鬼滅の刃 第一話。 【アニメ】鬼滅の刃の1話あらすじ・ネタバレ感想

アニメ「鬼滅の刃」の第1話がYouTubeで無料公開 期間限定

鬼滅の刃 第一話

アニメ「鬼滅の刃」のネットの口コミや評判は? 続いては、アニメ「鬼滅の刃」のネットの口コミや評判についてです。 シリアスな話が好きな方におススメ 正しく男の義務教育と呼ぶべき作品の一つであろう。 内容は王道で、家族を殺された主人公が修行して強くなり、家族の仇を探しながら鬼を退治していくというもの。 大昔からある勧善懲悪物ですが、この残酷で切なく優しい物語は、一つ一つのシーンがイイ! 引きこまれる! 世界観はシンプルだし、話の展開も必要以上に複雑なところが全くなく分かり易い。 古典的な味のある絵柄も逆に新鮮で、他作品とはテイストの違う世界観に魅了されます。 引用元:より 押しつけがましいアニメ 確かに映像は綺麗ですが、テンポが悪くセリフが長く押しつけがましい場面がとても多くイライラします。 特に1話最後の戦闘シーンは、長い説教と主人公の行動の解説を延々と聞かされ、行動の意図を無理矢理理解させようとしています。 こういう事は言葉ではなく演出で表現しないとアニメである意味がありません。 試しに1話だけ見ましたが、続きを見たいと思いませんでした。 引用元:より 流石の気合の入りよう 【令和こそこそ噂話】 令和元年6月3日、週刊少年ジャンプ本誌中にて、 (おそらく紙と電子版の合算だと思われるが)累計700万部を達成したとの記載があった。 元号が変わって早々に600万部を達成したのに、驚異的なペースで100万部を上乗せとなると、 これはもう、気合の入ったアニメの効果が抜群だからだと言い切っていいだろう。 引用元:より ネット上でも賛否両論のようですね。 特にネガティブな意見としては、 主人公の心理状態をいちいち言葉に出すあたりでしょうか? これは人それぞれ捉え方次第なんですけどね・・・。 あとはやはり、昔ながらの王道を行くアニメって事で、世間の評価も高いですし、マンガからアニメになっても変わらず人気のある作品だと分かります。 アニメ「鬼滅の刃」第1話はこんな人におすすめ! 個人的には、高校以上の男女におすすめしたいです。 というのも、どうしても気になるのが残酷なシーンが多いという事。 血も黒ではなく、しっかり赤で表現されていますし、正直小さな子供にはあまり見せたくないかもしれません。 内容的には、続きも気になりますし、さすがジャンプ作品だなぁという感じなので、成人の方は観て損はないかと思います。 まさに王道を行くアニメですので、時間を無駄にする事はないと思います。 まとめ 基本的にこちらのサイトでは、いろんなアニメの第1話の感想を書かせていただいているのですが、このアニメ「鬼滅の刃」については、実は毎週継続してみています。 で、ここまで読んでいただいた方に声を大にして言いたいのは、.

次の

鬼滅の刃の禰豆子がしゃべるようになった理由と経緯!太陽も克服?

鬼滅の刃 第一話

ジャンルとしては復讐ものになるのでしょうが、主人公は心の優しい少年でギャグ調なのでシリアスシーンも読みやすくなっています。 敵である鬼の自分中心で身勝手な思想、またそれに至るまでの理不尽な環境における挫折は現代の人間をうまく風刺していて面白い。 巻を通して安定した面白さがあるので、興味を惹かれた方には是非読んでみて欲しいですね。 蛇足になりますが、本作のシナリオは非常にライトに作られておりスレンダーな肉付きです。 さっと読んで楽しみたい手広い層に向けられていると思いますので、冒頭の下りからあまり濃い内容を期待すると裏切られると思います。 その辺が留意点です。 鬼滅の刃は、出だしから、いきなり家族が死んだり妹が怪我をしたり、あまりにも突発的で突拍子すぎて『筋道』が無い。 主人公の生い立ちや境遇もよくわからない。 話も全体的に単調に感じられた。 作者が視聴者に「何を伝えたいか」が、イマイチ伝わってこない。 例えばナルトだと「逆境から這い上がる』『共感』『憎悪にとらわれないでほしい』という作者の願いが非常に伝わってくる。 ナルトは「どん底を知る孤児の主人公が、何もない所からイルカ先生という恩師に出会い、人間として成長し、這い上がってヒーローになる」という熱く筋の通ったストーリーが視聴者を感動・共感させる。 話が非常に濃くて、感動がある。 あんまりこういう言い方したくないんだけど、ナルトは『本物』、鬼滅の刃は『二番煎じ』であると強く感じた。 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. when "data". html? html? html? html?

次の

鬼滅の刃 第一話

鬼滅の刃 第一話

和風異能格闘劇、でしょうか…時代は約100年前の大正時代。 スチームパンク作品とも言えます。 設定やビジュアルの純和風風味が新鮮です。 格闘相手は人が化身した「鬼」。 物語が進むにつれ、鬼は人の「哀しさ」や「業」を負った存在であることが明らかにされます。 主人公の炭治郎は鬼の「哀しみ」でさえ理解する優しさを持ちますが、最愛の家族を鬼に惨殺され、その「悲しみ」の象徴として「鬼にされてしまった最愛の妹」を背負い、鬼と戦います…というような作品です。 主人公をはじめ主要人物の多くが心に複雑な葛藤を抱えています。 このように複雑な背景設定ですが物語に無理はありません。 主人公の相次ぐバトルを軸に展開しながらも、その物語は「深く」、惹きつけられます。 演出や展開も秀逸です。 ただ、さすが「ジャンプ原作」と言うべきか、バトルに次ぐバトルで…2日で全話観ましたが「ステーキばかりを1日3食、2日間食べ続けた」ような感じです。 職場の子に勧められて見始めたアニメ。 どんなものかと見始めてみると、正直、1話目がグロくて辛い。 重たいなぁ、この話……と思った。 でも、3、4話まで見ると面白さが確定。 あまりにも続きが見たくなる構成になっており、ガンガン見まくれる。 戦闘描写も動きも美麗なキャラ達も何もかもが素晴らしい。 原作の絵を嫌う人が多いが、その点はアニメでは改善されている。 このアニメ制作会社のufotableは前に脱税したことでニュースにもなったが「これが脱税して作ったアニメか。 納得だ!」と高評価する人も。 あと、敵の声優陣が非常に豪華なことでも有名。 グロくて重い部分がのしかかるけど、それでも耐えて見てほしい最高峰のアニメだと言える。

次の