生ゴミ処理機 電気代。 生ごみ処理機おすすめ10選。イやな臭いを解決しよう!

キッチンに置く人増加中。エコで清潔!『生ゴミ処理機』の正しい選び方

生ゴミ処理機 電気代

平均すると1回の電気代は28. 64円でした。 もし東京電力のスマートライフプラン以外の電力プランを契約している場合は、私が計測した表の電力量に、ご自身が契約している電気プランの夜間電力の単価をかければ電気代がわかります。 生ゴミ処理機に入っているゴミの量が少ないほど電気代は安い傾向でした。 もし本当に電気代を削減したいなら、毎日乾燥した生ゴミを捨ててから、新たな生ゴミを投入して運転するのが最も電気代が安くなるはずです。 ただし、毎日乾燥ごみを捨てるのは面倒です。 当然ですが、同じ1回の運転でも、生ゴミが含んでいる水分量、生ゴミの量の多さ、少なさで電気代は変わってきます。 なるべく電気代を削減したいなら、できるだけ水気は切った状態で投入したほうが良いです。 1回あたりの平均電気代が28. 64円ですので、一か月(30日)に換算するとおよそ 860円になります。 2019年10月の一か月間の実際の生ゴミ処理機の電気代 10月1日~10月31日の電気代を計測してみました。 写真が実際の計測結果で、10月の一か月間で、 1,007円という結果でした。 前項でのシミュレーションが860円でしたので、140円ほど実測値のほうが多かったです。 ということで、東京電力の夜間電力で運転した場合の生ゴミ処理機の一か月の電気代は、約1,000円くらいと考えておけば良さそうです。 1週間の間の実際の生ゴミ処理機の状態をご紹介 このあとは電気代を計測した日の生ゴミ処理機の中身の状態をご紹介します。 ごみの写真なので、苦手な方は飛ばしてください。 9月17日(火) 初日です。 中身を燃えるごみで出したばかりなので、全体量としては少な目です。 卵の殻などもかまわず入れてしまっています。 他にはぶどうの皮と茎などが見えますね。 電気代はご覧のとおり20. 28円。 金額としては少ないほうです。 処理後の中身です。 底面が見えるくらいに体積が縮小しています。 9月18日(水) 2日目です。 前日の乾燥ごみは残っています。 その上に追加しています。 もともとあった乾燥ごみは少なかったので、前日に比べて生ゴミがドバっと増えた感じはしません。 電気代は22. 59円でした。 処理後の中身。 なんか白い大きなのがありますね。 2日目でさすがに底面は見えなくなりましたが、それでも大幅に生ゴミが圧縮されているのがわかると思います。 9月19日(木) 生ゴミを追加し始めてから3回目です。 ごみ箱の中身も半分近くまで積みあがってきました。 みかんの皮などが見えますね。 電気代は26. 62円。 3日目ともなるとやや電気代が上がってきます。 3日間処理したあとに残った乾燥ごみは写真くらいの量です。 このまま燃えるごみの日に出しました。 はっきり言って、ごみ捨てがハンパなく楽です。 9月20日(金) 燃えるごみに中身を全部出したあとの状態なので、体積としては少な目です。 全体的に野菜が多く水分量多めな感じです。 電気代は27. 72円。 残った乾燥ゴミはこんな感じ。 やはり初日は底面が見えるほどの圧縮です。 素晴らしい。 9月21日(土) 二日目です。 ややゴミの量が多いです。 電気代は33. 06円。 30円を突破してしまいました。 処理後の状態です。 少し水分の残りが多い気がします。 9月22日(日) 三日目です。 積みあがってきました。 電気代は34. 87円。 撹拌の羽の下部が隠れるくらいまで積み上がりました。 9月23日(月) 四日目です。 さすがに半分を超えるくらいのごみの量になってきました。 電気代は35. 35円。 1週間の間の最高記録を更新です。 撹拌用の羽がほぼ隠れてしまうくらいになりました。 ゴミ袋に乾燥ごみを取り出したところです。 4日間トータルの生ゴミがこのくらいの量であれば、かなりごみの処理がラクになることはおわかりいただけるでしょう。 まとめ• 9月17日~23日の1週間で、生ゴミ処理機で使用した電力量は11. 45kWh、電気代合計は200. 49円でした。 1日あたりの平均電力量は1. 63kWh、電気代は28. 64円となりました。 1か月に換算すると約860円の電気代がかかります。 (2019年10月の実測値は1,000円くらいでした)• 1か月1,000円で、生ゴミの嫌な臭い、生ゴミを燃えるごみで出すまでの保管場所の悩み、生ゴミ処理の煩雑さ(液ダレ、がさばる)から解放されるのであれば、コスパとしては十分です。 4人家族の場合は、1週間に一度のごみ捨てでは弊害があります。 週に2回ある燃えるごみの日のたびに、中身の乾燥ごみを捨てるのがベストなルーチンです。 生ゴミ処理機はここ最近で買ってよかった家電ランキングでダントツ1位です。 そのくらい我が家ではなくてはならないものになりました。 便利な生ゴミ処理機ですが、電気代が実際にはどのくらいかかっているのかずっと気になっていました。 今回計測してみて一回にら30円程度なことがわかり、このくらいのコストであれば断然使い続けるつもりです。 本当に便利ですので、みなさんも生ゴミの処理に悩まされているなら購入されることをおすすめします。 詳しいレビュー次の記事で解説しています。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

kuvo.rmpbs.org: パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 6L シルバー MS

生ゴミ処理機 電気代

うーたんです! 今人気が出ている 生ゴミ処理機 ですが、その中でも比較的安価で購入できる 乾燥式 の 生ゴミ処理機 を検証してみます。 乾燥式生ゴミ処理機は口コミを見ても良いのか悪いのかはっきりしないし、どの商品を選べば良いのかわからないですよね。 ただ、これだけははっきりしています。 一般的に普及している乾燥式の生ゴミ処理機は、 臭いや手間、音などの点で注意が必要です。 私うーたんは、 実際にハイブリット式の 生ゴミ処理機「ナクスル」を購入しました。 という事で今回は、この乾燥式の生ゴミ処理機のメリットやデメリットを中心に説明をします。 乾燥式の生ゴミ処理機は以下のような人におすすめです。 それなりのものを選びたい人• ニオイや音はあまり気にしない人• 比較的に安価で購入したい人 乾燥式の生ゴミ処理機は、価格が比較的安価であり、性能と価格のバランスが取れた生ごみ処理機です。 私はいつも、 生ゴミ処理機を購入するときは妥協しないことをおすすめしています。 なぜなら、せっかく購入したのに、処理中の臭いが気になってしまったり、取り扱いが面倒になり 使わなくなってしまう人がおおくいるからです。 わざわざお金を出して購入するのですから、 メリットと デメリットをしっかりと把握し、ご自分の生活や性格に合ったものを選ぶようにしてください。 乾燥式の生ゴミ処理機のメリットは 乾燥式生ゴミ処理機のデメリットは次のようなものが考えられます。 臭いが出やすい• 操作が少し面倒• 処理に時間がかかる• 稼働時に音が出る• 電気代が結構かかる 生ゴミ処理機を購入する方はの多くは• 生ゴミのイヤな臭いをなくしたい• 三角コーナーの生ゴミを触りたくない• 生ゴミを捨てる回数を減らしたい などの理由や期待をもって購入を考えます。 購入して満足している人もいる一方で、口コミなどを見てみると、不満に感じておられる方もいるのが事実です。 特に価格を優先して購入された方からの後悔の便が多いようです。 ですので、 価格が安いという理由で買うことは絶対におすすめしません。 しかし、脱臭機能が不十分だったり、熱を加えていることにより商品によっては、下記のような問題もあります。 生ゴミの臭いや焦げるニオイ• 生ゴミの臭いが広がってくる あくまでも乾燥処理なので、処理過程においては臭いが出たりしますし、完全に臭いがなくなるわけではないため注意が必要です。 投入する生ゴミの水分量が多い時は、既定時間内に処理が終わらないことがあります。 通常の場合、処理には数時間かかるので、寝る前にセットして、翌朝には完了しているはずが終わっていなく、きつい臭いを発することもあります。 中には、1〜2週間ほど貯めておけるものもありますが、毎回取り出しが必要で、取り出した後に容器を洗う必要のあるものもあります。 「生ゴミリサイクラー」は処理時間をセットをして、処理できているか確認し、溜まったら捨てる手間があります。 「パリパリキューブライト」は容器を洗わないと不衛生なので、毎日容器を洗う必要があります。 処理中に追加して生ゴミを投入することは出来ませんので、処理中に新たに生ゴミが出た場合は、処理中のものが終わった後に再度処理をすることになります。 商品によって投入できる生ゴミの量や水分量にもよりますが、完全に水分がなくなっていないと、臭いの原因になるため注意が必要です。 以下に、生ごみリサイクラーとパリパリキュウーブライトの乾燥時間目安をの出してみました。 キッチンがリビングなどと離れていたり、扉を完全に閉められるお家なででは気にならないかもしれませんが、処理時間も結構長いので、音は結構気になります。 毎日利用なのか、毎食使用するのか、など使用頻度によっても変わってきます。 当然ですが、同じ乾燥式でも製品によって変わります。 基本的にバイオ式やハイブリッド式に比べると高くなり、月に1000円以上かかります。 その他 生ゴミを処理した後に堆肥や有機肥料として使いたい方が多いようです。 ですが、乾燥式の生ごみ処理機で処理した生ゴミは、水分がなくなっただけの状態なので その状態のままでは使えません。 堆肥として使うためには、再度水分を含ませ数週間から数ヶ月時間を置いて発酵させる必要があります。 そのため、すぐには肥料として再利用はできません。 生ごみ処理機の種類と選ぶ時のポイント ここでは、生ごみ処理機を選ぶ際に必要となる 種類や 選択ポイントをお伝えします。 生ゴミ処理機の種類 生ゴミ処理機は乾燥式含め4つに分類できます。 それぞれの特徴を以下にまとめてみました。 乾燥式 生ゴミの水分を熱や温風で蒸発させ、乾燥処理します。 水分がなくなるため、雑菌の繁殖を抑えられ、臭いの発生を防ぎます。 バイオ式 生ゴミを微生物で分解処理します。 電動で自動で中身がかき混ぜられるので、毎日のお手入れは必要ありませんは、屋外にしか設置することができません。 処理後は堆肥として使用できます。 ハイブリッド式 乾燥式とバイオ式の両方の良い点を上手く取り入れたものになります。 乾燥させながら微生物で処理するためニオイが出にくく、脱臭装置も優れています。 コンポスト 微生物で分解し、堆肥を作ることに使用されます。 土に存在する微生物や、EM菌などの菌をふりかけ、発酵を促進させます。 かき混ぜたり、ニオイが出ないようにお手入れに手間がかかります。 生ゴミ処理機を選ぶ時のポイント 生ゴミ処理機を購入してから後悔しないために、デメリットをよく確認し、下記の4つのポイントに注意して選ぶようにしましょう。 臭いがでないこと• 手間がかからないこと(面倒でない)• 稼働時に音が出ないこと• 置く予定の場所にサイズが合うか 特に、「臭いがでないこと」「手間がかからないこと」は 使わなくなってしまう大きな理由ですので絶対に抑えておきたいポイントです。 あなたにピッタリな生ごみ処理機をフローチャートでチェック 自分に合った生ゴミ処理機を見つけるための簡単なチャートを作ってみました。 生ゴミ処理機は大きく下記の4つに分類され、それぞれおすすめな人は違います。 バイオ式・・・堆肥を手間をかけずに作りたい人• 乾燥式・・・室内で生ゴミの処理をしたい人• ハイブリッド式・・・室内、室外で快適に生ゴミのニオイを無くしたい人• コンポスト・・・手間をかけて堆肥を作るのが楽しい人 基本的な分類とフローチャトを参考に、ご自分の考える用途や必要性によって、生ゴミ処理機の選んでください。 私は、快適さ・臭いの点で、 ハイブリッド式の生ゴミ処理機をおすすめします。 ハイブリット式で評判の生ゴミ処理機「ナクスル」 ハイブリット式生ゴミ処理機でイチオシなのが です。 処理方式:ハイブリッド式 電動タイプ• 電力:60W• 設置場所:室内用 屋外も可 は、 価格は高めですが、 室内用で臭いも出ず、 手間がかからないので、 快適に使いたい人におすすめの商品です。 中身がなかなか増えないので、頻繁にゴミを取り出す必要はありません。 処理済みのゴミを取り出すのは標準的なご家庭で半年~1年に一度です。 初期コストは高くなりますが、電気代が安いので、長期的に考えると乾燥式と大差がなくなります。 サイズは少し大きいですが室内に置けるサイズですし、臭いや面倒なことがない点を踏まえても「ナクスル」がおすすめです。 街の電気屋さんなどで売られている物は、この乾燥式がほとんです。 値段がアンケであるメリットはありますが、性能的な問題や臭いに対するデメリットもあります。 生ゴミを処理する点では問題なくつかえますが、生ゴミの処理は毎日のことですので快適性も十分に考慮する必要があると私はお伝えします。 これから、生ゴミ処理機を購入しよと検討中の方は今回のこの記事をじっくりとご覧になり参考にしてください。 安価になってきたと言っても、お金を出して買うのものですから、後悔のないように十分に吟味されてください。

次の

kuvo.rmpbs.org: パナソニック 家庭用生ごみ処理機 温風乾燥式 6L シルバー MS

生ゴミ処理機 電気代

乾燥式の生ゴミ処理機は口コミも様々でどの商品を選べば良いのかわからないですよね。 乾燥式の生ゴミ処理機は、 一般的に普及しているものの、ニオイや手間、音などの点で注意が必要です。 このページでは、生ゴミ処理機を全て買って、比較した生ごみ処理機マニアの筆者が、乾燥式の生ゴミ処理機のメリットやデメリットやおすすめについて、以下の流れで紹介したいと思います。 このページを読んでいただくことで、電気式の生ゴミ処理機の特徴が分かり生ゴミ処理機選びで失敗する確率をグッとさげることができるでしょう。 乾燥式の生ごみ処理機とは? 乾燥式の生ゴミ処理機は 電気の力で温風を当てて乾燥させたり、 熱を加えて炭にするタイプの生ゴミ処理機です。 生ゴミの水分を蒸発させ、カラカラの状態にすることによって、生ゴミを減量し、時間が経ってもニオイが出ない状態にまで処理します。 乾燥式の生ごみ処理機をおすすめできる人とは? 乾燥式の生ゴミ処理機がおすすめな人は下記にあてはまる人です。 無難なものを選びたい人• ニオイや音に敏感ではない人• 価格帯として2〜7万円程度で購入したい人 乾燥式の生ごみ処理機は、価格と快適さのバランスが取れた生ごみ処理機です。 筆者は 生ゴミ処理機は絶対に妥協して買わないことをおすすめしています。 なぜなら、生ごみ処理機はニオイが気になってしまったり、面倒に感じてしまうことで、 使わなくなる人がおられるためです。 そうならないために、メリットとデメリットをしっかりと把握し、あなたの性格に合ったものを選びましょう。 乾燥式の生ごみ処理機の3つのメリット まずは乾燥式の生ゴミ処理機のメリットからご紹介していきます。 価格が安い• 小さい• 商品によって幅がありますが2万〜8万円程度です。 すぐに移動ができますし持ち運びに便利です。 乾燥式はキッチンやリビングなど、室内に設置することができます。 乾燥式の生ごみ処理機の5つのデメリット 多くの方々は「生ゴミのイヤなニオイをなくしたい」「三角コーナーの生ゴミを触りたくない」「ゴミを減らしたい」このような期待を持って購入を検討されています。 満足している人もいる一方で、口コミなどを見てみると、不満に感じておられる方もいるようです。 価格が安いという理由で買うことは絶対におすすめしません。 下記の2つの商品が乾燥式の生ゴミ処理機ですこの章では乾燥式生ゴミ処理機の4つのデメリットについて、実際に筆者が使って感じたことも踏まえながら紹介していきます。 臭いが出る• 少し面倒• 時間がかかる• 音が出る• しかし、脱臭機能が不十分だったり、熱を加えていることにより商品によっては、下記のような問題もあります。 生ゴミのニオイや焦げたニオイ• 生ゴミのニオイが広がってくる あくまでも乾燥処理なので、臭いがなくなるわけではないため注意してください。 生ゴミの水分量が多い時は、処理が終わっていないことがありました。 処理には数時間かかるので、寝る前にセットして、朝確認していますが、朝確認して処理が終わっていなかった時はすごいニオイを発していました。 1〜2週間ほど貯めておけるものもありますが、都度取り出して容器を洗う必要のあるものもあります。 「」は処理時間をセットをして、処理できているか確認し、溜まったら捨てる手間があります。 「」は容器を洗わないと不衛生なので、毎日容器を洗っています。 少量を処理するのは電気代も気になるので、夜にまとめて処理をしていますが、毎回捨てれるものの方がいいなと感じてしまいました。 7kg 乾燥式の生ゴミ処理機は処理に時間がかかります。 商品によっても異なりますし、投入する生ゴミの量や水分量にもよりますが、完全に水分がなくなっていないと、ニオイの原因になるため注意が必要です。 キッチンの扉を閉められるお家や、リビングと距離があるお家では気にならないかもしれませんが、他の家電と違って処理時間が長いので、音が気になる方もおられるようです。 その他:肥料になるまで時間がかかる 乾燥式の生ごみ処理機で処理した生ゴミは、水分がなくなっただけの状態なので、堆肥として使うためには、水分を含ませ夏は数週間、冬は数ヶ月時間を置いて発酵させる必要があります。 そのため、すぐには肥料として活用できません。 また、乾燥が甘いと、田舎などでは動物に掘り返されたりなどの問題もあるため注意が必要です。 生ゴミ処理機の4つの種類と選ぶ際の4つのポイント 生ごみ処理機は購入してから後悔しないために、デメリットを踏まえた上で、下記の4つのポイントを確認してから選ぶようにしましょう。 ニオイがでないこと• 面倒でないこと 手間• 音が出ないこと• サイズ 特に、「ニオイがでないこと」「面倒でないこと」は 使わなくなってしまう大きな理由の1つなので絶対に抑えておきたいポイントです。 4-2. 生ごみ処理機の4つの種類 生ごみ処理機は乾燥式含め4つに分類できます。 それぞれの特徴をまとめました。 乾燥式 生ゴミの水分を熱で蒸発させ、乾燥処理します。 水分がなくなるため、雑菌の繁殖を抑えられ、ニオイの発生を防ぎます。 バイオ式 生ゴミを微生物で分解処理します。 電動で自動で中身がかき混ぜられるので、毎日のお手入れは必要ありませんは、屋外にしか設置することができません。 処理後は堆肥として使用できます。 ハイブリッド式 乾燥式とバイオ式の両方の良い要素を併せ持っています。 乾燥させながら微生物で処理するためニオイが出にくく、脱臭装置も優れています。 コンポスト 微生物で分解し、堆肥を作ることに使用されます。 土に存在する微生物や、EM菌などの菌をふりかけ、発酵を促進させます。 かき混ぜたり、ニオイが出ないようにお手入れに手間がかかります。 4-2. フローチャートでわかる!あなたにベストな生ごみ処理機 生ごみ処理機は大きく下記の4つに分類でき、それぞれおすすめな人は違います。 バイオ式・・・堆肥を手間をかけずに作りたい人• 乾燥式・・・室内で生ゴミの処理をしたい人• ハイブリッド式・・・室内、室外で快適に生ゴミのニオイを無くしたい人• コンポスト・・・手間をかけて堆肥を作るのが楽しい人 上図のフローチャトを参考に、用途やニーズによって、生ごみ処理機の選びましょう。 筆者は、快適さの点で、 ハイブリッド式の生ごみ処理機がおすすめしています。 比較でわかった!人気の生ごみ処理機ランキングおすすめ6選 現在、国内で販売されている生ゴミ処理機の中では、圧倒的にハイブリッド式がおすすめです。 ハイブリッド式はバイオ式と乾燥式の良い部分を取っており、乾燥させながら生ゴミを分解するため臭いも出にくく、脱臭機能にも優れています。 筆者は現在販売されている生ゴミ処理機を買い揃え、比較した結果、快適さには大きな違いがあることがわかりました。 価格の面では乾燥式が安いですが、もし価格だけで選んでしまっては「失敗した」と後悔してしまうかもしれません。 この章では生ゴミ処理機を比較しながらおすすめを紹介していきます。 5-1. ハイブリッド式がおすすめ 下記の表は、生ゴミ処理機の種類別に4つのポイント評価した結果です。 特に重要な「ニオイ」「手間」の観点で唯一筆者が満足感を得られたものは、ハイブリッド式の生ゴミ処理機だけでした。 使って感じた乾燥式とバイオ式の感想… [乾燥式]は、サイズも大きくなくおしゃれで買った直後は良いのですが、生ゴミを処理するとどうしてもニオイを感じてしまいます。 特に魚や肉を処理した時は、魚を焼いた時のような焦げたニオイがして、ニオイがこもるため好きにはなれませんでした。 [バイオ式]はとにかく大きくて重く、運ぶことが大変でした。 また、庭にしか設置できないため、生ゴミを三角コーナーに貯めて、わざわざ庭に捨てに行くことが面倒でした。 5-2. 生ごみ処理機を快適に使うならナクスル• 処理方式:ハイブリッド式 電動タイプ• 電力:60W• 設置場所:室内用 屋外も可 「」は、 価格は高めですが、 室内用でニオイも出ず、 手間がかからないので、 快適に使いたい人におすすめの商品です。 中身が増えないので、ゴミを取り出す必要はありません。 初期コストは高いですが、電気代が安いので、乾燥式と長期的には大差がなくなります。 サイズは少し大きいですが、ニオイや面倒なことがない点を踏まえてもナクスルがおすすめです。 ナクスル以外を選ぶなら ナクスル以外を選ぶなら、下記のおすすめの生ゴミ処理機ランキングを参考にしながら、上から順番に検討するといいでしょう。 生ゴミのニオイを消す、生ゴミを減らすという用途では、「」と、「」のどちらかしかおすすめできません。 7cm 容量:2. しっかりと比較した上で納得して買いましょう。 ナクスル以外の上位3つの生ごみ処理機について、どういう人におすすめなのか紹介していきます。 ・・・室内で生ゴミを減量化したい人におすすめ• ・・・堆肥を手軽に作りたい人、生ゴミの量が多い人• ・・・とにかく安く、サイズが小さいものが良い人 生ゴミリサイクラー[パナソニック]• 方式:乾燥式• サイズ:26. 電力:800W• 音:44db 『』は、熱を加えて生ゴミを炭のような状態にする生ごみ処理機です。 室内で使用することができます。 焦げ臭いような独特のニオイがする点がデメリットです。 炊飯器のように、生ゴミをセットして、量に応じてモードを選択して使用します。 「ニオイや音が気になる」という口コミはありますが、値段もそこそこなので、ニオイや音に敏感でない人は生ゴミリサイクラーを選ぶと良いでしょう。 処理方式:バイオ式• 電力:170W• 音:36db• 設置場所:屋外 「」は、電動式で生ゴミを投入すると、自動でかき混ぜ、分解処理します。 処理容量が多い、屋外型なので、農家の方や、庭が広く家庭菜園などを楽しみたい方におすすめな商品です。 室内で使いたい人や、生ゴミの量が多くない人にはあまりおすすめできません。 排水ホースがついていて、水が出たり、サイズはかなり大きいので、スペースが必要です。 方式:乾燥式• サイズ:21. 3cm• 電力:150W• 音:36db 『』は、温風で生ゴミを乾燥させ、パリパリにするタイプの生ごみ処理機です。 テーブルの上にも乗るコンパクトサイズです。 処理した後に、容器を洗う必要があったり、処理できているか確認が必要なので、少し面倒に感じてしまう人もおられるようです。 価格も安いので、生ゴミを減量したい人はおすすめですが、面倒くさがりの人にはおすすめできません。 [参考]タイプ別にわかる!生ごみ処理機のメリット・デメリットまとめ あらためて、タイプ別に生ごみ処理機のメリットとデメリットをまとめました。 上図に示すように、生ごみ処理機は大きく4種類に分類できます。 それぞれメリットとデメリットがあります。 それぞれ解説していきます。 快適に堆肥を作りたいなら『バイオ式』• 室内で無難に使うなら『乾燥式』• とにかく快適に暮らしたいなら『ハイブリッド式』• 堆肥作りを苦労しながら楽しみたいなら『コンポスト』 快適に堆肥を作りたいなら『バイオ式』 メリット デメリット• 大容量• 室内に設置できない 外に捨てに行く必要がある• サイズが大きい• ニオイが出やすい• 比較的価格が高め バイオ式は 生ゴミが比較的多めな人に合った商品で、家庭菜園などで使用する堆肥をなるべく手間をかけずに作りたい人におすすめです。 ただ、サイズが大きく、室外にしか設置できないので、注意が必要です。 バイオ式でおすすめなのは『』と『』です。 室内で無難に使うなら『乾燥式』 メリット デメリット• 室内に設置可能• 価格が高すぎない• サイズが大きすぎない• ニオイが出る• 動作音が気になる• ゴミを取り出したり掃除など手間がかかる 乾燥式の生ごみ処理機は、価格と性能のバランスがよく、価格が高すぎず、性能もそこそこで使いたい人におすすめの生ごみ処理機です。 ニオイや音に敏感な人はあまりおすすめできません。 乾燥式の中ではパナソニックの『』一択です。 とにかく快適に暮らしたいなら『ハイブリッド式』 メリット デメリット• ニオイが出ない• 手間がかからない• 価格が高い• サイズが少し大きめ ハイブリッド式の生ごみ処理機はバイオ式と乾燥式を融合させた商品で、それぞれ良いところを合わせ持っています。 性能は良かったものの、ひと昔前では価格が高く浸透してきませんでした。 しかし、近年では10万円そこそこの高性能な商品が登場し、とても評判が良いです。 それでも少し価格が高いことと、サイズが少し大きいなどのデメリットはありますが、それ以外の点では他商品を大きく超えています。 良いものを快適に使いたい人におすすめです。 ハイブリッド式でおすすめは「」です。 参考:生産中止の生ごみ処理機に注意 他のサイトでは、生産中止している生ごみ処理機がおすすめとして紹介されているケースがあります 生産中止しているものは、保証が受けられないなどのリスクがあるため注意しましょう。 日立のECO-V30は中古が出回っていますが、生産終了品ですので、ご注意ください。 さいごに 乾燥式の生ゴミ処理機ついて、メリットやデメリットなどについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 生ゴミ処理機は良いものを選べば生ゴミのイヤな臭いから解放され、ゴミ捨ての手間まで減るのでとても便利な商品です。 臭いがでないこと• 手間がかからないこと• 音がでないこと• 大きすぎないこと 上記の4つのポイントを抑えた上でしっかりと検討しましょう。 おすすめは下記の4つです。 ・・・ おすすめNo1 快適で便利に使いたい人におすすめ• ・・・ おすすめNo2 室内で生ゴミを減量化したい人におすすめ• ・・・堆肥を手軽に作りたい人、生ゴミの量が多い人• ・・・とにかく安く、サイズが小さいものが良い人 あなたの生活が少しでも快適なものになることを心から祈っています。

次の