院なじみ:7億の分身が存在し3兆4021億9382万2311年生き1京2858兆0519億6763万3865個の能力を使える。 そして「今更いうまでもなく全知全能」「全知全能には全知全能の悩みがあるのさ」 黒神めだかの「完成(ジエンド)」:どんな能力だろうと見るかちょっと聞くだけ(伝言ゲーム程度の情報)で上位互換的に使える 獅子目言彦:マシンガンを口で受け止め、光速で動けるめだかちゃんが手も足も出ず5000年前の当時には安心院さんにさえ「少なく見積もっても1億回以上」勝ち続け、輪ゴム一発で瞬頃する。

次の

めだかボックスの登場人物

不知火 半纏

概要 と共に庭学園へ転校してきた悪等であり、く「 ただ外」。 「を作る」の持ちで、ののうち個くらいはこので作られている。 本当に「ただだけ」なので、基本的にのそばで後ろ向きに腕を組んで突っ立っているだけであり、顔を見せたり言葉を発したりはしない。 …なのだが、の編では善吉にやと同じく「学園きっての」扱いされていた。 特に何もしてないのに。 ちなみに同編にて、に協する報酬として「ド」を要していた。 だからまずはを 反転院さんと呼びなさい。 「ただ外」としてのそばに立ち続けた不知火半纏。 しかし不知編にてが殺されたことにより、と立場が""。 の意思を継ぐべく表立って行動し始めた。 これにより長らく不明だった素顔が開され、ようやく喋るようになった。 以降は自身を「反転院さん」と呼ぶように促している。 は「」。 のことは「なじみ」と呼び捨てる。 ちなみにも彼を「半」と呼び捨てる。 その正体は他ののを務める性質を持ったであり、のを務めていた。 悪等や「を作る」はに合わせたものである。 ことに長けたより自分が先に死ぬ可性が高かったため、自身の存在を作成していた。 しかしを統率するはなかったためほったらかしになり、やがてその一部が生してらの住むの里が誕生した。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の