子供 個性的。 いじめの原因は個性的だから?!

【個性的マスク】 夏用マスク 冷感 子供 大人 冷感マスク マスク 夏用 柄マスク マスク 洗える 冷感 夏用 繰り返し使える UVカット 接触冷感 スポーツマスク :mask024:Buymalljp

子供 個性的

「個性」ってなんだろう? 「個性」という言葉は、よいニュアンスを持ってよく使われています。 しかし、いまの大人たちはこの言葉に苦しめられてきたとも言えます。 いま大人になっている人たちは、「個性的であれ」とさまざまな場面で言われてきたのだけど、それとは裏腹に実際の学校や社会では、型にはまるように求められることが多く、そう言われる割には個性を育めるような教育や育てられ方をされてはきませんでした。 実のところ、それを求めていた頃の大人たちも本当の意味で「個性とはなんなのか?」が、わかっていなかったのかもしれません。 習い事などの宣伝文句として「お子さんの個性を伸ばします」などとしきりに言われていた時期もあります。 例えばなにかの習い事を習得したとして、場合によってはそこから派生してその人の「個性」につながることはあるかもしれませんが、習い事を身につけること自体は実のところ「個性」とはあまり関係のないことです。 「なにかを他者に優れて習得しているということ」、そのことは周囲の人と違うという差異であって、本当は 「個性的」なのではなくて、「個別的」ということです。 このように、これまで「個性」ということが今一つ理解されず、「他者と違うこと」と「個性」が混同されたまま、「個性、個性」ともてはやされてきたところがあります。 保育のなかでの「個性」 保育の現場でも、さまざまにこの「個性」にまつわる考え方が出てきます。 保育理念や保育目標の中でも、「子供の個性を尊重して…」「ひとりひとりを大切に…」「個々の人権に留意して…」などなど。 これらをきちんと理解して保育実践をする上でも、「個性」という言葉を適切に理解することは大切だと思われます。 まずひとつ知っておいて欲しいのは、これまで一般的に「個性」という言葉を「美点」というニュアンスで理解している向きがありましたが、本当の意味で子供の「個性」という言葉を考えた時、必ずしもそれは「美点」ばかりではないということです。 子供になにか足りなかったり、欠けている点があったりしたとしても、それを最初からいきなり「どうにかしなければ」と考える必要はありません。 否定せずに受け止めたあとに、「では、この子のためになにができるだろう?」と問題意識を持つことから子供を尊重した関わりは始まります。 これはほんの些細なことのようですが、この視点を大人が持つことで、子供へのアプローチは大きく変わります。 かつては「個性」を否定して、「正しいこと」を求めていた 具体的にはそれはどんなことでしょう? 以前は小学校などで、食事量が少なく、食べきれない子を給食の時間が終わってもそのまま食べさせ続けるといったことが当たり前にありました。 僕が小学生だった時のことです。 身体が小さくとても少食の友達がいました。 その子が給食を食べきれないでいると、その時間が終わって掃除の時間になっても食べさせられ続けるといったことがありました。 その子が半ベソをかきながら頑張って食べようとしていたことを子供ながらに覚えています。 さて、このようなことはもはや現代ではないと思いますが、ここには個性を正しく理解していない大人の考え方が表れています。 この子を指導していた先生も、その子によかれと思ってそのようにしていたのでしょう。 その先生には、まず最初に「こうあるべき」「こうならなければ」という子供に求める「正しい姿像」があります。 この場合は、「給食を残さず食べられるようになるべき」というものです。 食べられない子がいたとき、そのビジョンにのっとって、「食べられるようにしなければ」と考え、そのための手段として「食べられるまで努力させる」ということをしています。 しかし、この先生は「子供に求めるべき正しい姿像」のビジョンがあまりに強すぎるために、この子の個性を無視するという状態に陥ってしまっています。 食事を食べられる量というのは、これはもう人それぞれです。 つまり個性のあることですね。 確かに、少食の子がいたら健康や成長のために「食べられるようになって欲しい」と大人はその子のために望みます。 しかし、その子の個性を超えてまでそれを望むのは酷な場合もあります。 泣きながら給食を食べさせられていたこの子にとっては、まさにそうだったことでしょう。 その子の自尊心を傷つけ、「自分は他の子と同じようにできない劣った子だ」と劣等感や、疎外感を持たせてしまっていたのではないでしょうか。 保育・子育てで大切なのは「結果」よりも「意欲」 大人がいくら「正しいことである」「その子のためである」と考えたとしても、それの押しつけになっては意味がありません。 別の見方をすると、大人のこうしたアプローチは「結果を短絡的に求めすぎている」とも言えます。 安全に関わることや、「どうしても、いまできなければならないこと」であればしかたありませんが、子供には常に成長しています。 その長いスパンのなかで、少しずつでいいので「自分のちから」で前進していくことが大切なのです。 大人が無理やりやらせて目に見える結果だけを出したとしても、実のところ少しもその子のプラスにならないこともあるのです。 そのモチベーションを育み、子供が自分から笑顔で前向きに成長できることが大切だと僕は思います。 これは子供に限らずですが、人は自分のことを認められてはじめて前向きになることができます。 また、認められることで、その認めてくれた人への信頼感を覚えます。 それが厚く形成されることで、ことさら「ああしなさい、こうしなさい」と子供の姿をこねくり回さずとも、子供はその大人の望んでいる方向へと進んでいけるのです。 いますぐできなくとも、子供には未来があります。 また、成長しようという意欲はどんな子も持っています。 個性を尊重し、ネガティブな点であってもありのままに一旦受け止め、大人の考えの押しつけではなく子供の主体性(自分からとりくむこと)を重んじて、「信じて待つ」という姿勢を持っていられると、子供のいい形での成長を目にすることができるでしょう。 ここで例に挙げた給食指導のようなことは、いまではないかもしれませんが、同じような構造を持った子供への対応はいまだに多く見られます。 そのため「個性」というものをきちんと理解することは、子供へのよりよいアプローチのためのプラスになることでしょう。 この視点は、発達に特徴の強い子、家庭や生育歴に問題を抱えた子、障がいを持った子などの保育でも生きてくることと思います。

次の

【あびる優】子供(娘)の髪型が個性的!二重(アイプチ)の理由が自己中過ぎる件…

子供 個性的

《目次》• 消極的な子供になる原因 消極的な子供になる原因は、主に3つ。 最近、社会問題化している 「引きこもりの若者」。 その人たちの多くも… コミュニケーション力不足による 自信の欠如が主な原因。 「人付き合いは大好きだけど、引きこもってまーす!」 という若者はいないと思います。 つまり、 積極的な子に育てるには、 コミュニケーション力を磨くことが、一番の近道。 では、 そのためには、どのような子育てをしたらいいのでしょうか? 「親はなくとも子は育つ」時代ではない 昭和の頃は、夕方になると… たくさんの子供たちが、表に出て遊んでいました。 その中で、自然とコミュニケーション力を磨いていきました。 しかし、最近では… 塾・お習い事・ゲームなどが忙しいのか外で遊びまわる子供をあまり見かけません。 友達づき合いを通して、 コミュニケーション力を身につけることが難しくなってしまったのです。 引きこもり急増の原因も、こういった環境の変化にあるのでしょう。 だったら、 親が、子供のコミュニケーション力を磨いてあげるしかない! というわけで次に… 積極手な子供を育てるためのコツを、7つご紹介いたします。 「双方向」のやり取りです。 これを苦手にしてしまうのが… テレビの観すぎ。 テレビは、アナウンサーやタレントが 「一方的」に話しかけてきます。 相手がどれだけ熱く語っても、相づちを打つ必要すらありません。 そのため、テレビばかり観ていると… 「うなずきもせず、ただ聞くだけ」という 悪いクセが身についてしまうのです。 子供の相手を、 「テレビ任せ」にするのではなく、積極的に 「親子の会話」を増やしていきましょう。 女性の会話でも… 「だよねー」 「わかる、わかるー」 と、共感の連続。 人の気持ちがわかる子供に育てるには 「相手の気持ちを想像させる練習」が必要です。 海水浴• 山登り• 科学館• 工場見学• 日曜大工 などなど、 経験はそのまま「話のネタ」になります。 大人だって、何かを体験したら、誰かに話したくてウズウズしますよね。 反対に、 経験が乏しい人は、会話も乏しい。 また、 世界が狭いと 「自分の意見」を持てなくなります。 グーグルで 「子供 体験型」と検索すると… たくさんの「おすすめスポット」が出くるので、目を通してみるのも良いかもしれませんね。 積極性• やる気• チャレンジ精神 これらのエネルギー源は、 「自信」です。 「自信」と「積極性」は比例します。 子供に自信をつけさせるには… 「 褒める」のが一番! 人から褒められることがなければ、「自分の長所」を自覚できませんからね。 「これでもかっ」ていうぐらい、どんどん褒めてあげましょう。 親の褒め言葉は、 いつまでも記憶に残り、 心のエネルギーになります。 子供は、コミュニケーションが苦手になってしまいます。 大人ですら、 「いま忙しいから!」と上司に突き放されたら、もう話しかけたくないですよね。 反対に… 子供の話に「関心を寄せる」ことで、子供はコミュニケーションが好きになっていきます。 聞きかたのコツは…• 目を見て• 笑顔で• うなずく そして、 できれば 「 手を休めて」聞いてあげましょう。 でも、最近は友達同士で遊ぶ場がとても少なくなりました。 だったら、親がそのチャンスをつくってあげましょう。 家族ぐるみで付き合う• いとこと会う機会を増やす• スポーツクラブに入る• ボーイスカウトに入る スポーツやアウトドアなど、のびのびと遊べるものが良いですね。 そのため、日本の社会や学校では、 叱ってでも「型」にはめようする傾向があります。 校則でも… 「前髪はここまで」とか、 「スカートの丈はここ」とかって。 そうやって個性をつぶしていった結果、子供がどう育つかというと… 「指示待ち人間」 「マニュアル人間」 になってしまいます。 言われた通りにやれば、叱られずに済みますからね。 でも、これではあまりにも消極的ですよね! 積極的な子供に育てるには 「 個性を認める」ことが大切です。 子供の意見に疑問を感じても… 「なるほど、そういう考え方もあるのね!」という感じで。 子どもがどんな絵を描こうとも… 男の子なのにピンクが好きでも… 箸の持ちかたが非効率でも… 「ひと言」言いたくなる気持ちをグッとこらえて、我が子の個性を認めてあげましょう。 「 言葉」を「 忍」ばせると書いて「 認める」。 そのままの 個性を認めてあげることで、子どもの「積極性」が育ちます。 子供の積極性・まとめ 大人になって社会に出ると… 学力はほとんど必要ありませんが、 「人とうまくかかわれない」というのは 致命傷になりかねません。 コミュニケーション力を磨いて、 積極性を身につけることで、 子どもは、自信満々で社会に出ていけます。 最後に「子供の積極性を育てる7つのコツ」を簡単にまとめておきます。 お子さんの消極性に不安のあるかたは、 1つだけでもいいのでぜひ実践してみてくださいね。

次の

ヤフオク!

子供 個性的

Contents• 親が子供の個性を潰していた事例 先日、「子供の個性を伸ばす」がウリの子ども園に、見学に行ってきました。 学園長さんが、子ども園の方針を一通り説明して下さった後。 保護者からの質問タイムがあったのですが…。 そこで違和感を感じる出来事があったのです。 どういうことか? と言いますと… 学園長の説明の後、保護者からの質問タイム 子ども園の説明会に来ているくらいですから、参加している保護者の方も、皆さんお子さんの教育のことを熱心に考えている方ばかりです。 その中で、保護者の方から、以下のような質問が出ていました。 その日その日に何をするのか?は、子供たちを見て決めていきます。 なので、今は具体的に「これをします」とは、正直言えないのです。 子供たち次第なんです。 この回答を聞いた保護者の方は、「分かりました」と返事はしていましたが、なんだかしっくりこないような顔をしていました。 会場全体も、なんだかモヤモヤしたような顔。 この違和感はなんだろう?と考えてみたら、実はこういうことだったのです。 違和感の正体は、「与えるか?引き出すか?」の違いだった 結局のところ、保護者側の質問はすべて、 「子ども園では、子供に何を与えてくれるんですか?」という質問だったのです。 それに対して子ども園側は、こう言いたかったのだろうと思います。 基本的に、子供に与えるものは、何もありません。 子供は、自分の成長に必要なものは、すべて持っているのです。 それを引き出すのが、子ども園の役割なのです。 親は、子供の成長を願うあまり、無意識に「何を与えてくれるか?」を重視している。 一方、その子ども園は、 与えるのではなく、「子供が本来持っている可能性を引き出す」ことを重視している。 この違いが、会場のモヤモヤ感を生んでいたのです。 そもそも、教育の語源は「引き出す」 「教育」という言葉の語源を調べてみると、次のように書かれています。 「英語: education」や「フランス語: education」は、ラテン語: ducere(連れ出す・外に導き出す)という語に由来することから、「教育とは、人の持つ諸能力を引き出すこと」とする。 (ウィキペディア参照) つまり、 教育の語源は「与える」ではなく、「引き出す」なのです。 この出来事を通じて、私自身もハッとしました。 子供の個性を伸ばしたい!と思っている一方で、無意識に「何を与えてくれるのか?」ばかり気にしてしまっていたな、と。 私はこのことに気付いて、この子ども園のことが好きになりました。 では、「しつけ」はどうするのか? こういう話をすると、次のような不安を感じる方もいるのではないでしょうか。 でも、大丈夫です。 安心して下さい。 実は、大事なのは「順番」だったのです。 どういうことか?と言いますと… 集団を作るために「個」がいるんじゃない その学園長さんは、こんな話をしていました。 年齢 大事にすること 例 0~3歳 「自己肯定感」 無条件の愛を注ぐ• お友達を叩いたら痛いよね、ゴメンナサイだね。 お友達も遊びたいから、順番に使おうね 6歳~ 「勉強」 自発的に学び、成長していく• アレはなんだろう?コレはなんだろう?• もっと知りたい!楽しい! 最初に、個を認める。 承認する。 無条件の愛を注ぐ。 そうやって、自己肯定感が育まれていきます。 それが、しつけや勉強を支える土台になるのです。 いつから教育は「与える」ことになってしまったのか? では、いつから教育は、「与える」ことを重視するようになったのか? その発端は、プロイセン教育にあると言われています。 簡単に解説しますね。 現代の教育のお手本は「兵隊を育てる教育」 現代の教育のお手本は「プロイセン教育」だと言われています。 1819年ごろ。 プロイセン(今で言うドイツ)では、富国強兵のために、プロイセン教育が作られました。 これは言ってみれば、 「強い兵隊を育てるための教育」です。 集団生活に慣れさせ、皆と同じことができるようにする。 まっすぐ並ぶ、はい!と言える、命令に従える。 こういった、従順で従属的な人間を育てるために作られたのが、プロイセン教育です。 この教育も、確かに効果はあります。 決まったことを決まったカリキュラムで与えていくので、効率がいいのです。 結果、プロイセンの富国強兵の政策は、上手くいきました。 しかし、個性は排除されました。 個性は、集団を乱すので、効率が悪いと見なされたのです。 結果的に、個性を消した、命令に従う軍隊ができあがりました。 これが、先進国の教育のベースになっているのです。 それ以前の教育は、もっと自由だった プロイセン教育より前の教育は、もっと自由でした。 例えば、紀元前のギリシャ。 アリストテレスやソクラテス、デモクリトスといった優秀な学者が、次々と生まれました。 彼らは、自由な議論の中で、個々に興味を持ったことを追求していきました。 その結果、現代ほどの科学技術が発達していないのに、以下のような数々の大発見をしています。 この時代は、顕微鏡もなければ、望遠鏡もありません。 彼らは、興味を追求し続けたことで、これらの結論を導き出したのです。 このように、 興味をベースにした教育は、大きな成果につながっていくのです。 子供の個性を伸ばすために、親が果たす5つの役割 (1)大事なのは、「子供を観察すること」 個性を伸ばす教育という点で、よく注目されるのが、モンテッソーリ教育です。 モンテッソーリ教育では、 「子供を観察すること」を強く進めています。 子供が、何に興味を持っているのか?• どんなことに、時間も忘れて黙々と取り組んでいるのか?• 子供の顔がパッと輝く瞬間は、いつなのか? こういったことを、大人が観察する。 そして、子供の興味を見つけたら、それを引き出せるようにサポートする。 大人がすべきことは、与えることではなく、興味を見つけ、それを引き出すサポートをすることなのです。 (2)大人がやるべきは、「環境を整えること」 先ほど、「子供の興味を見つけ、それを引き出すサポートをする」と言いました。 そのサポートとは、 「環境を整えること」です。 教具を用意する• 遊び方を教える• いろいろな人と関わる機会を用意する(コミュニケーションの中で成長していきます) こうやって、環境を用意することが、大人がすべきことです。 子供は、自分で成長する力を持っています。 余計な手出しを刷る必要はないのです。 (3)答えをすぐに教えない。 「待つ」大切さ 大人は、とかく子供に手出ししすぎてしまう傾向があります。 子供を愛してのことなのですが、「待つ」ことも大切です。 自分で答えを見つけたり、気付きを得ると、それは一生の宝物になります。 (4)「否定しない」子供の個性を受け入れる 大人は、自分の理想を、無意識に子供に求めてしまうことがあります。 また、子供が想定していない方向に進み始めると、大人は不安になります。 しかし、そこで子供を否定せず、受け入れましょう。 例えば、子供がお絵かきに夢中になっているとします。 来る日も来る日もお絵かきばかり。 大人としては、これを見て「芸術はお金にならないよなぁ。 英語を習わせたほうが役立つよなぁ」と思って、お絵かきを取り上げてしまうのは、その子を否定していることになります。 子供の興味をそのまま受け入れ、それを伸ばしてあげましょう。 (5)子供は親の所有物ではない。 一人の人間として「尊重する」 子供は、親から生まれてきます。 しかし、子供は、親の所有物ではありません。 一人の人間であり、個性があります。 親とは違うことに興味を持ったり、違う道を進みたいと言い出すこともあるでしょう。 そういった時は、子供を信頼して、歩ませましょう。 極論すれば、子供の人生は、子供自身が責任を持てばいいのです。 人間は誰しも、自分の人生に責任を持っています。 責任をもつからこそ、自立し、成長していけるのです。 まとめ:子供は誰でも天才である 私が好きな言葉に、こんなものがあります。 天才とは、蝶を追っていつのまにか山頂に登っている少年である。 ~ジョン・スタインベック(アメリカの作家)~ 子供は、誰でも天才です。 天才とは、一握りの人間だけのことを指すのではありません。 天才とは、 「自分が熱中できるものを見つけ、夢中で取り組んでいる内に、才能を開花させてしまう人」のことです。 そういった意味で、誰でも天才なのです。 子供は、成長する力があって、すでに全てを持っているのです。 大人は、その子の個性・興味を観察して、それを伸ばせるようにサポートする。 これが、真の意味での教育なんだと感じます。 近年、モンテッソーリ教育やシュタイナー教育、ギフテッド教育、サドベリーバレースクールなど、個性に着目した教育方針が注目されてきています。 実際、以下のような有名人も、これらの教育を受けています。 モンテッソーリ教育• ラリー・ページ(Google創業者)• セルゲイ・ブリン(Google創業者)• ジェフ・ベゾス(Amazon創業者)• ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)• マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)• ジミー・ウェールズ(ウィキペディア創業者)• ジョージ・クルーニー(アカデミー賞俳優)• アンネ・フランク(アンネの日記)• ヨーヨー・マ(世界的なチェロ演奏者)• ウィリアム王子、ヘンリー王子(イギリス王室)• 村上虹郎(俳優) シュタイナー教育•

次の