ペイペイ登録方法。 PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録する方法は?

【初心者も簡単】PayPay(ペイペイ)の使い方|登録方法と2つの支払い方法を解説

ペイペイ登録方法

PayPay(ペイペイ)の使い方!PayPayとはお得なスマホ決済 PayPay(ペイペイ)には支払い方法の設定が必要ですが、使い勝手といいお得度といい、クレジットカードを紐付けるのが一番です。 その理由をこれからご説明しましょう。 PayPayはコード読み取り式のスマホ決済 最初にPayPay(ペイペイ)を使ったことのない方のために、利用方法をおさらいしておきましょう。 PayPay(ペイペイ)はコード読み取り型のスマートフォン決済で、お店によって以下2通りの支払い方があります。 QRコード• バーコード QRコードの提示がある場合は、以下の流れで決済します。 スマホだけで手軽に決済ができる点も魅力です。 PayPay(ペイペイ)は0. 5~1. 5%還元 PayPay(ペイペイ)を街の店舗で利用すれば、0. 5%~1. 5%のPayPayボーナスが還元されますので、現金払いより断然お得です。 PayPayの基本還元率は0. 5%で、利用回数や利用金額によって還元率が最大1. 5%までアップします。 また、下記Yahoo! JAPANサービスの場合、基本還元率が1%、利用額に応じて最大2%還元となります。 Yahoo! ショッピング• ヤフオク! LOHACO• Yahoo! トラベル• Yahoo! ゲーム• PayPayフリマ• PayPayモール• GYAO! ストア ただし、このPayPay利用特典は、お店の場合「PayPay残高」もしくは「Yahoo! JAPANカード」で決済しないと対象となりませんので、ご注意くださいね。 PayPay ペイペイ)の支払い方法は2種類 PayPay(ペイペイ)で決済するには、支払い方法(入金方法)を登録せねばなりません。 PayPay(ペイペイ)には以下の2通りの支払い方法があり、デフォルトではPayPay残高が設定されています。 PayPay残高• PayPayに登録したクレジットカード払い キャンペーン等で付与されたボーナスはPayPay残高に貯まり、ショッピングの際にはこれが優先的に使われます。 付与されるPayPayボーナスの有効期限は無期限ですので、ずっと貯め続けても失効する心配はありません。 PayPay残高には5つのチャージ方法がある PayPay残高には下記5つのチャージ方法があります。 銀行口座• Yahoo! JAPANカード• ヤフオク・PayPayフリマの売り上げ金• ソフトバンク・ワイモバイル料金をまとめて支払い• セブン銀行ATMからの現金チャージ ヤフオク・PayPayフリマの売り上げ金からチャージするには、Yahoo! JAPAN IDとのID連携が必要ですから、事前に紐づけしておきましょう。 また、銀行口座口座の登録にはキャッシュカードや暗証番号、ワンタイムパスワードなどが必要ですが、銀行によって必要な情報が異なります。 PayPayは無料で簡単に始められる PayPay(ペイペイ)は始め方も簡単です。 PayPayアプリをインストールするだけで、すぐに始められますし、インストールは無料です。 登録も最短1分程度でできるほど簡単なものですよ。 PayPay残高が還元される分現金決済より断然お得ですし、スマホをかざすだけで決済が完了しますから、支払いもスマートです。 登録も無料ですから、是非このお得な機会に試してみてくださいね。 PayPay(ペイペイ)アプリは下記公式ページからダウンロード頂けます。 PayPay(ペイペイ)はスマホだけで決済ができる利便性だけでなく、還元も受けられるし、現金払いより断然お得だよ。 PayPay(ペイペイ)におすすめのクレジットカード ここからは、PayPay(ペイペイ)利用におすすめのクレジットカードを厳選してご紹介しましょう。 スペック ・年会費無料 ・基本還元率1% ・PayPay決済で1. 5% ・Yahoo! ショッピング3% ・1,250円(税別) ・コンビニやマクドナルドでポイント5倍 ・最高2,000万円の海外旅行保険付帯 ・豊富なビジネスサポートサービス PayPay特典が唯一適用されるYahoo! JAPANカード Yahoo! JAPANカードは年会費無料で持てる高還元クレジットカードです。 基本還元率も1%と高い上に、Yahoo! ショッピングやLOHACO利用では3%還元もの高還元で利用頂けます。 Yahoo! JAPANカードは唯一PayPay利用特典がつくクレジットカードで、Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードはPayPay特典を獲得できません。 Yahoo! JAPANカードを登録しておけば、残高不足の心配もなくPayPay(ペイペイ)を利用頂けます。 年会費も無料ですし、PayPayを利用する方なら是非持っておきたいカードの1枚と言えるでしょう。 年会費 無料 スペック ・基本還元率1% ・Yahoo! ショッピング、LOHACOは3%還元 ・ショッピングガード保険 ・プラチナ補償(オプション保険) 経営者の方に一押し!三井住友ビジネスカード for Owners 経営者の方や個人事業主の方なら是非ビジネスに役立つクレジットカードも検討してみてはいかがでしょうか。 三井住友ビジネスカード for Ownersは、PayPay(ペイペイ)以外にも幅広く活躍してくれるメインカードをお探しの経営者にピッタリの1枚です。 三井住友ビジネスカード for Ownersは審査の間口が広く起業したばかりの方にもおすすめで、申し込み時に決算書や謄本の提出が不要です。 法人クレジットカードを利用すれば経理事務を簡素化できる上に、公私の支払いの区別がつき、経費削減にも繋がります。 法人クレジットカードが1枚あれば優秀な経理スタッフがいるのも同然。 三井住友ビジネスカード for Ownerは、VISAビジネスオファーやVISAビジネスグルメオファーが利用頂けますので、事務用品を優待価格で購入できたりレストランを優待価格で利用できるなど、年会費以上の価値あるサービスが満載です。 旅行保険も付帯しますからスペックも高く、起業家の方のメインカードとしても大活躍してくれることでしょう。 PayPayはクレジットカードを登録しておいたが残高不足の心配もなく安心して利用できるからおすすめだよ。 PayPay(ペイペイ)は店舗側にも大きなメリットがある決済手段 PayPay(ペイペイ)はユーザー側だでけでなく、店舗側にも大きなメリットがある決済手段です。 ここからは店舗側の目線にたった、PayPay(ペイペイ)のメリットをご紹介していきます。 PayPay(ペイペイ)なら初期費用0円で始められる 通常お店側がキャッシュレスを導入するには、端末費用や決済手数料など、諸々の費用がかかります。 ところがPayPay(ペイペイ)なら以下の手数料が無料で始められる為、0円で始められるメリットもあるのです。 初期導入費• 決済システム利用料• 入金手数料 決済システム利用料は2021年9月30日まで無料で利用できることが決定していて、その後の手数料はまだ未定です。 対応スピードも早く、申し込みから1週間程度で利用が可能となる点も大きなメリットです。 PayPay(ペイペイ)ならスマホとバーコードがあればOK 必要なものもスマホとバーコードだけですから、始め方も簡単です。 決済もお客様がお店のバーコードを読み取って金額入力した後、画面を確認するだけですから、従業員の方もラクですよ。 更に、PayPayコードはにも対応してますから、Alipayユーザーのお客様、特に海外からのお客様も便利に利用できますし、来店も見込めますね。 PayPay(ペイペイ)なら最短翌日入金 しかもPayPay(ペイペイ)なら最短で翌日入金してくれる点も、大きなメリットですね。 ジャパンネット銀行の場合は最短翌日入金、ジャパンネット銀行以外の場合は最短翌々営業日ですが、それでもかなり早いです。 キャッシュレス決済が使えないと2人に1人が来店意欲減少の調査結果 2019年7月18日にJCBが発表したキャッシュレス決済に関する調査結果では、2人に1人の方がキャッシュレス決済が利用できないと来店意欲が減少すると回答しています。 キャッシュレス決済が使えないと2人に1人が来店意欲減少• 4割が実際に来店を取りやめた経験あり キャッシュレス決済を導入してないことで客足が減ってしまうのは、もったいないですよね。 取りこぼしているお客様を取り込む為にも、是非初期費用0円で手軽に始められるPayPay(ペイペイ)の導入を検討してみてはいかがでしょうか。 キャッシュレスが使えない事で実際に4割もの方が来店を取りやめた経験があるって、店舗側にとっては見逃せないデータだね。 PayPay(ペイペイ)登録方法とサービス内容!利用上の注意点 ここからはPayPay(ペイペイ)を初めて使う方のために、登録方法と注意点をまとめました。 PayPay(ペイペイ)の登録は簡単で、スマートフォンとクレジットカードがあれば、どなたでもすぐに始めることができます。 アプリをダウンロードすればすぐにスタートできる 最初にすることはアプリのダウンロードです。 PayPayアプリ単体でも多機能型のYahoo! Japanアプリのどちらでも構いません。 Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方なら、Yahoo! JAPAN IDでログインが可能ですよ。 PayPay(ペイペイ)アプリは下記公式ページからダウンロード頂けます。 アメックスやダイナースは使えない PayPay(ペイペイ)には殆どのクレジットカードを登録できるので、今お手持ちのカードでもすぐに使い始めることができます。 ただし以下のブランドは対象外ですのでご注意ください。 American Express• Diners Club• JCB(Yahoo! JAPANカードを除く) 場合によっては新規入会が必要ですが、その際にはぜひともPayPay(ペイペイ)にお得なYahoo! JAPANカードをお申し込みください。 本人認証されたクレジットカードが必要 クレジットカードは、ぜひ本人認証サービス(3Dセキュア)に登録したものをご使用ください。 この本人認証サービスとは、オンライン上の不正使用防止対策の一つです。 【本人認証サービス(3Dセキュア)】 ・各カード会社が推奨している本人認証サービス ・登録は無料 ・パスワードを設定し、なりすましによる不正使用を防ぐ 以下のように各ブランドが本人認証サービスを提供しており、いつでも登録が可能です。 JAPANカードのみ)で、PayPay残高にチャージできるクレジットカードは、唯一本人認証済みのYahoo! JAPANカードだけです。 本人認証しないカードはPayPayの利用限度額が低い 本人認証しないクレジットカードだと、PayPay(ペイペイ)の利用上限が低くなってしまうのでご注意ください。 クレジットカード 1日の利用上限 1ヶ月の利用上限 本人認証済み 最大20,000円 最大50,000円 本人認証なし 最大5,000円 最大5,000円 本人認証のないクレジットカードを使用すれば、PayPay(ペイペイ)利用額の上限はたったの月5,000円なので殆ど実用性がありません。 PayPay(ペイペイ)にはぜひ本人認証済みのクレジットカードを、をご利用ください。 青いバッジ対象者なら月25万円まで使える また2019年2月12日からは、一定の信用のある顧客に対しては以下の優遇が適用されるようになりました。 【青いバッジ対象者への優遇】 ・過去24時間の利用上限:最大25万円 ・過去30日間の利用上限:最大25万円 もしもユーザー名の横に青い小さなマークが表示されていたら、あなたは青バッジ対象者です。 限度額が5倍も引き上げられるとあって基準が気になるところですが、残念ながら条件は公になっておらず、どうすれば認定されるのかは不明です。 利用状況が変わるとそれまで表示されていた青いバッジが消える可能性もありますが、今のところそういった報告は上がっておらず、これについても詳しいことはわかっていません。 支払い方法を併用できないことに注意 さてここから先はPayPay(ペイペイ)利用上の注意点です。 実はPayPay(ペイペイ)は支払い方法の併用ができません。 これにはちょっと注意が必要です。 例えば7,000円の買い物をする際に、以下のようにPayPay残高の不足分をクレジットカードで補うことができれば便利ですよね。 PayPay残高から500円• クレジットカードから6,500円 新規登録のボーナス500円分も、この方法ならきれいに使い切ることができるでしょう。 しかしPayPay(ペイペイ)ではこういう支払い方法には対応していません。 支払い方法は0円もしくは全額しか選べない PayPay(ペイペイ)の支払い方法は自動的に切り替わると言いましたが、その際には「0円もしくは全額」という2通りの選択肢しかないのです。 なので先ほどの例でPayPayを使えば、必ず以下のように支払われることになります。 PayPay残高から0円• クレジットカードから7,000円 これを知らないと、予期せず全額カード払いになりますのでご注意ください。 その際にはPayPay残高の不足だけでなく、PayPayボーナス反映の遅延にも注意が必要です。 チャージにはYahoo! JAPANカードしか使えない 半端なPayPay残高を消化するためには、チャージによって残高を増やすという方法も有効です。 PayPay残高には銀行口座からもチャージできますが、ポイントが貯まるのでクレジットカードを使う方がよりお得です。 PayPay残高にチャージできるのは本人認証済みのYahoo! JAPANカードのみですから、PayPay(ペイペイ)を使いこなすにはやっぱりこのカードが欠かせませんね。 モバイルTカードにも対応 2019年2月25日より、PayPayアプリがにも対応しました。 今までならTポイント加盟店でPayPay決済する際、モバイルTカードを提示した後に、PayPayアプリを起動させる必要がありましたが、今後はPayPayアプリだけで同時にTポイントも貯められるようになりますよ。 ファミリーマートやエディオンなどTポイント加盟店でPayPayを利用する際は、同時にTポイントも貯められますね。 登録も1度Tカード番号と生年月日を登録してしまえば、次回からは「モバイルTカードを表示する」とタップするだけでOKですから簡単ですよ。 PayPay(ペイペイ)ボーナスは運用で増やせる PayPay(ペイペイ)ボーナスは、運用で増やすことが可能ですよ。 2020年4月15日からPayPayボーナス運用サービスがスタートしています。 PayPayボーナスがあれば、すぐに始められる投資の疑似体験ですので、投資初心者の方にもおすめです。 公共料金もPayPay(ペイペイ)で払える また、公共料金や税金もPayPay(ペイペイ)で払えますから、家にいながら請求書払いも可能です。 電気、ガス、水道、自動車税、固定資産税などの支払いで、PayPayボーナスを獲得できる点も魅力で、支払い先も今後拡大予定です。 ただし、PayPayの請求書払いには1点注意点があります。 それは、領収書や納税証明書が発行されない点です。 納税確認が電子化されている事によって、車検の時に納税証明書の提出は不要となったものの、納税情報がシステムに反映されるまでに10日ほどかかる為、車検間近の方は、コンビニ払いの方が無難ですね。 割り勘機能も利用できる 2019年4月22日からはPayPayで割り勘機能が新たに追加され、飲み会の精算もよりスマートにできるようになりました。 幹事さんには嬉しいサービスですよ。 簡単にPayPayで割り勘する流れを少しご紹介しておきますね。 追加したメンバーの支払額を調整し、割り勘内容を決定するをタップすれば、参加メンバーに通知が届きます。 また、画面上で支払い状況も確認できますよ。 参加したメンバーの支払いも簡単 参加したメンバーの支払い手順もとても簡単です。 以下に流れを簡単にご紹介しておきますね。 PayPay IDは一度設定すると削除したり変更することができませんので、注意しましょう。 加盟店も毎月拡大中 キャンペーン宣伝効果もあり、PayPay(ペイペイ)の利用者数は爆発的に伸びたと言われています。 またPayPay(ペイペイ)は初期費用がかからず導入しやすいこともあって、この通り加盟店も順調に増え続けています。 PayPay(ペイペイ)残高は4種類 PayPay残高には4種類があって、それぞれ使える機能が異なります。 本人確認を済ませたPayPayマネーは出金も可能です。 ジャパンネット銀行の口座からなら出金手数料が無料ですが、その他の金融機関の出金の場合手数料が100円かかります。

次の

PayPay(ペイペイ)とは?支払いの仕組みや使い方・利用可能店舗を解説

ペイペイ登録方法

PayPay ペイペイ の登録方法 PayPayを登録するにはまずアプリをダウンロードしましょう。 アプリはiPhone・Androidどちらにも対応しています。 私は使っているスマホがiPhoneのため、App Storeからダウンロードします。 PayPayのアプリをダウンロードすると新規登録画面になります。 電話番号・パスワードを登録しましょう。 その他にYahoo! JAPAN IDでも新規登録が可能です。 Yahoo! JAPAN IDで新規登録する場合は、Yahoo! JAPAN ID・電話番号・メールアドレスのどれかを入力することで登録できます。 今回私は電話番号で新規登録しました。 電話番号を登録すると、SNSで認証コードが届きます。 PayPayの新規登録が完了すると、新規登録キャンペーン特典の500円がPayPay残高にチャージされました。 PayPayの登録にかかる時間は最短で1分、長くても5分以内には完了するので面倒な手続きがないのもPayPayの魅力です。 登録完了と同時に新規登録キャンペーンの特典が貰えるのですぐに使えます。 クレジットカードを登録する方法 クレジットカードを登録するにはPayPayのホーム画面の左上をタップし、アカウント画面に移動します。 アカウント画面になったら「お支払い方法の管理」をタップ。 そうすると、クレジットカードを追加することができます。 クレジットカードを登録したら本人認証サービス 3Dセキュア を設定しよう PayPayにクレジットカードを登録したら、本人認証サービスを設定しましょう。 本人認証サービス 3Dセキュア とは、不正利用やなりすましを防ぐサービスです。 不正利用の強化から、クレジットカードを利用する際に一定の利用上限が設けられています。 PayPayにクレジットカードを登録してもこの本人認証サービス 3Dセキュア が済んでいないと、 クレジットカードやYahoo! JAPANカードで決済できる上限金額が5,000円以下までになってしまう為、クレジットカードを登録したら一緒に本人認証も済ませておきましょう。 本人認証後は過去24時間2万円・過去30日間は5万円まで上がります。 本人認証設定済みで青バッジが表示されている方は上限金額が25万円になりますが、この青バッジというのは一定の条件を満たしていないと付きません。 青バッジは、利用状況や条件などをクリアすると名前の横に表示されるマークで、青バッジが付く詳しい条件はPayPayの公式から公表されていないので「これをすれば青バッジが付く!」というのはありません。 しかし、PayPayのアプリをアップデートした所、青バッジが付いていました。 もしかしたらアップデートすることで青バッジが付くかもしれないので試してみてください。 しかし、一度青バッジが付いても利用状況によって外れる可能性もあるようです。 本人認証サービス 3Dセキュア の設定方法 PayPayに登録したクレジットカードの本人認証を設定するには、登録したクレジットカードの「本人認証していません」をタップ。 そうすると、画面下に「登録したカードに本人認証を設定いますか?」と表示されるので「本人認証を設定する」をタップ。 本人認証画面に切り替わるのでパスワードを入力します。 ここで入力する パスワードは事前にカード会社のサイトでパスワードを設定しておく 必要があります。 パスワードを入力すると本人認証が完了しました。 これで利用上限金額が引き上がります。 銀行口座を登録するにはYahoo! JAPAN IDが必要 PayPayの残高にチャージする銀行口座を登録するには、 Yahoo! JAPAN IDとの連携が必須になります。 yahoo! の会員になっていない方はこちらから先に会員登録を済ませておきましょう。 JAPAN IDの新規登録が済んだら、PayPayと連携します。 PayPayのアカウントとYahoo! JAPAN IDと連携する PayPayのアプリ右下の「アカウント」をタップして、画面右上の「詳細を見る」をタップ。 プロフィール画面の下の「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップして設定します。 PayPayに銀行口座を登録する方法 アカウントのお支払い方法の管理画面の「チャージ用の銀行口座を追加」をタップ。 Yahoo! JAPANののパスワードを入力します。 登録する銀行口座を選んでタップします。 PayPayは三菱UFJ銀行は残高のチャージに利用できないので注意しましょう。 今回私はみずほ銀行の銀行口座を登録しました。 必要な情報を入力したら登録が完了して、銀行口座からPayPay残高にチャージできるようになりました。 PayPay ペイペイ に新規登録すると500円もらえる PayPayをダウンロードして登録すると、500円相当のPayPay残高がもらえます。 登録も簡単で無料で使えるのでとても便利です。 登録完了後すぐに500円もらえるのでこの機会ににダウンロードしてみてはいかがでしょうか? ダウンロードは以下のボタンをタップ!.

次の

PayPay(ペイペイ)にクレジットカードを登録・削除する方法!決済に必要だぞ!

ペイペイ登録方法

PayPayの登録方法とチャージ方法を知ろう! それではPayPayに登録する方法と、チャージする方法をご紹介します。 PayPayの登録する方法(アカウント登録) まずはPayPayのアカウントを作りましょう。 アプリをダウンロードする まずはPayPayのアプリをダウンロードします。 App StoreかGoogle Play Storeで「PayPay」と検索するか、下記のURLからダウンロードすることができます。 PayPayアカウントの作成 ダウンロードしたPayPayアプリを開くと、下記の画面になります。 ここに携帯電話番号とパスワードを入力して、「新規登録」をタップします。 そうすると、SMS認証の画面になります。 登録した電話番号宛に、PayPayからSMSで4ケタの認証コードが送られてくるので、その認証コードを入力しましょう。 なんと これでPayPayアカウントの登録は完了です! ここまで1分かからないぐらいでできました。 とても簡単ですね! しかも 現在(2018年12月4日)はキャンペーン中で、登録するだけですぐに500円がもらえます! 登録するなら今がお得ですね!• Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている銀行口座からチャージする• Yahoo! JAPANカードからチャージする Yahoo! を普段から使っていない方だと、よくわからないかもしれませんね。 私も最初は「どうしたらいいんだ?」と少し困ってしまいました。 それでは、一つずつ解説していきます。 Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている銀行口座からチャージする まずはYahoo! JAPAN IDとの連携をします。 先程の支払い方法の設定画面の「PayPay残高にチャージ」をタップすると、下記のチャージ画面になります。 ここで「銀行口座を追加してください」の部分をタップしましょう。 そして、「Yahoo! JAPAN IDと連携する」ボタンをタップします。 このあとはYahoo! JAPAN アカウントのIDとパスワードを入力してください。 ここで、 すでに預金払い用口座を登録しているYahoo! JAPAN IDの場合は、連携完了後にそのままPayPay残高にチャージすることができます。 預金払い用口座を未登録のYahoo! JAPAN IDの場合は、預金払い用口座を登録する必要があります。 もう一度、チャージ画面の「銀行口座を追加してください」部分をタップすると、今度は「Yahoo! マネーの利用登録をする」というボタンが出てきます。 この「Yahoo! マネーの利用登録をする」というボタンをタップするとYahoo! JAPANのサイトが立ち上がるので、画面に従って預金払い用口座を登録しましょう。 これで銀行口座からPayPay残高をチャージできるようになりました! Yahoo! JAPANカードからチャージする Yahoo! JAPANカードからPayPay残高をチャージするには、Yahoo! JAPANカードを支払い方法として設定する必要があります。 カードの追加の方法に関しては後述の「」の方法を参考してください。 Yahoo! JAPANカードを支払い方法として設定すると、チャージ画面でYahoo! JAPANカードを選択できるようになります。 Yahoo! マネーを登録する Yahoo! JAPAN IDを連携すると、支払い方法の真ん中が「Yahoo! マネーを登録する」になります。 Yahoo! マネーとは、suicaのような電子マネーの一種で、1円単位でお買い物などの支払いに使うことができます。 チャージした分だけしか使うことができないので、安心ですよね。 このYahoo! マネーをPayPayに登録すると、PayPayで使った分のお金がYahoo! マネーから支払われるようになります。 まだYahoo! マネーの登録をしていない方は、登録しましょう。 「Yahoo! マネーを登録する」ボタンをタップするとYahoo! ウォレットのサイトが立ち上がるので、画面に従って銀行口座を登録するだけです。 登録が完了すると、 「Yahoo! マネーを登録する」ボタンが「Yahoo! マネーに連携済み」になります。 これで、PayPayで買い物をするときのお支払い方法の選択肢に「Yahoo! マネー」が出てくるようになるので、それを選択してください。 クレジットカードを追加 PayPayは、お手持ちのクレジットカードを追加して、クレジットカードで支払うこともできます。 この場合は、 PayPayを使ってお買い物をすると、通常のクレジットカードでの支払いをしたことと同じようになるということですね。 また、Yahoo! JAPANカードの場合は、クレジットカードでPayPay残高をチャージすることもできます。 それでは、PayPayのお支払い方法にクレジットカードを追加しましょう。 「クレジットカードを追加」ボタンをタップすると、「Yahoo! ウォレットからインポート」か「クレジットカードの追加」を選ぶことができます。 Yahoo! ウォレットにカードを追加している方は、左側の「Yahoo! ウォレットからインポート」をタップして画面の指示に従ってください。 Yahoo! ウォレットにカードを追加していない方や、Yahoo! ウォレットで使用している以外のカードを追加したい方は、「クレジットカードの追加」をタップしてください。 そうすると、クレジットカードをカメラで読み込む画面になります。 入力する手間が省けてとても便利ですよね! カメラが使えない方は、「カード番号を直接入力する」をタップして入力しましょう。 次に、クレジットカードの有効期限とセキュリティコードを入力して、「追加する」ボタンをタップして完了です。 これでクレジットカードでPayPayの支払いをできるようになりました!.

次の