次期 ランクル。 最強SUV 新型ランクル300発表は2021年夏!! 最新情報入手!!

ランドクルーザー フルモデルチェンジ情報|2020~2021年ランクル300系として新型発売予定か

次期 ランクル

現行「200」の登場が2007年9月18日であるから、実に12年ぶりの世代交代となる。 次期型は当然のことながら「ランドクルーザー300」として生まれ変わる。 トヨタの次世代クルマづくりの考え方を導入したプラットフォームである「TNGA」を採用。 オフロード走破性に優れたラダーフレーム構造は、より高次元に進化させて引き続き採用する。 ランクル300のデザイン(予想CGイラスト)。 太い3本のフロントグリルはバンパーに食い込むデザイン。 また、バンパーにはルーバー状のスリットがアクセントのように入る パワートレーンは、現行の4. 6LV8から3. 5LV6ハイブリッドに改められる。 トランスミッションは従来の6速ATからCVTに変更され、フルタイム4WDとの組み合わせとなる。 性能は、現行の4. 6LV8が最高出力234kw(318ps)/5600rpm、最大トルク460Nm 46. 9kgm /3400rpmなのに対して、新型車に積む3. 6LV6ハイブリッドユニットは220kw(299ps)/6600rpm、356Nm 36. 3kgm /5100rpmと数値上では若干パワーダウンするが、その分はモーターアシストの作動やボディの軽量化で十分にカバーしている。 ハイブリッドユニット自体も低燃費志向ではなく、パワーアップのほうに振るアレンジメントを施していると思われる。 エンジンはダウンサイジングされ、3. 5LV6ツインターボのハイブリッドとなる。 エンジンのベースはレクサスLS500などに搭載される3. 5Lツインターボで、これをハイブリッド用にチューニングしてマルチステージハイブリッドシステムと組み合わせる ボディサイズは全長4950mm、全幅1980mm、全高1870mmで全長の5m、全幅&全高2m以内はそれぞれ継続となる。 ホイールベースの2850mmは50mm程度延長される可能性がある。 エクステリアデザインは、基本的には現行のSUVシェルを踏襲するが、シンプルなラインからやや直線基調でワイルド感を強調するスタイリングで仕立てる。 フロントマスクは最近のトヨタ車に見られるような、バンパーまで切れ込んだ台形の大型横線メッキグリルで押し出しの強さをアピールする。 室内は3列シート8人乗りと2列シート5人乗りの2タイプ構成だが、4グレードのうち2列シートは1タイプのみで、メインは3列シートが受けもつ。 シートは本革、モケット、トリコットの3種類をグレードによって分けて採用するのは従来と同様になると思われる。 タイヤサイズも20、18、17インチとグレードでわける。 安全対策はアクティブ&パッシブセーフティのどちらも大幅なポテンシャルアップを図って、トヨタ車の最高峰に位置づける。 トヨタセーフティセンスは上級クラスだと現在、クラウン、アルファード/ヴェルファイアが最高の進化バージョンを採用しているが、次期型ランドクルーザー300もこれらに並ぶかそれ以上のデバイスを標準装備する。 メーカーオプションのコネクトナビのサイズは、7インチしか選べないのが8インチまで拡大し、利便性を高める改良もする。 現行モデルの生産枠も次第に絞られつつある。 すでに受注生産方式に切り替えられている。 ボディカラーは8色あるうち、ベージュマイカメタリックとダクブルーマイカはオーダーが止まっている。 ランクル300のリアデザイン(予想CGイラスト)。 ボリューム感のあるフロントマスクに対して、リアコンビランプの面積もそれほど大きくはなく、あっさりとしたデザインとなっている ひとクラス下の「ランドクルーザープラド」はランドクルーザーとは約2年間のモデルレンジの違いがあるので、こちらの次期型は2022年8月か9月あたりの世代交代になりそう。 ボディサイズがひと回り小さく、エンジンは2. 7Lガソリン&2. 8Lディーゼルユニットを搭載している。 それぞれ2列シート5人乗り、3列シート7人乗り仕様があり、こちらは2列シートが中心に売れている。 ランドクルーザー/ランドクルーザープラドを合わせたシリーズ全体としては月販2000台規模をコンスタントに売りさばいている。 ディーゼル車の販売構成比は40%以上で人気が高い。 新ラインアップが出揃えば、さらに人気が高まるに違いない。 国内には対抗するライバル車が輸入車以外は存在しないのが強みになっている。 残価設定クレジットで購入する場合、3年後の残価は60%、5年後は40%と国産陣営では最高のパーセンテージを確保している。 現行型のランクル200。 車両価格は482万6800~697万4000円となっている。 国内では国産でライバルは存在せず一部の輸入車が対抗モデルとなっている。 新型車になればさらに人気が高まるのは間違いない。 5月から全系列店扱いになるので、さらに売れ行きが高まるだろう。 収益車種なので新型になるのを楽しみにしている。

次の

【新型ランドクルーザープラド】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、180系の燃費やサイズ、価格、発売日は?

次期 ランクル

トヨタが、ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 新世代とし性能を伸ばす新型ランドクルーザープラドについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】新世代!トヨタ「新型ランドクルーザープラド」フルモデルチェンジ! トヨタが、ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 トヨタ・ランドクルーザープラドは、ブランドを代表するSUV「ランドクルーザー」シリーズの中で、都市部での走りや乗り心地を高めたライトデューティモデルとしてラインナップされています。 新型ランドクルーザープラドでは、新世代のパワートレインや安全システムを採用し、魅力をアップします。 新世代プラットフォーム「TNGA」を採用し、室内空間を拡大• 3連LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルターンランプを装備• デジタルメーターなど、最新のインテリアデザイン採用• 新世代の直列4気筒2. 5Lエンジン「Dynamic Force Engine」を搭載• 8速オートマチックトランスミッションを組み合わせ• 安全システムに第2世代「トヨタセーフティセンス」を採用 タフ!新型ランドクルーザープラドの外装(エクステリア)デザイン 新型ランドクルーザープラドの外観は、人気のあるタフなデザインを引き継ぎながら、より先進的な印象に仕上げられます。 フロントには、ハリアーにも採用された最新の3連LEDヘッドライトを採用することで、これまでより質感の高いデザインに仕上げ。 リアでは、大きなラゲッジスペースを確保するボディラインをキープしながら、深みのあるデザインとなるLEDランプを採用。 安定感あるスタンスと力強い走りが表現されます。 ホイールベース:2790mm• 最低地上高:220mm• 車重:2050kg• しかし、プラットフォームに最新の「TNGA」を採用することで室内高を拡大し、より広い室内空間を確保。 ボディ剛性も現行モデルから強化することで、悪路での乗り心地もアップされます。 新装備!新型ランドクルーザープラドの内装(インテリア)デザイン トヨタ新型ランドクルーザープラドには、現行モデルと同じく多人数乗車に対応する3列シート7人乗りと、荷室空間を重視した5人乗りが設定されます。 シートにはナッパレザーなど上質な素材が使われ、カラーもベージュやブラウン、ブラックなど複数用意することで、好みにあわせて選択することができるようになります。 メーターには、車両の走行状況や走行モードなどをわかりやすく表示する最新のデジタルメーターを採用。 インフォテインメントシステムは大画面ディスプレイを採用し、スマートフォンやインターネットとの連携を強化することで、多彩な情報がユーザーに提供されます。 その他、パワーシートやゾーンコントロールエアコン、ステアリングヒーター、パワーバックドアなどが装備され、新世代プラットフォームにより拡大される室内空間を快適に利用できるように仕上げられます。 乗員:7人乗り or 5人乗り• 直列4気筒2. 直列4気筒2. 5kgm• トランスミッション:8速AT• 駆動方式:4WD トヨタ新型ランドクルーザープラドのパワートレインには、2. 8Lディーゼルターボエンジンのほか、新世代の2. 5Lガソリン「Dynamic Force Engine」が搭載されます。 直列4気筒2. 7Lガソリン• 最大トルク:25. トランスミッション:6速AT 「Dynamic Force Engine」は、先に新世代になった「RAV4」にも搭載され、TNGAプラットフォームに基づいて新開発。 これにより、これまで搭載されていた2. 7Lエンジンより排気量を縮小しながらも、40psもの出力アップが実現されます。 8Lディーゼルターボ「1GD-FTV」の解説動画 2. 8Lディーゼルエンジンは現行モデルの2015年改良時に採用され、高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを採用することで、1600rpmの低回転から最大トルクを発揮。 新開発された尿素SCRシステムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅に低減。 水冷式インタークーラーを採用することで、ターボチャージャーにより圧縮され高温になった空気を、気温が高い場合や走行風が得られにくい状況でも安定して冷却することで、燃焼効率と環境性能を向上。 インタークーラーを小型化しインテークパイプを短縮することにより、アクセルレスポンスもアップしています。 スタビライザーを調整する「KDSS」システムにより、オンロードの快適性とオフロードの走破性が両立されます。 アプローチアングル:31度• デパーチャーアングル:28度• ランプブレークオーバーアングル:22度• 最大渡河水深:700mm• ディーゼル:12. ガソリン:10. 5Lガソリンエンジンを採用することでガソリン車の燃費がアップします。 現行モデルは2. 8Lディーゼルが11. 7Lガソリンが9. 8Lディーゼル:11. 7Lガソリン:9. 第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されています。 また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。 さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」により、安全性が大きく向上します。 365万円~540万円 トヨタ新型ランドクルーザープラドの価格は、安全装備の充実などによりアップされます。 アップ幅は10万円前後に抑えられるとみられ、維持費がダウンする2. 5Lガソリンエンジンによりコストパフォーマンスがアピールされます。 トヨタは同時期に上位モデル「ランドクルーザー」のフルモデルチェンジも計画しており、SUVの上位2モデルでブランド力をアップしていきたい考えです。 トヨタ・ランドクルーザープラドを「おさらい」。 登場前に70系ランドクルーザーの派生車種として販売されていた「ランドクルーザーワゴン」のデザインなどを変更し、後継モデルとして登場しました。 特徴として、ランドクルーザー譲りの高い悪路走行性能を持ちながらも乗用を重視し、軽量化された車体やパワートレインを採用しています。 そのコンセプトの違いからランドクルーザーとプラドでは、日本仕様で搭載するエンジンがランドクルーザーで4. 6Lガソリン、プラドが2. 8Lディーゼルと2. 7Lガソリンと、排気量に大きな差がつけられています。 現行モデルで4代目の150系ランドクルーザープラドは2009年に、同年に廃止されプラットフォームを共有していたハイラックスサーフを統合し登場。 2013年と2017年にビッグマイナーチェンジが行われデザインを変更し、国内では少ないディーゼルエンジンを選択できるSUVとして人気になっています。 新型トヨタ・ランドクルーザープラドについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

ランクルプラドのフルモデルチェンジは2022年か ショートボディやエンジンはどうなる?

次期 ランクル

ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジはいつ?2022年頃になると予想 トヨタ自動車が販売するクロスカントリーSUVのランドクルーザープラドは、2018に150系と呼ばれるプラドが新車販売されています。 2009年に販売を開始して、2017年9月にはフェイスリフトを伴う後期型へマイナーチェンジ。 ランドクルーザーが2020年にフルモデルチェンジ予定のため、その2年後にランドクルーザープラドのフルモデルチェンジが行われると予想します。 そこで、ランドクルーザープラドがモデルチェンジしてきた周期から次期プラドに切り替わるタイミングや、搭載するエンジンなどのパワートレイン・搭載装備などを具体的に考察します。 ランドクルーザープラドのモデルチェンジ周期 1985年10月 ランドクルーザー(ワゴン)発売 1990年4月(4年6ヶ月) ランドクルーザープラド(70系)発売 1993年5月(3年1ヶ月) マイナーチェンジ 1996年5月(3年) ランドクルーザープラド(90系)発売 1999年6月(3年1ヶ月) マイナーチェンジ 2002年10月(3年4ヶ月) ランドクルーザープラド(120系)発売 2009年9月(6年11ヶ月) ランドクルーザープラド(150系)発売 2013年9月(4年) マイナーチェンジ(中期型) 2017年9月(4年) マイナーチェンジ(後期型) 2022年(約5年) ランドクルーザープラド(180系)発売? フルモデルチェンジやマイナーチェンジ周期を見てみると、フルモデルチェンジは約7年の年月をかけて行っていますが、150系は8年目にビッグマイナーチェンジを行って後期型へと移行しています。 これはランドクルーザープラドの歴史の中でも初めてのことで、マイナーチェンジからもう1周期伸ばすと考えるとランドクルーザープラドは2022年頃にフルモデルチェンジすると予想します。 また本家のランドクルーザーが2022年にフルモデルチェンジするという情報もあることから、派生車種のプラドがランクルよりも早くモデルチェンジをするとは考え難いです。 ランクルが2020年にモデルチェンジして、同時か少し遅れてから販売開始するのは間違いないでしょう。 ランドクルーザープラド180系のパワートレインはディーゼルエンジンとガソリンエンジンでハイブリッドエンジン搭載の可能性も 150プラドは2015年6月の一部改良でクリーンディーゼルエンジンを追加し、V型6気筒4. 0Lガソリンエンジンを廃止しました。 2017年のマイナーチェンジではパワートレインに変更を行わずに、2. 7L直4ガソリンと2. 8L直4ディーゼルターボの2本立てで販売しています。 フルモデルチェンジ後の180系となると予想されるランドクルーザープラドでは、150系と同様にNAガソリンエンジンとディーゼルターボエンジンの2種類が搭載すると考えられますが、次期ランドクルーザーに搭載するV6ツインターボを搭載する可能性もあります。 またトヨタの新開発エンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたエンジンを採用する噂もあるため、パワートレインには大きな変化が見られるかもしれません。 安全装備には次世代のトヨタセーフティセンスを全グレードで標準装備し、最上級グレードのTZ-GにはトルセンLSDやドライブモードセレクト、19インチアルミホイールが標準で装備されるものと考えます。 乗車人数も最上級グレードのTZ-Gは7人乗りですが、ほかのグレードのTX-LとTXグレードでは5人乗りと7人乗りの2種類を販売すると考えます。 ランドクルーザープラドのフルモデルチェンジでボディタイプはどうなる?日本仕様ではロング5ドアのみのラインナップだろう ランドクルーザープラドは日本だけではなく海外でも販売されているグローバルな車で、販売地域に合わせたボディタイプを生産しています。 日本では150系からラインナップから外れた3ドアショートモデルが海外では販売されていますが、次期プラドにも3ドアショートモデルは追加されないと考えられます。 5ドアモデルに比べて短いボディで機敏性のあるショートモデルは、林道などの険しく狭い場所での取り回しがしやすいものですが、シティユースでは後部座席へのアクセスや荷物を置く際に不利で実用性の面で劣っています。 道路が整備されていて砂利道が少ない日本の道路では、ランドクルーザープラドはオンロードで使用することがほとんどのファミリーカーで、後部座席の乗り降りがしにくい3ドアショートモデルは売れないためフルモデルチェンジしたプラドでもラインナップしないと考えます。 2022年頃にフルモデルチェンジが予想されるランドクルーザープラドの画像8枚 ランドクルーザープラド TZ-G ランドクルーザープラド TZ-G ランドクルーザープラド TZ-G ランドクルーザープラド TZ-G ランドクルーザープラド TZ-G ランドクルーザープラド TZ-G ランドクルーザープラド TZ-G ランドクルーザープラド TZ-G モデルチェンジするランドクルーザープラドはオンロードユース向けだがクロールコントロールなどオフ向け装備も充実したオールマイティな車 ランドクルーザープラドは、日本の道幅が狭い道路事情に合わせて作られたライト系クロカンです。 150系プラドではいままで搭載されてこなかったオフロード向けの装備である「クロールコントロール」をTZ-Gに装備してオフロード性能も高めています。 主に市街地を走るオンロード向けのランドクルーザープラドですが、ラダーフレームも装備しているため悪路でも軽々と走行できる性能も持ち合わせています。 後期型へのマイナーチェンジから約5年後の2022年頃にはモデルチェンジすると予想するランドクルーザープラドは、都市を走るSUVの中でもラダーフレームを備えた頑丈さ、全幅1,885mmによる取り回しのしやすさ、5ドアで7人まで乗れるファミリーユースなど、どれを見ても最強の車といってもいいでしょう。

次の