ダスキン お客様還元優待券 ミスド。 ミスタードーナツ(ミスド)をお得に安く買う方法|ポイ活のすすめ

ミスタードーナツ(ミスド)で使えるコード決済

ダスキン お客様還元優待券 ミスド

dポイントをためる ローソンなど街のお店のお買物やネットショッピングで、ドコモの回線利用で、dカード決済で、JALのマイルとの相互交換など、いろいろなところでdポイントがたまります。 dポイントをつかう ローソンなど街のお店のお買物やネットショッピングで、ケータイ料金のお支払いに、ケータイや付属品などのドコモ商品の購入に、グルメカタログや商品券など素敵な商品との交換などにdポイントがつかえます。 dポイントを共有 携帯電話、dカード、ドコモ光、またいずれのご契約のない方でもdアカウントをお持ちであれば、ポイント共有グループを組むことができます。 dポイントをためる・つかうための5つのカードラインナップ dポイントカード ポイントカード dポイントクラブ会員、またはドコモビジネスプレミアクラブ会員の方が対象です。 Myインフォメール 月々のご利用状況やご契約内容に応じた、ぴったりなご案内をメールでお届けします。 お申込み方法 dポイントクラブのお申込み方法についてご案内いたします。 お知らせ セキュリティ方式変更に伴う影響について 現在、インターネットのご利用にあたっては、通信の内容を保護するため、暗号化通信が行われております。 この暗号化通信の安全性確保のため、セキュリティレベルの高い方式(「SHA-2」)への移行を順次進めております。 このセキュリティ方式の変更に伴い、ドコモアプリへの影響が生じる場合があります。 詳細はを、対象機種はをご確認ください。

次の

【ミスタードーナツ】ミスドゴハンの定番商品『パスタ』『ホットドッグ』リニューアル 投稿日時: 2020/06/17 13:48[PR TIMES]

ダスキン お客様還元優待券 ミスド

あまりファーストフードには足を運ばないタイプです。 空調が強かったり、駐車場がまあまあ混んでいたり、店内もにぎやかめなので(笑)。 それでもモスバーガーに行く理由はただ一つ、 日経MJがあるから です。 ちなみにモスフードさんはモスバーガーを「ファーストフード」としてはとらえていないと以前テレビ番組で語っていました。 日経MJは今のトレンドも教えてくれるし、本家の日経新聞と比べ、どこか主義主張を抑えていて、やわらかいんですよね(笑)。 定期購読してもいいのですが、気分転換も兼ねて外で読むようにしています。 私調べによると沖縄県内で日経MJを置いているファーストフード店はモスバーガーだけなのでモスに通っているのです(あ、すべてのモスの店舗にあるわけではありません)。 モスバーガーの会社、 モスフードサービス(8153)は単元株(=100株)以上の購入で株主優待を発行しています。 500円券枚が一年で2回届くので、計2,000円ですね。 モスバーガーは単価がちょっとお高め。 写真の海老カツバーガーにサラダやオニポテセットを付けると1000円を超えちゃいました(笑)。 なので、優待券は嬉しい限りです。 ただ、モスフードの株を買わなくても別の会社の株主でモスバーガーで使える優待券がもらえます。 モスフードと資本提携している、 ダスキン(4665)の株です。 こちらは 1,000円分の優待券が年に1回もらえるのですが、モスバーガーだけではなく、 ミスタードーナツでも使えます(モスフードの株主優待券もミスドで使えます)。 ダスキンの株主として嬉しかったのは(もう手放した) 優待券だけではなく、アンケートに答えると自社商品が当たるところ。 以前から評判の高さは知っていたのですが、スーパーマーケットでは手に入りくいようでしたので、今回の当選は嬉しかったです。 実際に使ってみて、その良さを実感しましたし。 隠れた名品という感じでしたね。 スポンジもあなどれません(笑)。 株主優待はなんか自分の世界を広げる気がしますね。 もちろん、優待だけに目がくらんで肝心の株価が下がっていたら元も子もないので、気を付けたいものです。 *現在、マンツーマンでお金のレッスンを始める準備中です。

次の

ミスタードーナツ(ミスド)で使えるコード決済

ダスキン お客様還元優待券 ミスド

もくじ• コード決済 ミスタードーナツで使えるコード決済は、以下のとおりです。 (2019年11月11日現在) ・au PAY(エーユーペイ) 対応していないコード決済は、PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイ、Origami Pay(オリガミペイ)、d払い(コード決済)、メルペイ(コード決済)、ゆうちょPay(銀行Pay)、Bank Pay(バンクペイ)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)、クオカードPay(クオカードペイ)、FamiPay(ファミペイ)、アリペイ、ウィーチャットペイ、ネイバーペイ、などです。 クレジットカード ミスタードーナツでは、各種クレジットカード(VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners)には対応していません。 電子マネー ミスタードーナツでは、店舗により対応する電子マネーが異なります。 交通系電子マネー、楽天Edy、iD、WAON、nanacoが使えることが多いです。 QUICPayはごく一部の店舗のみ使えます。 ミスタードーナツカード ミスタードーナツでは、独自のプリペイド型電子マネーである「ミスタードーナツカード」が使えます。 ミスタードーナツ専用です。 ミスタードーナツカードは、店舗ですぐに発行してもらうことができます。 スマホアプリ「ミスタードーナツカードアプリ」でも使えます。 チャージは現金またはクレジットカードでできます。 毎月10日・20日・30日に3,000円以上チャージすると、2%分のボーナスポイントが付きます(獲得月の翌月から3か月間有効)。 チャージ残高は、最終利用日またはチャージ日から1年間です。 半年ごとの累計利用金額が5,000円以上に達すると、金額に応じてVIPチケット(ドーナツまたはパイ引換券)がもらえます。 そのほかの支払い方法 ミスタードーナツでは、ダスキン・モスフードサービスの株主優待券が使えます(お釣りは出ません)。 ミスタードーナツ商品券も使えます(お釣りが出ます)。 ミスタードーナツギフトチケット(電子チケット)も使えます(残高の範囲で繰り返し使えます)。 ジェフグルメカードは使えません。 ポイントカード ミスタードーナツでは、楽天ポイントカードとdポイントカードが使えます(いずれか一方のみ)。 ポイントカードのスマホアプリにも対応しています。 消費税軽減税率への対応 ミスタードーナツでは、店内での飲食(イートイン)は消費税率10%、持ち帰り(テイクアウト)は消費税率8%の軽減税率が適用されます。 「キャッシュレス・ポイント還元事業(消費者還元事業)」は対象外です。

次の