公務員 ボーナス 高い。 表には出てこない。1割の公務員に支給されるスーパーボーナス

2020年夏の「公務員のボーナス」、平均支給額はいくら?

公務員 ボーナス 高い

公務員のボーナスに対する世間の批判 公務員のボーナス支給については、毎回必ず「今年はいくら上がった」 というような話題が大きくニュースになります。 その時にボーナス平均支給額も一斉に報道されるため、 一般市民にもよく知られたりします。 そのため、報道を見た市民から 「公務員のボーナスは高すぎる!」といった批判が出てきます。 特に不景気のときは、批判が強まる傾向にあります。 根底には、 「税金を払っている自分よりも高いボーナスを公務員がもらうなんて許せない」 という考えが根底にあるようです。 言い換えれば、 「公務員にボーナスを払えるくらいなら税金を安くしろ」 といった気持ち。 たしかに生活の困窮している方の意見であれば、理解できなくもないです。 公務員ボーナスの批判内容• 公務員はあまり仕事をしていないのにボーナスをもらいすぎ• 仕事の成果に関わらず、同じ額のボーナスがもらえるのはおかしい• 民間企業のように景気が悪い時は、ボーナスを支払うな• 十分な給料をもらっているのにボーナスなんていらない 他にも、世間からの公務員ボーナス批判は山のようにあります。 そもそも公務員というのは、ボーナスネタに限らず基本的になんでも批判されることが多い職業です。 公務員にボーナスが出るのはおかしいのか。 そもそも公務員にボーナスが支給されることっておかしいことなんでしょうか? 民間企業の場合、売り上げが高かった人にはボーナスがプラスになるといったように 成果で大きく変わることが多いです。 しかし、公務員の場合は、成果を売上や金額のように数値で測るというのが、 非常に難しい仕事です。 さらに公務員といっても職種が沢山あるため、 成果を評価しやすい仕事もあれば、仕事内容は大変だけど地味すぎて成果としては 評価しにくいような仕事もあります。 そのため、公務員のボーナスというのは、民間企業のように、 成果によって圧倒的に金額に差をつけるということがしにくい状況にあります。 公務員がボーナスをもらえる理由 売上や成績を残していなくてもボーナスがもらえるのは、 民間企業とは異なる尺度で成果を出しているからです。 公務員の成果とは目に見えにくいもの。 住民からすると市役所の窓口や窓口のサービス以外に公務員が仕事をしている というのは、なかなか理解しにくいです。 しかし、ご存知のとおり、公務員の仕事がなくなると住民の生活が困窮します。 様々な住民サービスが提供できなくなることはもちろんのこと 秩序の安定や社会福祉といった民間企業が利益を見出しにくい分野にこそ 公務員の力が求められているからです。 公務員が利益を出していないように見えるのは、 利益が出る分野であれば、民間企業が参入しても元が取れるためです。 利益が出ない分野だからこそ、公務員の力が必要とされているとも言えます。 まとめ 公務員のボーナス批判が無くなることは今後もないでしょう。 確かに公務員の仕事は地味なものが多いです。 世間的にも華やかな脚光をあびることは稀ですので、 「公務員が成果を出している」といっても理解されるのは難しいかもしれません。 しかし、地味で目立たなくて感謝されなくても 住民のためにプライドを持って仕事をしている公務員はいます。 そのような公務員からすると 公務員バッシングはやりきれないでしょう。 ってな感じで今日は公務員のボーナスについて考えてみました。 とにかく色んな業種にも様々な人間がいます。 他人のことばかり批判してもどうにもなりません。 己自身に目を当て、自分のため家族のために頑張りましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 今日も明るく元気に笑顔で過ごしていきましょうね!.

次の

【会社編】ボーナス支給日 でもなぜ公務員だけ批判されるのか。

公務員 ボーナス 高い

公務員のボーナスに対する世間の批判 公務員のボーナス支給については、毎回必ず「今年はいくら上がった」 というような話題が大きくニュースになります。 その時にボーナス平均支給額も一斉に報道されるため、 一般市民にもよく知られたりします。 そのため、報道を見た市民から 「公務員のボーナスは高すぎる!」といった批判が出てきます。 特に不景気のときは、批判が強まる傾向にあります。 根底には、 「税金を払っている自分よりも高いボーナスを公務員がもらうなんて許せない」 という考えが根底にあるようです。 言い換えれば、 「公務員にボーナスを払えるくらいなら税金を安くしろ」 といった気持ち。 たしかに生活の困窮している方の意見であれば、理解できなくもないです。 公務員ボーナスの批判内容• 公務員はあまり仕事をしていないのにボーナスをもらいすぎ• 仕事の成果に関わらず、同じ額のボーナスがもらえるのはおかしい• 民間企業のように景気が悪い時は、ボーナスを支払うな• 十分な給料をもらっているのにボーナスなんていらない 他にも、世間からの公務員ボーナス批判は山のようにあります。 そもそも公務員というのは、ボーナスネタに限らず基本的になんでも批判されることが多い職業です。 公務員にボーナスが出るのはおかしいのか。 そもそも公務員にボーナスが支給されることっておかしいことなんでしょうか? 民間企業の場合、売り上げが高かった人にはボーナスがプラスになるといったように 成果で大きく変わることが多いです。 しかし、公務員の場合は、成果を売上や金額のように数値で測るというのが、 非常に難しい仕事です。 さらに公務員といっても職種が沢山あるため、 成果を評価しやすい仕事もあれば、仕事内容は大変だけど地味すぎて成果としては 評価しにくいような仕事もあります。 そのため、公務員のボーナスというのは、民間企業のように、 成果によって圧倒的に金額に差をつけるということがしにくい状況にあります。 公務員がボーナスをもらえる理由 売上や成績を残していなくてもボーナスがもらえるのは、 民間企業とは異なる尺度で成果を出しているからです。 公務員の成果とは目に見えにくいもの。 住民からすると市役所の窓口や窓口のサービス以外に公務員が仕事をしている というのは、なかなか理解しにくいです。 しかし、ご存知のとおり、公務員の仕事がなくなると住民の生活が困窮します。 様々な住民サービスが提供できなくなることはもちろんのこと 秩序の安定や社会福祉といった民間企業が利益を見出しにくい分野にこそ 公務員の力が求められているからです。 公務員が利益を出していないように見えるのは、 利益が出る分野であれば、民間企業が参入しても元が取れるためです。 利益が出ない分野だからこそ、公務員の力が必要とされているとも言えます。 まとめ 公務員のボーナス批判が無くなることは今後もないでしょう。 確かに公務員の仕事は地味なものが多いです。 世間的にも華やかな脚光をあびることは稀ですので、 「公務員が成果を出している」といっても理解されるのは難しいかもしれません。 しかし、地味で目立たなくて感謝されなくても 住民のためにプライドを持って仕事をしている公務員はいます。 そのような公務員からすると 公務員バッシングはやりきれないでしょう。 ってな感じで今日は公務員のボーナスについて考えてみました。 とにかく色んな業種にも様々な人間がいます。 他人のことばかり批判してもどうにもなりません。 己自身に目を当て、自分のため家族のために頑張りましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 今日も明るく元気に笑顔で過ごしていきましょうね!.

次の

公務員ボーナスはおかしい!なぜ支給される?批判の嵐にズバリ回答!

公務員 ボーナス 高い

こんにちは、矢駒( chibayakoma)です。 令和元年6月28日に、令和初めてのボーナスが支給されました! (私にはもう無いですが…) 公務員のボーナスは、6月30日と12月10日の年2回す。 支給日が土日の場合には、前倒しの平日が対象日となります。 令和最初のボーナスの平均は、 679,100円とのこと。 管理職を除く行政職職員(平均35.5歳)の平均支給額は、前年夏に比べ約2万6500円増(4.1%増)の約67万9100円となった。 2018年の 人事院 勧告に基づく給与法の改正で、支給月数が0.1カ月分増えたことが影響した。 45ヶ月分でした。 (夏のボーナスは2. 2月くらいです) 参考: ただ、公表されている数字は、 あくまでも平均賞与額。 表には出てこない、スーパーボーナスについてご説明します。 スーパーボーナスは成績優秀職員への上乗せ 公務員のボーナスは、2種類の手当から成り立っています。 ・期末手当• ・勤勉手当 期末手当は、勤務期間に応じて支給されます。 普通に仕事をしていれば、勤務手当は満額支給です。 育児休暇など、勤務期間が短い職員は減額対象となります。 一方、勤勉手当とは、職員の勤務実績によって支給額が変わります。 ただ、普通に仕事をしてれば、支給額が減ることはありません。 逆に、 特に頑張った職員には勤務手当が多く支給されます。 (計算上の掛け率が高いと手当の金額も上がるため、部内では高率(こうりつ)と呼んだりしていました) 上乗せ金額は、ベースとなる給料で変わってきます。 同じ掛け率でも、 給料が高ければ、10万円近く上乗せされることも珍しくありません。 税務署の高率対象者は1割程度 税務署の職員が一生懸命に働き、脱税犯をどんどん捕まえても、全員のボーナスは増えません。 公務員に営業実績はありませんので、どんなに頑張っても(頑張らなくても)1割の職員が高率のボーナス対象者となります。 1割と聞くと少ないと感じるかもしれません。 しかし、ボーナスは年2回ありますので、 10年在籍すれば職員一人にあたり、2回チャンスが巡ってきます。 私も2回だけ、高率ボーナスを貰った経験がありました。 もっとも、ベースの給料がまだ少なかったので、そこまで大きな金額ではありませんでしたが。 上司の評価が良ければ高率ボーナスは支給される 基本的には、税務調査で優良な実績を上げた職員に高率ボーナスが支給されます。 税務調査によって納めさせた税額が大きかった職員や、重加算税を賦課した職員などが主です。 しかし、調査担当以外の職員でも高率ボーナスの支給はありました。 私も税務調査ではなく、内部担当として高率ボーナスを受け取りました。 高率ボーナスの決め手となるのは、上司の評価です。 いくら実績をあげても、 上司が推薦しなければ、高率ボーナスをもらう対象者にはなりません。 媚びることは流石にありませんが、税務調査の実績がイマイチだった場合には、上司への貢献度がモノを言います。 公務員のボーナスの金額に文句を言っても何も変わらない 公務員のボーナスは、民間の大企業を基準にしています。 大企業を基準にしている不満はあると思いますが、(一応)公務員のボーナスだけが高いことは無いです。 また、ボーナスも年収の一部。 ボーナスが150万円でも、 年収500万円なら 月収30万円未満。 相手のお財布事情を知るなら、ボーナスよりも年収が大事です。 参考: ボーナスをたくさんもらえる人は羨ましいです。 ただ、 妬むよりもヨイショしてどんどんお金を使ってくれた方が、世の中とっては好循環になりますので。 参考にならない程度のご参考に… 最新ページ• 税務署職員辞めてから未だに「元税務署職員」との肩書を使っている私ですが、なんだかんだで12年以上働いてきた愛着はあるんだなと感じています。 その気持ちが表れている... 私は元税務署職員であり、元国家公務員です。 10年以上働いてきましたので、同期含めて多くの職員が退職するのを目の当たりにしてきました。 退職する理由は人それぞれです... 人気お笑い芸人のチュートリアル徳井さんが法人税や所得税の申告漏れが発覚して、活動自粛をしています。 ただ、活動自粛したことによって全部が解決した雰囲気が流れていま... こんにちは、矢駒 @chibayakoma です。 いよいよ、2019年10月から消費税が増税します。 世の中の注目は、消費税10%ではなく軽減税率ですよね。 店内飲... サラリーマンがよく勧められる副業は、3種類あります。 ・不動産経営・株式投資(投資信託)・ギャンブル投資(FX・仮想通貨)金額的に考えれば株式投資がリスクが低く、...

次の