熱中 症 指数 アプリ。 熱中症の予防と対策

【すぐわかる!】『熱中症警戒計』

熱中 症 指数 アプリ

日射・輻射熱(日差しやアスファルトなどの周辺環境) の 3要素 を組み合わせて暑さを表す指標のことです。 つまり簡単に言うと、 人が単純に「暑い…」と感じた時に• 蒸し暑い• 日差しが強いから暑い• 周辺物が太陽光で熱を持っているから• 単純に気温が高いから暑い …などなど、 どういう風に暑く感じるかの原因は色々あるため それらを1つの数値したのが 暑さ指数 WBGT です。 関連 暑さ指数 WBGT は国際基準値 暑さ指数(=WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、1954年に熱中症を予防することを目的として、アメリカで最初に提案された 国際的に規格化されているものです。 暑さ指数 WBGT 基準と気温との違い 例えば、環境省が発表している『暑さ指数の運動に関する指針表』を参考に見てみましょう。 とくに、体温上昇・発汗をともなう運動時は熱中症が起こりやすくなります。 暑さ指数は、屋外はもちろん、空気がこもりやすくなる室内でのスポーツにも活用できます。 特に子どもの場合は中止。 体力の低い人、暑さになれていない人は運動中止。 激しい運動では、30分おきくらいに休息をとる。 熱中症の兆候に注意し、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する。 指数が高くても日陰で風通しがよいところなら危険性は低くなりますし、 逆に指数が低くても暑い場所での長時間作業や体調不良であれば、危険な場合もあります。 関連 暑さ指数 WBGT をすぐ計算してみよう 暑さ指数は「熱中症指数」ともいわれ、天気予報やスポーツジムなどではだいぶ浸透していますが、自分ですぐに調べたい時はどうすればいいのでしょうか。 そんな時におすすめの確認方法がこちらです。 環境庁のウェブサイトで確認 環境庁では、全国832地点のWBGT値を公開しています。 ご自分の地域点を入力すれば数値がカンタンに確認できます。

次の

熱中症指数計WBGT測定器とは?おすすめの使い方は?

熱中 症 指数 アプリ

気象庁の観測データから「暑さ指数」を算出。 熱中症危険度を5段階で表示。 1時間ごとにデータ更新。 現在の気温と湿度もわかります。 同時に5つの市区町村または現在地を登録できます。 iPhoneX対応済み。 熱中症関連アプリでは最もダウンロードされています。 暑い夏を乗り切るために「熱中症警戒計」を活用していただき、ご家庭や職場、学校、病院、お出かけ先など、さまざまなシーンでお役立てください。 今後24時間の暑さ指数 WBGT の予測状況をお知りになりたい場合は、姉妹アプリ「熱中症予報計」をご利用ください。 「地点設定」画面では左上の+ボタンで登録が完了し、現在の気温・湿度・暑さ指数を表示します。 複数の地点を設定した場合は、左右へスワイプすると別の地点に切り替えられます。 画面をピンチ操作すると拡大表示できます。 「暑さ指数」ボタンでは、暑さ指数の求め方などを掲載しています。 「指数算出」ボタンでは、気温、湿度、時刻を設定して暑さ指数が求められます。 室内などでの適切な気温、湿度管理の参考になります。 日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針」と日本体育協会「熱中症予防のための運動指針」に基づき「WBGT値と気温、相対湿度との関係」を参考に、独自の計算式で「暑さ指数 WBGT 」を算出して、熱中症危険度をランク分けしています。 熱中症危険度は「危険・厳重警戒・警戒・注意・ほぼ安全」の5段階で表示します。 あくまでも目安としてお使いください。

次の

現在地の熱中症の危険を知らせるAndroidアプリがイカス!

熱中 症 指数 アプリ

イラスト/石井里果 猛暑が見込まれている今年の夏。 炎天下での激しい運動を避けたり、こまめに水分補給をしたりといった熱中症対策はしていても、スマートフォンの熱対策はしていない人が多いのでは? 寒い季節なら熱を帯びた端末がありがたく感じられることもあるでしょうが、真夏にホカホカの端末を手にするのは不快極まりないもの。 また、端末が発熱している状態では動作も不安定になるほか、バッテリー消費が早くなるおそれもあります。 今回は、真夏こそ心がけたい、スマートフォンの「熱中症」改善アプリを紹介しましょう。 まずは自分の端末が現在、どれくらい熱くなっているのかを確かめることから。 「」を使えば、発熱の主原因となるCPUの温度をリアルタイムでチェックできるようになります。 気になるレベルの発熱が続くようなら「」をインストールしてみましょう。 CPUの温度と使用率を常時監視し、一定以上の温度になった場合にアラートで警告してくれるアプリ。 警告だけでなく、発熱の原因と考えられるアプリをまとめて強制終了する機能が用意されている点も便利なところでしょう。 端末が熱くなりすぎるのも困るけれど、使用中のアプリまで強制終了されてしまうのはもっと困る、という場合には「」が便利。 CPUの温度を下げるのを優先させるのか、パフォーマンスを優先させるのかといった選択ができるので、目的にあった範囲で最適なCPUの冷却をすることが可能になります。 CPUの冷却だけでなく、この機会にスマートフォンの動作を全体的に改善したいなら「」が役に立つはず。 CPUの過熱を防ぐ機能はもちろん、無駄なファイルやアプリの削除からマルウェアの検知まで、快適化のための機能をほぼ網羅している、頼りになる定番アプリです。 最後にご紹介する「」は、指定した分数だけ他のアプリの操作が一切できなくなる、スマホの利用制限アプリ。 ここまでに紹介したアプリで、CPU過熱の原因となるアプリを強制終了させても、一定の冷却期間を置かなければ安定した動作は取り戻せません。 ついついスマホに触りたくなってしまう人は、このアプリを使いきちんと端末を冷やしてあげましょう。 これらのアプリを活用すれば、スマートフォンの動作だけでなく触り心地も快適になること間違いなし。 熱対策をきちんと行い、夏の仕事を乗り切りましょう! このテーマで紹介しているアプリ.

次の