雑記ブログ 稼げる。 【雑記ブログ】僕が雑記ブログで月収100万以上稼ぐ方法

【最新】ブログのおすすめジャンルと決め方・選び方【初心者も月3万は稼げるね】

雑記ブログ 稼げる

うん…。 見る…。 その中身はみーんな、 「アドセンス収益を最大化させるなら 専門の特化ブログがいい。 おっほん。 」 というもの。 いや、もちろん「特化ブログ」を否定するわけではないですよ? 涼すけだって、ふたつもみっつも特化ブログ持ってますし。 たしかに特化ブログは効率よく収益を上げていくことが出来るとは思います。 (労働対効果) でも、だからといって「雑記ブログは稼げない」には繋がらないんですよね。 てゆーかですね。 そもそも「儲かってる」とか「稼げてる」とか「儲からない」とか「稼げない」っていうその基準なんて人それぞれです。 大切なのは 「だから、結果いくら稼げてんのよ?」ってことだと思うんですよね。 「雑記ブログは稼げない」なんていまだに声高にいう人…。 あなた…。 ジツは雑記ブログで挫折したでしょ? ってフツーに思っちゃいます。 【関連】 まだ雑記ブログでまとまった報酬が得られないあなたが本当に知りたいこと 雑記ブログを始めたはいいけど、まだアドセンスで稼げてないあなたが本当に知りたいのは 「ジッサイんとこ、雑記ってどれくらい稼げるの?」 ですよね。 いいですか? アドセンスというのは基本的には 「pv数が増えればその報酬も増える」 んです。 これはめちゃめちゃ期待して大丈夫ですよ! もちろん「ブログ内容と広告の相性」というのもありますが、 「pv数が増える」というのはそれを完全に超越します。 わたしも!? はい。 もちろんマロンちゃんもです。 雑記ブログは稼げない、儲からないは嘘!! アドセンスブログは雑記がいいよ!! まとめ いかがでしたか? 本日は「雑記ブログは稼げない、儲からないは嘘!! アドセンスブログは雑記がいいよ!! 」と銘打ち、 「雑記ブログは稼げない!」 なんてことは無い! とちょっと強めに解説してきました。 少しだけ前述しましたが、決して特化が悪いわけではないですし、もちろん稼げないわけでもないです。 ただ 「特化ブログ」を続けるのけっこう大変だと思うんですよね。 とくにまだ初心者さんの段階ですと。 だって。 たとえば 「いくらラーメンが好き」だとしても、 そんなおんなじような記事をず〜っと書き続けられます? もちろん「ラーメン」だけではなく、 「自転車」や「掃除」なんかの特化ブログをいくつも所有すれば いろいろな記事が書けるから続けられると思いますけど、 ブログをそんなにいくつもいくつもキッチリ管理出来ます? たぶん難しいんじゃないですか? だったら… ひとつの雑記ブログの中で しっかりとカテゴリー分けをして運営していく のが良いと思います。 ちなみに、もしも涼すけが運営する雑記ブログのカテゴリをバラしたらその数はなんと「59」です。 もちろん記事数が少ないカテゴリーもあるので、これがイコールブログ数にはなりませんけど、これらの分だけ特化ブログを作ろうなんて考えたら、おそらく40サイトくらいは作るハメになると思います。 そんなの無理ですよね。 それに。 サイトのドメインパワーという観点で考えた場合でも、 やはり ブログはひとつに集中させたほうがいいと思いますよ。 涼すけの雑記ブログでは、何かしらの記事を思いつきでサラサラっと書くと、 翌日には検索エンジンの1位2位なんてこともザラにあります。 これがドメインパワーです。 雑記ブログに 有益な記事をドンドン積み上げていくとフツーにこういうことが起きちゃうんですよ。 それも3位4位5位にいるのはそのジャンルの特化ブログだったりもします。 どうです? 雑記ブログ、面白くないですか? あなたも… 「このまま雑記ブログなんて続けてて本当に稼げるのかな…。 」 「やっぱり特化型のほうがいいのかも…。 」 「つーかそもそもブログで稼ぐなんて無理だったんだよ…。 最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。 私、電子書籍の出版プロデュースを行なっているKB出版第二営業部の戸谷と申します。 貴サイトを拝見し、是非書籍化をさせて頂きたいと思いご連絡致しました。 電子書籍は印税収入はもちろん、集客効果やブランディング効果など様々なメリットがあります。 ブログを運営されている方が電子書籍出版を並行して行えば、純粋に収益化を加速させるだけでなく記事内での訴求力向上も大幅に見込めます。 我々が保有している電子書籍出版ノウハウを用いて、多方面からビジネス加速のお手伝いが出来れば良いなと思っております。 費用についてですが、プロデュース・出版に関わる費用は一切頂きません。 販売にかかる広告費等も弊社がご負担いたします。 興味を持って頂けましたら、以下のメールアドレスにご連絡をお願い致します。 契約内容等についてのご案内をさせて頂きます。 また、HPは日々アップデートしておりますが、至らない点も多々あるかと思いますので、ご不明な点等ございましたら遠慮なくお申し付けください。 よろしくお願い致します。 KB出版第二営業部戸谷.

次の

雑記ブログで月間収益39万円。稼ぎ方を教えてやろう。

雑記ブログ 稼げる

どうも!クロネコ屋です。 ブログ初心者の方は、雑記ブログからスタートする人が多いですよね。 雑記ブログは身近なネタを何でも記事に出来ますし、ネタに困らないので初心者ブロガーには打ってつけです。 そして10記事ほど書いてアドセンスの審査通し、ついにアドセンスを貼って収益化…! おい、アドセンスの単価低すぎるだろ! そんな叫び声をあげた事はありませんか? そうなんです。 雑記ブログってアドセンス単価が低くなる傾向にあるんですよ。 特に初心者の雑記ブログは「時給1円か?」ってレベルで低い。 1円くらい• 1日100PVで1日10円(月300円)• 1日1000PVで1日100円(月3000円) おいおい、Googleさん。 1日1000PVって結構大変だぞ? 中堅ブロガーレベルだぞ? それで月3000円? 鬼畜難易度すぎる…と心が折れている人も多いと思います。 そこで今回は• なぜ雑記ブログはアドセンス単価が低くなるのか?• どうすれば稼げる雑記ブロガーになれるのか? といった雑記ブロガー向けのノウハウを紹介します。 はじめに:雑記ブログのアドセンス単価が低い理由 そもそも、なぜ雑記ブログのアドセンス単価は低いのでしょうか? 結論を言うと『冷やかし目的のユーザーが多いから』です。 ブログに訪れる人は、購入や申込みの意思が強い『見込み客』と、冷やかし・暇つぶしで訪れる『冷やかし客』がいます。 見込み客と冷やかし客の違い 例えば 「派遣会社 おすすめ」で検索する人は、派遣会社への登録を真剣に考えているユーザーという事が一発で分かりますよね。 なので、アドセンスは「この検索ワードで来てるから、派遣会社に興味があるんだな」と自動で判断し、『派遣会社の広告』を表示します。 ユーザーは派遣に興味がある『見込み客』なのでクリック率&登録率は高くなりますね。 登録してもらえれば、広告を出稿した派遣会社は利益をゲット。 アドセンスを管理するGoogleも喜び、ブログ主に高単価のリターンを返します。 こういった流れがあるので 『見込み客を多く呼び込めるブログほど、アドセンス単価が高い』という仕組みになるのです。 派遣体験談を集めた派遣特化ブログなどであれば、単価が高くなりそうですね。 雑記ブログは冷やかし客が多い 一方、雑記ブログはどうでしょうか? 例えば「東京駅のエレベーターが混んでてムカついた!」みたいな雑記を書いたとしましょう。 「東京駅 エレベーター 乗れない」などのワードでアクセスが来ます。 さて、このワードで来るユーザーは『見込み客』でしょうか? 残念ながら違いますね。 おそらく、同じように東京駅でエレベーターに乗れずムカついている人が「同じ気持ちの人おらんかな?」と検索して、ブログにやってきた…みたいな感じでしょう。 そして記事を読んで「おぉ、やっぱムカついてる人おるんやな!ワシだけじゃなかった。 よかった」とホッとして終わり。 何も買いません。 何も申し込みません。 そう、冷やかし客なんですよね。 もちろん記事に共感しているので、Twitterをフォローしてくれたり、ブログの読者になってくれるのでプラスではあります。 しかし、Googleに広告を出向している広告主からすれば、収益化につながる可能性が低いので、アドセンス単価も低いです。 これが雑記ブログ=アドセンス単価が低い理由なのです。 では、どうすればアドセンス単価を上げる事が出来るのか? 対策は2つあります。 対策1:トレンド記事でアクセスを大量に集める 「単価が低いならアクセス量でゴリ押しすればいいじゃない!」 という力技が、1つめの対策です。 雑記ブログの強みは「どんなジャンルの記事でも書けること」です。 例えば放送中のドラマの記事を書いてもいいし、煽り運転や高齢者ドライバーなど社会問題について斬っても良い。 「何でも書ける」というのは、すなわちトレンドを掴んだ記事を書いても問題ない…という事なのです。 そこで、トレンド記事を積極的に入れて『大量にアクセスを取る』ことでアドセンス単価の低さをカバーしましょう。 放送中の映画、ドラマ、漫画の感想• 社会問題、時事問題へのオピニオン• 人気Youtuberの特集 などなど何でもOK。 トレンドニュースを流す事で、アクセス増加を狙うのです。 私はドラクエウォークが出て、すぐに記事を書いた所、この記事だけで1日500アクセス以上を稼ぎました。 ドラクエ効果、ハンパなかったです。 ただし、トレンド記事は一過性のアクセスである事が多く、ブームが過ぎるとアクセスが減ります。 なので、常にトレンドを追いかけて記事を投げ捨てていく労働力と速報性が求められます。 最初のうちは速攻でアクセスが取れるので良いのですが、だんだん割に合わなくなってくるので注意が必要ですね。 対策2:収益化できる記事を作る 2つめの対策は、収益化できる記事を作る…という方法です。 雑記ブログの収益性をあげるにあたって、王道なのはこちらですね。 雑記ブログで収益化出来ていない人は、主に収益化をアドセンスに頼っている印象です。 しかし、ブログの収益化というのは、基本的に 『物を買ってもらう』『サービスに申し込んでもらう』事で発生します。 ですので、Amazonや楽天アフィリエイトをしっかり貼りつけた「買ってもらう記事」の方が収益率は良いのです。 例えば、こちらのアフィリエイトおすすめ本の紹介記事です。 この記事は「アフィリエイト おすすめ 本」のキーワードで集客が狙えるので、見込み客がやってくる確率が高いですよね。 この記事のように『買ってもらう事がゴールの記事』を作り、Amazon・楽天アフィリエイトをしっかり貼っておけば、収益率を改善することが出来ます。 本以外でも、例えば… ・ヒゲ脱毛を体験してみた結果を教える(体験談系) 私のブログで言うならAGA治療(ハゲ治療)体験記ですね。 ・2019年Amazonで買って良かったものを紹介! 買ってよかったものを、まとめて紹介する記事も収益化に役立ちます。 ・Amazonプライムがお得すぎる理由を紹介する【月500円】 Amazonプライムのアフィリエイトは王道ですね。 自信を持ってオススメできるサービスの一つです。 ・私が選ぶお得なクレジットカードを紹介 クレジットカードネタも単価が大きいのでオススメ。 アフィリエイト提携のハードルが高いのが難点ですが、アドセンス単価は高いです。 こんな風に『収益化目的の記事』を何点かつくったら、記事下に「この記事がオススメです」と書いて内部リンクを貼っておきましょう。 ここらへんはプラグインやカスタマイズで簡単に出来ると思います。 Amazonアフィリエイトを積極的に貼ろう また、雑記ブログの収益性を上げる方法として、Amazonアフィリエイトを積極的に貼るのも効果的です。 積極的に貼るといっても、無作為にペタペタ貼るのではなく 「Amazonで売ってる商品を紹介できる記事を作る」という意味です。 例えば「おすすめのバトル漫画7選」みたいに漫画を紹介する記事を作り、紹介した漫画へのリンクを貼る。 地道ですが、こういった記事をコツコツ作り、Amazonへ見込み客を送客することで収益率は上がっていきますよ。 アドセンスにお前のオールを任せるな 結論。 アドセンスだけに頼ると思うように稼げません。 雑記ブログを書くのに慣れてきたら、適当な所で収益化目的の記事をしっかり作ってマネタイズしましょう。 関連記事 【PR】有料講座でノウハウを公開中です お金持ちになるためには、自分が寝ている時も働いてくれる『キャッシュマシン』が必要です。 多くの人は不動産や株式の配当金を想像しますが、もっと気軽に作れる不労所得がございます。 それが「ブログを収益化する」という方法です。 Brainという有料記事の配信サービスにて、ブログで稼ぐための有料講座を公開しています。 どちらも『一個人がブログの広告収入で稼ぐ』ためのノウハウとなっています。 ブログ収益化の月3万円~月100万円まで対応しており「ブログで稼ぎたいけどノウハウがない」とお困りの方に向けた教科書になります。 私が実践で得た知見をしっかり書いていますので、稼ぐまでの時短にどうぞ。 ただし、本気で「ブログやアフィリエイトで稼ぎたい!」と考えている人のみ購入して下さい。 アフィリエイトは実際に手を動かさないと結果は出ません。 楽して稼げる!といった気持ちで購入するとお金の無駄になりますので、作業できる人のみ参考にして下さい。

次の

雑記ブログは副業で稼げる?【副業ブログの始め方】

雑記ブログ 稼げる

超初心者ブロガー100記事達成のススメ PV数公開 まず、5月にブログを開設してから12月までの8ヶ月間のPV(アクセス数)の推移をご紹介します。 5月: 12,911 6月:2,114 7月:992 8月:6,150 9月:2,972 10月:6,917 11月: 13,032 12月: 20,411 5月(初月)にいきなり1万PV超えを達成しますが、記事がバズってスマートニュースに掲載されたことによる 完全なビギナーズラックです。 まぁ事故みたいなものです。 その後浮き沈みはありますが、10月中旬から急に検索流入が増え始め、11月以降は月単位で1万PVを達成することができました。 8ヶ月の合計PV数は約65,000ですが、実際読まれている記事は限られており、アクセスの多い 上位5記事で全体のPVの約半数を稼いでいるのが現状です。 多分ここまでが一番つらい はてなブログを選んだ理由 ブログを始める時に最初に迷うのが、どこでブログを開設するか? 僕が悩んだのは 『はてなブログ』と『ワードプレス』 どちらにも一長一短があり、結局どちらを選んでも致命的な判断ミスではないと思います。 僕が『はてなブログ』を選んだ最大の理由は、 無料で始めることができるから。 一方、『ワードプレス』は開設時にサーバーをレンタルして、ドメインを取得しないとスタートラインにすら立てません。 それにはお金がかかります。 もちろんはてなブログの無料版ではGoogle AdSenseを始めることはできませんが、 開設してもすぐに飽きてやめるかもしれない。 という懸念がありました。 そこで、無料版である程度やってみて、 もし続けていけそうならはてなブログの有料版「pro」にグレードアップして独自ドメインを取得しようと。 結果的に100記事を書くまで続けることができたので、結果的には自由度の高い『ワードプレス』の方が良かったのかもしれませんが、 当時の僕にその勇気はありませんでした。 100記事達成までモチベーションを保つコツ 100記事書くって簡単なように見えて、意外と高いハードルです。 僕は大体1記事を書くのに約3時間を費やすので、記事執筆時間だけで 300時間を費やしたことになります。 ・収益発生 ・アクセス数 ・SNS、読者との絡み ・書きやすい、得意なジャンルで書く ・完璧を求めない ・マイペース ・すぐに結果を求めない 収益発生 ブログを副業目的で始める全ての人にとって、収益が発生した時ほど嬉しいものはありません。 0が1になった時、モチベーションが大きくアップしました。 アクセス数 開設当初は誰もブログを読んでくれません。 1日のアクセスが0という日もありました。 僕はRPGのレベルを上げる感覚で記事を書き、アクセスを眺めては、 「昨日の自分を越えたこと」をモチベーション維持に繋げていました。 SNS、読者との絡み TwitterなどのSNSや、読者からコメントを貰った時は誰でも嬉しいものです。 僕は相変わらず 「ぼっちブロガー」なので、ほぼ誰とも絡めていませんが、人と繋がればもっとブログは楽しいだろうなと感じています。 書きやすい、得意なジャンルで書く 当たり前のことですが、その分野に自分の経験や知識がなければ、 インプットに時間を要します。 また、内容の薄いペラペラなコンテンツになりがちです。 無理してブログを書くのが嫌にならないように、自分が書きやすい内容、または得意なジャンルで記事を書くことをおススメします。 完璧を求めない ブログを始めたばかりの頃は、こんな完成度の低い記事を投稿して本当に大丈夫だろうか?という謎の強迫観念に縛られがちです。 でも大丈夫、心配無用ご無用!! 投稿した後でもリライトはできますし、最初から完璧な記事を書ける人なんていません。 それに最初は誰も読んでくれません。 肩肘張らずに、気楽にブログと向き合うことが長続きの秘訣です。 マイペース 僕の場合は特に本業の合間を縫ってブログを運営する、いわゆる副業ブロガーとしてデビューしたので、記事を書く時間が全く取れない次期も多々あります。 継続して早く書かなければ! と最初の頃は思っていましたが、締切りがあるわけでもないので無理する必要はありません。 自分のペースで書きましょう。 すぐに結果を求めない ブログを始めたばかりの人は、すぐに結果が出るものではありません。 僕のPVや収益の推移を見てもらえば分かる通り、 最初は我慢です。 ここを割り切れないとすぐに挫折してしまいます。 マイペースに100記事書いて良かったこと 僕は、100記事達成するのに8ヶ月かかりましたが、多分かなり遅い部類です。 ブログは最初の3ヶ月で100記事書こう!! という先輩ブロガーの教えはよく目にしましたが、 100記事まで毎日走り続けて結果が出なかった時のダメージは計り知れません。 スタートダッシュをした方がドメインパワーを早い段階で上げることができ、アクセスアップに繋がるという理屈は理解できますが、ゆっくり書くメリットもあるのです。 それは、 知識を蓄積しながら運営ができること。 ブログを運営している期間が長いと、 SEOやアドセンス、マネタイズについて知識はついてきます。 Twitterや本、先輩のブログには有益な情報がたくさん転がっているので、 アンテナさえ張っていれば記事を書いていない時間でもブロガーとしてのレベルを上げることはできるのです。 ただ闇雲に100記事を書きなぐるのではなく、色んな知識を蓄えながら記事を書くことで、 書く前に知りたかった!! を回避できる。 これが、僕が感じたゆっくり書くことのメリットです。 ブログを始めたら勉強しまくりましょう。 100記事書いて何が変わったか? 期待していたほどではありませんが、検索流入と収益が少し増えました。 また、記事を書く上で考え方、意識が少し変わってきたような気がします。 書くことに対する自己満足から、どう書けば最後まで読んでもらえるか?を意識するようになりました。 当たる記事が出てくる たくさん記事を書けば、安定してPVを稼いでくれる自分の主力記事が現れます。 もしかすると、それは主力を狙って書いた記事ではないかもしれません。 でもその記事には、人に読まれる何かがあるのです。 そんな偶然の当たり記事を単なる運で片付けず分析することで、思わぬヒントが隠されているでしょう。 おすすめの記事の書き方 ブログを実際に書く前に、 想定する読者、書く内容や順序をまとめたメモ書きを作るのが本当におすすめです。 これにより、書きたいことが確実にまとまります。 また、作業を途中で中止する時も、メモを見返せば書こうとする内容を忘れることもなく、スムーズに作業に戻れます。 今後について 100記事を達成したわけですが、 これは単なる通過点でしかありません。 今後は200記事、さらには300記事を目指してマイペースながらも、継続していきたいと思っています。 また、Amazonや楽天以外のASPも本格的に取り入れて、マネタイズについてもう少し工夫していきたいと思います。 最後に ブログはもうオワコンだ!とか、 これからはYou Tubeの時代だ!! このような声がSNSを通してよく聞こえてきますが、果たしてどうでしょうか? 正直動画コンテンツの勢いに押され、ブログは厳しい環境ではありますが、本がなくならない限り、ブログもなくならない。 だから僕はあえて活字を選びます。 活字の情報量の多さ、便利さを信じています。 いかがでしたか? 100記事書く気になりましたか? 何事も一番大切なのは、継続だと思っています。 「継続は力なり」です。 あ、あと楽しむことも忘れずに!! ワードプレスへ移行しました この度、はてなブログで約1年間お世話になった当ブログですが、ワードプレスへ移行しました。 理由はここでは詳しくはお話しませんが、ワードプレスへ移行したことで、 サイトの表示速度、SEO効果、デザイン、記事の書きやすさは圧倒的に改善されました。

次の