帯広 映画。 帯広キネマ館

糸 (映画)のロケ地はどこ?北海道の函館や帯広のほか東京やシンガポールなど

帯広 映画

運営は(NPO法人)CINEとかち。 沿革 [ ] 1953年(28年)に開館した ニュース劇場プリンスが前身である。 日本の映画館数が最も多かった1960年(昭和35年)の帯広市には、ニュース劇場プリンスから改称した プリンス劇場に加えて、ミマス映画劇場、帯広劇場、スバル座、日活キネマ館、帯広大映、テアトル銀映、東映オリオン劇場、帯広日劇、協栄館と、10館の映画館が存在した。 2003年(15年)には映画自主上映サークルのCINEとかちがキネマ館からプリンス劇場の運営を引き継いだ。 2003年11月22日、十勝管内初となる市民劇場()である CINEとかちプリンス劇場として再出発した。 開館公演は『』。 なお、開館直前の2003年(平成15年)11月5日には5スクリーンのであるが開館しており、開館早々から苦戦が予想された。 CINEとかちは市民ボランティアによる自主的な活動などが評価され、『平成17年度北のまちづくり賞』奨励賞を受賞した。 2011年(平成23年)にCINEとかちは(NPO法人)となった。 施設の老朽化による問題が難点であり、CINEとかちプリンス劇場は2012年(平成24年)9月30日に閉館した。 最終日の上映作品は『』と『』。 映画館の閉館後、CINEとかちは帯広市内を中心に不定期上映会を開催することで活動を続けている。 脚注 [ ] []• 十勝毎日新聞社. 2003年11月27日. 2017年6月19日閲覧。 出典は『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。 同文献を出典とする「消えた映画館の記憶」を参照した。 十勝毎日新聞 十勝毎日新聞社. 2007年7月29日. 2017年6月19日閲覧。 十勝毎日新聞 十勝毎日新聞社. 2012年8月29日. 2017年6月19日閲覧。 2017年6月19日閲覧。 NPO法人ポータルサイト. 2017年6月19日閲覧。 十勝毎日新聞 十勝毎日新聞社. 2012年9月29日. 2017年6月19日閲覧。 十勝毎日新聞 十勝毎日新聞社. 2013年10月24日. 2017年6月19日閲覧。 外部リンク [ ]• cinetokachi -.

次の

糸 (映画)のロケ地はどこ?北海道の函館や帯広のほか東京やシンガポールなど

帯広 映画

Hotel Nupka, located in a historic and completely renovated building in downtown Obihiro, is a new and affordable way to get the most out of your stay in Hokkaido. The Tokachi district, a plain area at the foot of Hidaka mountains in south-central Hokkaido, is home to the very best the island has to offer when it comes to climate, nature, cultural heritage and cuisine. Our wish at Hotel Nupka is for guests from around the world to experience the Tokachi we know and love. We strive to be a place where visitors and residents come together for good times. Make Hotel Nupka your home away from home, and the start of your exploration of Obihiro and Tokachi. Make Hotel Nupka your home away from home, and the start of your exploration of Obihiro and Tokachi. Each of three dormitory rooms has eight bunk beds with warmth of the wood. The rooms are separated for men and women. Each bunk bed has a storage box with electrical outlet, lockable while charging mobile phones and laptops. You can use a clean shared shower and toilet. Private use is also possible for a group of up to 8 people. "Tabi-Beer" beer of beginning of journey is for people who travel Tokachi. On the bottle label, Tokachi's rich nature with wilde land, mountains and lakes, wetlands, and wild animals and plants are illustrated. It is only CAFE NUPKA that offer "Tabi-Beer" of the beginning of the journey" on tap. GROUP Our three single-sex, dormatory-style rooms have eight bunk beds each. Each bunk has a locked personal storage box and comes with an electrical outlet for recharging your devices. Our clean shared toilet and shower facilities are available for your comfort and convenience. Groups of up to eight people can also book an entire dormatory room.

次の

CINEとかちプリンス劇場

帯広 映画

帯広キネマ館(四代目店舗)および長崎屋帯広店(初代店舗)が入居していたポポロビル (写真右側手前のビル。 2003年8月撮影) 情報 正式名称 帯広キネマ館 完成 開館 開館公演 「ズンドコズンドコ全員集合!! 」「こちら55号応答せよ! 危機百発」 (1970年のリニューアル・オープン時) 閉館 最終公演 「」 収容人員 (4スクリーン)490人 設備 用途 映画上映 運営 夷石興行株式会社 所在地 西2条南9丁目 ポポロビル内 最寄駅 最寄バス停 ・「西2条9丁目」停留所(沿い) 帯広キネマ館(おびひろキネマかん)は、かつてにあったである。 時代の1919年(8年)に創設され、道内にが乱立する2003年(15年)に閉館するまで84年間にわたり帯広市内を代表する映画館として親しまれた。 キネマ館で演奏を行ったことがある万城目正 (1948年の写真) の前身『帯広新聞』が創刊された1919年(大正8年)、当時の帯広町西2条南9丁目にて開業。 しかし1920年(大正9年)、商業的不振から経営者が荘田喜六(創設者)から夷石民夫に交代し、以降は夷石家の所有となった。 この当時の帯広町内では、当館の前年、西1条に開業した神田館(佐藤市太郎経営)と、芝居小屋の「朝倉座」から「陽気館」を経て改称した千代田館がキネマ館と鎬を削っていた。 1932年(昭和7年)7月、が製作し同年4月14日にで公開されていた原作・監督の『熊の出る開墾地』がキネマ館で上映された。 同年の時点では、神田館が「美満寿館」と改称した 一方、千代田館が火災で消失し営業をストップしている。 この頃には、出身の作曲家・がサイレント映画専門の楽団に参加しピアノ演奏をしていた。 後年、帯広市議会議長を務めていた嶺野侑(元記者)は、「(映画館での)仕事を通して庶民の思いを体感したのでは」と講演会で語っている。 1933年(昭和8年)4月1日、市制が敷かれ帯広町は帯広市となる。 1939年(昭和14年)、2代目館主の夷石民夫が逝去。 長男の勝が3代目館主となる。 画像外部リンク キネマ館で監督の『』が上映されていたことが確認出来る。 終戦から5年を経た1950年(昭和25年)6月25日、3代目の建物に改築。 この頃から当館の前に猿小屋を設置したり 、お盆の時期にはミニお化け屋敷を設けるなどユニークなサービスを行っていた。 1953年(昭和28年)西1条南9丁目にニュース劇場プリンス(後の)が、1955年(昭和30年)に帯広東劇(後の帯広大映劇場)、1956年(昭和31年)にテアトル銀映といったグループ館が新設。 1960年(昭和35年)にはこの4館を含めた10館が帯広市内に存在していた。 当時のキネマ館は映画の封切館で、『』『』などがヒットしていた。 1960年(昭和35年)製作の主演『』(監督:)では、帯広市内でもロケが行われ、同館の従業員数十名がエキストラとして出演している。 にある「」の代表・菅原和博は、小・中学校時代に帯広に住んでいたことがあり、キネマ館で主演の『』、主演・監督の『』を観た思い出を「」のインタビューで語っている。 複数スクリーンの時代 [ ] 「」も参照 1966年(昭和41年)、夷石興行の社長が夷石龍彦に交代。 1970年(昭和45年)、20年続いた3代目の建物を取り壊し、同年9月23日に自社ビルとなる「いせきビル」を建設。 同ビル地下1階にキネマ館、その上層階に帯広店が入居し新たなスタートを切る。 この時のリニューアルオープン番組として『ズンドコズンドコ全員集合!! 』と主演の『こちら55号応答せよ! 危機百発』といった映画2本立が上映されている。 その一方でプリンス劇場は存続するが、テアトル銀映と帯広大映は閉鎖の憂き目にあうこととなった。 1990年(2年)、長崎屋帯広店が西4条南12丁目に移転したのを機にビルの名称を「ポポロビル」に改め、「キネマ2」(1992年11月14日 - )「キネマ5」(1997年4月19日 - )「キネマ6」(2001年 - )を相次いで同ビル内に新設。 4スクリーンを有する映画館となった。 同市出身の映画監督・は高校時代にキネマ館へよく行ったことを「十勝毎日新聞」の記事で語っている。 1995年(平成7年)、夷石行夫が社長に就任する。 閉館の引き金となったシネマ太陽帯広(帯広太陽ビル内) 2000年(平成12年)時点の帯広市にはキネマ館3スクリーンのほかに、帯広プリンス劇場(西1条南9丁目)、帯広グランドシネマ(西4条南9丁目)、帯広シネマアポロン(西4条南9丁目)、帯広テアトロポニー(西4条南9丁目)、帯広シネマ(西3条南9丁目)、帯広ミラノ(西3条南9丁目)の計9スクリーンがあった。 しかし、1977年(昭和52年)に開業したライバル館「」(グランドシネマ・シネマアポロン・テアトロポニー)が閉鎖され、同市内の映画館はキネマ館4スクリーンとプリンス劇場、西3条南9丁目にあった帯広ミラノ座・帯広シネマの計7スクリーンに減少した。 この頃、(現:)付近にを建設する計画が報じられたが、程なくして頓挫。 その一方でいせきグループもシネコン構想を練っていたものの、結局実現することはなかった。 そして2003年(平成15年)11月5日、西3条南11丁目の帯広太陽ビル7階に5スクリーンのシネコン「」がオープン。 競合回避のためプリンス劇場は同年11月7日に経営から撤退し、「CINEとかち」に譲り受ける。 そしてキネマ館4スクリーンは同年11月30日にすべて閉館。 最終興行として同年11月29日と30日に『』が上映され、84年の歴史にピリオドを打った。 閉館後 [ ] キネマ館があったポポロビルは解体され跡地は駐車場となった。 2004年8月、その駐車場入口付近に猿のモニュメント(高さ3メートル)が建立され、当時の名残を伝えている。 また夷石興行は社名を「有限会社いせきビル」と改め、西5条南13丁目の第2いせきビルに本社を移し、不動産業務を行っている。 2012年(平成24年)9月30日、建物の老朽化によりCINEとかちプリンス劇場が営業を停止したため、シネマ太陽帯広が同市に残る唯一の映画館となった。 勝毎ジャーナル. 2000年5月8日. 2013年11月15日閲覧。 上野敏郎 2006年7月10日. トボトボある記. 上野敏郎 - 十勝とボクと映画-. 2013年11月15日閲覧。 全国主要映画館便覧(大正後期編). みつ豆CINEMA. 2013年11月15日閲覧。 上野敏郎のバーチャル市議会. 2005年7月24日. 2013年11月15日閲覧。 2013年11月15日閲覧。 中原行夫の部屋(原資料「」). 2013年11月15日閲覧。 本別ブログ. ふるさと・東京本別会 2012年2月18日. 2013年11月15日閲覧。 (NPO十勝文化会議)• 帯広めーる 十勝毎日新聞社. 2004年8月12日. 2013年11月15日閲覧。 出典は『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。 同文献を出典とする「消えた映画館の記憶」を参照した。 勝毎ジャーナル 十勝毎日新聞社. 2003年11月26日. 2013年11月15日閲覧。 上野敏郎 2006年8月1日. トボトボある記. 上野敏郎 - 十勝とボクと映画-. 2013年11月15日閲覧。 帯広支社. 2011年6月22日. 2013年11月15日閲覧。 (NPO十勝文化会議)• (NPO十勝文化会議)• (NPO十勝文化会議)• 帯広めーる 十勝毎日新聞社. 2003年10月16日. 2013年11月15日閲覧。 出典は日本映画製作者連盟配給部会『映画年鑑2000別冊 映画館名簿』時事映画通信社、1999年。 同文献を出典とする「消えた映画館の記憶」を参照した。 十勝毎日新聞 十勝毎日新聞社. 2013年1月22日. 2013年11月15日閲覧。 外部リンク [ ]• (運営会社のホームページ) この項目は、に関連した です。

次の