ジムニーシエラ 納期 最新。 大人気のスズキ「ジムニーシエラ」は今、買うと納期はいつになる?|@DIME アットダイム

ジムニーシエラの納期最新情報は?納車時期を早める裏ワザとは?!【2019年12月現在】

ジムニーシエラ 納期 最新

ちなみにジムニーは色々とグレードが用意されていますが、普通車カテゴリのジムニーシエラは1種類になります。 室内はシンプルさを強調し、無駄を省いたデザインになっています。 更に使い勝手の良さも追求。 インパネまわりはシンプルな水平基調で、特に目立った装飾はありません。 室内カラーも黒だけと、とことん飾り気がないのも特徴になります。 最上グレードの「XC」はエアコンルーバーまわりがブロンズメタ仕上げとなっています。 ドアハンドルやパーキングブレーキボタンもメッキになるなどさりげなくグレードで差別化されています。 エアコン調整やダイヤル式。 その下のスイッチ類は鍵盤タイプ、2WDと4WDの切替は2代目と同じレバー式を採用と、操作の確実性に重きを置いているのも特徴になります。 室内スペースは先代より少しは拡大されているものの、軽自動車規格なのでそこまで変化はありません。 ジムニーのオートマチックは本格的なステップATが装備されている。 つまり大半の軽自動車に装備されるCVTのオートマチックとは一線を画するものだ。 特にノンターボでエンジンに負荷がかかり易い軽自動車のCVTは、どうしてもアクセルの踏み込み量が多くなって、エンジンが唸り、その割に車速が伸びないという車速とエンジン音の相関関係が崩れているから、違和感があって好みではない。 そこへ行くとたとえ4段と言えどもちゃんとしたステップATは、変速の際に多少の軽いショックは伴うものの、車速の伸びとエンジン回転の上昇はリンクしているから違和感はないし、何よりも力強さがある。 それにジムニーの場合はエンジンもターボ付きだからよりパワフル。 その走りは想像していたよりもはるかに活発で、結論から行けば全然ATでもOKである。 ここからは、新型ジムニー・ジムニーシエラで現在注目されているカスタムショップをご紹介していきます。 ジムニーのイメージをかっこよく変化させるドレスアップなど様々なショップ調べていきます。 リバティウォークが提案するジムニーのカスタムは、メルセデス・ベンツ Gクラスのようなデザインです。 ジムニーとジムニーシエラは角ばったデザインがGクラスに類似することから、Gクラスにより似せるカスタムのスタイルを提案してくれます。 全体に統一感のあるスポーティでシャープなカスタムが魅力的。 ジムニー・ジムニーシエラのカスタムは、「ローバーディフェンダー」のようなカスタムです。 っランドローバーディフェンダーの外観の特徴を取り入れています。 ジムニージムニーシエラに特化したオリジナルカスタムを中心としており、釣りに特化したモデル「フィッシングマスター」というカスタムもおすすめです。 それぞれパーツやコンセプトが異なるので、幅広い商品を取り扱っています。 ヴィーナスのカスタムパーツのブランドに、「ジーベース」があり、ジムニージムニーシエラ専用のフェイスガーニッシュとオーバーフェンダーを展開。 内装には便利なドリンクホルダーを提供しています。 グリルアッパーガーニッシュとアイラインを融合させたフェイスガーニッシュは、正面を洗練された顔つきに仕上げました。 ジムニーはカスタムすると、どこまでもかっこよくなる車ですね。

次の

大人気ジムニーの納期が再延長!! 海外需要増と新型コロナ禍で納車待ちが1年半に

ジムニーシエラ 納期 最新

スズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」がデビューしたのは2018年7月。 それから約1年半が経過した2020年4月現在もその人気は衰えず、長い納車待ちが続いている。 1年のうちで最もクルマが売れる3月の決算期も過ぎ、さらにバックオーダーが増えていると思われるが、ここにきて納期待ちがさらに伸びるという情報が入ってきた。 その大きな要因は、海外市場の情勢と新型コロナ禍だ。 増産を発表し、工場をフル稼働させていたスズキには大きな打撃となることは間違いない。 一時期は納期が短縮したとされたジムニー/ジムニーシエラの納期が、今後どうなるのか!? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、スズキ販売店に取材してお伝えする。 2019年末あたりに、それまで約1年だった納期は8カ月まで短縮していた。 それが2020年春に1年以上と再び延長となったのである。 この要因は、国内での人気の再燃に加えて、ヨーロッパを中心とした海外からの旺盛な需要、つい最近では新型コロナウイルスの感染拡大の影響でサプライヤーからの部品供給が滞り、組み立てている湖西工場(静岡県)が一時的な稼働停止となるなどが障害となっているからだ。 ヨーロッパで人気が高まっているジムニーシエラ(写真左)。 ジムニー(写真右)とシエラはオーバーフェンダーの有無が最も簡単な識別ポイントとなっている ジムニーの製造工場であり、スズキの主力工場でもある湖西工場(静岡県)。 新型コロナウィルスの影響を受けて、4月9日、10日、17日に操業を停止。 4月20日~5月1日は停止せずに生産を行うが、その後の計画は未定だ ジムニー/ジムニーシエラの2020年1~3月の月販平均台数と前年同期比は、ジムニーが2325台、25. 1%減、ジムニーシエラが1193台、17. 9%減とどちらも2ケタ台のパーセンテージでのマイナスとなっている。 これだけ見ると、ひと頃に比べると勢いがなくなり、人気が頭打ち傾向にあるように思える。 ところが実際は異なる。 海外需要に応えるために生産の多くを海外向けに振り向け、国内分を絞らざるを得なくなっているためである。 海外向けは軽自動車仕様がないので、全数がジムニーシエラとなっている。 であれば、軽自動車のジムニーは国内専用であるから、増産すれば納期が早められるように思える。 ところが、実際にはできない状況になっている。 ジムニーとジムニーシエラの両モデルは、同じ組み立てラインで生産しているのでジムニーだけを増産するわけにはいかないのである。 実質的な納期は、ジムニーが1年2カ月程度で、ジムニーシエラは1年半になっており、ジムニーシエラのほうが余計に待たされる状況にある。 海外需要がより旺盛ということを示している。 ジムニーシリーズの強みは、ラダーフレーム構造による悪路走破性のよさである。 スズキだけのモデルであるから、独占的に売られており、強気の商売ができる仕組みになっている。 ラダーフレームを採用するジムニー/ジムニーシエラ。 機械式副変速機付きのパートタイム4WDと、3リンクリジッドアクスル式サスペンションで過酷な使用環境にも対応。 1台でどこへでも行ける性能が、世界でも人気になってる理由だ 現行モデルで、前モデルの丸みを持たせたエクステリアデザインから歴代モデルで使われた直線的でワイルドな風格を持たせたことで、より人気が高まっている状況にある。 このことは、歴代モデル以上に高いリセールバリューを維持できることにも繋がっている。 今現在、国内向けは月産3500台規模で推移している。 1年以上待たされるということはバックオーダーが5万台程度に膨らんでいるということが推定できる。 この人気の高さが、さらにリセールバリューを押し上げる役割を果たしているのが実情である。 ただ、ジムニー/ジムニーシエラの納期再延長は、スズキ自体の流通上の問題もある。 80%以上は5万店ともいわれる業販店で売られていることだ。 人気が高いモデルであれば、メーカーに発注してもすぐ売れるから、ユーザーに肩代わりして購入を申し込んだりする。 業販店はメーカーと直接代理店契約を結んでおらず、正規のスズキ店やアリーナ店と協力店契約を結んでいる。 したがって、ジムニー/ジムニーシエラを購入する受注者のなかには多数の業販店事業者が含まれていると推定される。 この分はスズキにとっては、正規の受注台数としてカウントされるケースもあるのが実情である。 それが2020年春に1年以上と再び延長状態になった。 この背景には新型ハスラー、ライズ、ロッキーなど軽自動車やコンパクトカーなどの新型SUVが相次いで発売になり、ジムニーシリーズの人気再燃を後押ししたという事情があるようだ。 ジムニーファンはこれら新型SUVとは違い、納期が長引いても待っていてくれるユーザーがほとんどを占めている。 ヨーロッパを中心とした海外からの引き合いも引き続き旺盛で、増産分は国内に十分に振り向けられないという状況も、納期がさらに長引く要因になっている。 ジムニーは2019年1月に成約したお客さんが2020年3月にようやく納車できたというケースもある。 ジムニーシエラはさらに国内向けがひっ迫しており、1年半程度に延長している。 ほかのモデルよりも装備品が多いので、こちらの儲け分もある。 1年以上待たせても、ファンはキャンセルせず待ってくれているお客さんは多い。 発売後2年近くが経過しているのに、この状況が続いているのは異例である。 現行ジムニーの中古車市場はますます活況となるだろう(写真をクリックすると「現行型ジムニー」の中古車情報が見られます).

次の

ジムニー新型の納期最新情報【生産ラインを増設決定】XXX%UP!

ジムニーシエラ 納期 最新

ジムニーシエラの納車期間・納期状況 参考: ジムニーシエラは、スズキが昔からラインナップしている軽自動車のクロカンSUV ジムニーをベースとした車です。 そんなジムニーシエラは、2018年7月にベース車であるジムニーのフルモデルチェンジにあわせて発売され、新車発売からまだ1年も経っていないモデルです。 そのため納期などは次のようになっています。 ジムニーシエラの納車期間 ジムニーシエラの新車の納車期間は現在なんと1年〜1年半と非常に長くなっており、通常では考えられないほどの長期間となっています。 これはベース車であるジムニーも同様で、ジムニーシリーズの人気がメーカーの想定を大幅に超えたことが最大の要因です。 当初ジムニーシエラの月間販売台数目標は100台に設定されており、ベースのジムニーが1,200台でしたので約1割程度と想定されていたわけです。 ですがいざ新車発売を迎えるとジムニーの注文が殺到し、現在まででジムニーシエラだけでも10,000台近い注文があったようです。 このことからスズキのジムニー生産ラインは当然ながら追いついておらず、注文に対して納車が進んでいないわけです。 バックオーダーもまだまだあるので、これから注文したのでは納車は少なくとも1年以上はかかる見込みです。 ジムニーシエラの納期の口コミ 普通新車を購入する場合、納期は1ヶ月〜2ヶ月程度が普通ですので、ジムニーシエラの納期を聞いた人は本当に信じられないと感じるはずです。 ですが次のツイートにもあるように1年以上の納期というのは正確な数字です。 スズキで納期待ち聞いてきましたが、ジムニーが1年、ジムニーシエラが1年半、、マジかー — Younosuke rasras178 この方は3月末にディーラーで納期を聞いてこられたようですが、ジムニーシエラは1年半といわれており悩まれています。 このようなツイートは非常に多く見かけられ、来年になってもまだ納車されないというのは購入するかどうか迷うところでしょう。 ジムニーシエラ予約してきた。 納期は来年の4月予定。 それほどまでにジムニーおよびジムニーシエラは魅力的な車であり、納期がいくら長くても手に入れたいと思う人は多いのです。 ディーラーでしっかり紙で示されているので間違いではありませんが、この納期を提示されても注文はやまなかったのです。 なお納期がそれに対して半分程度になった理由については、後ほどご説明します。 ジムニーシエラの納車期間・納期の理由 さてジムニーシエラの納車期間がなぜそこまで長くなってしまったかについては、この車種特有の事情が関係しています。 ジムニーシリーズだけの特徴 ジムニーは軽自動車でありながらオフロード走行に適した構造を持つ車で、このような車は日本だけでなく世界を見ても他にない独特な特徴です。 そのためジムニーの人気は昔から根強く、その派生車種であるジムニーシエラにもその特徴は受け継がれています。 ジムニーシリーズの特徴は軽自動車サイズのコンパクトな車体でありながら、ラダーフレームやリジッドサスペンションといった耐久性の高い構造が、この車のオフロード走行性能を確保しています。 この独特な構造は初代ジムニーから一貫して採用されているもので、長年の実績から信頼性も高く、多用途で長く使える便利な車という評判がジムニーには染み付いているのです。 このことからジムニーおよびジムニーシエラに対する人気は不動のものがあり、明確なライバル車が無い現在ではその人気の高さが注文の多さに繋がっています。 そのため新車の発売でその人気が一層高まり、今回のような納期が長期間になる状態になっています。 約20年ぶりのフルモデルチェンジ ジムニーシエラという派生モデルが登場したのはジムニーの2代目が発売されている途中からでしたが、その後ジムニーが3代目、4代目とモデルチェンジを行うのにあわせて刷新されてきました。 ですが4代目となる新型ジムニーは実に20年ぶりにフルモデルチェンジが行われており、ジムニーシエラも18年ぶりと長年のモデルチェンジへの期待が一気に注文の多さに繋がったといえます。 普通乗用車は5年〜7年ごとにフルモデルチェンジを行って刷新していくのが一般的で、その場合でも新車発売時には需要が一気に高まります。 ですがジムニーシエラの場合には、人気ではあるもののその特殊な立ち位置の車種ということでフルモデルチェンジはなかなか行われておらず、マイナーチェンジの度に「次のジムニーはまだか?」などと言われていたほどです。 そんな状況が20年近くも続けば否応にも期待は高まっていくものです。 そしてようやく迎えた新車発売でしたので、旧モデルからの乗り換え需要や新たに購入する人の需要が一気に流れこみ、近年例を見ないほど注文が殺到したというわけです。 もちろんメーカーのスズキもある程度は想定していたはずですが、実際には想定は大幅に外れたのです。 SUV人気の高まり ジムニーはもともと人気は高いモデルでしたが、それに加えて近年は世界的にSUVがブームとなっておりジムニーシエラの需要も後押しされています。 SUVは2000年ごろから徐々に人気が出てきた車種ですが、都会的なクロスオーバーSUVの登場とアウトドア人気の高まりなどにより爆発的な人気を得ました。 現在では世界中のメーカーがこぞってSUVをラインナップするほどになっており、国内でも海外でも大人気です。 ジムニーシエラはクロスオーバーSUVではないのですが、小型コンパクトなSUVというコンセプトが他になかなか無いものでしたので、人気は一層高まったことになります。 そこに来て新型ジムニーが登場し、加えて近年のSUVによく見られる押し出しの強いデザインとしたことが人気を後押ししています。 前型までジムニーに触れてこなかった層にもジムニーおよびジムニーシエラは受け入れられており、新たな顧客の獲得が需要の高まりと納期の長期化を招いているといえるでしょう。 シエラというモデルの需要 ジムニーシエラはあくまでジムニーの派生車扱いのモデルだったので、スズキはそこまで需要が無いと見込んでいたのですが、実際には想定を大きく上回る需要があったことも納期が大きく伸びた理由です。 前述のツイートなどでもジムニーよりジムニーシエラのほうが納期が長いという状態が起こっていることはお分かりになると思いますが、これはジムニーよりジムニーシエラのほうが想定と実際の販売台数の差が大きかったためです。 MEMO ジムニーがメーカーの月間生産予定の2倍ほどの受注で推移している中、ジムニーシエラは10倍近くと大きな差が生まれています。 もともとジムニーシエラは海外販売がメインの車種であり、軽自動車では不足する海外での需要を満たすために生まれました。 そのため国内での需要はそこまで高くなく、メーカー側も生産台数は少ないだろうと見込んでいたのですが、前述のSUV人気の高まりなどもあって一気に販売台数が伸びたのです。 ジムニーシエラの人気は前型モデルから大きく傾向が変わっており、軽自動車よりパワフルで運転の楽なモデルが望まれているということでしょう。 ジムニーシエラのグレード・仕様・色ごとの納車期間・納期 ジムニーシエラには「JC」と「JL」が設定されていますが、そのグレードやカラーバリエーションの人気によっても納期は多少変わってきます。 ジムニーシエラの売れ筋グレードは上級グレードのJCで、JLに対して160,000円程度の差額があります。 その装備の大きな差は安全装備で、JCではスズキ セーフティ サポートという装備が標準装備されます。 JLでもオプション設定は出来ますがその場合は差額は120,000円程度となります。 この他には主に内装が豪華になるのが違いであり、満足感の高いJCがよく選ばれているわけです。 カラーバリエーションの面ではJCでは2トーンカラーが選択できるという点があり、JLのほうが塗装はある意味簡略化されています。 またカラーバリエーションは濃緑色のジャングルグリーンが人気ですので、それ以外を選ぶことでも多少は納期は短くできるでしょう。 JCであっても2トーンカラーをやめれば少しは短くなる状況もあるでしょう。 そのため納期に対しては装備の簡略化されたJLのほうが僅かに有利ですが、現状のような需要が多い状態では大差はないでしょう。 また安全装備はなにより車に重要ですので、JLであってもオプション装備は付けておいたほうが良いです。 ジムニーシエラの納車期間・納期の今後 ジムニーシエラの1年〜1年半という納期は非常に長いものではありますが、実はこれはかなり改善した方であり、前述のツイートであるように当初は3年もかかる状況でした。 スズキはジムニーの想定外の需要に対して生産設備の強化を2019年に入って行っており、生産ラインを増加させることで一気にバックオーダーを解消させています。 その結果ジムニーもジムニーシエラも当初より大幅に納期が短縮されているのですが、それでもまだ1年以上という納期がかかるのが現状なのです。 もっと生産設備を強化すれば良いじゃないか、と思われるかも知れませんが、そもそもジムニーやジムニーシエラはスズキとしてはメインの生産車種ではありませんので、その強化には限度があります。 そのため今以上の納期短縮はなかなか難しい状況であり、あとは粛々と待つしかないでしょう。 ジムニーシエラの納車期間・納期を早める方法 ジムニーシエラの納期を少しでも早めるためには前述のようなグレードとカラーバリエーションの選択で多少変動はありますが、その他に「登録済み未使用車」を購入する方法もあります。 登録済み未使用車とは、ディーラー自身が新車登録をしただけで走行をほとんどしていない車のことで、分類としては中古車に入ります。 このような車がある理由は各ディーラーの販売ノルマにあり、ノルマ達成のためにディーラー自身が買い取り、その後に中古車として販売している為です。 そのため新車同然のクオリティの車が中古車市場にあるわけで、当然ながら納期など関係なくすぐに手に入れられる車となっています。 ジムニーシエラの登録済み未使用車であれば1年半も待たずにすぐ乗り出すことは出来ますが、その価格はほぼ新車と同等ですし、場合によっては少し上乗せされている場合もあります。 また完成車ですのでボディカラーやオプション装備などの選択は出来ません。 そういう点で不満を感じる点もあるのですが、長期間の納期を待つ以外の選択肢としては便利な手段です。 他の車の納車期間・納期 ジムニーシエラのような小型クロスカントリーSUVというのは他にないのですが、コンパクトSUVというくくりであれば次のような車種が他の選択肢となるでしょう。 スズキ イグニス 参考: 日本にもコンパクトなSUVは何車種もありますが、軽自動車がベースのジムニーシエラほど小型の車はあまりありません。 その中にあってもスズキはクロスオーバーSUV風の小型車をいくつか持っており、その1つがイグニスです。 イグニスはコンパクトカー風のデザインに大径タイヤを装着したような車種で、かなり都会的なデザインの車です。 クロスオーバーSUVなのである程度の悪路走破性はありますが、ジムニーシエラほどのオフロード性能はありません。 その代わりハイブリッドシステムを駆使した燃費性能は魅力的で、一般道での使用に特に適しています。 イグニスの納期は現在1ヶ月〜2ヶ月となっており、既に新車発売から何年か経過していることもあって納車は落ち着いています。 価格的にもジムニーシエラと同等程度なので、オフロードで使用しないのであれば別の選択肢といえるでしょう。 スズキ クロスビー クロスビーもコンパクトのクロスオーバーSUVに分類される車種ですが、イグニスより最低地上高が高く、またデザインもオフロード風となっているのでよりジムニーシエラに近い車種です。 クロスビーはジムニーシエラよりもポップなデザインとカラフルなカラーバリエーションが大きな特徴となっており、見た目で乗用車として楽しい車になっています。 またハイブリッド仕様と4WD仕様もしっかり設定してあるので、燃費と走破性を両立することも可能です。 クロスビーは2017年発売の車種なのでこちらも販売は落ち着いており、納期は1ヶ月〜2ヶ月と一般的な車と同じです。 スズキ エスクード 参考: エスクードはジムニーシエラよりワンランク大型のSUVですが、エンジンの排気量やスペック面ではジムニーシエラとほぼ同等で、イグニスやクロスビーよりもオフロード性能が高い車種です。 エスクードもスズキを代表するSUVで前型モデルまではラダーフレームを採用していましたが、現行モデルからはモノコックボディを持つクロスオーバーSUVになりました。 しかし最低地上高やサスペンションなどはオフロード走行に適したものであり、ジムニーシエラに負けない走破性を持っています。 エスクードの納期はほぼ2ヶ月程度となっており、この車がハンガリー工場での生産であることから多少国内製造よりも時間はかかります。 ですが現状ではジムニーシエラよりよっぽどすぐに手に入る車種といえるでしょう。 ジムニーシエラの納車後・納車式の口コミ・レビュー ジムニーシエラの納期は現状でも1年半という長い納期がかかるのですが、当然ながら既に納車されたという方もいらっしゃいます。 昨日、人生初の新車購入!8月に発注してやっと納車…一回も運転せずにハンドル交換!ハンドルは25年前に買ったモモステ ジムニーシエラ JB 74W — 諭吉 catsumiu この方は発売翌月の8月に発注されたそうですが、納車日は4月4日と実に8ヶ月かかった計算になります。 これでも長いことは間違いありませんが、初期に注文したほうが納期は短かったようですね。 車の受注と生産工場への発送は日本全国のディーラーから送られますし、それによって納車時期は前後します。 また地域などによっても早くなることがあります。

次の