特別 支給 の 老齢 厚生 年金 手続き。 年金の支給停止は収入が減れば自動的に解除されるのですか?

特別支給の老齢厚生年金請求に必要な書類(単身者編) [年金] All About

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 手続き

65歳前に支給される年金。 特別支給の老齢厚生年金とは? 年金って以前は60歳からの支給でしたよね。 しかし少子高齢化や国にお金が無いという名目で65歳からの支給となり、今ではすっかり「年金は65歳から」というイメージが定着してきました。 しかしここで想像してみてください。 年金制度が改正されたときに、もし自分が59歳だったとして 「はい。 今年から年金は65歳にならないと支給されませんよ!」 と言われればどうでしょうか? 「え?来年からもらえると思っていたのに・・65歳までの5年間はどうしよう。 1年遅く生まれただけなのに5年分カットなの?」 って思いますよね。 当然不満がでますよね。 そこで生年月日に応じて徐々にカットしていき、最終的には65歳からにしよう。 ざっくり言うとこういった制度が特別支給の老齢厚生年金です。 ではいったい誰がもらうことができるのか?いつからもらうことができるのか? 詳しく見ていきましょう。 支給開始の年齢特別支給の老齢厚生年金には定額部分と報酬比例部分というものがあり、まずは定額部分を徐々にカットしていき、その次に報酬比例部分のカットが始まります。 平成31年現在だと、男性で58歳、女性で53歳がぎりぎり支給されるラインですね。 たとえば、昭和28年4月2日生まれ~昭和30年4月1日生まれまでの男性は61歳から報酬比例部分の厚生年金を受け取れます。 大丈夫ですか? もらってますか? 放置しているともらえるはずだったのにもらえなくなってしまいます。 特別支給の老齢厚生年金の時効は? 請求を忘れていた場合でも 過去5年分はさかのぼって請求することができます。 特別支給の老齢厚生年金に限ったことではありませんが、年金をもらう場合の時効は基本的に5年になっています。 最悪65歳になり本来の年金を請求するときに気がつけばもらい損ねることはないですが、特別支給の老齢厚生年金は遅らせても増えることはないので早めに年金事務所等へ行くことをおすすめします。 特別支給の老齢厚生年金は繰り下げても増えません 65歳からもらう老齢年金は繰り下げてもらうことにより数%多くもらうことができますが、65歳からもらう老齢年金と特別支給の老齢厚生年金は別物と考えてください。 よくあるケースだと「年金は65歳からもらうものだ」というイメージが強く「60代前半にもらったら繰り上げてもらったとみなされて、減額されてしまう」と思い込んでいるパターンです。 年金の請求書は支給開始年齢に達する3ヵ月前に届きます。 60代前半に届く請求書は「繰り上げて申請しませんか?」ってことでは無くて、「あなたは特別支給の老齢厚生年金をもらう資格がありますよ」ってことなので、速やかに提出しましょう。 繰り上げすることはできる? 繰り上げて早くもらうことはできます。 但し、年金の繰り上げ制度は老齢基礎年金と老齢厚生年金を同時に繰り上げなければなりません。 特別支給の老齢厚生年金だけを早くもらう事はできないわけですね。 たとえば、 昭和29年生まれの男性(61歳から特別支給の老齢厚生年金をもらえる)が60歳から年金を受け取りたいと思っています。 その場合、特別支給の老齢厚生年金は1年間の繰り上げで6%の減額となり、老齢基礎年金は5年間の繰り上げとなり30%の減額となります。 この減額された金額は生涯続くので、よく考えてから繰り上げる必要があります。 5%」が年金額から減算されます。 減額や支給停止になるケースは? 厚生年金に加入している状態で特別支給の老齢厚生年金をもらっている場合、減額や支給停止になる可能性があります。 特別支給の老齢厚生年金の月額と給与の月額を合計した金額が28万円を超えると減額や支給停止になります。 減額や支給停止についてはこちらの記事にまとめていますので参考にしてみて下さい。 ・特別支給の老齢厚生年金とは年齢に応じて60代前半にもらうことのできる年金 ・もらい忘れていた場合、時効は5年 ・繰り下げても増えないので請求書がきたら速やかに提出 ・繰り上げるとすべての老齢年金が繰り上げの対象となる ・在職老齢年金の仕組みにより厚生年金に加入しながら年金をもらうと減額や支給停止になる ・障害者の特例で定額部分の老齢厚生年金をもらえる可能性がある 年金制度は改正されることが多く、日々最新の情報を収集しておくことも大切です。 これから先、65歳以降に引き上げられることも十分あり得ますよね。 そうしたら今でさえ後付け感満載で複雑な年金制度なのに・・・さらに複雑になると思うとゾッとします・・・.

次の

特別支給の老齢厚生年金はさっさと受けた方が良い | リバータリアン心理学研究所

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 手続き

先日、「年金請求書」が届きました。 特別支給の老齢厚生年金の案内です。 65歳からもらえる老齢厚生年金の゛繰り上げ受給゛と勘違いして、「繰り上げ受給はしない」としばらくほっておかれたところ、気になり内容を確認して、はじめて勘違いが発覚しました。 「年金請求書」に同封されている「お知らせ」で、大きく「65歳からの年金は、受給開始を繰り下げると増額できます。 」と記載されているため、こちらに目がいき、勘違いしてしまいます。 「年金がもらえるのは65歳から」と思い、この特別支給の老齢厚生年金を請求しない人が少なくないようです。 今回届いた「年金請求書」の受取手続きは郵送ではなく、年金事務所に持参して提出しましたので、その記入方法から提出までを記録しましたので、説明します。 届いた「年金請求書」 緑色の封筒に同封されている書類は、5つ。 年金請求書 1ページから19ページまであり、両面見開きで、左ページが解説で右ページに記入するようになっています。 記入すべき箇所は間違えない様に黄色で塗られています。 年金の請求手続きのご案内 ここに、゛61歳になると「特別支給の老齢厚生年金」を受け取る権利が発生します゛と記載され、その手続きであることがわかります。 こちらは「年金請求書」の提出時に必要な添付書類が記載されていますので、「年金請求書」を記入する際に、こちらを参照するように案内されます。 大切なお知らせ 表裏1枚もので、年金の繰り上げの事が説明されています。 この文書が、勘違いするのです。 61歳の特別支給の老齢厚生年金の申請の書類の中に65歳からの繰り下げの申請のように書かれていますので、ほっておこうとなってしまいます。 予約相談のパンフレット 年金事務所での年金の相談や手続きには、必ず予約が必要です。 第2土曜日は15:00まで実施していますので、予約は早めにとるのが良いでしょう。 全国年金事務所所在地一覧 該当の年金事務所の場所を確認しておきます。 年金請求書の記入方法 それでは、年金請求書の記入方法について、説明します。 年金対象者及び受取口座 1ページ 予め、住所、氏名、年金基礎番号が記載されていますので、黄色の枠の中を埋めていきます。 住所のフリガナ• 署名欄• 連絡先電話番号1、2• 年金の受取口座 年金の加入状況 3~4ページ 記載されている内容に間違いはない為、そのままで修正はありませんでした。 年金の受給状況および雇用保険の加入状況 6ページ 年金は受けていませんので、「2. 雇用保険に加入したことはありますが、退職して7年以上経過していますので、雇用保険番号は記入せず、「事由書」のウ. 注意: 例では、今回の対象となっている添付書類のみを掲載していますが、個々のケースに応じて 回答結果に応じて 、添付書類は異なりますので、ご留意下さい。 配偶者・子について 8ページ 配偶者・子について記入します。 配偶者の個人番号又は基礎年金番号については、個人番号を記入します。 注意: 添付書類について、各項目で「年金の請求手続きのご案内」のページ及び該当の番号が記載されていますので、しっかりと確認して下さい。 上記の例では、今回の対象となっている添付書類のみを掲載していますので、「障害の状態にある子がいる方」の添付書類については、省略しています。 加給年金額に関する生計維持の申し立て 10ページ 8ページで記入した配偶者又は子と生計を同じくしてる為、署名します。 本人によって生計維持されている配偶者又は子はいないで、署名のみとなります。 委任状 12ページ 手続きを代理人に委託しない為、このページは何も記入しません。 機構独自項目 14ページ 基礎年金番号と異なる記号番号の年金手帳は持っていないので、1- 4 の質問の回答のみとなります。 振替加算に関する生計維持の申し立て 16ページ 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書 18ページ 扶養親族はありませんので、4- 1 のみ記入します。 予約相談・年金相談 年金相談の予約 年金事務所での年金の相談や手続きには、必ず予約が必要との事で、電話で予約しました。 本人確認 まずは、本人確認です。 個人情報なので大切な確認です。 基礎年金番号を答え、名前と生年月日、現住所、さらに結婚していれば旧姓を確認されます。 内容の確認 担当者: 「それでは、年金請求書の14ページを開いて下さい。 ページの真ん中位にマイナンバーの登録で数字の1が印刷されていますか? 」 私 : 「はい、1と印刷されています。 」 ・ 担当者: 「次に8ページを開いて下さい。 「配偶者・子についてご記入下さい。 」というページで、個人番号又は基礎年金番号と記載されていますが、ここは、マイナンバーカードをお持ちでしたら、個人番号を記入して下さい。 」 ・ 持参物の確認 最後に、日時の確定と持参物の確認があり、当日は総合窓口で「予約済み」の旨を伝えることと、キャンセル時の注意等があり、予約は終了します。 年金相談 「年金請求書」は、説明書をしっかりと読み記載していたので、間違えはないだろうと思っていたのですが、やはりプロの眼でチェックして頂いて良かったと思います。 何点か記入漏れがありました。 これを郵送で提出していた場合は、返却されていたかも知れません。 また、以下のような「年金請求書の受付控え」を頂けますので、確実に提出した事の証拠となりますので安心です。 「年金相談」を受けることをお勧めします。

次の

はじめての「年金請求書」!特別支給の老齢厚生年金の受取手続きの実際

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 手続き

昨年、定年退職をして再雇用で働き始めたを思ったら、もう来年からは年金受給者。 今いま再雇用で収入を得ているけど、62歳以降はどれだけの収入になるのか?どういった働き方をするのが良いか?そろそろ考えておかなきゃです。 と言うのも、再雇用先からもらう毎月の給料と年金を合わせて、一定額を超えると年金支給額が減額されるらしいのです。 ってことで、色々と調べ始めました。 60歳代前半と60歳代後半では支給減額の仕組みが異なっている。 たとえば60歳代後半の在職老齢年金では、老齢厚生年金の月額と総報酬の合計が48万円を超える場合に、超えた部分の半分が支給停止となる。 (出典:日本年金機構) 目次• 62歳からの収入 62歳から年金受給を開始すると、毎月の収入は以下のようになります。 再雇用先からの給与• 特別支給の老齢厚生年金(国からの支給部分)• 特別支給の老齢厚生年金(基金代行部分) 勤務先で厚生年金に加入しながら老齢厚生年金を受給しますので、65歳未満までは給料と年金の合計額に応じて、年金の支給が調整されます。 年金の減額(在職老齢年金)の仕組み 年金の減額については、受給年齢(60歳~65歳未満、65歳以上)によって以下の通り決められています。 なお、本表は平成29年4月1日以降適用されますが、その内容は賃金や物価の変更に応じて毎年見直されます。 以下の式に実際の数字を入れてみます。 ザックリ言えば、毎月の再雇用の給与と年金を足して28万円以上だったら、その半分は減額しますってことで 私の場合も、しっかり減額されてしまいます。 それもかなりの金額です! いったい何なの、この仕組み!! 年金だけじゃ食べちゃいけないから再雇用で収入を増やしているのに、収入が増えたら今度は年金減らします! もう、ホント、やってらんねー!!って叫びたくなります。 まとめ 頑張って給料増やそうとすれば年金は減らされるし・・・ これじゃ、年金もらって悠々自適なんて、完全に無理ですね。 まぁ、年金ってこれまでもずぅ~っと崩壊寸前って言われてきてたので今さら驚かないけど 仕組みを調べれば調べるほどヤバいです。 でも、いざ自分のことになるとマジ焦ります。 最近じゃ、 高齢者の定義の見直しから始まって、年金受給をどんどん先送りしようとしていますよね。 更に人生100年とか言って、 繰下げ受給をすれば生涯の受給年金額が増えますキャンペーンのオンパレードです。 果たして、本当にそうなのでしょうか? 次は、年金の繰下げ受給について調べてみるつもりです。

次の