オジサンズ ネット。 オジサンズ(地図/伊勢崎/イタリアン(イタリア料理))

『美味しい穴場のイタリアンのお店♪』by crea1002... : オジサンズ (ojisans)

オジサンズ ネット

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

オジサンズ11

オジサンズ ネット

赤堀の方にある、オジサンズさん。 前から行ってみたいと思ってたのですが、なかなか機会がなくて。 2ヶ月程前に行ったときは、定休日で。 今回は開いてました、よかった 笑 平日の12:30頃訪問。 予約のお客様がけっこういるみたいで、テーブル埋まってました。 カウンターにも予約2名分確保されていたので、ヘタすると満席で危なかったけどセーフ。 ランチメニューは、Aセットはパスタ5種類、Bセットはピッツァ5種類から選べます。 パスタは、人気No. 1という、地元野菜たっぷり!ペペロンチーノ(自家製玄米こうじ仕立)にしてみました。 前菜 サラダ、スープ、レバパテ、ベーコン、たまご、青海苔フリッター、ブロッコリー等の野菜少々、といったところでしょうか。 少しずつ、いただけるのは嬉しいですね。 家庭的な気取らない前菜です。 地元野菜たっぷり!ペペロンチーノ(自家製玄米こうじ仕立) 色んなお野菜が入っていて、彩りがキレイです。 野菜はその時によって違うようです。 具は、ブロッコリー、かぶ、ズッキーニ、青菜、かぼちゃ、赤パプリカ、キャベツ、ベーコン。 パスタ、なかなかおいしかったです。 ドリンク アイスコーヒーにしました。 他のメニューも食べてみたいな、と思いました。 ごちそうさまでした。

次の

『やっぱり美味しい!』by らじお : オジサンズ (ojisans)

オジサンズ ネット

テンプレートを表示 『 オジサンズ11』(オジサンズ・イレブン、英字表記: OJISANS ELEVEN)は、からまで系列で毎週月曜22:00 - 22:54()にされた。 一部局では遅れ放送であったが、詳細は。 日本テレビ系列局のないでも系列のが2007年12月から放送開始。 字幕放送が実施されている。 なお、字幕放送は、収録スケジュールの都合上字幕放送用の字幕編集が間に合わない場合があるため、喋った内容が数秒遅れで表示されるリアルタイム字幕放送形式を採っている。 タイトルは、の『 』から引用。 での表記は『 オジサンズイレブン』と全てで表記されている。 概要 [編集 ] 特番からレギュラーへ [編集 ] 、13:30 - 14:55(枠)でプレビュー版が放送され、系列局のでも同年4月29日、では9月22日に遅れて放送された。 その後より月曜22時台でレギュラー化された(初回は30分拡大)。 在京放送局の元メインアナウンサーら11人、通称オジサンズが集まり、今のニュースやテレビについて議論や取材を行うのが当初の主な内容であった。 単発時とほぼ同じだが、レギュラー放送に昇格したため、視聴者からネタを募集していた。 また、それと同時に出演者の中から派遣してほしいリポーターのリクエストも募集していた。 出演者が独自取材しプレゼンする「 ジャーナル・アイ」が番組の基本形態。 そのときの「ジャーナル・アイ」担当者はMC席と言われるテーブルのような簡易台のある位置まで自動的に席ごと移動(円状に着席しているので回転)する形式である。 レギュラー出演者の(日本テレビアナウンサー)が、朝起きられずに悩んでいる女性の家を訪問して、わざわざたたき起こす企画も行われる。 同じくレギュラー出演者のが、かつて『』で国内予選敗退組がくやしさを徳光にピコハンでぶつける企画が復活。 第1回では新橋のサラリーマンたちの社会への不満を、第4回ではキャバクラ嬢の不満をぶつけられた。 徳光が同情するような不満なら、ゴールデンピコハンで叩かれる。 テロップフォントや効果音、などは、『』とほぼ同じものを使用している。 この番組のスタッフは、一部『世界一受けたい授業』『』にも携わっている。 企画によっては相当体を張った過激な企画も行われる。 第2回では、生島ヒロシが濾過機で濾過した自分のを飲んだり、辻よしなりが番組のためにを行った。 『』のジングルが時折使われる。 流れるのは主に席の移動開始〜終了の時。 毎週、今「旬」なを1組または1人を呼びネタを披露させ、出演者達のリアクションを見せるコーナーがある。 ジャーナル・アイの内容によっては週またぎ方式を取る事がある。 これは、編集に莫大な時間を費やしていることや編成上、延長放送が出来ないことや後続の番組の遅延が出来ないための措置である。 11月になってから、ロケよりスタジオトークに費やす時間が増え、ジャーナル・アイも初回に比べると数は少なめになっている。 また取り上げるネタの鮮度により優先順位が変わるため前週予告していた内容が半分以上差し替えられることもある。 そのため次回予告は流れなくなった。 はオジサンVS新成人100人と題して討論形式になった(収録は1月9日)。 かつて系で放送していた『』とフォーマットが類似している。 2008年(福留功男66回目の誕生日)は、「タイムリミットーク」という、お題と制限時間をルーレットで設定して制限時間内にしゃべりきり、その内容を観客に判定してもらうゲームを行った。 2008年1月からは逆に、羽鳥に対して他のオジサンズの面々が食事で接待してへ勧誘(番組終了後に実際に羽鳥はフリーに転身した)する「オジミシュラン」等のロケ企画も多くなり、さらに「ジャーナル・アイ」も廃され、ひな段上にオジサンズが着席してトークやVTRの鑑賞をする形となった。 「オジミシュラン」の中では、徳光がTBS局内に嫌がる羽鳥を無理矢理入れたり、テリーが流れでニッポン放送局内に入れるだけでなく『』に出演させる等、羽鳥が他局に足を踏み入れることが多々あった。 小倉の接待では、利きワインを間違えて、普段は『』で芸能人の自腹を見届けている羽鳥アナが、他番組ながら逆に自腹の餌食となった。 生放送スペシャル [編集 ] には、初の2時間スペシャルが21:00からのとして実施され、当時は通常6日遅れネットだったFBCでも同時ネットで放送された。 レギュラー出演者のうち、福留だけは欠席。 準レギュラー出席者は山中、峰、薬丸、中山、大和田。 また辻が秋葉原から、梶原が沖縄から中継レポーターとして出演した。 進行役は博士ではなく羽鳥だった。 ラストでは徳光を進行役に据え、命日を迎える の話題が取り上げられた。 存命ならば当番組にレギュラー出演していてもおかしくないということから、出演者の計らいで逸見の席も用意されており、また生前逸見と親交が深かったもゲスト出演。 このスペシャルでの視聴率は10. クイズ番組へ [編集 ] 2008年4月から正式にクイズ番組として全面的にリニューアルされた。 それと併せても同時ネット化されることとなった。 リニューアルに先立ち、2008年に放送された2回目のスペシャル(21:00 - 22:48)では「オジサンVS芸能人30人クイズ対決」が放送された。 この回のみオジサンズ側に当時のが参加。 優勝はの。 リニューアル初回である2008年には22:00からの1時間半枠で3回目のスペシャルを放送した。 これにより、今まで進行役を務めていた博士が解答者側へ、羽鳥アナが進行役へそれぞれ異動。 更にスタジオ出演するオジサンズの人数も、徳光・福留・小倉らを初めとした7人に減り、梶原、徳光正らは主にロケVTRで出演する形となった。 2008年9月8日放送分の「総集編」をもって本番組は終了。 10月からは『』が土曜17時台後半より移動する形でスタートすることとなった。 2008年3月以前 [編集 ] レギュラー [編集 ] 全体進行• (元アナウンサー)• (元アナウンサー)• (元アナウンサー) 「」(2008年9月終了)司会• (元アナウンサー) TBS「」元司会• (俳優、キャスター) テレビ朝日「」(放送は現在も継続中だが、大和田は2009年9月に降板)司会• (元TBSアナウンサー) TBS「」元司会• (元フジテレビアナウンサー)• (元テレビ朝日アナウンサー) テレビ朝日「」元司会• : 補足 [編集 ]• 上記のレギュラー7人と準レギュラー4 - 6人の合計11 - 13人が参加• (日本テレビアナウンサー) レギュラー [編集 ] オジサンズ• 解答者• (浅草キッド)(ゲイニンズ)• (イケメンズ)• (グラビアーズ) 準レギュラー [編集 ] オジサンズ• 解答者• (ゲイニンズ)• (オバサマーズ)• (オバカーズ)• (アイドルズ) ナレーション [編集 ]• (プレビュー版)• (レギュラー版) 主なゲスト [編集 ]• (第1回、徳光和夫のジャーナルアイ・質問イレブン)• (日本テレビアナウンサー、第1回、露木茂のジャーナルアイ)• (第2回、峰竜太のジャーナルアイ・質問イレブン)• (第2回・第3回、梶原しげるのジャーナルアイ・みのもんたに密着VTR出演)• (第3回、水道橋博士のジャーナルアイ・質問イレブン)• (亀田家問題)• ・(質問イレブン)• (第1回生放送スペシャル・逸見政孝の話題で出演) ほか ルール(2008年4月~) [編集 ]• グラビアーズ、オバカーズ、イケメンズ、ゲイニンズ(博士はこのチームに所属)、アイドルズ、ママドルズ、オバサンズ、元アイドルズ、つんくーズ、ジャニーズ、メタボーズ、スポーツマンズ、フォーリナーズ、ヤンキースなど。 お金力、歴史力、地理力、トレンド力、社会力、スポーツ力、生活力、業界力、国際力、エコ力、防災力、食育力、治安力、品格力など。 1人ずつ順番に、オジサンズの中から1人を指名。 指名された人が問題を出題する。 問題は記述式、三択問題、早押し問題などさまざまである。 早押し問題は正解すると3ポイント獲得、それ以外は1人正解につき1ポイント獲得。 チームで相談して解答する場合もある(主に三択問題)。 放送分からは、1人が問題を出題した後、それ以外の2人または3人のオジサンズが発表する選択肢の中から答えを選ぶ「ウソつきオジ2択(3択)」が登場。 番組中数度、逆に解答者側がオジサンズ7人に対して問題を出題する「下克上チャンス」が発生。 アトランダムに選ばれた1チームの代表者が(主に最新のトレンドから)クイズを出題、オジサンズが解答する。 オジサンズの過半数が不正解であった場合、「不正解者の人数-正解者の人数」ポイントを獲得できる。 出題の大半はグラビアーズかゲイニンズが多い。 最終問題は、「大逆転! ウソつき3択 フェイクニュース」。 福留・徳光・小倉がそれぞれ読み上げる世界のニュースの中から、本当に起こったニュースはどれかをチーム内で相談して答える。 最終的に最もポイントが多かったチームの優勝。 週変わりで、生活力をアップさせる生活グッズが、賞品として贈られる。 スタッフ [編集 ] プレビュー版 [編集 ]• 構成:、、小山賢太郎、大井洋一、石塚祐介• TM:新名大作• SW:米田博之• CAM:山田祐一• AUD:池田正義• VE:弓削聡• 照明:鈴木道隆• TK:坂本幸子• 音効:佐藤裕二• 編集:岡田秀一• MA:村尾博一• デスク:西村友美• タイトル:守屋健太郎• ロゴデザイン:宮井勇気• 美術:高野豊、近藤純子• AD:切替愛、武藤和也• ディレクター:長瀬久司、小林淳一• 総合演出:• チーフプロデューサー:• 制作協力:、、• 制作著作: レギュラー版 [編集 ]• 構成:、、、石塚祐介、 、小山賢太郎、近藤祐次• TM:江村多加司• SW:米田博之• CAM:山田祐一• 音声:池田正義• VE:舘野真也、佐藤満• VTR:外城勇一、佐久間治雄• モニター:小内一豊• ロケ技術:• 美術:高野豊• デザイン:道勧英樹• タイトル:守屋健太郎• CG:• 美術協力:• メイク:リップスティック• 照明:真壁弘• EED:岡田秀一・鳥塚幸輔(ギヴアンドテイク)• MA:村尾博一(ギヴアンドテイク)• 音効:黒澤隆昌・村松聡()• TK:坂本幸子• リサーチ:CAMEYO、、、ビスポ、OFFICE HIT• 広報:高松美緒• デスク:小林祐子、保科邦子• 編成:前田伸一郎、安島隆• マーケティング:井原亮子• AD:川村佳代、土屋幸平、久保田裕介、木下誠、石丸貴寛、春山正宏、辻仁史、切替愛、尾台優美、伊藤貴幸、今尾修平、武藤和也、小林圭子、久保田博哉、本河隆志、大野優一、清水歩、鬼塚祐里、蛯原俊行、伊東克郎、松川裕範、國枝正樹• AP:村越多恵子、鈴木美帆、安田友里、杉本憲隆• 制作進行:山川好美• ブレーン:香川春太郎• 総合演出:• チーフプロデューサー:• 制作協力:、、、• 制作著作: 過去のスタッフ• TK:山沢啓子• 編成:吉田和生• デスク:西村友美• AP:、菊岡郁枝• プロデューサー:斉藤みさ子• 単発時にはいなかったのOBがレギュラー放送では登場している(小倉智昭)。 そのため、レギュラー放送では、を含めた、在京キー局すべてのOBが参加したことになる。 単発時にはラジオ局OBとして梶原しげるが参加していたが、レギュラー放送では、梶原のほかに吉田照美が参加している。 なお、2人とも出身者である(の著名なOBには、などがいるが番組には参加していない。 これは文化放送と異なり、テレビへの露出が多いOBがほとんどいないことが一因であろう)。 NHKのOBは、単発時の佐藤充宏とレギュラー化以後の宮川俊二しか出演しておらず、「」「」に起用されているがなぜか当番組には出演していない。 レギュラー出演者にゆかりが深い人物 (梶原…文化放送時代の後輩、徳光…立教大学の先輩)がいることもあり、時折の話が出ることがある。 単発時には「みのが仕事を取りすぎだ」「みのもフリーになりたてのころはまったく仕事がなかった」などの話題に終始し、水道橋博士が「みのさんを偲ぶ番組みたいですね」と言った。 レギュラー化・初回では「」のアシスタント・夏目三久(日テレアナ)がゲストで登場したことから、みの絡みの話が顕著に出ていた。 10月22日・29日放送分では梶原による、みのの1日密着リポートを放送。 11月5日放送分では徳光が、みのにレギュラー入りの誘いを持ちかけたが断られた事を告白している。 このように、みのとは現在この番組での共演はないが2007年10月6日と2008年4月5日に、当番組が「」のスペシャルで番組単位で出演したときに、みのとは共演している。 また、12月3日放送分より参加のラサール石井は「」の前身番組「」の出演者である。 単発時には、ワイドショーの司会をしているとはいえ、本職が俳優・タレントである大和田獏以外は全て元局アナだったが、レギュラー放送では芸能人はもちろんのこと、裏方経験者や現役の日テレ局アナも参加している。 レギュラー放送では、ワイドショー・情報番組にかかわっている人間が(ほかの「」を除いて)共演しているのが特徴である(小倉はの「」司会、テリー伊藤は一部地域除く日テレの「」レギュラーコメンテーター、薬丸裕英は一部地域除くの「」メイン司会)。 羽鳥はこの番組の前に放送される「」(21:00~)、小倉智昭は2番組後に放送される「」(23:58~)にも出演している。 また、ラジオ(関東ローカル)であるが山中秀樹も自身の「」(・20:00~22:00)を持っているため、当番組出演に当たる場合はそこから局を越えての連投となる。 以外の歴代「ズームイン」シリーズ(「」、「」)の司会担当者が出演している(徳光、福留、羽鳥)。 そのため、レギュラー化・初回では、羽鳥アナの企画VTRの前振りで、3人そろってのズームインを披露した(羽鳥アナのリクエストにより実現。 10月22日放送の「ズームイン!! SUPER」でも3人でズームインをした)。 同じくレギュラー化・初回では、福留功男の企画により出演者全員でをつけて、誰が1番似合っているかを観客の投票で決めたところ、テリー伊藤が1位となった。 その公約でテリーは、翌日()放送の「スッキリ!! 」で一時ながら同じヒゲをつけて出演した。 脚注 [編集 ]• 2008年3月までは、当番組放送時間帯にをで放送していたため当番組は16:00からの時差ネットとなっていた(初回は30分拡大のため、15:30より放送)。 但し前述の通り、レギュラー放送昇格後にして初の2時間スペシャル版にもなった2007年12月24日放送分は同時ネットした。 当番組が同時ネットへ移行したことにより同局における平日(月 - 金曜日)の18 - 23時台はすべて日テレからのネット受けに統一された。 2008年4月に同時ネットに昇格後テレビ朝日『木曜ドラマ』との枠交換でを7日(約一週間)遅れでスポンサードネットの付で放送している。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• - (2007年10月11日アーカイブ分) 月曜22時台 前番組 番組名 次番組.

次の