かゆみ 全身 発疹 なし。 掻痒症(そうようしょう)

全身 湿疹 原因【全身ひどいかゆみと原因不明の湿疹】

かゆみ 全身 発疹 なし

湿疹で蕁麻疹という病気がありますが、 皮膚の一部に、蚊にさされたくらいの紅斑や盛り上がり(膨疹)ができて、 皮膚の灼熱感・かゆみを伴います。 一時のうちにどんどんと 湿疹が全身に発するケースもあります。 眼の付近や上唇が腫れたり、時には口の内部の粘膜が腫れる事もあります。 いずれにしても、数十分から数時間でうそのように消えてしまいます。 ただし膨疹が現われたり、消えたりを繰りかえす事も数多いようです。 また、気管支や腸管の内方にまで出て、呼吸困難やくだり腹・胃痛を伴う事もあるようですね。 スポンサーリンク このケース、永眠に至る事もありますので、ぜーぜーと息が苦しくなったり、 腹部が痛んだり、ぐったりしているようなケースでは、すぐに御医者さんの診察を受けてください。 原因が特定できないケースは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー反応薬を内服します。 解毒薬、抗生剤、痒み止めなどを注射する事もあります。 また呼吸困難など症状が激しい時には、発赤を制する副腎皮質ホルモンが処方されます。 むくみは数分から数時間後に次第に消えてなくなりますが、 数時間後から24時間くらいで再発を繰りかえすことが数多いです。 じんましんの症状自体は1〜2日で和らぐ急性じんましんが数多いのですが、 だらだらといつまでも続いて起こる慢性じんましんもあります。 スポンサーリンク おすすめ記事• スポンサーリンク.

次の

湿疹が全身に!かゆくないブツブツの原因と対処法

かゆみ 全身 発疹 なし

発疹とは皮膚に現れる吹き出物や水疱など、目で見てわかる皮膚の変化を表す言葉です。 や赤みなど、さまざまな他の症状を伴う事ことがあります。 何も心当たりがないのに、赤いブツブツが出てかゆくなってきた• 冬になると皮膚が赤くなってかゆくなる• 顔や肘など一部分に赤いガサガサした発疹が出たり治ったり繰り返している このような症状が現れたとき、考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか? 何らかの病気による発疹 発疹は皮膚の病気が原因となる事はもちろん、時には体の病気が原因となって起こる事もあります。 広範囲にわたる発疹を起こしやすい皮膚の病気 発疹を引き起こす原因は多岐にわたり、中には体の病気の症状のひとつとして現れることもあります。 乾燥性湿疹 乾燥性は名前の通りが原因で生じるで、皮脂欠乏性とも呼ばれます。 が進んで柔軟性が失われるとひび割れや皮むけが起こり、さらに進行すると強いや赤み、水ぶくれなどになることがあります。 乾燥性は全身に起こりますが、特にすねや腰回り、背中など乾燥しやすい場所に出やすいことが特徴です。 に任せて掻けば掻くほど皮膚は傷ついてしまうため、たかがと考えず適切に対応する事が大切です。 蕁麻疹 は突然皮膚の一部が蚊に刺されたように赤くくっきりと盛り上がりますが、しばらくすると消えてしまいます。 通常、が消えた後は、一旦すっかり元どおりになりますが、繰り返すこともしばしばあります。 またではだけでなく、チクチクとした感じや焼けるような感じを伴うこともあります。 原因には様々なものがありますが、一部は反応によって起こるとされています。 光線過敏症 は日光によって引き起こされる免疫系の反応で、日光とも呼ばれます。 の原因は遺伝性、代謝異常、等ありますが、なかでも薬剤によるものの頻度が高いとされています。 では、日光に晒された部分の皮膚が赤くなる、ブツブツができる、水ぶくれになる、などの症状が生じます。 病院に行く目安とポイント 心当たりがないのに突然発疹が出たときや、しばらく様子を見ていても症状が良くならない・短期間で悪化するような時には、一度皮膚科を受診しましょう。 また発疹だけでなく発熱を伴ったり、他の体の症状が強いような時には早めに皮膚科や内科を受診しましょう。 皮膚の症状は時間とともに移り変わりやすく、口頭では医師に伝えにくい事もあります。 スマートフォンなどで写真などにおさめておくとよいでしょう。 ほか、いつから、どのような症状があるか、他の症状はあるか、心当たりの有無などを医師に伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活上の原因で発疹が起こる場合もあります。 虫刺されによるもの は非常に身近な皮膚の異常で、蚊などの虫に刺されることによって生じる、の強い赤いブツブツです。 の原因となる虫は、蚊、ノミ、ブユ、ハチ、トコジラミ、アブ、毛虫などが挙げられます。 しかし刺されたしばらく後でに気付くことも多く、その場合は刺した虫を特定することは難しいでしょう。 虫刺されかなと思ったら は軽症であれば市販の止めなどで対応できますが、赤みや・痛みなどの症状が強い場合は毒性の強い虫に刺された可能性も考えられます。 そのような場合には皮膚科を受診しましょう。 敏感肌 は、皮膚の一番外側にある角質層のバリア機能が何らかの理由で低下し、外部刺激に敏感になってしまっている状態です。 敏感肌かなと思ったら になる原因は、乾燥や加齢、不適切なスキンケア、体質、ストレスなど様々です。 まずはの原因を突き止め、それにあった適切なケアをしていきましょう。 よくならないときには 自分でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、思いもよらぬ原因が潜んでいる場合があります。 そのような場合には一度皮膚科で相談してみましょう。

次の

掻痒症(そうようしょう)

かゆみ 全身 発疹 なし

肝臓は「体内の化学工場」と言われるほど重要な役目を担い、その働きが弱まると体がだるくなったり、手足がつったりする。 「沈黙の臓器」と呼ばれるものの、自覚症状として表れることもある。 かゆみもその一つだ。 肝臓病に詳しい虎の門病院分院(川崎市)の熊田博光分院長によると、肝臓病患者の3人に1人はかゆみが出るという。 中年以降の女性に発症することが多い原発性胆汁性肝硬変は、胆管が壊れて胆汁の流れが滞る病気だが、黄疸(おうだん)などの症状に伴ってかゆみが出ることがある。 肝臓がん、C型肝炎、アルコール性肝炎など慢性の肝臓病でも、病状が進むとかゆみが表れたり、強まったりする。 肝臓病のかゆみは全身に広がり、かいても治まらないのが特徴だ。 かゆくて眠れず、イライラして、日常生活に支障が生じることもある。 一般的なかゆみは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬でたいてい治まる。 しかし、肝臓病によるかゆみは、オピオイドと呼ばれる物質が関係していて、脳が直接刺激を受け、かゆみを感じる。 そのため、抗ヒスタミン薬などでは治療効果が期待できないことが多い。 従来の治療薬では改善が見られない慢性肝臓病のかゆみに、2015年からナルフラフィン塩酸塩が使えるようになった。 熊田分院長の調査では、かゆみがある肝臓病患者の約80%に改善効果が見られたという。 「かゆみが治まって安眠できれば、日常生活の向上にもつながります。 肝臓病と上手に付き合っていくことが大切です」と、熊田分院長は話す。 薬が効きにくいかゆみがあり、体がだるいなど気になる症状があれば、肝臓内科や消化器内科を受診をしてみてほしい。

次の