胆嚢 を 取る と どうなる。 a)胆嚢は消化器です。胆嚢の仕事について説明しましょう.

胆嚢肥大は癌が原因!?糖質を控えて食物繊維をバランス良くがカギ

胆嚢 を 取る と どうなる

[どんな病気か] 症(たんせきしょう)や胆嚢(たんのう)ポリープなどの病気で胆嚢を切除したあと、腹痛、黄疸(おうだん)、発熱など疾患(たんどうしっかん)と関係がある症状や、吐(は)き気(け)、腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)、異常などの不定愁訴(ふていしゅうそ)がおこる状態をいいます。 [原因] 多くの場合は、取り残した結石(たんかんけっせき)があったり、あるいは手術後に胆管が細くなったり、乳頭炎(にゅうとうえん)や慢性膵炎(まんせいすいえん)などを併発したことが原因ですが、明らかなが指摘できない例もあります。 このような場合は、胆汁(たんじゅう)がうまく流れず、胆道の内圧が上昇するために腹痛などが出現するのではないかと考えられています。 [検査と診断] まず胆石が胆管内に残っていないかなど、症状をおこす原因を調べる必要があります。 検査しても、原因となる器質的な疾患(臓器の病変)が見つからない場合は、総胆管(そうたんかん)の十二指腸(じゅうにしちょう)への出口にあたるファーター乳頭(にゅうとう)の機能検査などが役立つことがありますが、その診断は簡単ではありません。 [治療] 原因となる病気が明らかになった場合は、その原因を取り除く治療が必要です。 たとえば、胆管に胆石が取り残されている場合は、十二指腸の乳頭部から総胆管内にカテーテルを入れて内視鏡的に取ることができます。 胆管狭窄(たんかんきょうさく)がある場合などは、再手術が必要になることもあります。 明らかな原因が見つからない場合は、対症的療法として、胆道(たんどう)(「」)に準じた治療が行なわれます。 また、難治性(なんちせい)の例に心身医学(しんしんいがく)的アプローチが有効なことがあります。 出典 家庭医学館について の解説 胆嚢摘出術を主体とした胆石症手術後に、おもに胆道に関係があると考えられる疼痛 とうつう 、発熱、黄疸 おうだん 、不快感などの症状が軽快せず持続または増強、あるいは新しく発生することがある。 これらの病変を一括して胆嚢摘出後症候群とよんでいる。 この症候群は特定単独の病態ではなく、原因は多種多様で病態も種々である。 発生頻度は正常の生活に支障をきたすほどの症状を訴えるのは2~5%程度である。 原因は手術前からあった病変によるものと、手術によって発生した病変によるものに大別される。 前者は共存する病態の見落としに基づくもので、随伴する慢性膵障害、過敏性腸症候群、神経症などの存在の認識は重要である。 後者は不完全な手術や手技によって新しくつくられた病態に基づくもので、遺残胆石や乳頭狭窄 きょうさく の見落とし、胆管狭窄、再発胆石などが主要な病態である。 症状は、上腹部不快感、右季肋 きろく 部(右側の最下方にある肋骨 ろっこつ 部)痛、黄疸、発熱、腹部膨満感、食欲不振、便通異常などである。 治療は、原因により異なり、適切な検査を行い機能的異常が主体であると診断した場合は規則正しい生活を心がけ、暴飲暴食は避け、食生活を正しく、便通をよくすることが重要であり、内科的療法を行う。 内科的治療に抗する場合、とくに器質的変化が原因と確診した場合には原因を除去する外科的治療に踏み切るべきである。 遺残胆石には内視鏡的経乳頭的摘出も行われる。 [中山和道] どんな病気か やで胆嚢の摘出術を受けたあとに、上腹部の痛みや不快感、発熱、 黄疸 おうだん 、吐き気などの、まるで胆石の発作のような症状が持続・出没する状態をいいます。 以前は、このような症状を起こす胆道や胆道以外の内臓の病気もまとめてこう呼んでいましたが、診断技術が進んだ現在ではそれらの病気を除き、胆道の運動異常に原因があると考えられるものを胆嚢摘出後症候群と呼んでいます。 胆嚢摘出後に症状がみられた場合、詳細な検査を行うと、総胆管結石が新たにみられたり、 胆道気腫症 たんどうきしゅしょう 胆道に空気が入り込む や十二指腸 乳頭 にゅうとう (総胆管の十二指腸への出口)が狭くなっていたり、さらにわずかに残っている胆嚢管に胆石が再発したり、細菌の感染が起こるなど、いろいろな病気が見つかります。 ただ、なかにはまれに、どんなに検査しても胆道や周囲の内臓に原因となる病気が見つからないにもかかわらず、症状が続くことがあります。 このような場合のみ、胆嚢摘出後症候群と呼ぶのがよいと思われます。 胆道の運動異常の一種とも考えられるため、胆道ジスキネジーという呼び方をされる場合もあります。 検査と診断 血液検査やX線検査、超音波検査で胆道の病気であることが疑われれば、CTやMRI検査、胆道造影検査などで診断を確定していきます。 また、胆道の病気がみられない場合でも、胃や十二指腸、大腸など周囲の臓器に異常がないかどうかの検査も必要となってきます。 胆道にも周囲の臓器にも異常がみられず、胆嚢摘出後症候群が疑われる場合には、放射性同位元素を用いたシンチグラフィーによる胆道の機能検査が行われる場合もあります。 治療の方法 検査により何らかの異常が見つかれば、それぞれの診断に応じた治療が必要となります。 これについては本書の各項目をご覧ください。 胆嚢摘出後症候群の場合、胆汁の流れをよくする薬や、胆管の機能を改善するような薬などを内服することにより治療を行っていきます。 病気に気づいたらどうする まず、手術を受けた外科医を受診するか、消化器専門医に相談するのがよいでしょう。 原因となる病気の有無を明らかにすることが大切です。 胆嚢摘出後症候群であっても適切な治療を受ければ症状はよくなるので、あまり不安をもたずに、根気よく治療を続けることが大切です。 望月 仁 出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」 六訂版 家庭医学大全科について.

次の

胆嚢摘出術について|外科(消化器一般乳腺・呼吸器外科)|診療科|各診療科・部門紹介|東京都立広尾病院

胆嚢 を 取る と どうなる

胆嚢とは 胆嚢は、正確には中鎖骨線と9番目のあばら骨の先が交わった場所の皮膚下にあります。 胆汁を受け入れるため、また、十二指腸に胆汁を排出するために胆管によってそれぞれにつながっています。 形は洋なし型(なすび型という人もいます)になっています。 食べ物が腸内に入ってきたときに、胆嚢に溜めていた胆汁を出し、消化を助けます。 主に脂っこい食事をとったときに多く出されます。 胆嚢の場所を知っていれば、痛みがあったときに胆嚢炎や胆石を疑うことができますね。 知らずにいると心臓発作と間違う場合もありますので注意が必要です。 そのことについては、また別のページで触れていきます。 胆嚢の病気 胆嚢は体の一部ですから病気になるのは胆石ばかりではありません。 ポリープもできますし、腺筋症やがんなどの病気になる場合もあります。 痛みがそれほどないからといって、胆石を治療せずにそのまま放っておくとがん化する場合もあるのです。 それに、胆石もできる場所によっては命に関わる場合もありますので、早めに病院を受診して、医師の指示の下で治療を行うようにしましょう。 なくても大丈夫? 胆嚢で一番ポピュラーな病気が胆嚢炎と胆石ですね。 稀に上に挙げたような病気にもなりますが、胆嚢炎は炎症を抑える治療をしますが、胆石などでは胆嚢を摘出する手術を行う場合があります。 腎臓や卵巣は2個ありますので摘出しても問題なさそうですが、胆嚢は摘出しても体への影響はないのでしょうか。 胃などは摘出しても、徐々に体に適応して胃のようなものができてきますが、胆嚢はどうでしょう。 胆嚢は胆汁を濃縮して溜めておき、必要に応じて排出するものです。 ですが、胆のうがなくても、胆汁が作られるのは肝臓なのですから、貯蔵する場所がなくなるだけで問題はありません。 しいていえば、濃縮して貯蔵する場所がなくなり、肝臓から直接胆汁が腸内に送り込まれるので、濃度が薄く、体が慣れるまでは便が緩くなりがちだということくらいでしょうか。 胆石を起こして摘出術を受ける胆のうは、一緒に胆嚢炎を起こしていることがほとんどで、その場合の胆嚢はすでに機能していないものが多いのです。 機能していない臓器を摘出してしまっても、なんら問題はないということです。 稀に胆嚢摘出後症候群というのがみられる場合がありますが、本当に稀なケースですので、いたずらに怖がることはありません。 術後に少しでもおかしいと思うことがあったら、手術を行った外科医に相談するのが一番です。 COLUMN〜胆嚢摘出後の食事〜 胆嚢は胆汁を濃縮してためておく器官です。 脂肪の消化を助けるのに活躍していますが、胆嚢を摘出してしまった後の食事はどうなるのでしょう。 徐々に体は慣れてきますし支障が出るわけではないのですが、胆汁が直接肝臓から十二指腸へ送られるため、全てが以前と全く同じというわけにはいきません。 やはり、焼き肉などを食べたあとは摘出前と違うなと実感します。 普段の食事には問題ないのですが、肉類を食べた次の日の便通がいつもと違います。 うまく消化されていないんだなというのが自分でもわかるのです。 普段はすんなりある便通も、思うように出なくてスッキリしません。 ようやく便通があったと思うとすぐお腹をくだしてしまいます。 焼き肉を食べたあとは必ずですので、やはり胆嚢がないことが影響しているのでしょう。

次の

胆のうは摘出しても生活に支障ががない臓器でしょうか?

胆嚢 を 取る と どうなる

前回、総胆管結石にてercpをして頂き 今後、胆嚢を取るか取らないかと投稿した 者です。 担当医の情報提供が若干小出しのため、振り回されてる 感がありましたが、すぐにまた発作が再発する可能性が あると言われ、胆嚢摘出を決意したのです。 今週は術前検査をやりました。 でも診察の度に新事実がわかり正直戸惑っています。 ほんとに手術するべきなのかどうか。 主治医いわく ・胆嚢に石は見当たらないがおそらく見えない砂などが あるという前提で、今後も発作の可能性が高いが 次回の外科との打ち合わせで外科の見解は違うかも しれないので 患者さんが手術をする決意を持てるかどうかです。 ・ercpで入れたチューブは、胆嚢摘出あとに 時期を見て入院し抜く(初耳) ・退院してからも、夜間に右の背中が痛くなるとの 質問には、胆嚢の痛みであれば摘出したら治るで あろうが、胆管に石がまた入れば同じ痛みがまた おきる。 その場合はその都度ercpをするしかない。 胆嚢を手術しても無意味なんじゃないかと思えてきてます。 血液検査はガンマジーティーピー以外下がってます。 手術する?しない?外科の先生の見解でまた 悩むことになるのか?と悶々としてます。 次の診察まで3週間。 セカンドオピニオンも視野に 入れた方がよいでしょうか? わかりにくい文章ですいません。 ちなみに大学病院です。

次の