地形 類語。 「形」の用例一覧 例文検索 使い方:類語・類義語(同義語)辞典

侵食

地形 類語

形の例文検索・用例の一覧• 様々な形の刃• 箱形の不審物• 原形をとどめる• 陣形を変える• 1メートルの半円形• 変形を引き起こす• 最悪の形で当たった• 一定の形を保つ• 理解しやすい形• 記録の形式• 質疑応答の形式で進められる• 資産形成を促す• 形式的な対応• 連載形式で紹介します• 圧力に屈した形となった• 多様な雇用形態を取り入れた• 好循環が形成される• 冊子の形態をとる• 形を踏襲する• 砂の上の図形の輪郭を引く• 木は、ちょうどぼんやりした形だった• 『sing(歌うこと)』と『singer(歌手)』と『song(歌)』は形態的な派生関係である• 任意のサイズおよび形の• 政府の連邦形と対照的に統一である• 形式張った受け取り状• 不渡りの小切手と為替手形• 形状記憶シャツ• 『タイルノール』は、『アセトアミノフェン』が一般的な形式である特許薬である• アラファトは、彼のウエストバンク合成物の牟形に隠されていた• 彼の体は、ハンセン病によって変形した• 無限の動詞の形態• 彼らは、基盤を流し込むために、精巧な形を構築した• 『I had finished』は過去完了形の一例である• 屈折形態論は、数、ケース、時制、人のなどを示すのに使用される• 彼女は、人形のようにかわいい人だ• 彼はハート形を描いて、それをバレンタインと呼んだ• 生命の高度の形態は宇宙で変則的かもしれない• 生命の初期の形• 二形の水晶• 二形の有機体• この形は幾何学的に面白い• これらの2本の植物は、形態学的に関連がある• 正方形に立てられた建物• 戦闘隊形の多数の軍隊• かれらは粗悪な金属はその形成された-シェークスピア• 始生代層の生物形態• 彼は触覚で形を知覚する• 対称形の関係の議論『原型で』は、取り換え可能ではない• 地形学の技術者.

次の

「地形」に関連した英語例文の一覧と使い方

地形 類語

形の例文検索・用例の一覧• 様々な形の刃• 箱形の不審物• 原形をとどめる• 陣形を変える• 1メートルの半円形• 変形を引き起こす• 最悪の形で当たった• 一定の形を保つ• 理解しやすい形• 記録の形式• 質疑応答の形式で進められる• 資産形成を促す• 形式的な対応• 連載形式で紹介します• 圧力に屈した形となった• 多様な雇用形態を取り入れた• 好循環が形成される• 冊子の形態をとる• 形を踏襲する• 砂の上の図形の輪郭を引く• 木は、ちょうどぼんやりした形だった• 『sing(歌うこと)』と『singer(歌手)』と『song(歌)』は形態的な派生関係である• 任意のサイズおよび形の• 政府の連邦形と対照的に統一である• 形式張った受け取り状• 不渡りの小切手と為替手形• 形状記憶シャツ• 『タイルノール』は、『アセトアミノフェン』が一般的な形式である特許薬である• アラファトは、彼のウエストバンク合成物の牟形に隠されていた• 彼の体は、ハンセン病によって変形した• 無限の動詞の形態• 彼らは、基盤を流し込むために、精巧な形を構築した• 『I had finished』は過去完了形の一例である• 屈折形態論は、数、ケース、時制、人のなどを示すのに使用される• 彼女は、人形のようにかわいい人だ• 彼はハート形を描いて、それをバレンタインと呼んだ• 生命の高度の形態は宇宙で変則的かもしれない• 生命の初期の形• 二形の水晶• 二形の有機体• この形は幾何学的に面白い• これらの2本の植物は、形態学的に関連がある• 正方形に立てられた建物• 戦闘隊形の多数の軍隊• かれらは粗悪な金属はその形成された-シェークスピア• 始生代層の生物形態• 彼は触覚で形を知覚する• 対称形の関係の議論『原型で』は、取り換え可能ではない• 地形学の技術者.

次の

「作る」「造る」「創る」

地形 類語

日常生活で、会話をしたり文章を読んだりしていると、さまざまな言葉を見聞きすることになります。 中には、自分がこれまでに使用した言葉がない言葉や、意味が分からない言葉と出会うこともあるでしょう。 意味や使い方がよく分からない言葉と出会った時、そのままにして放置したり、知ったかぶりをしたりすると、予想外のミスやすれ違いを生んでしまう危険性があります。 ですから、分からない言葉は、放置せずに意味や使い方を調べたり学んだりすることが大切です。 今回は、意味などが分かりづらいと考えられる言葉の中から、「湾曲」という言葉をピックアップして、意味や使い方、由来や類語などをご紹介していきます。 「湾曲」の意味や使い方に自信がないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。 「湾曲」の意味と使い方 早速、「湾曲」という言葉がどのような言葉なのか、意味や使い方について見ていきましょう。 「湾曲」という言葉は、日常生活ではあまり使用しない言葉だと考えられます。 そのため、何らかの機会で使用された場合に、意味などを正しく解釈できる自信がある方は、少ないと予想できます。 ですから、この機会にぜひ、「湾曲」の意味や使い方について、確認しておくことをおすすめします。 「湾曲」の意味 まずは、「湾曲」とはどのような意味を持っている言葉なのか、基本的な意味について確認していきましょう。 「湾曲」という言葉の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように説明しています。 引用の内容から、「湾曲」とは、弓なりに曲がっている状態や形を意味する言葉だと読み取れそうです。 地形や物の形などに使われるケースが多い言葉ですが、人の姿勢や体勢に対して使われることもあると考えられます。 弓なりに曲がること。 「湾曲」の使い方【1】:湾曲表現 続いて、「湾曲」という言葉の基本的な使い方について考えていきましょう。 今回は、より具体的な使い方を学ぶため、実際に会話や文章で使われている言い回しや例文を参考にして、使い方などを考察していきます。 「湾曲」という言葉を使用した言葉の1つとして、「湾曲表現」という言葉を目にしたり耳にしたりしたことがある方もいらっしゃるでしょう。 しかし、「湾曲表現」という言葉は、実際にはあまり使用されない言葉とされています。 中には、「婉曲表現」という言葉と混同しているという見解もあり、公ではあまり使用されない言葉となっています。 「婉曲表現」とは、以下の引用のような意味を持つ言葉とされています。 引用から、「婉曲」とは、遠回しな言い方や伝え方を意味する言葉であることが読み取れます。 ですから、「婉曲表現」とは、遠まわしな言い回しや、断定せずにやんわりと表現する文法や表現方法を意味する言葉だと言えるでしょう。 文語で助動詞「む」「めり」などを付けて言い表す。 「湾曲」の使い方【2】:湾曲して伝わる 「湾曲」という言葉は、上記でもご紹介したとおり、地形や物の形、人の姿勢といった目で見えるものが、弓なりに曲がっている状態や形であることを表現する言葉です。 しかし、中には「湾曲して伝わる」という言い回しを、目にしたり耳にしたりしたことがある方も、いらっしゃると考えられます。 「湾曲して伝わる」という表現は、公にはあまり使われない表現だと予想できます。 似ている言葉を使用した表現の1つに、「歪曲して伝わる」といった言い回しが挙げられます。 そのため、「歪曲」という言葉と混同している可能性もあると言えるでしょう。 「湾曲」という言葉は、物の形などが弓なりに曲がっていることを表現する言葉なので、事実や思考、物の見方などに対しては、使用されづらい言葉だと言えそうです。 「湾曲」の意味の由来 続いて、「湾曲」という言葉の意味の由来や語源について考察していきます。 意味の由来や語源を学ぶことで、「湾曲」という言葉について、深く理解するヒントや鍵が見つかる可能性もあります。 今回は、「湾曲」という言葉に含まれている、2文字の漢字の意味をもとにして、「湾曲」という言葉の意味の由来について考えていきます。 「湾曲」の意味の由来【1】:湾 まずは、「湾曲」に含まれている漢字のうち、「湾」という漢字に含まれている意味やニュアンスについて考察していきます。 「湾」の漢字に含まれている意味について、「漢字/漢和/語源辞典」では、以下の引用のような解説を掲載しています。 引用した解説から、「湾」という漢字には、大きく分けて2種類の意味があることが読み取れます。 「湾」という漢字には、水が陸地へと入り込んでいる地形を意味するほかにも、弓なりに曲がっていることを表現する意味も含まれていると言われています。 ですから、「湾曲」という言葉の意味にも、一致している部分があると言えるでしょう。 「曲」という漢字は、音楽の分野でも非常に頻繁に使われており、音楽を数える単位にもなっています。 そのため、身近な言葉の1つと言えるでしょう。 「曲」という漢字の意味について、「goo辞書」では、以下のように説明しています。 引用した説明の内容から、「曲」にはさまざまな意味が含まれており、物などの形が曲がることや、何らかのものを捻じ曲げることなどを表現する漢字であることが読み取れます。 「湾曲」という言葉もまた、弓なりに曲がることを意味する言葉なので、「曲」という漢字そのものの意味と、共通している点があると言えそうです。 1 まがる。 まげる。 2 ねじまげる。 こじつける。 3 入りくんで細かい。 くわしい。 4 曲がって入りくんだ所。 5 音楽のふし。 音楽作品。 6 詩。 7 脚本。 8 変化のある技巧。 「湾曲」と「歪曲」の意味の違い 先述でも取り上げましたが、「湾曲」という言葉と「歪曲」という言葉は、意味や使い方を混同しやすいと言えそうです。 そこで続いては、「湾曲」と「歪曲」の意味の違いについて考察していきます。 この機会に、2つの言葉の違いをはっきりさせ、正しく使い分けられるようにしましょう。 「歪曲」の意味 「湾曲」と「歪曲」の意味の違いを考察するには、それぞれの意味を比較していく必要があります。 「湾曲」の意味については上記でご紹介しましたが、「歪曲」の意味については、確認していません。 そこでまずは、「歪曲」の意味について考えていきましょう。 「歪曲」の意味については、「goo辞書」にて、以下のように解説されていました。 引用した解説の内容から、「歪曲」には、大きく分けて2種類の意味があることが読み取れます。 1つ目は、物をゆがめたり曲げたりすることとなっています。 そして、2つ目の意味は、事実などを捻じ曲げて伝えることとなっています。 1 物をゆがめまげること。 また、ゆがみまがること。 2 事実をわざとゆがめて伝えること。 「湾曲」と「歪曲」の違い 「湾曲」と「歪曲」のそれぞれの意味が分かったところで、続いては2つの言葉の意味の違いについて考察していきます。 「湾曲」とは、上記でご紹介したとおり、弓なりに曲がっている地形や物、姿勢などの形を表現する言葉です。 一方で、「歪曲」の場合は、物などをゆがみ曲げることを意味する言葉となっており、自分の意志で曲げるようなニュアンスが含まれています。 また、事実や真実などに対しても使用されており、「湾曲」と比較すると、意図的なニュアンスが強い言葉だと言えそうです。 上記でも取り挙げたように、「湾曲」と「婉曲」を混同してしまっている方も、少なくないと予想できます。 そこで続いては、「湾曲」と「婉曲」の意味の違いについても考察していきます。 「湾曲」と「婉曲」の意味は、どちらも上記でご紹介しています。 先述した意味をもとに、2つの言葉の違いを考えていきましょう。 何度かご紹介しているように、「湾曲」とは、地形や物の形、姿勢などが弓なりに曲がっていることを意味しています。 一方で、「婉曲」とは、遠回しに物事を表現したり、やんわりとした表現をする方法を意味していたりする言葉となっています。 ですから、「湾曲」とは、そもそもの意味が大きく異なると言えるでしょう。 「湾曲」の意味の類語.

次の