オセロ ニア アレス。 【オセロニア】アレスデッキのレシピと使い方を解説|ゲームエイト

【オセロニア】アストライア|評価と使い方

オセロ ニア アレス

面白いデッキって、、、? 実はオセロニアンの仲間内で「ネタデッキを作って戦おう!」という話になったんです。 いわゆる 「おもしろ系のデッキ」です。 それで完成したデッキがこれから見せるデッキです。 ただ、面白いデッキとかいう言い方をしちゃうと、「な〜んだっ。 そんなもんかよ。 シャイターンはコストが「30」とかなり重量級で、これまでは運用をやや敬遠していたんですけど、試しにいい機会なので使ってみたらこれが ヤバイくらい強い。 w さあ!簡単なお話はここまでにして、詳しくはここからお話ししていきます! スポンサードリンク 実況もどき さあ!バトル開始です! 相手のリーダーがで、HPが26242となっています。 なんとなく神駒が中心で間に何枚か魔駒あるいは竜駒が混じっているのかな?っていう感じですね。 私は後攻で開始手駒はこんな感じ。 可もなく不可もなくの手駒です。 相手の1ターン目。 相手はアズリエルを配置してきました!初手でアズリエルです! アズリエルの猛毒が3ターンも序盤で飛んでくると、大きくHPアドバンテージを相手に取られてしまうので、当然私としても早い段階でひっくり返したいですね。 私の1ターン目。 配置する駒はダークアサシンとは最初から決めていました。 置く場所が普通なら右から2列目の上から2列目のマスに置きに行くところなんですが、今回も同じようにそのまま置きに行くと横1列に黒を伸ばされて結局アズリエルを返せずじまいに終わる気がしたので、 仕方がないので 初手からバトルの行く末をも大きく左右するくらいの賭けに出ることにしましたw そうです。 「X打ち」です。 配置する駒は引いたばかりのトゥーミエです。 もう何も考えずに無心で角に配置します。 中央下にフェアリーフェンサーを配置してきました。 結構強力なA駒ですよね。 わかりますわかります。 配置しただけで2500近いダメージを飛ばしてくるんですから確かに強いです。 相手のアズリエルが強いので私も負けじと中央上部にアズリエルを配置。 この時点で私のアズリエルはひっくり返されることはありません。 w さあ、さらにどんどん相手の置ける場所を無くしていきますよ〜?? 相手の4ターン目。 相手は私のアズリエルの下に神闘化L(エル)を配置してきました。 神闘化Lは盤面で表になっている間かなり強力なデバフスキルが発動しているので、すぐにでもひっきり返したいところですね。 ただ、配置された場所が私にとっては好都合な場所なので問題ナッシング!w 私の4ターン目。 アゲハを先ほどトゥーミエのコンボスキルで変換された魔強化マスに配置していきます。 すかさずアゲハをポーリュプスで返してきました。 ポーリュプスはただのカウンター駒で特殊ダメージは発生しないので、ここは残念ながらアゲハのスキルは活かせず。。。 この シャイターンがねえ、ほんっとうに強い。 素晴らしい。 笑 相手の6ターン目。 私のアズリエルの左にヴィルニーを配置してきました。 臆病者の私は、「一気に削りに行って下手に相手のHPを残してしまうことで大逆転負けする」という事態を防ぐために、ヴィルニーの右にルキアを配置。 シャイターンの左にオキクルミを配置。 オキクルミが来た時は本気で焦りました!!!オキクルミは2枚返しのところだとめっちゃ強いんですよ。。 というわけでこのターンで勝負を決めます。 ルキアの3つ下に、ジルドレをシャイターンとコンボを組んで配置。 相手のターンなのにダメージを与えられることが多い 罠やカウンターは特定の条件を満たしたり相手の駒にひっくり返されることで、 「自分が受けるダメージを増幅させて相手に返す」ということが多いです。 これによって、自分のターンにその駒を配置した時の通常攻撃に加え、相手ターンでも攻撃に応じてかなりのダメージを与えることができます。 相手に思ったように駒を置かせず、翻弄できる 罠駒 罠駒は盤面に配置されると相手には「?」マークの駒で表示され、どんな発動条件で発動するキャラなのかわからないので、 相手ははうかつに大きなダメージを与える駒を置くことができなくなります。 通常攻撃を返すのか、特殊ダメージを返すのか、あるいはその両方を返すのか。 いったいどんな条件で発動するのか。 そのため、相手は場合に応じてそのカウンター駒をひっくり返すのを避けることもできますし、攻撃力が低い駒でひっくり返してダメージを低く抑えることもできます。

次の

【モンスト】アレス(獣神化)の最新評価!適正神殿とわくわくの実

オセロ ニア アレス

ロビンフッド S駒の評価 私立オセロニア学園ガチャで排出される限定S駒は18枚。 そのうち新規追加が3枚、昨年登場した駒が15枚です。 昨年登場したS駒のうち3枚が闘化解放されました! 学園クローマは1ターン限定の強力な特殊ダメージ防御スキルを搭載。 性能は優秀ですが、 通常攻撃ダメージは防御しない点に要注意。 特殊ダメージのみの防御であれば倍率は低くなっても数ターン持続した方がいいかなと思います。 学園モルモーは永続的な吸収効果アップスキルを搭載。 [闘化]廻魏羅+セラムよりも千代+学園モルモーの方が吸収バフが高くなります。 ただ千代リーダーならS枠は強力な吸収スキルを持った駒を入れたいですね。 学園ロビンフッドは捕食スキルを搭載。 呪われている時とそうでない時で火力が変わってきますが、 呪われている時は[闘化]マリーツィア以上の回復量です。 ただし「この駒が呪われているとき」の条件の駒は少し使い勝手が悪いですね。 [闘化]学園ファヌエルは囁き系のデバフスキルを搭載。 頑張ってもデバフ率は[進化]ヒアソフィアや[神闘化]アディには届きませんが、 コンボスキルが神囁きデッキ向けなのは嬉しいです。 [闘化]学園ドルシーはATK最大の手駒ロックを搭載。 HP条件があるもののA駒のリティスで代用可能です。 [闘化]学園ノクタニアは置きバフ+自分の手駒呪いスキルを搭載。 バフ倍率は正月ロラインと同等ですが、手駒を呪ってしまう点に要注意。 暗黒竜デッキで使うことになりますが、 リーダーオーラと合わせると呪いがダブってしまうので気をつけましょう。 No キャラ 総合評価 2317 【魔属性】 [進化] 2点[闘化] 3点 A駒の評価 私立オセロニア学園ガチャで排出される限定A駒は12枚。 新規追加されたのが1年D組シウンリー、1年C組ナルクレプス、3年B組ジャッジドレイクの3枚です。 学園シウンリーは囁き系バフスキルの通常アタッカー。 神A駒の通常アタッカーではトップクラスの火力を誇りますが、最大倍率を出せるのが他の駒に比べると遅めなのがネックです。 学園ナルクレプスは罠スキルを搭載。 罠倍率は悪くはありませんが、比較的小さいダメージでしか反応しません。 学園ジャッジドレイクは威圧スキルを搭載。 2ターンの威圧で、コンボスキルは優秀です。 暗黒竜デッキやチャージ竜デッキといった中期戦になる竜デッキに向いていそうです。 No キャラ 総合評価 2314 【神属性】 2点 ペンキコインで交換可能なキャラの評価 イベント期間中はペンキコイン交換所が登場します。 コロシアムなどイベントを通してペンキコインを獲得可能。 貯めたペンキコインは限定キャラと交換することができます。 新規追加されたのは魔A駒の2年A組ミュケースとコスト15の竜A駒の年長星組メリードラゴン。 [進化]学園メリードラゴンは竜鱗スキルを搭載。 ただコスト15の割にはコスト10の3周年ランドタイラントと同等の性能。 コンボが貫通スキルなのは嬉しいですね。 [闘化]学園メリードラゴンは置きバフスキルを搭載。 サマーアルンや呂蒙のような性能です。 サマーアルンのようにコンボが限定されず、呂蒙のように発動条件がない点がgood。 ただしコスト15なら先に挙げた2枚を使った方が無難かなといった印象です。 学園ミュケースは永続的な毒スキルを搭載。 毒ダメージ量は低めですが、コンボスキルが呪いという点は特徴的です。 また過去に登場した学園ジークフリートや学園ウルとも交換できるので取り逃がした方はぜひゲットしておきましょう。 【S駒】 No キャラ 総合評価 2774 【魔属性】.

次の

【オセロニア】アレス|評価と使い方

オセロ ニア アレス

そのため進化・神化の点数を削除。 5 広範囲に攻撃できる友情とスピード倍率の高い貫通変化SSは評価できるが、現状必須となるクエストは少ない。 適正度を考慮し、点数を8. 5で確定とした。 そのため進化・神化の点数を削除。 0 火力の面では優秀だが、低いスピードが立ち回りの面でネック。 0点とした。 5 同じアビリティを持つと比較して劣らないと判断。 爆発SSでの火力も出せるため、点数を8. 5点に変更。 出現頻度の高い2つのギミックに対応しているため、連れて行けるクエストが多い。 特にで活躍できる。 対神族に特化した攻撃性能 進化はゲージに神キラーMを持つ。 神族に対しては一回当たるだけで約5万のダメージを与える事が可能。 有利属性であれば7万近いダメージを出せるため、高スピードを活かしたカンカンが非常に強力。 神族のクエストは多いものの、GBやワープなどが出現するクエストでは思うようにダメージを与えられない。 火力に期待できない友情 神化の友情コンボは十字レーザーELと毒拡散8。 パワー型のため友情の威力が低く、十字レーザーELでも威力が約9000と低い。 毒拡散の継続ダメージも1万5千と低いので、ミリ残った雑魚を処理できない事も。 アレスの総合評価と使い道 進化、神化で役割の違うモンスター。 神化は汎用性が高く、の適正。 進化は連れて行けるクエストは少ないものの、神族に対しては無類の強さを誇る。 手持ちが少ない場合は神化、ある程度揃っている場合は進化して使うといい。 出現頻度の高い地雷・重量バリアの2つに対応しており汎用性は高い。 またボスに多い神族に有効な神キラーMを持ち、アタッカーとしても活躍する。 スピード倍率の高い貫通変化SS アレス(獣神化)のSSは貫通変化。 と同様で、攻撃倍率はかからないが、スピード倍率が非常に高い。 キラー対象の弱点往復で、530万以上のダメージを出すことができる。 アレス(獣神化)の弱い点 クエスト次第では火力を出しづらい友情 アレス(獣神化)の友情は8方向レーザーELと貫通毒ロックオン衝撃波。 8方向レーザーELは1本あたりの判定が広く、広範囲の敵に攻撃できる。 しかしLBには阻まれてしまうため、クエストによっては火力を出せない。 アレス(獣神化)の総合評価と使い道 アレス(獣神化)はWアンチアビや貫通変化SSを持ち、連れて行けるクエストの幅は広い。 またゲージに神キラーを持ち、アタッカーとしても活躍が見込める。 進化・神化より使い勝手が非常に良くなったため、所持しているなら獣神化しておこう。 95 タス後限界値 22154 22551 458. 48 ゲージショット 成功時 - 27061 - キラー発動時 - 54122 - Lv120時ステータス ステータス HP 攻撃力 スピード Lv120 18601 20686 420. 60 タス後Lv120 23501 23486 477. 55 タス後限界値 24136 30585 280. 95 タス後限界値 21817 21923 431. 55 タス後限界値 15748 16096 400.

次の