孤独 の グルメ 新 シーズン。 『孤独のグルメ Season8』10月期ドラマ24枠で放送決定 松重豊「内臓の準備が整っていません」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

『孤独のグルメ Season8』10月期ドラマ24枠で放送決定 松重豊「内臓の準備が整っていません」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

孤独 の グルメ 新 シーズン

大人気ドラマ「孤独のグルメ」。 松重豊さん演ずる井之頭五郎さんが美味しそうに食べる姿を見て、ロケ地となったお店に行きたくなった方は多いはず。 そこで番組で紹介されたお店をまとめました。 今回はシーズン2の第1話「神奈川県川崎市新丸子のネギ肉イタメ」に登場する「三ちゃん食堂」をご紹介します。 孤独のグルメとは 人気漫画をドラマ化したテレビ番組。 テレビ東京にて深夜の時間帯に放映されていました。 番組内容 個人で輸入雑貨商を営む男・井之頭五郎(いのがしらごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様子を淡々と描く異色のグルメドキュメンタリードラマ。 原作は単行本・文庫本合わせて累計20万部を突破しているロング&ベストセラーコミック。 登場する店は全て実在し、ドラマオリジナルの選定となる。 ただ料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすらに主人公の食事シーンと心理描写をつづり淡々とストーリーが流れていく。 まだ少し時間がある。 軽く食べ物調査でもするか…。 町をうろうろしているうちに、昼間から活気にあふれる音が。 暖簾に「三ちゃん食堂」とあるその店を覗くと、なぜかたくさんのお客さんが真昼間からお酒を飲んでいる。 …食堂で、昼間から? 軽いショックを受けた五郎がダンススタジオに向かうと、約束をしていた女性オーナー西園寺は外出中だった。 時間つぶしに近くの和菓子店『昭和堂』に入る。 なぜか「味噌汁」まであるメニューの中から「クリームあんみつ」を所望。 束の間ほっとする五郎だった。 再度ダンススタジオを訪ねた五郎をかなりハイテンションな女性、西園寺(佐藤藍子)が迎えた。 10周年記念パーティにバラ100本を飾りたいという。 「花瓶じゃなくてもいいんです。 要はパッションです!」 ダンススタジオを出、空腹を覚えた五郎の頭に浮かんだのはあの『三ちゃん食堂』。 店の前まで来たものの活気に怖気づく五郎。 その時頭の中に「パッション…!」西園寺の声が…。 遂に五郎は店の中へ! サラリーマン風、学生風、職業・関係不詳の客たち…。 隣の客の酒のすすめを断りながらも、みょうがの天ぷらとチーズ入りウインナー、ネギ肉イタメ、ライスと味噌汁、店のラテンのノリに乗ってしまい、うっかり海鮮春巻きまで頼んでしまう五郎だった。 (「 」公式HPより引用) 出演者 松重 豊 … 井之頭 五郎 佐藤藍子 … 西園寺 おぼんこぼん … お客 斉藤暁 … マスター なぎら健壱(ふらっとQUSUMIコーナー) 「 三ちゃん食堂」について 1967年創業。 「新丸子駅」徒歩3分、「武蔵小杉駅」徒歩8分にあります。

次の

後釜は高畑充希!?「孤独のグルメ」を打ち切るしかない切実な理由とは?

孤独 の グルメ 新 シーズン

この記事にがあります。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2015年11月) 孤独のグルメ ジャンル 漫画 原作・原案など 作画 出版社 掲載誌 月刊PANJA (特別編) 発売日 (単行本1巻) (文庫版) (新装版) (単行本2巻) 発表期間 - 巻数 全2巻(単行本・文庫版・新装版) 話数 全32話 - ポータル 『 孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、原作・、作画・による。 の『月刊PANJA』誌上でからにかけて連載された。 その後、『』1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA! 』上でまで新作が掲載されていた。 食品会社とコラボレーション企画と称して、商品を食する漫画を掲載することもある。 1月期から系にてテレビドラマシリーズ化、2015年5月期からでウェブドラマシリーズ化されている。 概要 [ ] 個人で輸入雑貨商を営んでいる 井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたである。 主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、のような店がほとんどである。 出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半がを中心とするの店となっている。 料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴である。 ドラマティックな展開などは少なく、あたかものごとく淡々と物語が進行する。 久住のデビュー作『夜行』は夜汽車で男が独り弁当を食べる漫画であるが、これを読んでいた『月刊PANJA』の編集者から「絵柄を変えて大人向きの漫画が描けないか」と持ちかけられたことがきっかけである。 その頃のグルメブームに辟易していた久住と編集者は、打ち合わせを行い「孤独にグルメを楽しんでいる漫画」の方向性を得てタイトルも決まった。 作画を谷口にすることは、編集者の希望であった。 1996年連載終了時までの作品(1話 - 18話)をまとめた単行本が出版されている。 当初は3刷で絶版になるなど、けっしてヒット作とは言えなかった。 になり文庫版が出版されてから年2回の増刷がかかるようになり、その実績から2008年に新装版が発売されている。 の時点で文庫版は21刷、8万8千部とロングセラーで、女性読者が4割を占める。 主人公の井之頭五郎を輸入雑貨商にした理由は、『月刊PANJA』編集者の知り合いに実在していた、時間が自由になる 、の2点による。 独身であることは、先行するグルメ漫画『』『』との差別化のためである。 であることは主人公に弱点を設ける意味合いもあるが、連載の8ページに収めるために食事と酒を組み合わせる話題を避けるためであると、久住は語っている。 9月10日の誌上にて「待望の漫画第2弾! 『孤独のグルメ2』2014年10月発売予定」と掲載されたが、2014年以内に発売されず、以降順延し、2015年9月27日に発売された。 谷口は海外で翻訳されることを考慮し、2巻を描く際、セリフが縦にも横にも描けるように吹き出しをほとんど丸に描いていた。 前述のように台湾版が発売されており、タイトルは『孤獨的美食家』。 これは直訳ではあるが、久住は違和感を覚えていた。 TVドラマ版が台湾で放送された際のタイトルは『美食不孤單』。 「おいしいものがあれば孤独ではない」との意味になり、久住はこのほうが内容にあっているとコメントしている。 2月に作画のが死去。 久住は本作の今後については、「絵を描く人がもう旅立ってしまった」 「3巻が出ることはありません」 とコメントしている。 久住によれば、谷口が描かなかった最後の1話の未発表エピソードが存在するという。 輸入雑貨の商を個人で営んでいる。 孤高で自由な生き方をモットーとし、結婚や店を構えることについては「人生が重たくなる」として敬遠している。 テレビドラマ版では、Season1・第3話で今の事務所が手狭になったためので物件を探していたが、空腹になり止めている。 その後、Season2・第9話での近辺に新しい事務所を構えていることが示唆されているほか、Season4・第10話で江東区に在庫品の保管のための倉庫を借りていることが明らかにされている。 現在、特定の恋人はいない。 回想では「小雪(さゆき)」という名の女優を始め、数人の女性と交際経験がある。 父親はすでに他界 、母親については記述無し。 その他の詳しい家族構成は不明だが、離婚して出戻った姉がおり、その姉の子・太(ふとし)は()。 普段はやや人見知りで消極的。 初めての店に入るのをためらうこともある。 時々「ふっ」と鼻で笑うのが癖。 昔ながらのや古いのたたずまいを好む。 結構信心深く、を見るとお参りをする。 仕事仲間として滝山という人物がいる他、仕事用アイテムとしてと携帯電話はではなくを使用している。 一仕事終えたタイミングで空腹になる事がほとんどですぐに店を探しに行くが、仕事の途中で空腹になる時もあり、その時は商談の途中であっても半ば強引に終わらせて店を探しに行っている。 自分なりの食事に対する信念をいくつも持っており、これに則って食事を楽しんでいる。 例えば食い合わせを気にしたり、同じ食材を使った料理を選ばないように注意したりし、その選択を「うんうんバランスいいぞ」などと自賛することも多いが、いざ食べ始めてみるとメニューの食材の被り(豚肉炒めと、との卵、となど)に気づき、度々後悔している。 空腹の勢いから後先考えずに注文し食べ過ぎたり、食べきれず残してしまうこともしょっちゅうである。 テレビドラマ版では残すことはなく最後まで完食している。 愛煙家で、食事が終わった後にたばこを一服つけるのが癖(テレビドラマ版ではSeason4までは喫煙シーンがあるが、その後禁煙した模様)。 アルコールに関しては全くので、を食べただけで酔っ払うほど(テレビドラマ版Season3・第1話)。 そのため、テレビドラマ版では飲み物としてを注文しているシーンが多い。 ただ酒呑みや彼らの醸す雰囲気を嫌っているわけではない。 甘党であり、特に系の甘い物に目がない。 普段は背広服姿で、家に居る時でもすら外さない。 テレビドラマ版Season1の第5話でのみ、昔なじみの常連に誘われたというストーリーの設定上、私服姿で登場している。 かなりの筋肉質。 これは祖父がの館長であり、高校まで古武術を叩き込まれていたことに由来する。 気に入らない店主や店の客に文句を付け、武術の技を掛けたこともある。 を好んでおり、初期はの、後にのに乗る。 テレビドラマ版ではのセダンと535iツーリングに乗っている。 五郎が食べた料理 [ ] 括弧内は劇中で確認できる注文した料理の金額。 『孤独のグルメ』 [ ] 第1話 東京都のぶた肉いためライス ぶた肉いため(400円)、ライス、(100円? )、 豚肉入りのではなく、豚肉のみを炒めたものであり、少量のの千切りと不思議な存在感があるが添えてある。 豚汁はと豚肉のみが具として入っており、単品でおかずとして成立するほどに汁も具も量は多い。 のおしんこの漬かり具合は程良く、豚肉が中心となる料理の中では特に爽やかな味わいをもたらす。 第2話 東京都の廻転寿司 (1皿130円) 近くの『天國寿司』にて。 どの品も130円。 値段の割に味は良く、午後1時半から5時までのタイムサービス中は、が一皿130円となる。 五郎は、、、、、、大トロ、、など全部で11皿の寿司を食べた。 第3話 東京都の豆かん (400円) たっぷりの豆とにがかかっただけのシンプルな甘味。 豆は粒が大きく、艶がありとても柔らかい。 黒蜜はクセがなくサッパリしており、あまり甘すぎない。 第4話 東京都の鰻丼 (750円)、(400円)、のどぶ漬け(600円)、(250円) 早朝の納品の後、朝も営業している居酒屋で注文した品。 うな丼にセットでとおしんこも付いてくる。 いくらは大粒で量も多い。 は身は小ぶりだが脂が乗っている。 生ゆば刺しは中にが巻いてあり、で食べる。 第5話 の焼きまんじゅう (アンなし140円 アン入り150円) タレをぬって焼いたまんじゅう。 アンなしとアン入りがある。 タレは甘いが、アンなしは軽くて素朴な味。 一方アン入りの方は、複雑で強烈な甘さとなっている。 第6話 東京発55号のシュウマイ (600円)、ごはん(230円)、お茶 へ出張に行く際、五郎が購入した弁当。 容器の底にが入っており内部の水袋から出た水が発熱しシュウマイを温める。 シュウマイのみで米飯が付いていないため、五郎は隣の店で追加で購入していた。 第7話 のたこ焼き 大阪での商談を終えた五郎が、ホテルの前ので食べたたこ焼き。 店主曰く「ゴマ入りネギ入りの特製」で12個入り。 第8話 を経てセメント通りの焼肉 、、ライス、、 川崎セメント通りの焼き肉屋『なんてんかく』で頼んだメニュー。 焼肉は、上、上他。 チャプチュはと牛ばら肉と野菜(、、、、)を炒めたもの。 第9話 の江ノ島丼 (1300円)、(850円) にの、が付いたセット。 五郎はこれに加えても頼んだ。 江ノ島丼は一見風。 卵が甘めで、メインの具はさざえ。 蟹の味噌汁は、蟹の半身が入っていて見た目は派手だが味は薄め。 さざえの壺焼きはやや塩味が強い。 第10話 東京都のおまかせ定食 おまかせ定食(850円)、との大盛り 五郎が訪れたの店のおまかせ定食。 全体的にボリュームは少ないがオカズ数は多く、メニュー内容は、大根の葉との味噌汁、の煮物、大根の、の、いわしの南蛮風、と、。 追加で「いわしと大根のカレーライス」を大盛りで注文した。 第11話 東京都のカレー丼とおでん (650円)、、・メロン味(100円) 五郎がの休憩所で注文したもの。 肉は、が多めで、カレーは黄色味が強い。 第12話 東京都のハンバーグ・ランチ 大山ハンバーグランチ(550円) 大山町の定食屋で五郎が注文した、店のお勧めメニュー。 鉄板に乗った(ケチャップベースのソース)、、、カレー味のに、ライスと味噌汁がセットになっている。 第13話 東京都渋谷区神宮球場のウィンナー・カレー ウィンナーカレー(650円) 甥っ子の太が出場しているの予選を見に行った時に五郎がで食べたカレー。 カレーは肉とが多少入った、いわゆるスタンド風の味。 そこにお湯で温めたが3本入っている。 ウィンナーなしのカレーよりも50円増。 はセルフサービス。 第14話 東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ 銀座の『エビスヤ』のステーキ。 ライスとサラダらしき料理がセットになっている。 本来は五郎のお気に入りの店である『ブラジリア』のを食べる予定だったが、6年ぶりに訪れると店はなくなっていた。 第15話 東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ コンビニ・フーズ 深夜のコンビニで五郎が購入した夜食。 「と牛肉の中華風」、「おしんこ」、「玉子焼き」、「」、「」、「(入り)」、「ソーセージ」、「野菜の煮物」、「汁」、「新米」、「」を購入し、金額は1892円。 その後に「おでん(タマゴ、ダイコン、)」も追加で購入。 第16話 東京都のデパート屋上のさぬきうどん 月見おろしうどん(350円) 池袋のデパート屋上で食べた。 生卵がひとつとたっぷりのに加え、とネギが入っている。 ツユの色は薄く、あっさりしている。 麺は手打ち風で、角が立ってしっかりしている。 第17話 東京都のカツサンド (480円)、 『』で売っているカツサンド。 第18話 東京都渋谷の大盛り焼きそばと餃子 (720円)、(480円) 焼餃子専門店『太河宛』で、五郎が注文した品。 特別編 東京都内某病院のカレイの煮つけ(【新装版】収録) をして入院した五郎が病院で食べた食事。 作中では2食登場している。 1食目は和風で、白飯、の味噌汁、ネギと一緒に煮つけた、、おでん(大根、きんちゃく)。 翌日の朝食は洋風で、(つき)、味の野菜スープ、、牛乳。 『孤独のグルメ2』 [ ] 第1話 静岡県静岡市の汁おでん 汁 静岡へとやって来た五郎が、名物のを食べようと立ち寄った店。 しかしそこは辛味のある出し汁とともに具材を食すという「汁おでん」の店だった。 最初に注文したのはしらたき、だいこん、、。 当初は当てが外れて気落ちしていた五郎だが、出し汁の程よい辛さに食欲を刺激され、次いで焼き海苔、おでんのおかわりとともに、、、き、ブツとマグロ串焼きを注文し、その味を堪能。 最後には満足した様子で食事を終えた。 第2話 東京都のペルー料理 フレホーレスセット、セット、 偶然発見した店での食事。 フレホーレスセットは金時豆()・・豚肉の煮込み、ロモサルタードセットは豚肉・タマネギ・完熟トマト・ポテトフライのピリ辛炒めがそれぞれガーリックライスにかけられ、付け合せにチョリソ、、ポテトサラダが盛られ、箸休めのタマネギの酢漬けとオリーブの実が添えられている。 日本人の舌にもよく馴染む、親しみのある味付けが特徴。 第3話 東京都の冷やし中華とラーメン (950円)、、 数年ぶりので、昔行っていたラーメン店に行くことにする。 しかし目的の店は混雑していて諦め、すぐ近くの昭和的雰囲気の残るレトロな中華料理店に入店し冷やし中華を注文。 隣席の客がラーメンを食べているのを見て「温かいスープが恋しい」と結局ラーメンも注文した。 第4話 東京都のお茶漬けの味 、(600円) 「」と看板に掲げた居酒屋の前を通りかかった五郎は、監督の映画『』を観たことを思い出し、入店する。 「いきなりお茶漬けだけを頼むのは変ではないか」と思案した五郎はハムエッグとあたりめを注文し、あたりめの固さに苦戦するなど迷走する。 しかもカウンター席に座っていた三人組のサラリーマンの一人と口論になって喧嘩へと発展してしまい、結局お茶漬けを食すことなく店を出てしまう。 その後、自宅にてパックご飯と瓶詰めで塩辛茶漬けを自作した。 第5話 の裏路地のピザ 、 道に迷った五郎は、脇道でピザの店を見つける。 プレーンのピザに自分で具をトッピングする方式で、Lサイズ 28cm のピザとを注文。 トッピングはとトマトとピーマンをチョイス、さらにを追加し、タバスコをかけて食した。 五郎は「オーソドックスで若々しい」ピザの味に舌鼓を打つも、トッピングの平凡さにやや後悔した様子を見せた。 第6話 鳥取市役所のスラーメン (250円)、鳥取カレー(500円) パーティーに出席するため鳥取を訪れた五郎は、を観光した後、案内人から紹介されたの食堂を訪れる。 最初に案内人が勧めた素ラーメン(うどんのつゆ(関西風)にラーメンの麺を入れたもの)を注文。 コショウのおかげでラーメンらしい味と食感を楽しんだ五郎だが、「軽すぎて物足りない」と続けて鳥取カレーを追加する。 しかし・・のエキスが入っているという触れ込みに反してごく普通の味のカレーだったため、微妙な寂しさを味わう。 鳥取県鳥取市は作画担当の谷口ジローの出身地である。 第7話 東京都の定食 煮込み(並:600円)、御飯(並:200円)、漬物(100円)、茶漬け 商談を纏めた五郎は、顧客から勧められた煮込み定食専門店『らっぱ』を訪れる。 煮込み料理の味も五郎が「原寸大にウマイ」と評するほどで、大満足で食事を終えた。 店のメニューにあった茶漬けが気になっていた五郎はその店を再訪するも、茶漬けは市販品のインスタントの茶漬けであった。 第8話 東京都の赤門とエコノミー 赤門(ハーフ:330円)、エコノミー(400円) 東京大学を訪れた五郎が立ち寄った学生食堂で、食堂の構造やメニュー表記の複雑さに辟易しながらも注文した品。 赤門はまろやかな辛さのあんかけ汁無し麺。 エコノミーはいわゆる日替わり定食であり、五郎が注文した時は野菜あんのかかった和風カツライスとサラダとみそ汁の組み合わせだった。 第9話 東京都ガード下の韓国料理 韓国冷麺+miniチャーシュー丼(1,000円) 韓国料理店『まなん』で注文したセットメニュー。 庶民的・家庭的な料理が多い。 前菜としてレンコンのキンピラ、昆布の煮物、が付いてくる。 冷麺の麺は硬すぎず細い。 チャーシュー丼は上に生卵をかける方式。 第10話 東京都の照り焼き定食 ブリ照焼定食(1,000円)、明太子(サービス) 鮮魚料理店『魚九』で注文した定食。 注文札を取ってから席に着く方式。 五郎は鰤の照焼を注文したが、注文札の裏に書かれた数字が「当たり」だったため、サイドメニューから1品サービスとして明太子を追加した。 定食はご飯とシジミのみそ汁がおかわり自由。 ブリの照焼に付け合わせとして小鉢のマグロ、大根おろし、ヒジキ(取り放題)が付いてくる。 五郎はおかずの美味しさにテンションが上がりご飯を3杯たいらげ、「感動的満腹」で店を出た。 最初はラーメンとライス(200円)を注文するが、昼は替え玉か半ライスがサービスで付くと言われ、ライスを取りやめてサービスの半ライスに変える。 しかし半ライス一杯で足りず、結局半ライスを追加注文した。 麺の量を少なく感じて替え玉を注文するも、予想以上の替え玉の量に苦戦し、麺を半分残した。 第12話 東京都繊維街のハンバーグステーキ ハンバーグステーキ(700円)、ライス(大盛り300円)ハムエッグ(600円)、ソーダ水 五郎が繊維街で見つけた洋食屋『ニューカクヤ』で注文した品々。 他の客が食べている卵が乗ったハンバーグを見て、注文した「ハンバーグステーキ」は卵が乗っておらず、卵が乗るのは50円増しで注文できる「ハンバーグステーキインペリアル」の方であった。 どうしても卵が食べたくなった五郎はハムエッグを追加注文し、上に乗っていた卵を半分ハンバーグに乗せて「後付けインペリアル」として食した。 第13話 ・のアルジェリア料理 アルジェリア料理、セレクト 仕事でフランスを訪れた五郎が、かって小雪と訪れたことがあるアルジェリア食堂を再訪し、注文した品々。 席に着くと最初に注文とは別にフランスパンが出てくる。 とを注文したほか、他の客が食べていた料理を英語とジェスチャーを使って注文した。 出てきたのはの煮込み(、ニンジン、ジャガイモ、ズッキーニ、レンズ豆)とハリラスープ(トマト、パセリ、羊肉、短いパスタの具入りスープにレモンを絞って飲むもの)、さらにクスクスの付け合わせとなる野菜スープ。 汁物とトマト系の料理がかぶってしまい若干後悔するも味付けは別系統だったため杞憂に終わり、むしろ「日本人好みの味」に上機嫌となる。 セレクトは食事中に購入したジュースで、五郎は「ひねくれたコーラ味」と評した。 さらにクスクスの歯ごたえに物足りなさを感じた五郎は、追加でサフランライスを注文している。 書誌情報 [ ]• 原作・、作画・ 『孤独のグルメ』 、既刊2巻。 累計発行部数は2015年1月時点で40万部。 (1997年10月発売)• 文庫版(2000年2月発売)• 新装版(2008年4月22日発売)• 瀬戸内出張編~ (2017年) 放送期間 放送時間 日曜日22:00 - 23:30 放送分 90分 回数 1 Season7 放送期間 - 放送時間 土曜日0:12 - 0:52 放送枠 ドラマ24 放送分 40分 大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます! 放送期間 放送時間 月曜日22:00 - 23:30 放送分 90分 回数 1 Season8 放送期間 - 放送時間 土曜日0:12 - 0:52 放送枠 ドラマ24 放送分 40分 孤独のグルメ 2019大晦日スペシャル 緊急指令! 成田~福岡~釜山 弾丸出張編! Season8 第六話は『団体戦 2019 TOKYO 女子準々決勝』中継 前日 18:59 - 21:34 のため40分繰り下げ 0:52 - 1:32。 概要 [ ] 2012年から、及び系列各局にて放送。 これまでに8つのテレビシリーズとスペシャルドラマ版が数作放送されている(各シリーズとSPドラマの概要については後述)。 主演のは本作が初主演作品である。 テレビ東京の深夜ドラマ作品は近年はを主に採用しているが、この作品はテレビ東京が著作権を持ち、単独製作クレジットとなっている。 制作はが担当しており、吉見健士が強く望み、松重を五郎役に起用した。 久住はSeason1以前にもを主演としたドラマ化のオファーがあったが断った。 ドラマ化の企画は当初、共同テレビのグループ会社であるへ持ち込んだもののに一蹴され、仕方なくテレビ東京へ持ち込んだという。 当初はドラマではなくドキュメンタリーとしての映像化を企画していた。 本編構成 [ ] ストーリー構成は基本的に、五郎が顧客の元へ向かうシーンから始まり(途中で軽く食事を摂る場合もある)、顧客との商談を終えた後、空腹を満たすべく付近で店を探して食事、店を出た後に感想を独白し、その場を立ち去る場面を背景にエンディングロール、となっている。 食事シーンがメインである点は原作と同じだが、原作ではほとんど触れられることのない「本業」である輸入雑貨の購入を検討する顧客とのやり取りが概ね毎回描かれている。 原作同様、店ではかなりの量の料理を頼むが、残すことはない。 料理を食べ始める時は必ず手を合わせて「いただきます」、料理を食べ終えた後は必ず「ごちそうさまでした」と言う。 ドラマオリジナルのエピソードが基本となっている。 時間軸は原作よりも後年の設定 で、井之頭五郎も経年から性格が原作よりもやや柔和になっているほか、実在の飲食店が登場するため、基本的に原作のような失敗エピソードは無い。 ただし、原作での五郎の言動が挿入される演出が度々行われ、Season1第8話のように原作に近いエピソードや、Season1第4話やSeason3第1話のように原作の延長にあるエピソードも存在し、あちこちでドラマ版が原作のやや後年であることを示唆する演出がありSeason3第1話では回想したかのようなセリフが盛り込まれ、Season4第9話は回想の場面はほぼ原作通りの展開である。 各Seasonの最終話にドラマの中で久住がしている。 各Seasonの最終話では五郎の「さて、明日はだ、何を食おうか…。 」という言葉で締められることが多い。 また、Season5最終話では、オープニングナレーターのがゲスト出演。 Season7最終話では本作の音楽を担当するのメンバーが導入シーンで登場し、彼らがドラマ内でライブ演奏する同Seasonタイトルバック曲「アイリッシュ・スプーン」がそのままタイトルバックとして使われた。 紹介される飲食店は大衆食堂や居酒屋など庶民的な店が主で、放送後は「同じものを食べてみたい」と長蛇の列ができるという。 店の選定のため、1シーズンにつき150軒程度をスタッフが手分けして回り、同じ店に複数回通った上で撮影オファーを出している。 逆に店の側から売り込んでくることも多いが、一軒も採用していない。 ただし地方ロケの場合などは、当地のフィルムコミッションや観光協会などからの推薦を受けることがある。 ふらっとQUSUMI [ ] ドラマ本編終了後、本編に登場した飲食店を原作者の久住昌之が訪れ、店舗のおすすめメニューを試食する、取材形式のミニコーナー「ふらっとQUSUMI」が挿入される。 ナレーションは(テレビ東京アナウンサー)。 本編での店舗従業員役は俳優または女優が演じているが、こちらは通常のと同様に、実際の従業員が対応する。 「ふらっとQUSUMI」は午前中の取材も多いが、久住は酒を飲みながら取材することが多い。 その際、を「麦ジュース」、「麦スカッシュ」、「」、を、を「ブドウジュース」、をなどと言って水やソフトドリンクを飲んでいるとごまかすのが恒例となっている。 撮影スタイル [ ] 1話につき2日かけて撮影される。 1日はドラマパートの撮影、もう1日はグルメパートの撮影が行われる。 松重は、グルメパート日の前夜から食事を抜いて撮影に臨んでおり、「その日初めての食事を摂った五郎の表情」を演出することに成功している。 また、撮影現場に脚本家が同席しており、実際に食事をした松重の感想などを踏まえ台本が加筆修正された上で、食事をしたその日のうちに、撮影場所の控え室やロケバスなどで「五郎のモノローグ」が録音される。 評価 [ ] 松重演じる井之頭五郎の健啖ぶりが、放送している時間帯も伴って視聴者の食欲を刺激し「 」として人気を博する。 当初は成功を不安視して「漫画とは別物」と述べていた久住も、言を訂正して絶賛する仕上がりとなった。 松重はSeason3で辞するはずだったが、意外にも高齢者たちから「次は何時やるのか? 」と言われ、続ける意義が残った事と、人間ドックにも引っかからなかったために現在に至っている。 有料のではSeason1・Season2・Season3を再放送している。 2018年からはで、日曜18時20分からスペシャルドラマ版を除くSeason1からのシリーズを再放送している。 韓国では、最も人気の高い海外ドラマとして賞を受賞するほどの話題作となっており、ドラマに登場した料理を食べるために来日する人もいるという。 放送シリーズ・スペシャル略史(日本版) [ ] Season1(2012年) 2012年1月5日から3月22日まで、毎週木曜日0:43 - 1:13の時間帯で放送。 Season2(2012年) 再び2012年に『 孤独のグルメ Season2』と題した第二期ドラマが10月10日から12月26日まで、Season1同様テレビ東京系にて毎週水曜23:58 - 翌0:45に放送される。 放送時間が30分から47分間に拡大される。 Season1同様、食事の前にカフェや甘味処に立ち寄り、本編終了後に原作者の久住昌之がドラマで登場した街のグルメを紹介する「ふらっとQUSUMI」も継続される。 Season2はで、連続ドラマ部門優秀賞を受賞 する。 Season3(2013年) 2013年7月10日から9月25日まで『 孤独のグルメ Season3』が放送された。 Season4(2014年) 2014年7月9日から9月24日まで『 孤独のグルメ Season4』が放送された。 放送中の同年8月9日にドラマ版初となる1時間特番『孤独のグルメ Season4 特別編! 真夏の博多出張スペシャル』が夕方4時から放送されて五郎が初めて西日本で食事をする。 話数は付いておらず、映像ソフトとしてはSeason4ではなくSeason5に収録されている。 Season5(2015年)およびお正月スペシャル(2016年) 2015年10月3日から12月19日まで『』10周年記念作品として、『 孤独のグルメ Season5』を放送 する。 『ドラマ24』では初めてのテレビ東京単独製作の作品で、枠移動に従い放送時間は47分から40分間になる。 第4・5話では五郎がシリーズで初めて海外(台湾)に出張し、同じくシリーズ初となる前後編として異国の地で食事をする。 4・5話では後述する台湾版ドラマで「伍郎(ウーラン)」を演じたも出演し、両国の主役が同じ店の飯を食う「夢の共宴」となる。 真夏の東北・宮城出張編(2016年) 『孤独のグルメスペシャル! 真夏の東北・宮城出張編』のタイトルで、2016年8月3日22:00 - 23:08に放送 され、視聴率は5. 2017お正月スペシャル 井之頭五郎の長い一日(2017年) 2017年1月2日23:20 - 翌0:20に『孤独のグルメ 2017お正月スペシャル 井之頭五郎の長い一日』が放送 される。 Season6(2017年) 2017年4月8日(7日深夜)から7月1日(30日深夜)まで『ドラマ24』枠で、『 孤独のグルメ Season6』が放送された。 松重は同枠前クール(2017年1月)作品『』から続けて主演し、同枠で初めて連続主演する。 孤独のグルメ 大晦日スペシャル〜食べ納め! 瀬戸内出張編〜(2017年) 題名とおり、大晦日である12月31日の22:00 - 23:30に、シリーズ初となる生放送パートも挿入しつつ、いわゆる「対抗番組」として同番組の真裏で放送された。 Season7(2018年) 2018年4月7日(6日深夜)から6月30日(29日深夜)まで『ドラマ24』枠で、『 孤独のグルメ Season7』が放送された。 孤独のグルメ 大晦日スペシャル ~京都・名古屋出張編~ 生放送でいただきます! (2018年) 前年に引き続き、12月31日の22:00 - 23:30に放送された。 今回は生放送パートが番組冒頭にも組み込まれた。 前年SPの視聴率が2015・2016年の同時間帯に放送した番組を上回ったことから、再び実現の運びとなった。 各動画サイトでの公式見逃し配信では生放送に関わる部分は削除され一部のセリフと編集も変更されている。 Season8(2019年) 2019年10月5日(4日深夜)から12月21日(20日深夜)まで『ドラマ24』枠で、『 孤独のグルメ Season8』が放送された。 10月1日には動画配信サービス、で第1話が先行配信された。 孤独のグルメ 2019大晦日スペシャル 緊急指令! 成田~福岡~釜山 弾丸出張編! (2019年) 12月31日22:00 - 23:30に放送された。 今回はSeason8最終話の後の続編として描かれ、Season4以来である福岡への出張とSeason7以来である韓国への出張が描かれる。 キャスト(日本版) [ ]• 井之頭五郎 - ゲスト(日本版) [ ] 本作品での役名は全てを参照し記載する。 Season1(2012年) 第一話• カフェの店長 -• みかんおばあちゃん -• カフェの店員 -• バカップル・男 - 福間匠• バカップル・女 -• 巫女 - 尾道絵菜• 庄助の店長 -• 庄助のバイト - 三木結美• サラリーマン1 - 橋本利貴• サラリーマン2 - 宮川智勝• サラリーマン3 - 堀口泰寿• 常連客 - 柏木厚志 第二話• 建築職人系の男 - ()()• 男の子 - 立野海修• 母親 - たむらめぐみ• オーナー -• じいさん木下 - 小出信明• じいさん西尾 - 古田穣• じいさん山田 - 矢部豊• じいさん北島 - 松岡昭男• 五郎少年 - 松田陽大• 五郎の祖父 - 小笠原宏• サラリーマン - 池田健人• 職業不詳の中年・三浦 - 乙女俊之介• 食堂の店長 - 中嶌聡 第三話• モデルルーム・山田 -• モデルルーム・佐藤 -• 不動産の営業・西本 -• 中国人青年の店員 -• 学生1 -• 学生2 -• 学生3 - 飯野泰功• 若いOL1 - 原優理子• 若いOL2 - 高橋佑果• ティッシュ配りの男 - 松江勇武 第四話• 小雪 -• 金髪女性ランナー - 大塚友里衣• 中年男性ランナー - 奥善光• 雑貨店店長 - 駒田由香• 式場男性係員 - 瑛光• 式場担当女性・篠原 -• ウェディングドレスの女性 -• 彼氏 - 見城直樹• チャペル内男性係員 - 杉山樹志• チャペル内女性係員 - 河野仁美• チャペル内カメラマン - 打浪純• ロコディッシュ店長 -• 主婦1 - 森山琉衣• 主婦2 - 毛受廣美• 主婦3 - 吉川恭代• 女の子 - 川上莉那 第五話• 怪しい釣り師 -• 五郎の常連客 - 境博• 怒っている男 - 塚田龍二• 釣り堀受付のじいさん - 関根庄次• イケメンのバイト -• 店のお父さん - 森口一光• 店のお母さん - 長谷川久子• 女の子 - 蓬田裕理 第六話• リサイクルショップ店長・吉野 -• 美容室オーナー -• 和菓子屋の女将 - 桜井淳美• 主婦A - 盛田瑠々子• 主婦B - 梨田いづみ• みやこや・女将さん -• 常連客・A - 山下ケイジ• 常連客・B - 野々宮楓• 常連客・C - 酒井靖史• 常連客・Cの友達 - 今井田康之• みやこや・マスター - 第七話• 占い師 -• ミートショップ店員 - 藤城まさえ• ウエイトレス - 下石奈緒美• 怪しいじいさん - 南波得賢• サラリーマン1 - 武藤毅• サラリーマン2 - 浦野博士• バンドマン1 - 鳥羽史裕 元• バンドマン2 - 竹中祐太夏 元MeguMild• バンドガール - 福嶋歩弥音• 女子大生1 - 宮持杏奈• 女子大生2 - 坂口沙由里• 訳ありの男性 - 千田裕• 訳ありの女性 - 天野日佐恵• ジャズ喫茶のマスター - 第八話• 韓流アイドル風の男 -• 中村 - 天田博之• 中年男性の常連A - 衛藤文• 中年男性の常連B - 小平一誠• 中年男性の常連C - 関本昇平• 社長 - 飯盛博範• 男性店員 -• 女性店員 - 小山田モナ• 後から来た一匹狼の客 - 坂本芳文• マネージャー風の男 - 第九話• 篠宮(劇団の新人女優) -• 劇団主宰者・吉原 -• 五郎と呼ぶ男1 - 松本格子戸• 五郎と呼ぶ男2 - 印南翔太• 喫茶店マスター -• 女将さん -• 息子店員 - 八木喜孝• カウンター客1 - 山形治輝• カウンター客2 - 納本歩• カウンター客3 - 藤澤雅章• カップル・男 - 内田いさお• カップル・女 - 鹿瀬美香• 客を見送る劇団員 - 島田篤志 第十話• 八百屋の奥さん -• 業界人・安田 - 窪隆司• 主婦の客 - 芳賀めぐみ• 食堂のお父さん - 森屋実• 食堂のお母さん - 田崎怜依• 男子学生客 - 山内貴人• 中年男性客 - 桂野恵一• ワンコイン客 - 柏木厚志• 若いサラリーマン客 - 安井秀和• 劇団員女学生1 -• 劇団員女学生2 - 野々宮なな• 芸人を目指す学生1 -• 芸人を目指す学生2 - アイデンティティ• 公園にいた学生たち - のみなさま 第十一話• 織物屋・マキ -• 酔っ払い客 -• スカイツリーに驚く子供 -• 母親 -• 福丸まんじゅうの店員 -• 常連客 - 横塚真之介• 酔っ払い客の連れ -• すみれ・女将 -• すみれ・若女将 - 第十二話• 青山奈々 -• カウンター男性客 - 久住昌之• 女性店員 -• 亭主 - 佐藤亮介• ベビーカーの女の子 - 佐野風花• OL1 - 奈美子• OL2 - 小野由佳子• OL3 - 新井万里子• サラリーマン1 - 礒田泰輝• サラリーマン2 - 桂弘• カップル男 - 山下大生志• カップル女 - 影浦由佳• 店長 男性 -• ベビーカーをひく主婦 - Season2(2012年) 第一話• マスター(中華料理三ちゃん) -• 西園寺(井之頭の商談相手) -• 美香 - 石川詩織• お母さん - 野崎しづ子• 食堂の奥さん - 山口ルミ• 女労働者係客1 - 成田重実• 労働者係客2 - 堀雄司• フロア係1 - 石神まゆみ• フロア係2 - 星阿紗子• 太った若者 - 原田豪紀• 老人客1 - 今井吉清• 老人客2 - 守谷征治• 老人客3 -• 常連客1 タケシ - 亀井達也• 常連客2 - 文崗フミヲ• 常連客3 - 大平和幸• カップル老人 - 六條辰也• カップル女性 - 咲庭彩乃• ハンチング男性 - 三好恵介• 不詳客1 - 井上博一()• 不詳客2 - 馬場添良一(おぼんこぼん) 第二話• 店主 中山 -• 若い男の客 -• 息子 中山 -• 森乃園店員1 - 森壮太郎• 森乃園店員2 - 川上清美• 女性客1 -• 女性客2 - 対木理恵• カップル男 - 志賀龍美• カップル女 -• ジョセフィーヌ - ヒラリー・ハリソン• つづら職人 - 高橋新太郎• 店主 三味線 - 亀島聡介• 三味線屋の客 - 本條秀志• 中年常連客 - 八反田恍星• 常連客1 タケシ - 亀井達也• 会社員1 - 群馬茂平• 会社員2 - 今村雅俊• 女将 中山 - 第三話• マスター -• 真田良子 母 -• 商談相手 -• 銭湯あがりの男 - 出田和己• カフェ従業員 - 牧野綾花• カフェ男性従業員 - 松山すぐる• 買い物帰りの子供 - 岡田秀治• 買い物帰りの母親 - 本多由美• 奥さんバイト - 髙橋生子• 女性バイト -• 若サラリーマン客1 - 中野龍次郎• 若サラリーマン客2 - 金光優介• 若女性客 - 松嶋亜子• 中年サラリーマン客1 - 出井敏• 中年サラリーマン客2 - 大倉友之• 真田香織 - 第四話• 片岡 -• 梨沙 - 鎌田楓子• サンドラ - スズキジル• カップル男 - 西浦崇臣• カップル女 - 野宮唱鼓• 店長 - 岩田ダニエル 第五話• 白石教授 -• 男子学生1 - 久保田尚志• 男子学生2 - 斉藤稔• シフォン店員 - 安田共志• 大将 魚利 - 保田泰志• 珈琲文明マスター - 鹿野奏宏• マダム女性客 - 木村幸枝• キッチン友お母さん - 大高礼子• カップル男 -• カップル女 - 篠田光里• 学生客1 - 濱口敬• 学生客2 - 五十嵐祥• 学生客3 - 内山正也• 後から来る学生客1 - 吉田涼• 後から来る学生客2 - 降旗彩• 後から来る学生客3 - 田川真未• 老男性 - 第六話• 常連客 -• 高東 -• ケーキ屋店員 -• 新しい常連客 -• 常連客女 - ()• ケーキ屋常連客 -• ケーキ屋ママ客 - 高橋佑果• ケーキ屋女の子1 - 深水樹花• ケーキ屋女の子2 - 志賀茉結• 嫁 - 宇都宮五月• お母さん 増田屋の客 - 沖中千英乃• 若い男 - 杉山恵一• 息子 - 茨木真之介• 女性客1 - 吉川靖子• 女性客2 - 中村はるな• 姑 - 高杉しず子• 女の子 増田屋の客 - 丹羽絵里香• 店員 - 柏木厚志• 旦那の母 家族写真 -• 赤ちゃん 家族写真 - 田中優誠• お見合い写真女性 - (セクシー寄席)• 珍々お母さん - 第七話• 車掌 -• 新米漁師 - 仲井真徹• 女将 - 土屋美穂子• お母さん1 -• お母さん2 - 五味多恵子• お母さん3 -• サーファー1 - 伊藤鉄• サーファー2 - 桃山莉乃• 漁師客1 - 下山徹• 漁師客2 - 服部憲治• 漁師客3 - 田中好昭• 男の子 - 間中颯良• 父 -• 母 - 夕花里咲• おじいちゃん - 久保正廣• ベテラン漁師 - 第八話• 横山大輔 -• 横山美奈子 -• 大将 -• 森田さん -• 女将 - 美坂香里• 国技堂店員 - 速水啓二• 花田 - 前田耕造• 連れの客1 - 松井育美• 連れの客2 - 道正健一• 連れの客3 - 溝口三奈• 息子 高校生 - 正田悠• 小学生1 - 上正原健人• 小学生2 - 中谷彰宏• 中年客1 - 岸田康• 中年客2 - 萬田章• 大女将 - 第九話• 服部久美子 -• とんぱちで飲む男性 -• 侍店員1 -• 侍店員2 - 飯田芳• 外国人1 -• 外国人2 - ローランス由美• 竹沢商店店員 - ジョイフル和田• あさり屋お婆ちゃん - 清水令子• とんパチ店員 - 阿部和樹• かまぼこ店お母さん - 照井直美• 滝山の声 - (テレビ東京アナウンサー)• 亀田 - 第十話• 茶髪母 -• 黒髪母 -• 学生客1 - 辻本優人• 学生客2 -• 中年客1 - 柏木厚志• 中年客2 -• 老男性 - 藤好裕夫• 家族・父 - 高村一嘉• 家族・長女 - 丸山満ちる• 家族・次女 - 樋口舞• だるまや・母 -• 菅沼 - 第十一話• 鈴木 -• 女性店員A -• 女性店員B -• 吉田美由紀 - 第十二話• マスター -• 石田 -• 女性店員 たかね -• 久住さん - 久住昌之• おばちゃん - 荻原利映• 娘 - 千葉雅子• お母さん - ふらっとQUSUMIゲスト(Season2)• (新丸子)• (沼袋)• (白楽)• (京成小岩)• (十条)• (三鷹) Season3(2013年) 第一話• 黒田 真理子 - (友情出演)• スナックママ -• 南木(着物屋主人) -• プチモンド・店員 -• 中年男性客 - 第二話• 第一亭・店員(妹) -• 常連客 -• 坂上 栞 -• 女性スタッフ・田畑 -• 持ち帰りする男性客 -• カップル男役 - 第三話• かどや・お父さん -• かわづ・女性従業員 -• かどや・お母さん -• かどや・おばさん -• おばちゃん(1) -• おばちゃん(2) - 第四話• 魚谷・奥さん -• 碁盤店・主人 -• 大谷 -• 魚谷・大将 -• 中年サラリーマンC -• 中年サラリーマンD - 第五話• 時田 実 -• キャラバンサライ女性店員 -• キャラバンサライ店員 -• カップル・女 - 第六話• 山源店員・お母さん -• 甲把 静香 -• 山源店員・娘 -• 山源店員・お父さん -• タケさん -• 後輩 - 第七話• 店主・木山 -• ボラーチョお母さん -• 40代夫婦・夫 - 第八話• 長沼 -• 喜多 -• 柴 -• 幸代 -• 安保 -• 喫茶店マスター -• 中年男性客A - 第九話• 町田 陽子 -• 女性店員 1 -• 女性店員 2 -• 妊婦客 - 第十話• 沖田 正義 -• どん平・主人 -• 常連客 -• どん平・奥さん -• 看護師客(1) -• 看護師客(2) -• ふく扇・主人 - 第十一話• 大熊 秀行 -• 蔵 お父さん -• 蔵 お母さん -• ライダー客(1) -• 年寄り客(2) -• 50代夫婦客夫 -• トラック運転手客 - 第十二話• 猫カフェオーナー田中 -• だるまやご主人 -• だるまや奥さん -• サラリーマン客 -• 臚雷亭女性店員(1) -• 臚雷亭女性店員(2) -• 猫カフェ店員 -• 30代OL客(1) -• 30代OL客(2) -• だるまや中年男性客 -• 久住さん - 久住昌之 Season4(2014年) 第一話• 大橋 幸三 -• みゆき食堂店員1 -• 50代の男性客 - 第二話• オモニ -• 笹川 仁美 -• 女性店長 -• ブティック店員 - 第三話• 若女将 -• もみやん -• ならや女性店員 - 上岡松美 第四話• 谷村 悠哉 -• 女将 -• 篠 -• 谷村 今日子 - 第五話• 山下 - 特別編! 真夏の博多出張スペシャル• うどん屋店主 -• 奥村 鉄也 -• 一富女将 -• 稲永 勝臣 -• 一富大将 - 富田一男• サラリーマン1 -• サラリーマン2 - あかみねとんぼ()• サラリーマン3 - 森本ちゃん(どんぴしゃ)• サラリーマン4 -• サラリーマン5 -• サラリーマン6 - 金田昇太• OL1 - 山口章代• OL2 -• OL3 -• 地元客1 - 中川どっぺる()• 地元客2 - (メガモッツ)• 地元客3 - 阿部哲陽() 第六話• 井沢 由香里 -• カマルプール店主 -• 3人客男性2 - 第七話• まめぞ主人 -• まめぞ奥さん -• 酒井 -• 風鈴屋店主 -• 地元客1 -• 地元客2 - 手塚みのる• 地元客3 - 木村若菜• 主婦1 - 木皿木桃• 主婦2 - 斉木りえ• 一人客 -• お婆ちゃん - 曽我久子• 女の子1 - 矢口凜華• 女の子2 - 中嶋莉緒• 女の子3 - 田島絆• 鳥越神社参拝者 - 山田登喜雄 第八話• ご主人 -• 奥さん -• 石川 -• 女性客1 - 第九話• シャンウェイ主人 -• 滝山 -• 野球場オヤジ -• カップル男性客 - 西山由季拡• カップル女性客 - 第十話• 川本 -• レストランアトム主人 -• 藤田 -• 大倉 - 第十一話• 白鳥 美麗 -• 若い事務員 -• 三反田 豊 -• 2人客男性 -• 2人客女性 - 第十二話• さいき大将 -• 喫茶店マスター -• 高橋 -• 女性店員1 -• 女性店員2 -• 男性一人客 - Season5(2015年) 第一話• 佐古田 -• お母さん -• 小波 -• 美女 - 第二話• スーさん -• 田島 -• 受付嬢 - 第三話• 先輩 -• 幸子 -• 女性店主 -• カップル客・男 -• カップル客・女 - 第四話• 貴子 -• 客1 -• 客2 -• 山村 - 第五話• 劉真一 -• 伍郎 - (趙文瑄) 第六話• 大将 -• 八代圭祐 -• 中年サラリーマン1 - 松田正悟• 中年サラリーマン2 - 萩原亮介• 中年サラリーマン3 -• 常連客 -• みゆき - 第七話• 斎藤玲 -• 店主 -• 中年男性客 -• 老人客・吉田 - 第八話• 内田・妻 -• 女性店員 -• 尾崎 - 第九話• 山崎 - ()• お父さん店員 -• お母さん店員 -• 社長 - 第十話• 看護師 -• 男性患者 -• 母 -• 父 -• 医師 -• ガテン客2 - 田中光一• カップル客1 - 山﨑真吾• カップル客2 - 川崎美海• カップル客3 - 遠田翔平• カップル客4 - 平林あずみ• ネギ業者 - 木村公一 第十一話• お母さん -• 息子 -• 子ども -• 店主 -• ママ - 第十二話• 社長 - ()• 社員 - (ナイツ)• 森田 -• 内海 -• 久住 - 久住昌之• 若女将 - お正月スペシャル 真冬の北海道・旭川出張編(2016年)• 独酌 三四郎の女将 -• 近藤染工場・阿部専務 -• 自由軒のマスター -• 自由軒の店員 - 真夏の東北・宮城出張編(2016年)• 牧原 達也 -• 岸本 -• 仙台市 牛タン 親方 -• 〃 女将 -• 女川市 活魚ニューこのり 女将 - 2017お正月スペシャル 井之頭五郎の長い一日 (2017年)• 中華料理店・お母さん -• 商社社長 -• 肉料理店・店長 - Season6(2017年) 第一話• 串カツ屋店員 -• 吉田 -• 甘辛や女将 -• 甘辛や大将 -• 親子客・父 -• 美容室女性店主 -• 小学生 - 糟谷愛斗• 親子客・娘 - 長曽我部心• 島崎 - 第二話• 若女将 -• 大女将 -• カナ -• アヤ -• 若者 -• 警備員 -• 竹内さくら - 第三話• 工藤 -• 美女一人客 - 岸茉莉• ホテルフロント係 -• カップル客 - 小松渓太• カップル客 - 青木愛美• 女性店員 - 第四話• みゆ -• 若女将 - 池田恵子• 村山武 - 福地叶成• 大女将 - 黒井文江• 50代夫婦客・夫 - 植田正敏• 50代夫婦客・妻 - 西澤和子• 常連客 - 佐藤充徳• 村山真理子 - 第五話• 浜崎伝助(TV版から特別出演 ) -• 彩 -• 女性店員1 -• 板前1 -• 板前2 - 中澤功• 中年女性客 - 松沢有紗• 右側席客1 - 寺田誠• 右側席客2 - 佐土原正紀• 右側席客3 - 鈴木修• 右側席客4 - 三門正樹• 体育会系若者客1 - 加藤銀二• 体育会系若者客2 - 松本浩太郎• 若者女性客1 - 髙橋玲那• 若者女性客2 - 木田彩奈• おじさん客 - 小笠原宏• サラリーマン客1 - 木下慎一郎• サラリーマン客2 - 森英昭• 爺さん客 - 長勲• 女性店員2 - 渡部陽子• 主婦客1 - 青柳加代子• 主婦客2 - 中塚智子• 鉄ヲタ客1 - 中村英人• 鉄ヲタ客2 - 片桐秀行• 若者男性客1 - 引馬智裕• 若者男性客2 - 真白幹大• マダム客 -• 次郎 - 第六話• マダム - ヒラヤマイーキン• ミッシェル -• 店員 - ライン• 親子客・父 - ウィンゾー• 女性客1 - ミャットピューピューオー• 親子客・娘 - エミリー• メロンパン屋女性客1 - 原田沙百合• メロンパン屋女性客2 - 山下聖良• 受付スタッフ - 白戸伸幸• 生徒1 - 小幡晃聖• 生徒2 - 湯口清隆• 生徒3 - 畠田泰誠• 鈴木師範代 - 第七話• 冴島 -• 相馬 -• 大女将 -• クラブスタッフ1 - 杉本良太郎• クラブスタッフ2 - 嶺豪一• クラブスタッフ3 - 西村佳祐• クラブスタッフ5 - 中村誠一• 10代女性1 - 石黒丞子• 10代女性2 - 平八重真央• キャッチ - 桔山アツシ• ぶつかる若い女性 - 五条真巳• 中年サラリーマン1 - 大石尚行• 中年サラリーマン2 - 西岡生博• 中年サラリーマン3 - 鳥羽達也• 中年サラリーマン4 - 宏乃晋• 中年サラリーマン5 - 向井康人• IT系客・男1 - 佐藤悠司• IT系客・男2 - 須田洋平• IT系客・女 - 渡辺友貴• 私服おじさん客 - 森田幸男• 老夫婦客・男 - 日野井芳雄• 老夫婦客・女 - 小野口千恵子• ギャル客1 - 入江早紀• ギャル客2 - 伊東海咲• 若女将 - 第八話• 女性事務員 - 村田志織• 若い男性一人客 - 神山順記• 竹内社長 - 第九話• 藤堂 -• 奥さん - 第十話• 女将 -• 常連客・松田 -• 黒川 - 第十一話• 雑誌編集者・川島秀樹 -• 店員・濱田 - 第十二話• 渡辺正義 -• マスター -• 連れ客 - ANI() 大晦日スペシャル~食べ納め! 瀬戸内出張編~ (2017年)• 中村由紀子 -• 大将 -• 女将 -• 常連客 -• 男性常連客 -• 丸万このみ -• Season7(2018年) 第一話• 女将 -• 新井屋・夫 -• 新井屋・妻 - 第二話• 女将 -• 中西哲夫 - 第三話• 店員 -• 山本キャサリン - 第四話• 沼田 -• 前川 -• 駅員 - 第五話• 杉山 -• 店主 - 第六話• 店長・奥田 -• 大将 -• 女将 - 第七話• 佐々木 -• マスター - 第八話• 丸山 - ()• 大将 -• 常連客 - 第九話• パク・スヨン -• イム社長 - 第十話• パク・スヨン - パク・チョンア• イム社長 - ソン・シギョン• 屋台客 -• 常連客 - 第十一話• 坂田 - 植野行雄()• 若女将 -• 大女将 - 第十二話• 五十嵐 -• ミュージシャン(The Screen Tones) -• 大将 -• 女将 -• 田中 - 大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます! (2018年)• 鈴川江梨子 -• 梨門邸・女将 -• 梨門邸・大将 -• 安田 - ()• 中田 - (中川家)• 梨門邸・西田夫 -• 梨門邸・西田妻 -• 梅乃井・店員 -• 珈琲処カラス・ママ -• 奥村 -• 珈琲処カラス・中年男性客 -• 珈琲処カラス・老人男性客 -• 珈琲処カラス・タクシー運転手 - 田中靖浩• 台湾ラーメン光陽・女将 -• 亀家本舗・店員 -• ゑびす家・夫婦客 - ・• ゑびす家・女将 -• ゑびす家・女性店員 -• 夢の鰻屋・女将 -• 植草さん - 植草朋樹• 久住さん - 久住昌之• 前田 - Season8(2019年) 第一話• ワン -• 常連客 -• お母さん - 第二話• 沢村まどか -• お母さん - 第三話• 武者小路朱雀 -• 店主 - 第四話• お母さん -• カフェ店長 -• 石井 - 第五話• 斎藤由美子 -• 清水 - 第六話• 鳴海社長 -• 店主 -• 車夫 - 第七話• 中村真治 -• 独特な迫力のあるママ - 第八話• 吉川賢一 -• お母さん -• 娘 -• 演壇の男性 - (鳥取県知事)• 常連客 - 田中章() 第九話• 下倉 -• 店主 - 第十話• 内田良夫 -•

次の

孤独のグルメ

孤独 の グルメ 新 シーズン

松重豊が主演を務める『孤独のグルメ』第8弾『孤独のグルメ Season8』がテレビ東京系10月クールのドラマ24枠で放送されることが決定した。 本作は、原作・久住昌之、画・谷口ジローの同名人気コミックをもとに映像化したグルメドキュメンタリードラマ。 輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重豊)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描く。 シリーズを重ねるごとに視聴率が上昇し、2018年に放送された『Season7』第1話ではシリーズ中最高視聴率 5. 大晦日の夜には2年連続で生ドラマ放送にも挑戦。 さらに韓国で開催された「Seoul Drama Award 2018」では、「The Most Popular Foreign Drama of the Year」を受賞するなど、国内外で絶大な人気を誇っている。 今回、連続ドラマとしては約1年半ぶりとなる最新シーズンが始動。 第1話は、有名繁華街からスタート。 出張編では『孤独のグルメ』ファン必見の地域に初上陸&新たな挑戦も。 さらに、今までにないジャンルのグルメや長年追い求めてきた至極の一品なども登場する。 新シーズンスタート記念として、これまでの放送の中から厳選した18作品が、「ネットもテレ東」サービス(テレビ東京HP、TVer、GYAO! 、ニコニコチャンネル)とテレビ東京公式 YouTubeチャンネルにて、9月6日より期間限定で無料配信される。 主演・松重豊(井之頭五郎役)コメント 「シーズン8」決定を聞いた時の心境 一昨日、仕事から帰ったら、ネットニュースを見た妻に10月からやるんだねと言われました。 再放送中にテロップが流れたとの事。 さすがテレ東、出演者もビックリの粋なサプライズをするなぁと思いました。 今後どんなところに行って、何を食べてみたいか 心の準備は出来ていましたが、なにせ一昨日妻から知らされたばかりで、内臓の準備が整っていません。 視聴者へのメッセージ シーズン8の放送中も、私の不祥事による降板など、予断を許さない状況です。 ネットニュースよりも放送終了後のフライングテロップに御注目ください。 プロデューサー・小松幸敏 コメント テレビ東京の深夜ドラマでシーズン8まで続いている作品は『孤独のグルメ』以外になく、こんなに長く続けられているのは皆様のご声援とご支持があるからだと改めて確信しました。 そのご声援とご支持を力に、今シリーズも新しいチャレンジをし、皆さんの空腹を誘い、いい意味で期待を裏切れるよう、お宝店舗探しにまい進します。 今シリーズは新しい若い力も注入し、松重さんとスタッフ皆で、美味しい至福の時間を提供できるよう頑張ります。 ) 脚本:田口佳宏、児玉頼子 音楽:久住昌之、ザ・スクリーントーンズ 演出:井川尊史、北畑龍一、北尾賢人 チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京) プロデューサー:小松幸敏(テレビ東京)、吉見健士(共同テレビ)、菊池武博(共同テレビ) アソシエイトプロデューサー:川村庄子(テレビ東京) c テレビ東京 公式サイト:.

次の