ふきのとうとふきの違い。 フキ

ふきのとう(蕗の薹)の花言葉や特徴は?「ふき」との違いも紹介!

ふきのとうとふきの違い

「ふきのとう」と「ふき」という言葉は、「チューリップの花」と「チューリップ」と同じような関係にあります。 植物の名前を学術的に書くときは「フキ」と片仮名で書きますが、フキという植物の花芽の部分が「ふきのとう」です。 両者は決して別の植物ではありません。 「とう」とは「とうが立った」という言いまわしに出てきますが、ようするに花がついた茎の部分をいう言葉です。 とうが立つ、すなわち小さい花芽が立って(大きくなって)しまうとおいしく食べられなくなるので、人間でも盛りをすぎた状態にこの言葉を使うのです。 ちょっと付け加えますと、たとえば、バラという植物の姿を思い出して下さい。 地上には茎があって、茎に葉と花がつきますね。 フキは地下に茎があるのです。 だから、茎は見あたらず、いきなり葉や花が地面から出るように見えます。 すると、葉と花が別々に出ているため、違う植物に見えてしまわないでもありません。 実際のところは茎が見えないだけで、葉と花が茎から出ているという理屈はバラと同じなのです。

次の

ふきのとうとふきの違いはズバリこうだった!

ふきのとうとふきの違い

ビタミン類|代謝を活発に ビタミンB1、B2、E、K、葉酸などのビタミン類が含まれています。 代謝を活発にしてくれます。 カリウム|余分な水分を排出 カリウムは、過剰なナトリウムを排出することで、細胞内外の水分量や浸透圧を調節する役割を持っています。 体内の余分な水分を排出するので、むくみが気になるときにも効果が期待できます。 食物繊維|満腹感を得られる ふきのとうは食物繊維も豊富。 食物繊維が多い食品は、満腹感を高めたり、血糖値の急激な上昇を抑える働きをしてくれます。 エネルギー 43kcal 水分 85. 5g 炭水化物 10. 0g 灰分 1. 9g カリウム 740mg マグネシウム 49mg リン 89mg 鉄 1. 10g ビタミンB2 0. 17mg ビタミンB6 0. 18mg ビタミンC 14mg 食物繊維総量 6. 天ぷらの作り方• ふきのとうの葉を開き、片栗粉をまぶす• ふきのとう全体に薄く衣をつける(天ぷら粉2:水3程度)• 塩を添えていただく ふきのとうの下処理(アク抜き)• 塩をたっぷり加えた熱湯で数分間茹でこぼす• 流水で冷やす• 水を替えながら室温で水にさらす• 参考: ふきのとうを食べるときの注意 ふきのとうは、毒素を持つ食材。 アク抜きをして食べれば問題ありませんが、知っておくと良いでしょう。 アク抜きし、食べすぎない ふきのとうにはピロリジジンアルカロイドという毒素が含まれており、食べ過ぎると肝機能にダメージを与える可能性が指摘されています。 ただし次のことより、アク抜きをし、通常のいただき方であれば大きく心配する必要はないとされています。 ピロリジジンアルカロイド類は水に溶けるものが多いためアク抜きを行うことで2割〜4割に減ること• 旬が短く、年中食べる食材ではないこと• 独特のえぐみや苦味があるので、通常は一度にたくさん食べないこと 参考: 似ている山菜に気をつけて ふきのとうと似ている山菜に、「ハシリドコロ」や「フクジュソウ」という有毒植物があります。 ふきのとうと間違って食べることがないよう注意が必要です。 参考:•

次の

春の恵み「ふきのとう」を使ったふき味噌の作り方

ふきのとうとふきの違い

ビタミン類|代謝を活発に ビタミンB1、B2、E、K、葉酸などのビタミン類が含まれています。 代謝を活発にしてくれます。 カリウム|余分な水分を排出 カリウムは、過剰なナトリウムを排出することで、細胞内外の水分量や浸透圧を調節する役割を持っています。 体内の余分な水分を排出するので、むくみが気になるときにも効果が期待できます。 食物繊維|満腹感を得られる ふきのとうは食物繊維も豊富。 食物繊維が多い食品は、満腹感を高めたり、血糖値の急激な上昇を抑える働きをしてくれます。 エネルギー 43kcal 水分 85. 5g 炭水化物 10. 0g 灰分 1. 9g カリウム 740mg マグネシウム 49mg リン 89mg 鉄 1. 10g ビタミンB2 0. 17mg ビタミンB6 0. 18mg ビタミンC 14mg 食物繊維総量 6. 天ぷらの作り方• ふきのとうの葉を開き、片栗粉をまぶす• ふきのとう全体に薄く衣をつける(天ぷら粉2:水3程度)• 塩を添えていただく ふきのとうの下処理(アク抜き)• 塩をたっぷり加えた熱湯で数分間茹でこぼす• 流水で冷やす• 水を替えながら室温で水にさらす• 参考: ふきのとうを食べるときの注意 ふきのとうは、毒素を持つ食材。 アク抜きをして食べれば問題ありませんが、知っておくと良いでしょう。 アク抜きし、食べすぎない ふきのとうにはピロリジジンアルカロイドという毒素が含まれており、食べ過ぎると肝機能にダメージを与える可能性が指摘されています。 ただし次のことより、アク抜きをし、通常のいただき方であれば大きく心配する必要はないとされています。 ピロリジジンアルカロイド類は水に溶けるものが多いためアク抜きを行うことで2割〜4割に減ること• 旬が短く、年中食べる食材ではないこと• 独特のえぐみや苦味があるので、通常は一度にたくさん食べないこと 参考: 似ている山菜に気をつけて ふきのとうと似ている山菜に、「ハシリドコロ」や「フクジュソウ」という有毒植物があります。 ふきのとうと間違って食べることがないよう注意が必要です。 参考:•

次の