ダニー エルフマン。 アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 / ダニー・エルフマン アルバムのダウンロード・試聴

映画バットマン(1989)で使用された楽曲がスゴイ!プリンスやダニー・エルフマン!

ダニー エルフマン

来歴 [編集 ] 若年期 [編集 ] 生まれ。 母のブロッサム()は作家と教師で、父親のミルトン Milton Elfman もに属する教師だった。 多くの民族が混在するボールドウィン地区で育ち、映画館に入り浸って映画に慣れ親しんでいくうちに、やらの音楽に影響を受けていく。 高校へ進学するとスカ・バンドを結成して音楽活動をスタートさせるも、少しして高校を中退。 兄のリチャードと共にへ渡り、の音楽劇団で経験を積んだ。 後にへ渡るが、滞在中ににかかったことがきっかけで帰国し、で音楽について学ぶ。 だがその際には正式な生徒ではなかった。 オインゴ・ボインゴ [編集 ] 1995年に解散し、今でもを中心にBOINGOLOID(ボインゴロイド)といわれる根強いファンをもつロックバンドオインゴ・ボインゴの元リーダーでもあり、現在は、オインゴ・ボインゴ時代から手がけていたを中心に活動している。 実兄であり、オインゴ・ボインゴの前身バンドのザ・ミスティック・ナイツ・オブ・ジ・オインゴ・ ボインゴで活動を共にしたが監督した『フォービデン・ゾーン』で映画音楽を初めて手がける。 その後、オインゴ・ボインゴのファンであった、当初はまだ新米のから声をかけられ『ピーウィーの大冒険』の音楽を担当する。 しかし、それまで基礎的なトレーニングとオーケストレーションの経験がなかったエルフマンは、バートンの申し出を不安がったのだが、オインゴ・ボインゴのメンバーで、兼アレンジャーであったスティーブ・バーテックの手助けにより素晴らしい成果を残す。 その後も、バーテックはダニー・エルフマンが音楽を手がける映画でエルフマンと共に活動をしている。 エルフマンはオインゴ・ボインゴとして活動中の1984年に、映画音楽ではない唯一のポップス/ロックアルバムを発表している。 しかし『SO-LO』と題されたこのアルバムは名義こそダニー・エルフマンとなっているものの、実情はオインゴ・ボインゴ4作目のアルバム用に書かれた楽曲がバンドにそぐわなかった為にエルフマンのソロ名義として発表されたものである。 作曲・編曲・演奏のすべてはオインゴ・ボインゴにより行われたため、実質オインゴ・ボインゴのアルバムとして捉えられている。 作曲家として [編集 ] やの映画では常連であり、特にバートンとは『』以降、『』(この時期、喧嘩別れしていたらしい)と『』と『』を除く監督作全作の音楽と、バートン製作の『』の音楽および主人公ジャックの歌パート、さらには声優としても参加するなど、バートン映画に於ける重要な要素の一つとも言える活躍ぶりを示している。 『』で登場するの歌う曲は、すべてダニー・エルフマン一人による声である。 映画音楽の他にも、などのテーマ音楽も手がけ、アニメ『』や『』、オムニバスドラマ『』のテーマ曲や、製作の『』の数エピソードの音楽など、映画以外でも活躍している。 最近では、の世界にも進出し、コンサートなども開いた。 近年発売された「Serenada Schizophrana」のCDに、更に磨きがかかったエルフマン流のクラシック音楽が収録されている。 家族・血縁 [編集 ] 、自身のファンであったと結婚した。 兄は『』などのカルト映画で名を馳せる、映画監督のリチャード・エルフマン。 女優のとは顔の系統が似ているため血縁関係にあると間違われるが、兄リチャードの息子である俳優の妻であり、ダニーにとっては甥嫁にあたる。 役者として [編集 ] 兄である映画監督のリチャード・エルフマンのカルト作品『』では、サタン役で役者として出演している。 オインゴ・ボインゴのメンバーも出演しており、エルフマンの鬼気とした演技を見ることが出来る。 主な渡航 [編集 ]• かつてロックバンド「オインゴ・ボインゴ」時代に来日したことがあるが、近年では映画『』のプロモーションで、監督の、ウィリー・ウォンカ役の、プロデューサーのリチャード・D・ザナックらと共に来日した。 その際には、で行われたプレミアイベントにも出席している。 に開催されたエルフマンが担当したディズニー映画『』と『』のコンサートでも再来日している。 今回の『』では、がとして男の子数人が出演した。 影響 [編集 ] 受けた影響 [編集 ]• インタビューでエルフマンは、同じく映画音楽家であるやから多くの影響を受けたと語っている。 与えた影響 [編集 ]• ハリウッドの業界内でも彼のファンは多く、映画監督のは、『マグノリア』の宣伝で来日した際に、記者会見でエルフマンのファンであることを明かしている。 ロサンゼルスのライブハウスROXYでエルフマン率いるオインゴ・ボインゴを見初めた庄野真代は製作予定であった自身のアルバム『逢・愛・哀』(1982)の編曲およびバックバンドとしてオインゴ・ボインゴを呼び入れた。 庄野真代のディスコグラフィーの中でも異彩を放っている。 作品 [編集 ] 映画 [編集 ]• Forbidden Zone (1980年) 音楽・出演• 独身SaYoNaRa! Pee-Wee's Big Adventure (1985年)• バック・トゥ・スクール Back to School (1986年)• Wisdom (1986年)• サマースクール Summer School (1987年)• Midnight Run (1988年)• Beetlejuice (1988年)• 走った! もうかった! Hot to Trot (1988年)• Scrooged (1988年)• ピーウィー・ハーマンの空飛ぶサーカス Big Top Pee-Wee (1988年)• Batman (1989年)• Nightbreed (1990年)• Dick Tracy (1990年)• Edward Scissirhands (1990年)• Darkman (1990年)• Batman Returns (1992年)• Army of Darkness Evil Dead 3 (1992年)• Sommersby (1993年)• The Nightmare Before Christmas (1993年) 音楽・声の出演• Black Beauty (1994年)• Dolores Claiborne (1994年)• ダークマン2 Darkman 2: The Return of Durant (1994年) テーマ音楽• To Die For (1995年)• Mission Impossible (1996年)• Extreme Measures (1996年)• The Frighteners (1996年)• Mars Attacks! (1996年)• Men In Black (1997年) 作曲賞ノミネート• Flubber (1997年)• Good Will Hunting (1997年) 作曲賞ノミネート• ブラボー火星人2000 My Favorite Martian (1998年) テーマ音楽• A Simple Plan (1998年)• Psycho (1998年) のオリジナル・スコアを殆ど改変せず独自の演奏効果を駆使して「再構成」• ハーモニーベイの夜明け Instinct (1999年)• Sleepy Hollow (1999年)• シビル・アクション A Civil Action (1999年)• Anywhare But Here (1999年)• プルーフ・オブ・ライフ Proof of Life (2000年)• The Gift (2000年) 出演のみ• ティム・バートンのステインボーイ The World of Stainboy (2000年) テーマ音楽• The Family Man (2000年)• Planet of the Apes (2001年)• Spy Kids (2001年)• Heartbreakers (2001年)• Novocaine (2001年) テーマ音楽• Red Dragon (2002年)• Men In Black 2 (2002年)• Spy Kids 2: The Island of Lost Dreams (2002年) テーマ音楽• Spider-Man (2002年)• Chicago (2002年)• Big Fish (2003年) 作曲賞ノミネート• Hulk (2003年)• Spider-Man 2 (2004年)• Charlie and the Chocolate Factory (2005年) 音楽・声の出演• Corpse Bride (2005年) 音楽・声の出演• (2006年)• Nacho Libre (2006年)• Charlotte's Web (2006年)• Meet the Robinsons (2007年)• The Kingdom (2007年)• Hellboy II: The Golden Army (2008年)• Wanted (2008年)• Milk (2008年) 作曲賞ノミネート• Terminator Salvation (2009年)• Taking Woodstock (2009年)• The Wolfman (2010年)• Alice in Wonderland (2010年)• The Next Three Days 2010年• Restless (2011年)• Real Steel (2011年)• Dark Shadows (2012年)• Men in Black III (2012年)• Silver Linings Playbook (2012年)• Frankenweenie (2012年)• Hitchcock (2012年)• Oz: the Great and Powerful (2013年)• Fifty Shades of Grey 2015年• Avengers: Age of Ultron 2015年• Goosebumps 2015年• Alice Through the Looking Glass 2016年• The Girl on the Train 2016年• Justice League(2017年)• Fifty Shades Darker 2017年)• (2017年、ドキュメンタリー映画) - 出演• The Circle (2017年) テレビ番組 [編集 ]• Amazing Stories (1986年)• 新ヒッチコック劇場「ザ・ジャー」 (1986年) 監督の一編• Sledge Hammer! (1986年) テーマ音楽• Tales from the Crypt (1989年) テーマ音楽• The Simpsons (1989年) オープニングテーマ• The Flash (1990年)• Desperate Housewives (2004年) テーマ音楽 主な受賞・ノミネート [編集 ]• (1997年、ノミネート)• (1997年、ノミネート)• (2003年、ノミネート)• (2009年、ノミネート)• (1989年、ノミネート)• (2004年、受賞)• (1993年、ノミネート)• (2003年、ノミネート) 脚注 [編集 ].

次の

アリス・イン・ワンダーランド / ダニー エルフマン アルバムのダウンロード・試聴

ダニー エルフマン

来歴 若年期 生まれ。 母の()は作家と教師で、父親のミルトン Milton Elfman もに属する教師だった。 多くの民族が混在するボールドウィン地区で育ち、映画館に入り浸って映画に慣れ親しんでいくうちに、やらの音楽に影響を受けていく。 高校へ進学するとスカ・バンドを結成して音楽活動をスタートさせるも、少しして高校を中退。 兄のリチャードと共にへ渡り、の音楽劇団で経験を積んだ。 後にへ渡るが、滞在中ににかかったことがきっかけで帰国し、で音楽について学ぶ。 だがその際には正式な生徒ではなかった。 オインゴ・ボインゴ 1995年に解散し、今でもを中心にBOINGOLOID(ボインゴロイド)といわれる根強いファンをもつロックバンドの元リーダーでもあり、現在は、オインゴ・ボインゴ時代から手がけていたを中心に活動している。 実兄であり、オインゴ・ボインゴの前身バンドので活動を共にしたが監督した『フォービデン・ゾーン』で映画音楽を初めて手がける。 その後、オインゴ・ボインゴのファンであった、当初はまだ新米のから声をかけられ『ピーウィーの大冒険』の音楽を担当する。 しかし、それまで基礎的なトレーニングとオーケストレーションの経験がなかったエルフマンは、バートンの申し出を不安がったのだが、オインゴ・ボインゴのメンバーで、兼アレンジャーであったの手助けにより素晴らしい成果を残す。 その後も、バーテックはダニー・エルフマンが音楽を手がける映画でエルフマンと共に活動をしている。 エルフマンはオインゴ・ボインゴとして活動中の1984年に、映画音楽ではない唯一のポップス/ロックアルバムを発表している。 しかし『SO-LO』と題されたこのアルバムは名義こそダニー・エルフマンとなっているものの、実情はオインゴ・ボインゴ4作目のアルバム用に書かれた楽曲がバンドにそぐわなかった為にエルフマンのソロ名義として発表されたものである。 作曲・編曲・演奏のすべてはオインゴ・ボインゴにより行われたため、実質オインゴ・ボインゴのアルバムとして捉えられている。 作曲家として やの映画では常連であり、特にバートンとは『』以降、『』(この時期、喧嘩別れしていたらしい)と『』と『』を除く監督作全作の音楽と、バートン製作の『』の音楽および主人公ジャックの歌パート、さらには声優としても参加するなど、バートン映画に於ける重要な要素の一つとも言える活躍ぶりを示している。 『』で登場するの歌う曲は、すべてダニー・エルフマン一人による声である。 映画音楽の他にも、などのテーマ音楽も手がけ、アニメ『』や『』、オムニバスドラマ『』のテーマ曲や、製作の『』の数エピソードの音楽など、映画以外でも活躍している。 最近では、の世界にも進出し、コンサートなども開いた。 近年発売された「Serenada Schizophrana」のCDに、更に磨きがかかったエルフマン流のクラシック音楽が収録されている。 主な渡航• かつてロックバンド「オインゴ・ボインゴ」時代に来日したことがあるが、近年では映画『』のプロモーションで、監督の、ウィリー・ウォンカ役の、プロデューサーのリチャード・D・ザナックらと共に来日した。 その際には、で行われたプレミアイベントにも出席している。 に開催されたエルフマンが担当したディズニー映画『』と『』のコンサートでも再来日している。 今回の『』では、がとして男の子数人が出演した。 作品 映画• Forbidden Zone (1980年) 音楽・出演• 独身SaYoNaRa! Pee-Wee's Big Adventure (1985年)• バック・トゥ・スクール Back to School (1986年)• Wisdom (1986年)• サマースクール Summer School (1987年)• Midnight Run (1988年)• Beetlejuice (1988年)• 走った! もうかった! Hot to Trot (1988年)• Scrooged (1988年)• ピーウィー・ハーマンの空飛ぶサーカス Big Top Pee-Wee (1988年)• Batman (1989年)• Nightbreed (1990年)• Dick Tracy (1990年)• Edward Scissirhands (1990年)• Darkman (1990年)• Batman Returns (1992年)• Army of Darkness Evil Dead 3 (1992年)• Sommersby (1993年)• The Nightmare Before Christmas (1993年) 音楽・声の出演• Black Beauty (1994年)• Dolores Claiborne (1994年)• Darkman 2: The Return of Durant (1994年) テーマ音楽• To Die For (1995年)• Mission Impossible (1996年)• Extreme Measures (1996年)• The Frighteners (1996年)• Mars Attacks! (1996年)• Men In Black (1997年) 作曲賞ノミネート• Flubber (1997年)• Good Will Hunting (1997年) 作曲賞ノミネート• ブラボー火星人2000 My Favorite Martian (1998年) テーマ音楽• A Simple Plan (1998年)• Psycho (1998年) のオリジナル・スコアを殆ど改変せず独自の演奏効果を駆使して「再構成」• ハーモニーベイの夜明け Instinct (1999年)• Sleepy Hollow (1999年)• シビル・アクション A Civil Action (1999年)• Anywhare But Here (1999年)• プルーフ・オブ・ライフ Proof of Life (2000年)• The Gift (2000年) 出演のみ• ティム・バートンのステインボーイ The World of Stainboy (2000年) テーマ音楽• The Family Man (2000年)• Planet of the Apes (2001年)• Spy Kids (2001年)• Heartbreakers (2001年)• Novocaine (2001年) テーマ音楽• Red Dragon (2002年)• Men In Black 2 (2002年)• Spy Kids 2: The Island of Lost Dreams (2002年) テーマ音楽• Spider-Man (2002年)• Chicago (2002年)• Big Fish (2003年) 作曲賞ノミネート• Hulk (2003年)• Spider-Man 2 (2004年)• Charlie and the Chocolate Factory (2005年) 音楽・声の出演• Corpse Bride (2005年) 音楽・声の出演• (2006年)• Nacho Libre (2006年)• Charlotte's Web (2006年)• Meet the Robinsons (2007年)• The Kingdom (2007年)• Hellboy II: The Golden Army (2008年)• Wanted (2008年)• Milk (2008年) 作曲賞ノミネート• Terminator Salvation (2009年)• Taking Woodstock (2009年)• The Wolfman (2010年)• Alice in Wonderland (2010年)• The Next Three Days 2010年• Restless (2011年)• Real Steel (2011年)• Dark Shadows (2012年)• Men in Black III (2012年)• Silver Linings Playbook (2012年)• Frankenweenie (2012年)• Hitchcock (2012年)• Oz: the Great and Powerful (2013年)• Fifty Shades of Grey 2015年• Avengers: Age of Ultron 2015年• Goosebumps 2015年• Alice Through the Looking Glass 2016年• The Girl on the Train 2016年• Justice League(2017年)• Fifty Shades Darker 2017年)• (2017年、ドキュメンタリー映画) - 出演• The Circle (2017年) テレビ番組• Amazing Stories (1986年)• 新ヒッチコック劇場「ザ・ジャー」 (1986年) 監督の一編• Sledge Hammer! (1986年) テーマ音楽• Tales from the Crypt (1989年) テーマ音楽• The Simpsons (1989年) オープニングテーマ• The Flash (1990年)• Desperate Housewives (2004年) テーマ音楽.

次の

歴代『バットマン』のテーマ曲を聴き比べる

ダニー エルフマン

ダニー・エルフマン:ヴァイオリン協奏曲、ピアノ四重奏曲 映画音楽作曲家ならではの巧みなオーケストレーションで聴かせるダニー・エルフマンの新作。 「バットマン」「チャーリーとチョコレート工場」などヒット映画の音楽や、アニメ「ザ・シンプソンズ」のテーマ曲で知られる作曲家ダニー・エルフマン。 エルフマンのクラシカル新作作品2曲を収録したアルバムがソニー・クラシカルから登場します。 4度のアカデミー賞ノミネートを果たしているダニー・エルフマン[1953-]は、30年以上にわたるキャリアを通じて、映画音楽の世界で最も多彩で熟練した巨匠の1人として高く評価されています。 これまでに100作以上を手がけた映画音楽のなかで、最初の仕事となった「ピーウィーの大冒険」から続くティム・バートン監督との協働が最も広く知られるところで、アカデミー賞作曲賞ノミネート作品「ビッグ・フィッシュ」ほか、「バットマン」「シザーハンズ」「スリーピー・ホロウ」「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」「ダーク・シャドウ」「フランケンウィニー」といった主要なバートン作品の音楽をエルフマンが担当しています。 またバートン以外の作品でも、「メン・イン・ブラック」「ミッション:インポッシブル」など、映画ファンに馴染み深い話題作の音楽を多数手がけており、アカデミー賞なども受賞しています。 また、カーネギー・ホールで初演された委嘱作品『セレナーダ・スキゾフラーナ』、アメリカン・バレエ・シアター作品『Rabbitand Rogue』、シルク・ドゥ・ソレイユ作品『アイリス』(2011)などコンサート作品や舞台音楽の作曲も行っています。 このヴァイオリン協奏曲『イレブン・イレブン』は、チェコ・ナショナル交響楽団、スタンフォード・ライヴ、スタンフォード大学、ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団の共同委嘱により、気鋭のヴァイオリニスト、サンディ・キャメロンのために作曲された作品です。 ソリストとオーケストラ両方のテクニックが必要な作品で、ソリストは音量を増幅するためでなく、絶妙なバランスをエミュレートするためにマイクを使用しています。 『ピアノ四重奏曲』は、ベルリン・フィルハーモニー・ピアノ四重奏団の委嘱作品で、非常に現代的な作品。 唸るような弦楽と、弾け飛ぶようなピアノなど、小さく親密なものと爆発的な壮大なものとが繰り返し変化する瞬間は、高速なフレアの噴出のように表現された作品。 エルフマンは「数年前、映画音楽のしがらみや制約からに囚われずにオーケストラ曲を書きたい、いや、自分のアイデンティティを守るためにはそれが絶対必要だ、と感じたのです。 過去10年間、いくつかの映画とは関係のない委嘱作を手がけてきましたが、そのたびに信じられないほど自由で、まるで生き返るような感覚を覚えてきました」とフィルム音楽以外のジャンルを作曲することに大きな意義を見出しており、さらに「今回のアルバムは非常にトリッキーなコンセプトを目指しています。 映画音楽、特に私の作曲した映画音楽のファンに疎んじられないと同時に、映画音楽のようになってしまわず、さらにそれを超えるような音楽を書くこと。 これはとても困難なチャレンジでしたが、それが私の目標でした」と述べています。

次の