ライトゲイザー。 A・O・J ライト・ゲイザー(アーリーオブジャスティスライトゲイザー)カード情報・考察

【聖剣伝説3 リメイク】「神獣 ライトゲイザー」の攻略情報と倒し方

ライトゲイザー

で登場した・の。 ののに比例して自身のをするを持つ。 が依存な上にの上昇値が低い。 や等を採用するは多いが、そこで得られるは微々たるものである。 も低く、とするには厳しい。 や等の存在からも、これらを押し退けての採用理由はほぼない。 取り柄は8・の中で唯一にがない点だろうか。 もっともであればという選択肢があるため、やはり見劣りしてしまう。 という点で見ればのとして考慮できるため採用できるかもしれない。 では+でできる。 だがやはり他のや4のを狙った方が良いことがほとんど。 に対応する点もとして見なしにくい。 が全盛期の頃はに余裕がある事も多く、少なからずこのも投入されて活躍する機会にはそこそこ恵まれた。 ただその頃はも規制される時期以前の状態であり、以外の同士のでは感覚に近い運用となっていた。 このの胸部には、が埋め込まれている。 「ゲイザー Gazer 」とは「(じっと)見つめる人」を意味し、転じて「観察者、取締り、監視」のことを指す。 「Stargazer」という言葉が「星を見る者」を意味するので、日本語名は「を見る者」といったところだろう。 敵対存在であるのを探し出し、生態を調査或いは排除するための兵器であることが窺える。 のモーションやから、「Geyser(間欠泉)」の意味も含まれている可能性もある。 なお、「Geyser」の読み方は「ガイザー」とするのが一般的であり、「ゲイザー」と読むのは一部媒体における俗語である。 スピードデュエルでは長い間唯一の8だったため、使用機会は多かった。

次の

聖剣伝説3のモンスター別攻略・光の神獣ライトゲイザー ─ 聖剣伝説3 完全攻略 / 全キャラ別ルート・詳細マップ付き★ゲーム攻略メモ

ライトゲイザー

まずはマップ上のA地点で水の中に入り、西の出口を目指しましょう。 その後、道なりに進みB、そしてCへ。 Cの南の階段を下りると、壁にかかった2枚の石があります。 Dの部屋に行くと先ほど見つけた石に関する記述があり、それには『(壁にかかった2枚の石 左に光、右に…)と、書いてあるが、最後の部分は読めなかった。 』と書いてあります。 2枚の石の所まで戻り、左の石に光の精霊、そして右に闇の精霊を使うと「どこかで水の流れる音がする」とのメッセージが出ます。 仕掛けを解いたら、A地点へ戻り、今度は北へ進みEへ。 Eの東の部屋の水がひいているので先に進めます。 これで光の神獣が待つ部屋まで行けます。 ちなみにDの部屋から南に進み、さらに西に進むと「はちみつドリンク」の入った宝箱があります。 このダンジョンに出現するマーマポトはある一定以上のレベル(32以上?)だとパーパポトを呼ぶようになります。 もし早めに「???の種」を入手したい場合は、パーパポトを狩りましょう。 ボス攻略 『ライトゲイザー』 基本データ Lv Lv?? 「ダークセイバー」を使えるキャラがいないパーティーは少し苦労するかもしれません。 「プリズナー」対策として「マーマポトの油」を用意して戦いに挑みましょう。 それからボスに「セイントセイバー」をかけられるとダメージを与えられないばかりか、回復してしまうので「星くずのハーブ」を用意しておきましょう。 『ライトゲイザー』の詳細な行動パターンについては「」のページを参照してください。

次の

聖剣伝説3でライトゲイザーが倒せません。プリズナーですぐにモーグリに...

ライトゲイザー

軽くバックステップし、手前に弾薬を1~複数個設置したのち大きくバックステップする。 攻防一体の狩技。 弾薬の炸裂地点は発動時にハンターが居た場所になる。 レベルによってHit数が異なり、レベルが上がると多段Hitするようになる。 (1Hitのダメージは小さくなるが) また、 最初のバックステップ中は無敵になるため、 広範囲攻撃や起き攻めなど、通常回避では避けきれないような攻撃もやり過ごすことが可能。 ただし、 バックステップ後の弾薬設置の頃に無敵時間は切れるので、突進等のように当たり判定が手前に伸びてくる攻撃の場合、真後ろへ発動してしまうと、最初のステップ後に被弾しやすい。 その場合は横を向いて突進の軸から脱すようにステップする工夫が必要になる。 爆発は味方を吹っ飛ばすため、パーティでの使用は注意が必要。  装備しているボウガンに 装填可能な弾を一気に全てリロードする。 レベル1、2では速射対応弾のみリロードされない。 L v2になると装填速度が速くなり、 Lv3で速射を含む全弾をリロードする。 ゲーム内での紹介文では「所持している全ての弾を、一度のリロードで装填」と書いているが、 実際の効果は、「全ての弾を一度のリロードで装填し、 そのクエスト中、力尽きない限り、全ての弾のリロード状態が保持される」というものである。 つまりは、リミッター解除と同じような効果が得られる。 リミッター解除の場合は、速射が出来なくなるというデメリットが存在するが、こちらの狩技にはそのような制約はない。 レベル3なら速射対応の弾も一気にリロードできる。 レベル1~3まで必要ゲージが全て 250と軽いので、 多くの弾種が有効打になる状況なら、狩技のリロードだけで立ち回ることが出来る程である。 ラピッドヘブン ラピッドヘブンの威力、性能 PVで、実験台モンスターがウルクススであったことから、 ラビットヘブンなんて読んだハンターも居たとか… 狙ってやってますな… その場でしゃがみ撃ちのような姿勢になり、 弾種が「RAPID」と言う特殊な弾を装填する。 この状態で【A】を押しっぱなしにすることで、弾を撃ち切るまでマシンガンの如く高速連射できる。 しゃがんでしまうため、その場から移動が出来なくなる。 回避することでしゃがみ=RAPID状態を解除できるが、残っていたRAPIDの弾は外されてしまう。 よって、チャンスタイムの直前(味方の乗り攻防中など)に発動し、拘束中に連射するのが気持ち良い使い方。 RAPIDと言う特殊な弾を使用するため、 持ち込んだ弾は一切消費しない。 よって、味方の乗りバトル支援にも燃費が良い。 特に上空で暴れるアルバトリオンやテオ・テスカトル、クシャルダオラは、乗り成功の難易度も高いため、これで援護射撃してあげると喜ばれる。 威力はLv1通常弾程度と大して強くないが、レベル3を全弾21発当てるとそれなりのDPSになるし、 距離補正が無いため、適正距離でも威力は出ないが、遠方でもそれなりにダメージを稼ぐことができる。

次の