中国語 転職。 中国転職&求人

中国語を生かせる仕事へ転職できる5つの手順【こんな私でも外資を狙える】|マイクロ中国

中国語 転職

中途採用は新卒とは違い、学歴よりも前職の仕事でどれだけスキルや経験を積んだかを問われます。 「スキルとは一体なに?」という話になるのですが、コミュニケーション力やリーダーシップはもちろん有力なスキルだと言えますし、何かの資格を取得しているというのも立派なスキルで転職の武器となります。 しかし何も今さら資格の勉強に割ける時間がないと感じる社会人も多いのではないでしょうか。 実は今、資格以上に習得の費用対効果が高いのは語学だと言われています・ 特に人気な言語といえば、英語はもちろん、中国語のニーズも非常に高まっています。 今回は、中国語はいかに転職で役に立っているか、またどうすれば中国語を武器に転職活動を有利にできるかを中心にご説明します。 中国語の需要が高まっている背景は、言うまでもなく中華圏の影響力拡大にあります。 香港・台湾・シンガポールの高度成長に続き、中国も30年近くの高度成長を続け、今や世界第二位の経済大国となりました。 さらに近い将来、アメリカを抜き世界最大になると予想されるほど、無視できない存在。 日本企業にとって、中国は政治的なリスクが多少あるものの、失ってはならない重要な生産地とマーケットです。 現地法人のマネジメントはもちろん、中国マーケットに向けての営業、マーケティングや人事・法務を担当するには、中国語ができると圧倒的に有利です。 中国語の転職市場における立ち位置の激変 実は1990年代から2010年ぐらいまでは、中国語ができる人はそこまで重宝されていませんでした。 今のように応募条件に中国語のレベルを設定する企業はほとんどなかったのです。 というのも、中国の経済成長があまりにも急激すぎてそれを先読みできた企業が少なかったということではないかと思います。 では、ここ数年の転職市場はどうでしょうか。 ビジネスコミュニケーションレベルで中国語の会話ができる求職者は極めて少ない状況なのに、中国語が話せる人材を急募で集めている企業が非常に目立ちます。 中国語をビジネスレベルでできる人の希少価値が以前にも増して高まっており、超がつく売り手市場となっています。 特にメーカーや観光・サービス業では、多少スキルや経験が他の転職者に劣っていても、中国語ができると一気に逆転することも珍しくありません。 中国語を条件にした求人例 中華圏の影響力拡大により中国語ができると転職で以前より有利になっているとはいえ、すべての業界では中国語のニーズがあるわけではありません。 ここでは、中国語レベルを条件にしている求人の例をご紹介します。 海外営業 海外営業というと、アメリカやヨーロッパに出張するエリートのイメージがありますが、中華圏に行く機会も増えています。 中国語を武器にできるハイキャリアの代表例は、その海外営業です。 中国や香港、台湾に自社製品を売り込み、現地工場や店舗の立ち上げプロジェクトをリードしたり、中国語ができると会社の軸となってリーダーシップをが取れる立場になりやすいです。 高年収や出世が伴う海外営業はハイキャリア志望の転職者にとって外せない選択肢です。 そういったメリットがある一方、海外営業はストレスの多い仕事でもあります。 ただでさえ拘束時間が長く海外出張が多いのに、我が強い中国人相手に商談しなければなりません。 第二外国語である中国語で商談しなければならない上、文化が違う中国人をマネジメントする必要があるため、大変な仕事というのは確かです。 一方で、異文化のコミュニケーション力を身につけ中国人と友達になれたり、海外営業の職歴を積めば、自分自身のキャリアに大いに役立つでしょう。 貿易事務・営業事務 日本国内の大手企業はほとんどといっていいほど中華圏と何かしらの取引があります。 そのような会社に転職する場合、中国語を使う事務作業を担当するには有利です。 外国語、しかも上手く使いこなす人が少ない中国語による事務作業なので、一般事務より圧倒的に待遇が良い傾向にあります。 日本と中国の時差はわずか1時間ですので、定時で帰れることが多いので、家庭を持つ女性を中心に人気が高まっています。 ビズリーチ|中国語を活かせる求人量No. 1会員制転職サービス 転職においてつまずくことが最も多いのは、実は求人選びの段階です。 求人情報を正直に掲載しないブラック企業が増えているため、転職希望者はそれを見抜くために敏感になったり余計なストレスを抱えることが多い。 せっかく身についている中国語のスキルを活用するために、正しい求人選びが必要です。 そこでおすすめなのが、中華圏関連の求人に強いビズリーチです。 ビズリーチは中国、韓国、香港、シンガポール関連の求人に非常に力を入れており、人気キーワードのすぐ二番目は「中国語」となっています。 それで検索すると中国語を活用できるハイキャリア向け求人が900件近く出てきます。 さらに、それより十倍以上多い非公開求人を紹介してもらえるチャンスも。 ビズリーチを利用して中国語を生かす転職ができるよう、陰ながら祈っています。

次の

中国語検定 就職・転職に有利なのは何級?

中国語 転職

クリックできる目次• 中国語は就職・転職に有利 結論から言うと、中国語スキルがある人は就職活動や、転職時に有利になります。 まずは中国語スキルをどのようにアピールしていけば良いのか考えてみましょう。 中国語で就職転職するために必要な資格 中国語で就職活動するときには、以下の資格がとても重要です。 中国語検定• HSK 中国語検定は、日本企業へのアピールに効果抜群です。 〇〇検定と言う知名度はかなり強いので、新卒者で3級、転職なら2級あるとかなり心強いですね。 日本国内で就職転職する時にはよく使うので必ず持っておきましょう。 HSKは国際的に知名度のある資格です。 中華系の企業や外資系企業で中国語を使いたい時、中国語検定では認知度がなさすぎて認められないことがあります。 HSKは中国政府公認試験で、日本国内での知名度は低い代わりに国際的に影響力のある資格なので、中国語で仕事する場合は持っておくとより可能性が広がります。 中国語の就職転職先の探し方 中国語のいます。 中国語が優れた人材は全国各地にいるので、ネットを使って幅広く募集した方が、より良い人材が見つかる可能性があるからです。 つまり、普段コネがない人でも中国語のお仕事にありつけるチャンスなので、 求人サイトには絶対に登録しておくべきです。 むしろコネもなくこのようなサイト以外で仕事を探すのは無理ゲーな上、求人サイトに登録していても中国語の仕事はすぐに埋まってしまいます。 お仕事を見つけるコツは、 複数のサイトに登録した上で通知をONにしておくことで、新しいお仕事をすぐに見つけることができます。 就職転職業界での中国語は有利 中国語はまだまだ人材が限られているので、 中国語を直接使わない業界でも、新卒既卒関係なく中国語の需要はあります。 中国語を活かした転職活動は有利 色々な業界で、中国語の需要はますます高まってきています。 実は中国はここ数年で物価上昇によって人件費も高くなってきていて、 中国人を安い賃金で雇うことが難しくなってきてるんです。 だから中国関連の仕事も、全てが中国人に任せられず、日本人で中国語のできる人が必要になったりするわけです。 更に中国企業が日本進出を狙っていろんな戦略を打ち立てています。 私の知る限りではそのほとんどが失敗に終わり、撤退している企業が多いのですが… それでも、今後も中国企業が日本進出を狙って、日本人を雇用して日本向けサービスの開発を進めるのは十分に伸び代がある分野です。 更に私のアルバイト先では、中国のウェブサイトとコラボした日本のベンチャー企業が、中国のウェブサイトを翻訳して投稿するお仕事もありました。 こんな感じで、中国語を生かした業界はこれからも伸びて行く可能性が十分にあります。 更に中国語を使わない飲食・アパレル業界でも中国人環境客に合わせて中国人を雇うお店が増えていますよね。 お店としてもできれば話が通じやすい日本人を雇いたい部分ではあるので、中国語ができる日本人は重宝されます。 以上の理由から、中国語での就職、転職を狙って中国語にコミットするのはかなり有益だと思います。 企業が求めるのは中国語でコミュニケーションできる人材 とはいえ、中国語が読める、なんとなく翻訳できる程度では使い物になりません。 企業が求めるのは、 中国語でコミュニケーションが取れるレベルです。 今後はAIの発展によって、簡単な中国語の翻訳作業などは全て自動化することができます。 Google翻訳はすでに、英語の翻訳精度が高いですよね。 中国語もそのうち高精度になると思われます。 つまり、これから求められるのは 「中国語を機械的に訳すだけでなく、両者の背景を踏まえた気の利いた翻訳ができること」なんです。 例えば、ニュースの翻訳なら内容をキャッチーにしてみたり、お手紙なら文体を柔らかく感情を込めた表現を使ったり、と言う感じです。 この辺りがAiでできるのはもう少し先のことだと思うので、まだまだ人間にもチャンスはあります。 中国語の仕事の内容を紹介 次は実際に私が中国語を使ったアルバイトをしていた経験を踏まえ、翻訳とはどのようなお仕事をしているのか紹介します。 更にスーパーバイリンガルの友達が担当していた国際通訳のお仕事についても、ちょこっと紹介します! 中国語の翻訳業の仕事内容 デスクワーク翻訳の仕事• 中国語翻訳の仕事内容はパソコンで文章を淡々と翻訳する• 時間などは比較的フリー、好きな時にシフトを組む• 職種によっては在宅可能• 時給1,500円くらい 中国語翻訳のお仕事は、かなりフリーな職場です。 翻訳するのは文書だったりウェブサイトだったり、会社によって様々なのですが、サラリーマンのように朝から夜まで時間に縛られることはありません。 フリーランス的なお仕事が可能になりますね。 この類のお仕事はインターネットでも見つけることができますが、にはたくさんの案件があります。 中国語の通訳の仕事内容 通訳のお仕事• 会議などのイベントに派遣される• 自分で好きな時間・場所を選べない• 時給かなり高め、1日で5万円くらい• 仕事環境はかなり良い• ほぼコネの世界 通訳のお仕事は、 とにかく時給が高いことで有名ですね。 1日5万円はよくある給料だと思います。 その代わり、時間と場所を指定されるので自分なりのスケジュールで働くことは難しいです。 この辺りは好みなので、給料が高ければどこにでも行くと言う人は、通訳のような対人的なお仕事でも良いかもしれません。 ちなみに、もちろん交通費は支給されます。 ただし 通訳のお仕事はコネで決まることが多いです。 通訳は中国語スキルとしての要求が高く、中国語検定準1級は持っておかないと勤まらないです。 更に経験がものを言う世界でもあるので、自然とリピーターがつく流れになります。 ちなみには中国語最難関の資格として有名ですが、本業としては厳しい面があります。 通訳案内業が資格なしでも可能になった挙句、スケジュールの組み合わせが難しいので 最も稼いでいる通訳案内士でも年収400万円ほどです。 一般的に副業で仕事する人が多く、その場合は1週間フルで20万ほど稼げるそうなので、空き時間にやるくらいならコスパがいいですね。 doda 【公式】 転職活動のサポートの質が圧倒的に高い。 利用満足度は業界でNo1。 DYM就職 【公式】 未経験から正社員へのサポートが優れている。 JAIC 【公式】 20代の転職に強く、若者に人気。 アルファ・リゾート 【公式】 中国語接客を中心に楽しめる長期バイトが多数ある。 外資転職. com 【公式】 外資系企業への転職を無料でサポートしてくれる。 上記の4サイトは 登録無料、登録すればどんな仕事があるのか見れるようになります。 登録は1つあたり5分で、合わせて数百の案件が無制限で調べれるようになります。 転職で中国語スキルを評価されるためのコツ 中国語の資格は持っているだけで就活で有利になりますが、実は中国語のスキルをもっと際立たせる工夫があります。 中国語に加えて英語も勉強する 中国語に加えて英語もできると更に好印象です。 世界で一番話されているのは英語で、 やはり時代がどう動いても英語は強いです。 英語が話せると万が一中国語が通じなくても会話できますし、中国人以外の人を交えた3社対談とかでは英語になるかもしれません。 中国企業は日本進出をよく狙っていますが、私の知る限りほとんどが失敗しています。 日本人の中国に対するイメージを甘くみていたと言う中国人が多いですね。 このような場合は日本を撤退して他の国へ進出することになりますが、そうした場合に必要になるのが英語力です。 中国語だけに特化せず、英語にも力を入れておくことで より柔軟にお仕事へ対応できるようになります。 中国人に負けない通訳になる方法 よく言われることですが、中国語だけでは中国人に勝つことはできません。 中国語のスラングから中国文化への理解など、私たち日本人にはどうしても理解しきれない異国の壁と言うものがあるためです。 したがって中国語だけで戦おうとすると、日本語ができる中国人との差別ができずに競争に負けてしまう可能性があります。 そこで日本人の強みを生かして、中国語のスキルを発揮するような戦略を打ち立てる必要はがあります。 例えば日本人の感性に訴えかけるようなプロモーション方法を勉強したり、にほのご独特の表現を高度に駆使した翻訳ができるほど中国語をマスターするとかですね。 逆に、中国文化を理解した日本人という立ち位置を作ることもできます。 最近では企業から1年間の休暇をもらい中国留学するサラリーマンもいるみたいです。 それだけ中国の需要に期待されているんでしょう。 いずれにせよ、この人しかできないと思わせる仕事内奥が見つかれば必然的に採用の確率は上がるので、とにかく自分の強みを前面に押しだしましょう。 結論、中国語は就職転職に有利 この記事では、中国語は就職・転職に有利なのかについて考えてきました。 結論から言うと 中国語はまだまだ就職転職活動には有利に働きます。 中国語の資格を生かして転職を目指すなら、ひとまず転職エージェントに話を聞く人が多いです。

次の

中国語を武器にハイレベルな年収アップ転職を実現させる方法

中国語 転職

約40年間に渡り、日本のGDPはアメリカに次いで世界2位でしたが、2010年に初めて中国が日本を逆転し、世界第2位の経済大国に急成長しました。 さらに今後20年ほどで、中国がアメリカを抜き世界1位の経済大国になるのでは、という見方も強まっているようです。 企業マーケティング会社の統計によると、中国に進出している日本の企業は2015年5月末時点で約1万3200社にのぼっています。 また、2015年に日本を訪れた中国人の観光客数は約499万人(前年比約207%)で、全訪日外国人客数のおよそ4分の1を占めているのが現状です。 観光庁の2015年の訪日外国人消費動向調査によると、2015年の訪日客の旅行消費総額は3兆4771億円(前年比約170%)で、中国人の買い物による支出が大きな影響を与えているとしています。 もはや日本経済にとって、中国は切っても切り離せない関係にあると言えるでしょう。 中国語は転職にとって有利になるのか? 中国が世界第2位の経済大国になった今、ビジネスの世界においても中国語は英語に次いで重要な位置を占めていると言えます。 数年前までは、中国に赴任してから中国語を学ぶというケースが一般的でしたが、中国進出企業が増大している昨今では、赴任前にある程度の中国語スキルを求める企業も増えてきているのが現状です。 中国語が求められる業種とは? 中国語のスキルを生かせる就職先としては、メーカーや商社系の企業が多くなっています。 現地の生産拠点や販売拠点を持つ企業のほか、現地で販路の拡大を行っている企業も多くあります。 中国人留学生の増加に伴い、中国人が就職する企業も増えてきています。 企業内のコミュニケーションツールとして中国語が求められるケースもあります。 また、訪日中国人客の増加に伴い、ホテルなどの宿泊業界でも中国語の需要が高まっています。 中国語を話すのは中国人だけではありません。 台湾をはじめ、マレーシア、シンガポールなどでも中国語を母国語としている人が多く、訪日外国人客のおよそ6割は中国語を話すと言われています。 ホテル業界においても中国語スキルは転職に強いと言えるでしょう。 中国が世界第2位の経済大国であり、訪日中国人客の消費動向を見ても、日本経済は中国が鍵になっていると言っても過言ではありません。 中国人は英語を話せる人が多くないため、中国語スキルを転職の強みにすることは十分可能と言えるでしょう。 [他の転職アドバイスの記事はから] あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか? ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。 ロバート・ウォルターズに• ロバート・ウォルターズを• ロバート・ウォルターズを利用した.

次の