座右の銘 簡単。 座右の銘にも!捲土重来の意味や言葉の由来。使い方の例文も紹介!

座右の銘を面接で聞かれた時の答え方|一覧や回答例文を紹介

座右の銘 簡単

「座右の銘」の意味と読み方 「座右の銘」とは自分を律する格言 「座右の銘」は「ざゆうのめい」と読みます。 「座右の銘」とは、自分の心を律するための「格言」のことです。 「格言」とは人間の真理や生き方、戒めなどを簡潔に表した言葉のことです。 日々を生きていく上で、自分が「忘れてはならない」と思っていることや「こうでありたい」と感じている格言を、自分の「座右の銘」とすることで、毎日を揺るがず有意義に過ごすための指針とします。 「座右の銘」に決まりはない 「座右の銘」は四字熟語やことわざ、歴史上の人物や高い功績を残した偉人の言葉などが選ばれることが多いですが、どんな言葉でも「座右の銘」にすることができます。 「ありがとう」「感謝」などの一言を座右の銘にしても良いですし、「努力は裏切らない」など言葉をそのまま座右の銘にしても問題ありません。 また、座右の銘は1つと決まっているわけではなく、1人で2つ、3つと複数持っている人も多くいます。 「座右の銘」の語源は「右に置く紙」 まず「座右」とは「自分が座ったときの右側」のことです。 次に「銘」とは石や器に歴史上の人物の言葉を記したもので、現代で言う「紙」のようなものです。 昔の皇帝など位の高い人は、「銘」に自分が尊敬する過去の人の言葉を記し、自分の右側に置いていたと言われています。 皇帝にとっての「右側」というのは、自分がもっとも信頼する補佐役などを座らせる場所です。 このことから「自分にとって重要な右側に置くほど、大切な言葉」という意味で「座右の銘」と言われるようになったとされています。 皇帝が言葉で冷静を保ったことが由来 「座右の銘」がいつから使われるようになった言葉なのか、ということについては明らかではありませんが、昔の皇帝は「座右の銘」を持つことで冷静さを欠くことなく過ごしたと言われています。 現代の「座右の銘」も、自分が自分らしくいるため、あるいは自分が目指す方角へ向かうために冷静さを必要としている多くの人が胸に掲げています。 「座右の銘」の使い方 自己紹介や面接などアピールの場で使う 「座右の銘」は、人に話すために持つのではなく、自分の中に置いておくものです。 しかし「座右の銘」があれば、初対面の人に「自分はどんな人間なのか」ということを簡潔に伝えることができます。 特に自己紹介や面接の場では「座右の銘」が有効に使えるでしょう。 「座右の銘」は「こうでありたい」という信念なので、今現在自分が座右の銘通りの人間でなくても良いのです。 「今は違うけれど、こうなりたいと思いながら日々がんばっています」ということを示すだけでも、相手には「こういう志を持った人なんだな」と伝わります。 特に面接では「継続は力なり」「石の上にも三年」など継続することを怠らないイメージのものや、「一期一会」「袖触れ合うも多生の縁」など、人との縁を大事にするものが人気のようです。 新年など気持ちを新たにするときに使う 「座右の銘」は思い立ったときに決めて、自分の胸に置いておくという人が多いようです。 特に「座右の銘」を決めやすいのは新年や、転職、卒業など新たなスタートを切るときでしょう。 新しいスタートを切るときに決められる「座右の銘」は「日進月歩」「秒針分歩」など、絶え間なく前進するイメージの言葉が多いようです。 何かにチャレンジをするときに使う 人生の中で「これから特に頑張らなければならない」と感じるときに、「座右の銘」を決める方も多いでしょう。 受験や入社試験、資格取得試験や起業など一念発起するときに座右の銘があると挫けにくくなります。 何かにチャレンジをするときの「座右の銘」では、「日々是精進」「今日を生きる」など日々の努力を諦めないための言葉が選ばれるようです。 自分の仕事を全うするための座右の銘を決めるのであれば「ことわざ」などから探すのも良いでしょう。 ことわざには、昔の人の知恵や考え方が多く含まれています。 過去を生きた人の格言を座右の銘とすることで、現代社会でのビジネスに役立てるというビジネスマンも増えています。 特に「今度こそ努力を続けたい」と強く願う人なら「四字熟語」の中から座右の銘を探すのも良いかもしれません。 四字熟語は長い間繰り返されている自然現象に基づいたものが多く、絶え間なく進化し続けたいという人の心に響くものがたくさんあります。 自分を自然に例えたときに、もっとも近い自然現象が関係している四字熟語などはしっくり来やすいかもしれません。 日々を笑顔で過ごしていきたいという人は、思いだしただけで少し笑顔になれるような「座右の銘」を探してみると良いでしょう。 自分が、過酷な状況でも「このことを思い出すと笑ってしまう」という出来事などからインスピレーションを受けた言葉がおすすめです。 自分の信念や理想を言葉にしたり、考え方を端的にまとめてみたりすると、「オリジナルの座右の銘」を作ることができます。 「座右の銘」には決まりがありません。 思うように自由に考えてみるのも楽しいかもしれません。 誰に言っても「かっこいい」と言ってもらえるようなものを「座右の銘」とすることで、自分の意識を寄せて行くこともできるかもしれません。 かっこいい座右の銘を探す場合は、「座右の銘ランキング」などを使うと良いでしょう。 人気のものや、著名な人が遺した重みのある言葉と出会えます。 また、その人の言葉でなくても、その有名人やアスリートが座右の銘としている言葉を真似ても良いかもしれません。 自分が「こんな人になりたい」と思う人が「座右の銘」としている言葉を共有することで、自分を鼓舞することもできます。 「座右の銘」の例• 「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」 お釈迦様が誕生したときの言葉で「自分という存在は唯一」という意味です。 「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」 アメリカの哲学者「ウィリアム・ジェームズ」の言葉です。 「明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ」 インドの宗教家「マハトマ・ガンジー」の言葉です。 まとめ 「座右の銘」とは、持っていても持っていなくても良いものです。 しかし、日々の生活の中で「いつもこういう場面に弱い」「自分を変えたい」と思うことがある人にとっては、いざというときの心のよりどころとすることができるかもしれません。 ぜひこの機会に「自分にとっての座右の銘」を考えてみてください。

次の

座右の銘とは?人生を左右させる言葉

座右の銘 簡単

「座右の銘」の意味 「座右の銘」の意味は常に身近に備えて戒めとする格言。 ざうめい。 坐左の銘。 参考までに・・・。 転じて、かたわら。 「ざう」とも読む。 また、あて名のわきに添えて敬意を表す語。 「書を座右に呈す。 書きつけること。 転じて、心に刻んで忘れないこと。 物事の来歴をのべ、功績をたたえる文。 毎句の字数を同じくし、韻をふむ。 また、名のある上等の物。 「銘酒」。 「座右の銘」 となっています。 いつも自分の心に留めておいて、戒めとする語句という意味で間違いなさそうですね。 「座右の銘」の使い方 「座右の銘」は、自分が目標を達成するために、自分を戒める言葉だということがわかりました。 ここでは 「座右の銘」の使い方をご紹介します。 【スポンサーリンク】 「座右の銘」の決め方 成功した人だけが記者会見を開きインタビューを受けるのだから当然かもしれませんが、成功者は 「座右の銘」を持っていることが多いです。 成功するために自分も 座右の銘を持ちたいという方に選び方を紹介します。 覚えやすいので、ピンチになった時、挫折しそうな時にさっと思い出すことができます。 後世の人たちのために口伝されてきたことわざから学ぶことは多いと思います。 そんなことわざを「 座右の銘」とすることで過去から学び成功に一歩近づくことができるのではないでしょうか。 そんな人たちの 「座右の銘」を拝借して、 彼らの姿を目標にがんばるというのは素晴らしいことなのではないでしょうか。 自分自身のことは、自分が一番よくわかっていたりするものです。 自分の弱さを良く知っているのだから、自分を戒める言葉を自分で考えるのは、一番最適な方法かもしれませんね。 「座右の銘」ランキングで検索をすると、思いがけず人生を変える一語に出会うことができるかもしれません。 「座右の銘」の間違えやすい5つのポイント 先ほど述べた 「座右の銘」の選び方に共通する部分もありますが、 「座右の銘」を選ぶうえで間違えやすいポイントをご紹介します。 「座右の銘」は目標を達成する過程で、自分を律するためにある語句です。 なので、かっこよくなくてもいいんです。 おばあちゃんが小さいころ、「あなたならできる」といってくれて、自信につながったから、これを 「座右の銘」にしているという人がいてもいいんです。 孔子の言葉を 「座右の銘」にしていたら、「おおーっ。 なんかすごいね。 」といわれたとしても、それは孔子がすごいのであって、あなたがすごいわけではありません。 本当に心からすごいねといってもらえる自分になることができるように、自分自身に合った 「座右の銘」を見つけましょう。 今まで自分ががんばる上で支えになったものが 「座右の銘」ではなく、家族であったり恩師であったり、恋人であるならば、彼らの存在のおかげでがんばることができましたという言葉だけでいいのです。 無理に 「座右の銘」を考えることは、クリスマス前に無理に恋人を作るようなものです。 自分を支えてくれる 「座右の銘」と出会うことができるといいですよね。 すぐに変えてしまってはいけません。 「座右の銘」をその日の気分で買えるようでは、きっと目標に向かう過程で寄り道をし、目標達成することは難しいでしょう。 何年も何十年もかかる目標達成までの道のりで、自分の支えとなってくれる 「座右の銘」が見つかるといいですね。 「こんな座右の銘を持っているんだぜ。 かっこいいだろ?」といった風に使うものではありません。 「座右の銘」は心に秘めておくものです。 成功した人たちも、成功してから、 座右の銘を紹介しています。 いつか、あなたも大勢の人に影響を与えるような成功者になったとき、「 座右の銘はなんですか?」ときかれたら、そのとき初めて答えてください。

次の

座右の銘とは簡単に言えばなんなのですか?

座右の銘 簡単

捲土重来の意味は? 再び勢いを盛り返す、再起を図る 捲土重来は、「 けんどじゅうらい」または「 けんどちょうらい」と読む四字熟語です。 「捲土」を「巻土」とし、 「巻土重来」と書くこともあります。 捲土(巻土)とは、砂煙や土埃が巻き上がるほどの勢いと言う意味。 重来とは、再びやってくると言う意味の言葉。 この捲土と重来を合わせると、「土煙を起こす勢いで再びやってくる」と言う意味となります。 そこから転じて、 「一度失敗したり陥落したものが、再び勢いを盛り返す、再起を図る」 と言う意味となるんですね。 勢いを取り戻す様子はゆっくりではなく、土煙が発生すると例えられるほどのもの。 そのため びっくりするほどのスピードで復活したり、再び活躍した時に使われます。 捲土重来の由来は? 古い中国の詩 捲土重来という言葉は、中国の詩人 「杜牧(とぼく)」(803~853年)が書いた詩「 題烏江亭」が元になっています。 杜牧は晩唐期の詩人で、わかりやすくかつ豪快な詩を読むのを得意としていました。 「題烏江亭」は、古代中国の英雄・項羽が劉邦に敗れた事を悼んで、杜牧が読んだ 七言絶句の詩。 その題烏江亭の内容は、次の通りです。 勝敗兵家事不期 包羞忍耻是男児 江東子弟多才俊 捲土重来未可知 この詩の意味は、次の通りとなります。 勝敗兵家事不期 (読み下し文)勝敗は兵家も事期せず (現代訳)戦争における勝敗は、兵法家でも予想することはできない。• 包羞忍耻是男児 (読み下し文)羞を包み恥を忍ぶはこれ男児 (現代訳)この恥ずかしさを耐え忍んでこそ、男というものである。• 江東子弟多才俊 (読み下し文)江東の子弟才俊多し (現代訳)江東(項羽の故郷)には、優れた若者も多くいる。• 捲土重来未可知 (読み下し文)捲土重来も未だ知るべからず (現代訳)もし土煙を起こす勢いで再起していたら、再び天下を取る戦いもできたかも知れないのに。 項羽と劉邦について 項羽は「楚」と言う国の武将で、負け知らずの英雄。 一方の 劉邦は後に「漢」を興すことになる人物。 戦下手とも言われていましたが、不思議なほど人望に恵まれた人でした。 この二人が天下を争う戦いでぶつかり、負け知らずだった項羽が敗戦し自害。 その結果、劉邦は皇帝となり、劉邦が率いた「漢」が中国全土を統一することになりました。 項羽と劉邦はそれぞれ優れた点がありましたが、武将という面では項羽が一枚上手。 その項羽がたった一度の敗戦で戦死したことで、もしも…という思いがこの詩に。 きっとその勢いは凄まじいものだったのではと、詩で表現しているんですよ。 今年の成績は最悪だったので、来年は 捲土重来の年としたい。 捲土重来を期すとのことでしたので、あの男はやってくれるかもしれない。 1番目の例では、来年は昨年のような不甲斐ない成績を残さないという宣言に。 2番目の例では、「より良い状態を目指そうとする男がいるので、注目したい」と言っているんです。 ちなみに 「捲土重来を期す」の期す・期するとは、心に誓う・約束する・決意するという意味が。 捲土重来と組み合わせることで、 「再起を測ることを決意する、心に誓う」という意味となります。 座右の銘として 履歴書や自己紹介などに、 座右の銘を書いたことはありませんか? 座右の銘はその人の目標や、戒めとするための言葉。 その座右の銘を捲土重来とすることで、より高い場所を目指す意思を持つことができます。 また「捲土重来」が座右の銘だということを他人が知ると、「このひとは現状では満足しない向上心のある人だ」と認識してもらえることも。 もし座右の銘にする言葉に迷ったら、より高いところを目指す「捲土重来」はおすすめですよ! 【関連記事( 座右の銘に良い言葉)】• より上へ、勢い良く 捲土重来(巻土重来)には、再び活躍する・再起を図るという意味があります。 捲土には砂埃や土煙という意味があるため、その勢いはとても激しいもの。 現状に満足できない人や失敗してしまった人が、 再び活躍する意思が込められた言葉となるんですよ。 座右の銘としても使いやすく、人生に置ける指針としても力強い言葉となる捲土重来。 現状に満足せずより高いところを目指したいなら、ぜひこの言葉を活用したいですね!.

次の