わたし定時で帰ります 最終回。 「わたし、定時で帰ります。」最終回感想!巧(中丸雄一)が浮気→捨てたのどう思う?

「わたし、定時で帰ります。」最終回は6月25日に改めて放送へ

わたし定時で帰ります 最終回

残業ゼロ、定時で帰るがモットーの新世代のワーキングガールが主人公のドラマ『わたし、定時で帰ります』。 主人公・東山結衣(吉高由里子)は、毎回様々なお仕事問題を解決していきますが、 最終回のラスボスは誰なのでしょうか? 大方の予想では、ブラック上司・福永清次(ユースケ・サンタマリア)ですよね~。 当記事では『わたし、定時で帰ります』最終回結末をネタバレ予想してまとめています。 」を追記しました。 」(新潮文庫刊)とその続編となる「わたし、定時で帰ります。 ハイパー」(新潮社刊)。 ヒロイン・東山結衣(吉高由里子)は、定時で帰って人生を充実させることがモットーの社員。 現在の婚約者・諏訪巧(中丸雄一)もプライベート重視の考え方で、結衣と価値観がぴったり。 ところが仕事中毒の元婚約者・昂太郎(向井理)やブラック上司の福永(ユースケ・サンタマリア)が同じ部署に加わり、 職場の空気が一変。 実は人のいい結衣は、無遅刻無欠勤にこだわる三谷(シシド・カフカ)や、産休明けで焦って空回りする八重(内田有紀)をケア。 3話ではあきらめの早い新入社員・来栖(泉澤祐希)を励まし、4話では会社に住み着く問題社員・我妻(柄本時生)の気持ちを理解。 5話ではセクハラを受けた派遣社員・桜宮(清水くるみ)の問題も解決しました。 愁の正体は種田昂太郎(向井理)の弟で、2年前までブラック企業に勤めていた。 ブラック企業で残業続きの日々を送らされていた時、ワーカ・ホリックの兄・昂太郎に「人間は寝なくても死なんぞ。 精神は肉体を超えるぞ」と言われて自殺も考えた。 しかし結衣の言葉「たまにはズル休みしてもいいんだよ」に救われて、その足で会社を辞めて現在に至っている。 愁の2年間にわたる「引きこもり」の原因が自分だったことを知った昂太郎は、苦しみます。 なぜなら、崖っぷちに立たせてやるのが可愛い弟のためだと本気で思っていたから。 昂太郎自身が、父親からどんなに頑張っても褒めてもらえない幼少期を過ごしていたから。 昂太郎にとって愁のカム・アウトは、 自分を丸ごと否定されたも同然だったのです。 ドラマのあらすじは原作通りではありませんが、最終回に向けて福永の横暴が酷くなっていくのは同じだと予想します。 原作では福永が慈善事業のような価格で引き受けた案件のせいで、社員たちは残業を強いられ、 結衣も仲間を守るために残業するようになっていきます。 福永に恩義を感じている 昂太郎は「死」をも恐れない働きぶりを見せます。 肩を故障して野球のプロ入りをあきらめた時に拾ってくれたのが、福永だったから。 実は愁はそんな兄のことを心配していて、来栖と一緒に『福永を追い出す作戦』を立てます。 福永の前会社にいた元部下たちの糾弾の声を使って、批判にめっぽう弱い福永の心を折ってやろうと考えたのです。 結衣は愁と来栖の復讐を止めませんでしたが「タイミングは私に決めさせて」とお願いしました。 納期が迫ったある日、結衣は社員たちを全員帰らせました。 そして福永に 「2人で死ぬ気で頑張りましょう、精神は肉体を超えます」と言いました。 「精神は肉体を超える」は、いつも福永が部下に言っている言葉。 ところが福永は「絶対に無理だ」と簡単に音を上げました。 自分だけ裏切るならまだしも全員なんて。 初めて会った時から思ってた。 君は僕の天敵だって」と結衣を罵ります。 さらに「種田くんは必ず戻ってくる。 あいつは絵に描いたような社畜なんだから。 僕がいなければ生きられない家畜なんだから」と言います。 そこへ昂太郎が現れて「俺がいなければ生きられないのは、あんたの方だろうが」と初めて福永に言い返します。 「共同経営者に逃げられて、どん底だったあんたの会社が、その後、十年も持ちこたえられたのは何故だと思う? 仕事のやり方を教えられる社員はあの会社にひとりもいなかった。 俺は何もかも自力でやってきた。 無能な上司を俺は見捨てられなかった」 福永は「お前は重度の仕事中毒、アドレナリン依存症だ、もう助からない」と酷い毒を吐きます。 昂太郎と福永が完全に決裂したタイミングで、愁と来栖が復讐を決行。 福永の携帯に、前の会社の人たちからの抗議のメールが次々に送られてきます。 「許さない」「経営者の資格なし」「責任とれ」「賠償を求める」「無能な上司」 福永は「俺は無能じゃない」と昂太郎ではなく結衣に助けを求めます。 結衣は「福永さんは無能じゃありません。 嫌なことから逃げたいって思う、ただの普通の、凡庸な、どこにでもいる人間です」と福永の今までを肯定し、今まで頑張り過ぎたのだからしばらく(1~2年)休むように促します。 自分だけは絶対に裏切らないと約束して。 福永は「僕は誤解していた、東山さんは敵じゃなかった」と言って出ていきました。 こうして、結衣は福永に自主的に会社を去らせることに成功。 福永を追い込まず、包み込むのが結衣の凄いところです。 ドラマでもこんな感じで福永は、会社を去ると思われます。 ラスボスは昂太郎? 結衣の本当の敵は、福永ではなく昂太郎でした。 結衣にとって昂太郎は、2年前、自分の人生を懸けても変えられなかった難攻不落の男。 今となっては昂太郎は完全なワーカ・ホリックで、納期の迫った今、命も顧みず働き始めました。 結衣はそんな昂太郎を止めるため、自分が不眠不休で働き、倒れてしまいます。 本当は演技で倒れるつもりが本当に倒れてしまい、額を縫うほどの大怪我もします。 結衣は、2年前に自分が味わった恐怖を昂太郎にも味わってほしかったのです。 2年前の両家の顔合わせの日に、昂太郎はアパートで倒れて来ませんでした。 結衣は、いくら揺さぶっても起きない昂太郎を見て、体が震えるほどの恐怖を感じたのです。 本当は結衣のことが大好きな昂太郎は、仕事もどこへやら、病院の結衣に付き添います。 昂太郎は7時間も結衣の意識が戻るのを待ち、結衣が目覚めると「結衣を揺さぶっても起きなかった時、俺の人生は終わったと思った。 仕事なんかやったって」とうなだれます。 結衣が過労死しかけたことで、社長が「社員ひとり当たりの残業時間を月20時間以内に抑える」と発表。 結衣の「全員定時で帰らせる」という目標からは遠いですが、 折衷案です。 巧とは破局? 原作では、この後、結衣は巧の浮気現場を目撃。 理由は、巧に「仕事と僕との結婚どっちが大事? 」と聞かれた時に結衣が何も答えられなかったから。 結衣は2年前に同じ質問を昂太郎にして「仕事だよ」と言われて死ぬほどショックだったのに、自分は何も答えられなかったのです。 一緒に付いて行った昂太郎が、結衣から結婚指輪を奪って川に向かって投げ捨てます。 昂太郎が珍しく「どうせもう定時だ」と言って、2人で飲みに行くことになります。 しかし根っからのワーカ・ホリックの昂太郎が改心したわけではなく、また同じことを繰り返すかもしれません。 結衣は、昂太郎がまた自分を止められなくなったら、何度でも同じことをしようと決意していました。 原作「わたし、定時で帰ります。 」はここで終わり。 結衣は巧とは別れることにして、昂太郎ともモトサヤには戻りません。 ハイパー」の結末 「わたし、定時で帰ります。 」には続編があります。 続編「わたし、定時で帰ります。 ハイパー」には、気になる「わたし、定時で帰ります」のラストで結衣と昂太郎が飲みに行った後が描かれています。 あの日の夜、結衣と昂太郎は、上海飯店の閉店時間まで居座って、くだらないことを言い合っていました。 そして昂太郎は、明らかによりを戻したがっていました。 「結衣さえよければ」とか「虫のいい話だけど」とか言いかけては、「今日はやめとく」と首を振っていたのです。 しかし帰る場所をなくした結衣が「実家には帰りたくない」と言うと、意を決したように「俺のうちに来るか? 」と言いました。 結衣は店を出て階段を上がる途中、ふらついて昂太郎に抱き留められました。 ところが、結衣の記憶がここから曖昧 笑。 気が付いたのは翌朝で、実家の布団に寝ていました。 結衣の母によると、夜中にひとりでふらっと帰ってきたらしい。 結衣が次に昂太郎に会ったのは、その3日後でしたが、なぜか昂太郎は結衣と目を合わそうとしません。 結衣が勇気をもって「あの夜、何があったのか? 」とたずねると、「もう、お前とは仕事の話しかしない」と昂太郎。 結衣は意味がわかりませんでしたが、とにかく色っぽいことがなかったことは確かだと理解しました。 後日、あの夜結衣が昂太郎を散々なじったことが露呈します 笑。 巧は本当にいい奴だったのに別れることになったのは昂太郎のせいだとか、あなたのことなんか信じてないとか、どうせ変われないとか。 あげくの果てには「昂太郎のうちなんか行かない。 あんな狭い部屋なんか」とまで言ったのです。 結衣が「忠義を尽くす家臣なんていらない。 わたしが欲しいのは一緒に戦ってくれるパートナーだから」と逆プロポーズして、結衣と昂太郎はめでたくくっつきます。 お仕事の話では、続編である「わたし、定時で帰ります。 ハイパー」では、結衣はサブマネージャー(管理職)に。 「わたし、定時で帰ります。 」で結衣が過労死しかけたことで、社長が「社員ひとり当たりの残業時間を月20時間以内に抑える」と発表しましたが、それでいて業界トップも目指さなければなりません。 その結果、広告塔である結衣が定時で帰る代わりに、昂太郎(マネージャー)が残業続きの日々を送ることに。 なかなか理想通りにはいきませんが、おかげでコンペに勝利。 結衣は、昂太郎は今後もなんだかんだと理由をつけて残業続きの毎日を送るかもしれないけれど、この人は変わったと今度こそ信じてみてもいいんじゃないかと思うのでした。 『わたし、定時で帰ります』9話で巧が「結衣ちゃんとは結婚できない」発言!ドラマの結末は? わたし、定時で帰ります。 ゆちが演じる巧くんがなかなかのスタイリッシュなデキル男感なのだけど、予告見ると今日から始まった働き方改革のヒントにもなりそうなドラマ。 22時からだけど、この日は残業せずに帰宅して見たいな。 — 🔫NAO ruohola4meri7 『わたし、定時で帰ります』9話で、巧が結衣にまさかの「結衣ちゃんとは結婚できない」宣言。 話もしないまま別れるのは嫌だと思った結衣は、巧と直接会って話をすることに。 そして、今回の仕事が終われば元通りの生活に戻るので、やり直せないかと切り出すが……。 引用元: 結衣は、巧とすれ違った理由は自分が今たまたま仕事が忙しいからだと考えますが、おそらく巧はそうは考えていない様子。 巧は、結衣がさんざん結衣より仕事を選んだ昂太郎(向井理)の愚痴を聞かせたのに、結衣が巧より仕事を選んだことが赦せなかったのでしょう。 公式予告動画で巧は結衣に「結衣ちゃんは本当は仕事が好きなんだよね」と言っていますが、これは仕事=昂太郎を指しているんじゃないかと思います。 結衣と巧はプライベートを大切にする点では意見が合致していましたが、実はその他の点はあまり相性が良くありませんでした。 巧が高級デザイナーズマンションで暮らして結婚式に会社の人間も呼ぼうとしていたのに対し、結衣はそんなことは全く興味がなかったのですから。 巧は、結衣と昂太郎の相反する考え方なのに惹かれ合うという強力な磁場を見せつけられて、退散するしかなくなったのです。 原作通り、結衣と巧は別れるでしょう(ナイスカップルだったのに残念)。 『わたし、定時で帰ります』最終回の新情報 最新の「TV LIFE」に最終回についての新情報がありました。 明日からも頑張ろうと思えるような、結衣が起こしてきた小さな奇跡の積み重ねが大団円になるラストを目指します(新井順子P 引用元:雑誌「TV LIFE」より 結衣が、さまざまな価値観を持つ社員たちとぶつかりながらも育んできた絆がラストに花開きそうな予感。 『わたし、定時で帰ります』新時代の働き方とは? 『わたし、定時で帰ります』のヒロイン・結衣(吉高由里子)は、前職で働きすぎで命を落としかけた経験から、「定時で帰る」働き方にこだわりを持っています。 ところが、元婚約者の昂太郎は、私生活より仕事を重要視します。 最終回はブラック上司・福永(ユースケ・サンタマリア)が結衣たちに過重労働を強いてきて、昂太郎がそれを一手に引き受けるようです。 このままでは昂太郎が死んでしまうかもしれない危機に、結衣はどうするのか? 原作では昂太郎やみんなの命を守るために結衣が福永を追い出しますが、ドラマではそこまで極端なことは起こらないかもしれません。 最終回はどうなる? 福永に縛られた昂太郎の心が開放されれば、職場のゆがみも解消されそう。 誰かを成敗するより、その人の考えを少しだけ良い方向に還る結衣らしい形の解決の仕方を見たい。 引用元:雑誌「TV station」より 一番いいのは誰かを追い出すのではなく、それぞれが少しずつ心の持ち方を変えることで、健全な職場が作られることではないでしょうか。 まとめ 『わたし、定時で帰ります』最終回結末をネタバレ予想してまとめました。 結衣と昂太郎は、人に優しいという点で似ているので、最終的にはうまくいくカップルだと思います。

次の

吉高由里子の“働き方”に多様な声、向井理“ロス”も…「わたし、定時で帰ります。」最終回

わたし定時で帰ります 最終回

もくじ• わたし、定時で帰りますの原作の最終回結末をネタバレ! 読んだ。 周りが残業続きでも空気を読まず定時で帰る結衣。 終業後の楽しみは中華料理屋の早割半額ビール。 そんな結衣と仕事とちょっと恋の話。 4月からドラマが始まるようで本屋の目立つ場所に並んでたので手にとってみた。 この本のためかな?と思わせる作者の名前。 わたし、定時で帰ります。 作者の朱野さんは、 なんとしてでも定時で帰る主人公・結衣とは真逆の仕事スタイルで、OL時代はバリキャリの仕事人間だったみたいです。 そのため、最初は自分のようにバリバリ働く、働きマンのような女性を主人公に置いたそうです。 しかし、後輩の編集者の一言で 、 「真逆の定時で帰る人間を描いた方が面白いのではないか?」と考え直すことになります。 「団塊世代の人たちが、なぜそこまで身を捧げ、会社に命を懸けるか全然わからない」という一言が、朱野さんの心に響いたのです。 原作にこんな裏話があったとは面白いですね! 原作の小説「わたし、定時で帰ります」の主人公は 定時には必ず帰る結衣。 普通に考えれば、生産性を上げて定時で帰ることが責められる必要はないですが、「 職場の空気」では、そうはいきません。 社内には何があっても風邪をひいても絶対に会社を休まない人、出産後すぐに復帰してばりばり働きたい先輩、何よりも仕事を優先するワークホリックの元恋人もいます。 しかも、新たな上司はパワハラで、自分の考えを押し付けてきます。 結衣は仕事も効率よくやっているし、上司とは違い、相手を全否定せずに理解しようとします。 ただ、会社にはいろいろな人がいるし、欲望が渦巻く場所。 仕事ができて上を目指す人や、一方で口先だけで上司へのゴマすりで役職につこうとする人、程々に仕事して遊びにいく人…。 結衣は、そんな上司や同僚にモヤモヤしてばかりでした。 しかし彼女は、周りを巻き込んで上司とバトルをして、解決策を模索していきます! 恋愛展開も注目で、元カレは居心地がいいし優しくて、婚約までしたけれど、仕事のために両家顔合わせもすっぽかされたため、堪忍袋の緒が切れて、呆れて別れます…。 彼女の次の恋愛相手は、 元カレと真逆の仕事は二の次で、プライベート重視のゆるキャリ男子。 ただ、そんな彼は、実家暮らしで親に甘えるし、金銭感覚もおかしいし、頼りない彼に少しずつ溝を感じます… 肝心の仕事では、最終的にブラック上司である福永のやり方を社長に直訴し、職場の混乱をまとめます。 そして、絶対残業しない派だった結衣が、なんと1週間の残業20時間までという妥協案を飲むことになるのです! 優しい結衣のおかげで、職場は落ち着きを取り戻します。 私生活では、 今カレの裏切りにあい、2度目の婚約破棄になってしまいます・・。 でも、ワーカホリックの元婚約者とよりを戻すのもなんだか嫌で、 結衣はしばらく1人でいる事と、仕事に励むことに決めたところ で物語は終わります。 仕事では信念を曲げてまで妥協したのに、プライベートでは散々なんて、なんだかかわいそうなラストですね・・・ 原作はこのような結末でしたが、ドラマではまた違った展開が待っているかもしれませんよ! 次にそのドラマ版のあらすじとともに、最終回結末を予想します。 続編のネタバレはこちら わたし定時で帰りますを未公開シーンも含め無料で見る方法 「わたし定時で帰ります」を見逃してしまった、もう一度最初から見たい、未公開シーンもチェックしたいと言う方も多いと思います。 人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。 それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。 そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です! ドラマ好きな私が自信を持っておすすめできるサービス 未公開シーンは独占配信! をこちらの記事 で メリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。 東山結衣は原作と同じく 「定時で帰る」をモットーとして、ウェブ制作会社で働いています。 定時に帰り、中華料理店のサービスタイムのビールを心地よく飲むのが小さな楽しみで平凡な日常を送っていました。 ある日、結衣が所属しているネットヒーローズ制作4部に 「ブラック上司」と呼ばれる福永が転任してから事態は一変します。 彼は気分屋で、周りのメンバーを振り回し、部下を潰すと噂されている問題上司でした。 そんな中、結衣にチーフの指示が下り、不本意ながらもチーフを引き受けます。 そして、残業や休日出勤に悩まされていきます。 結衣はどうやってこのブラック上司からの無理難題を乗り越えて、チーム全員が幸せになれる奇跡を起こしていくのでしょうか? 元カレと今カレの間に揺れ、仕事に恋愛に悩みながらも前に進もうと努めるOLの物語。 最後は原作同様、折衷案 残業月に20時間)でお互いに歩み寄り妥協して仕事をする。 2人の男に揺られながらも、どちらともくっつかないというのが私の予想です。 最後にまとめをご覧ください。 スポンサーリンク わたし、定時で帰りますの原作の最終回結末をネタバレ!~まとめ~ 今回は 「わたし、定時で帰ります」の原作の結末からの予想、あらすじについてまとめてみました。 共感できる人が多そうなドラマですね。 個人的には残業がない方がいいにきまっているし、AFTER5も楽しめるので健康的だし、居酒屋で飲み会やショッピングしたりするほうが、経済も潤うのではと思いますが、一筋縄ではいかないのが仕事や会社ですよね。 働き方について見つめなおす、きっかけを与えてくれるドラマになりそうですね。 豪華キャストで送る 「人生とは、仕事とは、幸せとは何かを問う」このドラマにぜひご注目ください。 わたし定時で帰りますを未公開シーンも含め無料で見る方法 「わたし定時で帰ります」を見逃してしまった、もう一度最初から見たい、未公開シーンもチェックしたいと言う方も多いと思います。 人気ドラマなので、無料でアップロードされている非公式のサイトもあるかもしれませんが、当然ながらそれは違法です。 それらを見ることも違法に当たりますし、ウイルスに感染して個人情報を抜き取られるリスクもあります。 そのため、正式なサービスで安全安心に、しかも無料で楽しむのが一番です! ドラマ好きな私が自信を持っておすすめできるサービス 未公開シーンは独占配信! をこちらの記事 で メリットもあわせて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

次の

『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

わたし定時で帰ります 最終回

スポンサーリンク わたし定時で帰ります最終回のあらすじは? 最終回の放送は 6月25日(火)よる10時から! — 火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。 巧(中丸雄一)に「結衣ちゃんとは結婚できない…」と告げられ、途方に暮れる結衣(吉高由里子)。 そんな中、外注先が倒産し制作4部のメンバーは窮地に陥る。 さらに「星印工場」から呼び出された晃太郎(向井理)は契約を進める条件として、福永(ユースケ・サンタマリア)を案件から外すことを要求される。 その事を聞いた結衣は、ついに福永と対決するが…果たして結衣はチームを守ることができるのか? 定時の女が最後に選ぶ、新時代の働き方とはーー、そして巧との関係、晃太郎との恋の行方は? 引用: 結婚を決めた人から、結婚できないと言われたら唖然としてしまいますよね。 すぐに受け止められないだろうし、自分の何が悪かったのかを考え落ち込んでしまいそうですが、結衣はどんな決断をするのか、晃太郎とよりを戻すのか気になります。 また、結衣たちが散々振り回されたであろう福永をどう退治するのかも要チェックですね。 巧が結婚できないと言った理由は、なんと巧が会社の先輩と浮気し結衣を裏切ったためだと分かります。 結衣は巧と改めて話すことになりますが、巧は結衣を大切にしなきゃと無理してしまう自分がいるため、一緒にいない方がいいと言う。 そんな中、外注先が倒産し制作4部は窮地に陥ります。 種田は 星印工場から呼び出されると、契約をすすめる条件として、福永を案件から外すことを提示される。 新しい星印の広報課長は、以前に福永の会社の下請け企業におり、その企業は福永の無理難題のせいで、経営不振になったとのことでした。 種田は福永に恩があるため外すことはできないと結衣に相談をすると、結衣は福永を外すしか赤字回避はできないと言います。 結衣が福永に伝えると、福永はショックを受け「仕事はないよりあったほうが良い、自分のことを考えて何が悪い、社長とか部長とか向いてないけど仕事しなきゃ食っていけないんだから」と声をあらげる。 結衣は「頑張るのやめちゃったらどうですか」と言い、晃太郎も涙目で福永に降りるようお願いすると、福永は渋々抜けることを了承します。 制作4部のメンバーは納期まで会社に泊まり込みで働き、その中でも 結衣は休憩中も隠れて仕事をしていた。 納期まであと少しのところ、 休憩から帰ってこない結衣が心配になった種田は、会社を探すと額から血を出して倒れている結衣を発見します。 あんなに結衣ちゃん結衣ちゃんと言っていた巧がまさかの浮気。 結衣が仕事や種田のことばかりだと、ただふて腐れるパターンだと想像していたので、え、そっちー?!となりますね。 でもこれで心置きなく種田のほうに行けるとも思ってしまいました 笑 そして無理して倒れてしまった結衣は、どうなってしまうのか結末が気になります。 種田と結衣は結婚するのでしょうか。 結衣が目を覚ますと、病院のベッドにおり、そばには種田がいた。 結衣は自分が倒れて、1日半眠っていたことを知ります。 結衣が眠っている間に、納品は無事に終わっていました。 さらに、社長が星印に対して、今後仕事は受けるつもりがないと言い、星印が押し付けてきた追加発注の費用の請求もしてくれていました。 結衣は仕事にすべてを捧げる種田の気持ちが知りたいと思い無理をしてしまったことを言うと、種田はもうこんな無茶はするなと話します。 種田はなかなか目を覚まさない結衣を見て、まったく休まない自分の働き方は間違っていたと認めました。 また、結衣も「大切な人を目の前で失うのが怖くて晃太郎から逃げていた」と話します。 その半年後、決まった時間で利益を出すほうがよっぽど難しくて、挑み甲斐があると定時で帰る種田。 仕事の帰り道、結衣は実家から引っ越したいと言うと、種田は 「俺んちに来れば?マンションでも買うか…だから一緒に住もうって言ってんの」と言います。 結衣は 「前向きに検討させていただきます」と答え、一緒にハッピーアワーがある上海飯店に向かいました。 結婚したのか最終回では明確にしていませんが、おそらくこれから仲良くやっていくんだろうなという想像ができる結末となっていました。 自分の会社で問題が起きない前にということでしょうが、社長さん素敵ですね。 このように社員や会社を守ってくれる人についていきたいと思いますよね。 また、最後の種田の遠回しにしか言えない感じがとても可愛いくて、思わずニヤニヤしてしまいます。 結衣も2つ返事ではなく、前向きに検討させていただきますというところが2人らしくて良いですね。 そして、私も色々相談できるような店主さんや常連さんのいる行きつけの店をつくりたいなと思いました。 最後は 種田と結衣が結婚したかは分かりませんでしたが、お互いの考え方を理解し素直になり、共に進んでいこうというところで終わりました。 2人やその他のメンバーたちのその後も気になりますね。 人によって何のために働くのか違っても良いと思います。 自分は何のために働くか、どんな働き方をしたいのか、このドラマわたし定時で帰りますを参考にしてみても良いかもしれません。

次の