新日本監査法人 評判。 【落ちぶれた名門?】EY新日本有限監査法人の年収と採用条件

リモート監査は今後根付くか?各監査法人の取り組みを見る

新日本監査法人 評判

EY新日本監査法人の成り立ち EY新日本監査法人の成り立ちは以下のとおりです。 1967年 監査法人太田哲三事務所設立• 1967年 監査法人富島会計事務所設立• 1969年 監査法人第一監査事務所設立• 1969年 監査法人富島会計事務所を解散し、昭和監査法人を設立• 1970年 日新監査法人設立• 1971年 武蔵監査法人設立• 1984年 監査法人太田哲三事務所がアーンスト・アンド・ウィニーと海外提携開始• 1985年 港監査法人設立• 1985年 監査法人太田哲三事務所と昭和監査法人が合併し、太田昭和監査法人へ• 1986年 第一監査事務所、日新、武蔵が合併し、センチュリー監査法人へ• 1987年 監査法人榮光会計事務所がセンチュリー監査法人へ合流• 1989年 アーンスト・アンド・ウィニーがアーサー・ヤングと合併し、アーンスト・アンド・ヤングへ• 1990年 港監査法人がセンチュリー監査法人へ合流• 1992年 陽光監査法人が太田昭和監査法人へ合流• 2000年 太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人が合併し、太田昭和センチュリー監査法人へ• 2001年 新日本監査法人へ名称変更• 2007年 みすず監査法人から業務移管• 2008年 有限責任制へ移行し、新日本有限責任監査法人へ名称変更• 2018年 EY新日本有限責任監査法人へ名称変更 EY新日本監査法人は、初代日本公認会計士協会の会長も務めた太田哲三氏が設立した監査法人太田哲三事務所が母体で、幾度となく合併を繰り返して、現在に至っています。 はじめの大きな合併は、当時民営化が予定されていた電電公社(現NTT)や国鉄(現JR各社)などの監査業務を受嘱すべく、規模を拡大し体制を強化することを目的とした1985年の昭和監査法人との合併でした。 この合併により監査法人太田哲三事務所は太田昭和監査法人になっています。 その後、海外提携先のアーンスト・アンド・ヤングとKPMGの合併計画が正式決定されると、国内でのそれぞれの提携先であった太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人の合併交渉が行われました。 結局、アーンスト・アンド・ヤングとKPMGの合併は破談となったのですが、太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人の合併交渉は継続され、2000年に両社は合併し、太田昭和センチュリー監査法人となりました。 そしてその後、2001年に新日本監査法人に、2018年にEY新日本有限責任監査法人へ名称変更して、現在に至っています。 海外の合併が破談になったにも関わらず、国内の合併を強行した理由 1997年10月に海外大手会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングとKPMGの合併が正式発表されました。 これを受け日本でもそれぞれの提携先である太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人が合併に向けて準備を開始しました。 ところが翌1998年にはアーンスト・アンド・ヤングとKPMGの合併は破談になりましたが、日本における太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人の合併はそのまま進み、2000年に太田昭和センチュリー監査法人が誕生しています。 そもそも海外提携先の合併話が、きっかけだった太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人の合併ですが、海外提携先の合併が破談になったにも関わらず、そのまま強行されたのは、なぜでしょうか。 それは、国内の監査法人を取り巻く環境の変化に答えがあります。 当時バブル崩壊後の不良債権処理で急速に体力を奪われた金融機関は、再編に活路を見出し、大型合併に舵を切っていました。 その中の一つに、富士銀行と第一勧銀、日本興業銀行の三行による合併により、現在のみずほフィナンシャルグループの誕生があったのですが、この合併計画が、太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人の合併に大きな影響を与えたのでした。 当時、富士銀行は太田昭和が、第一勧銀はセンチュリーが、日本興業銀行は中央が担当していました。 監査法人にとって、金融機関を監査先に持つことは、新規クライアントの紹介が期待できるなど、特別な意味を持っており、何があっても死守すべきクライアントの一つです。 そのため各監査法人間で、合併後の監査を受嘱すべく、熾烈な駆け引きが行われていました。 そのような中、海外提携先の合併計画から、合併交渉に入った太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人だったのですが、海外提携先の合併が破談になった後も、当該合併がみずほフィナンシャルグループの監査受嘱に有利に働くと見て、そのまま合併交渉を継続し、合併と引き換えに、みずほフィナンシャルグループの監査を受嘱することとなったのでした。 このような国内事情があったため、海外提携先の合併が破談になったにも関わらず、国内の合併を強行して、現在のEY新日本監査法人があるのでした。 新日本監査法人の名は一億円! 太田昭和監査法人とセンチュリー監査法人が合併して、太田昭和センチュリー監査法人が誕生したのですが、名称が長くなりすぎて不評でした。 そこで新法人にふさわしい名称やロゴの考案を広告代理店に依頼して考えてもらったのが、「新日本監査法人」だったというのがもっぱらの噂です。 そして、このとき広告代理店へ支払った報酬は一億円とも言われていました。 いくつか候補があった中から、最終的に執行部が選んだ名称なのだと思いますが、一億円も支払って決めた名称の割には、なんともありふれた名称だったように思います。 多くの地区拠点を閉鎖し、現在の拠点数は国内第三位 EY新日本監査法人は東京事務所の他、以下の16の地区事務所を有しています。 区分 住所 地区事務所 札幌、仙台、山形、福島、新潟、松本、静岡、浜松、名古屋、富山、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄 この拠点数は、トーマツ、あずさに続く国内第三位の拠点数です。 以前は全国各地に拠点を有していたEY新日本ですが、2017年には岐阜、山梨、水戸、秋田の4事務所を、2018年には群馬、さいたま、千葉、横浜、長岡、長野、福井、豊橋、京都、神戸、松山、宮崎の12事務所を閉鎖し、近隣の拠点事務所に業務を集約することによって、拠点数を減らしています。 かつては全国各所に展開していることが他法人と差別化を図る上で重要だったのですが、地区事務所の監査で品質を維持するのは難しい面もあることから、東芝問題で不退転の決意で監査の質向上に取り組むEY新日本では、多くの地区事務所を閉鎖することによって、監査の質をコントロールしやすくしたものと思われます。 関係会社で提供しているサービス 監査法人の本来業務は監査業務であり、その他のコンサルティング業務や税務を同時提供することには、常に賛否両論があります。 そこでこれらの批判をかわすため、各監査法人は関係会社を作り、そこでコンサルティング業務や税務を行っています。 EY新日本監査法人でも以下の関係会社を作り、コンサルティング業務や税務を行っています。 日系企業の海外進出• 外資系企業の対日進出• 監査証明業務の売上高については、クライアント数が減少しているにも関わらず、増収となっています。 これは既存クライアントの監査報酬の増額に成功した結果のようです。 東芝問題で監査の品質向上に取り組んでいるEY新日本ですが、上昇する監査コストを報酬にうまく転嫁できたということなのでしょう。 反対に非監査証明業務については、大きく数字を落とすことになっています。 人材が不足する中、非監査証明業務の受注を落として、監査証明業務に監査資源を回した結果なのだと思います。 監査証明業務の状況 EY新日本の直近2年のクライアントの状況です。 東芝問題を契機に、監査法人を変更する企業が多かったことと、監査報酬増額に嫌気をさした企業が中小監査法人へ流れたことが減少の原因だと思います。 社員・職員の状況 直近2年の社員・職員の状況です。 職員数をさらに詳細に見ていく、以下のようになっています。 監査の質の向上とともに働き方改革等にも取り組んでいるEY新日本ですが、人材の流出が止まっていないようです。 また監査補助職員、その他事務職員の数も大きく減少しています。 監査コスト削減の一環で資格を持たない補助職員を積極的に採用してきたEY新日本ですが、監査の質向上に取り組む中で、戦略の見直しを行っているようです。 また子会社の整理や地区事務所の閉鎖などリストラクチャリングにも積極的に取り組んでいるEY新日本ですが、合理化を推し進め、事務職員等の数も大きく減らしています。 人件費の状況 直近2年の人件費の状況は以下のとおりです。 ただし一人当たり報酬給与は前期との比較で402千円増加の7,651千円となっています。 また一人当たり賞与も125千円増加の1,532千円となっています。 これらは比較的給与水準の低いと思われる監査補助職員、事務職員の数が減少したことが原因だと思います。 業績の状況 直近2年の業績の状況は以下のとおりです。 また昨年度に引き続き構造改革費用を特別損失に10億円計上しており、最終利益は2億円となっています。 厳しい経営環境が続くEY新日本ですが、今後はクライアントの流出を止められれるか、また監査の質向上や非監査証明業務のために必要な公認会計士等の人材を確保できるかが重要な経営課題だと思います。 クライアント構成 EY新日本有限責任監査法人が担当する上場企業が属する業種別の比率は以下のとおりです。 クライアント流出に苦しむEY新日本有限責任監査法人ですが、日産や日立をはじめとする名だたるメーカーの監査を担当しており、構成比も製造業の会社が多いようです。 売上高1兆円超のクライアント 売上高が1兆円超のクライアントを集めてみました。 EY新日本有限責任監査法人のクライアントで売上高が1兆円を超える企業は42社ありました。 そして売上高が最も多かったのは、日産自動車(株)で11兆9,511億円でした。 売上高1位の日産自動車(株)が最終利益でも7,468億円で1位となっています。 また売上高ではTOP10入りしなかった 株 みずほフィナンシャルグループですが、最終利益では5,765億円と2位になっています。 (単位:百万円) 順位 社名 最終利益 1 日産自動車 株 746,892 2 株 みずほフィナンシャルグループ 576,547 3 株 日立製作所 362,988 4 JXTGホールディングス 株 361,922 5 東京電力ホールディングス 株 318,077 6 信越化学工業 株 266,235 7 キヤノン 株 241,923 8 野村ホールディングス 株 219,343 9 株 三菱ケミカルホールディングス 211,788 10 丸紅 株 211,259 銀行 EY新日本有限責任監査法人のクライアントで銀行を集めてみました。 売上高1位は 株 みずほフィナンシャルグループで3兆5,611億円です。 続いて 株 ふくおかフィナンシャルグループが2位となっており、2,375億円となっています。 メガバンクはみずほだけですね。 昔はりそなもEY新日本有限責任監査法人のクライアントでしたが、一時国有化された時にトーマツへ移りました。 (単位:百万円) 順位 社名 売上高 1 株 みずほフィナンシャルグループ 3,561,125 2 株 ふくおかフィナンシャルグループ 237,572 3 株 千葉銀行 234,096 4 スルガ銀行 株 156,278 5 株 群馬銀行 150,386 6 株 西日本フィナンシャルホールディングス 142,613 7 株 池田泉州ホールディングス 111,612 8 株 山陰合同銀行 95,806 9 株 東京きらぼしフィナンシャルグループ 82,616 10 株 百十四銀行 80,813 証券会社 意外と少なく、証券会社は以下の4社だけです。 数は少ないですが、最大手の野村ホールディングス 株 はEY新日本有限責任監査法人のクライアントです。 (単位:百万円) 順位 社名 売上高 1 野村ホールディングス 株 1,972,158 2 いちよし証券 株 26,502 3 インヴァスト証券 株 4,166 4 丸八証券 株 2,815 電力会社 大手電力会社10社のうち、4社がEY新日本有限責任監査法人のクライアントですね。 (単位:百万円) 順位 社名 売上高 1 株 フジ・メディア・ホールディングス 646,536 2 株 WOWOW 81,574 電鉄会社 上場電鉄会社は以下の9社がEY新日本有限責任監査法人のクライアントですね。 JRは民営化の時に各監査法人へ振り分けたのですが、EY新日本有限責任監査法人はJR西日本を担当しています。 (単位:百万円) 順位 社名 売上高 1 西日本旅客鉄道 株 1,500,445 2 東京急行電鉄 株 1,138,612 3 株 西武ホールディングス 530,631 4 小田急電鉄 株 524,660 5 西日本鉄道 株 375,153 6 京阪ホールディングス 株 322,276 7 京浜急行電鉄 株 315,685 8 山陽電気鉄道 株 47,276 9 京福電気鉄道 株 11,446 IFRS IFRS任意適用会社は現在149社あるのですが、そのうちEY新日本有限責任監査法人のクライアントは以下の45社です。 株式会社ジーエヌアイグループ 株式会社ディー・エヌ・エー サッポロホールディングス株式会社 味の素株式会社 J.フロントリテイリング株式会社 飯田グループホールディングス株式会社 株式会社コメダホールディングス 株式会社スシローグローバルホールディングス インフォテリア株式会社 株式会社クレハ 大陽日酸株式会社 株式会社三菱ケミカルホールディングス 日立化成株式会社 ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社 アステラス製薬株式会社 田辺三菱製薬株式会社 楽天株式会社 ライオン株式会社 JXTGホールディングス株式会社 横浜ゴム株式会社 日本板硝子株式会社 アサヒホールディングス株式会社 株式会社エイチワン テクノプロ・ホールディングス株式会社 MRT株式会社 株式会社リクルートホールディングス DMG森精機株式会社 日立建機株式会社 日本精工株式会社 株式会社日立製作所 山洋電気株式会社 キュービーネットホールディングス株式会社 富士通株式会社 セイコーエプソン株式会社 クラリオン株式会社 株式会社アドバンテスト 日信工業株式会社 株式会社ケーヒン 株式会社ショーワ 日本精機株式会社 オリンパス株式会社 丸紅株式会社 株式会社日立ハイテクノロジーズ 日立キャピタル株式会社 株式会社日立物流 米国基準 米国基準を採用している上場会社は現在19社しか残っていません。 そのうちEY新日本有限責任監査法人のクライアントは以下の2社です。 キヤノン株式会社 野村ホールディングス株式会社.

次の

新宿監査法人

新日本監査法人 評判

本記事の目次• 新日本有限責任について EY新日本有限責任監査法人は、東京都千代田区に本部を置く2000年創立の法人です。 主な事業は、会計監査、アドバイザリーサービスです。 プロフェッショナルとしての職業的倫理観を基礎に、会計およびマネジメントに関する知識・経験を生かし、監査を中心とする保証業務や経営に対するアドバイザリー業務等、クライアントに期待以上の価値あるサービスを提供すること、これら高品質なサービス提供による社会からの信頼に基づき、わが国企業を含むさまざまな事業体の健全な経営に資することを通じて、公正かつ活力あるわが国経済社会の発展に貢献することを法人の理念としています。 また、社会への貢献、信頼、絆、未来への貢献の4つを行動指針としています。 本行動指針は、当法人の経営理念を実践するために、構成員が共通に持つべき指針です。 すべての構成員は、本行動指針の内容を自ら尊重し、積極的に取り組んでいます。 新規採用者の出身大学は、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、中央大学、立教大学、明治大学、明治学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学などの有名私立大学が中心です。 初任給は、企画管理系事務職(CBS職)で月額210,000円、監査トレーニー職で月額235,000円となっています。 手当としては、通勤手当(全額支給・法人取扱いによる)、出張手当、残業手当などが支給されます。 また社員教育として、入社後は従業員一人ひとりのキャリアや目標に合わせて、自由に組み立てられる体系的な研修カリキュラムが用意されています。 職階別・分野別・専門別に求められる専門的能力を養うプログラムや、グローバル人財育成研修、次世代リーダーの育成研修など、さまざまな研修プログラムも用意されています。 新日本有限責任の会社情報 企業名 新日本有限責任 本社所在地 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 支店住所 全国に多数 HPのURL 設立年月日 2000年4月1日 代表取締役 辻 幸一 役員 現在調査中 上場・非上場 非上場 電話番号 03-3503-1100 FAX番号 現在調査中 決済月 6月 売上高 1,000億3,600万円 従業員数 5,595 人 男女比 4:1 CM動画 現在調査中 新日本有限責任の事業内容 主な事業内容は、会計監査、アドバイザリーサービスです。 経営理念とビジョン 経営理念 プロフェッショナルとしての職業的倫理観を基礎に、会計およびマネジメントに関する知識・経験を生かし、監査を中心とする保証業務や経営に対するアドバイザリー業務等、クライアントに期待以上の価値あるサービスを提供します。 これら高品質なサービス提供による社会からの信頼に基づき、わが国企業を含むさまざまな事業体の健全な経営に資することを通じて、公正かつ活力あるわが国経済社会の発展に貢献します。 法人に所属することに誇りを持って業務に臨み、経営理念の実現によりプロフェッショナルとして喜びを共有します。 ビジョン 社会への貢献、信頼、絆、未来への貢献の4つを行動指針としています。 本行動指針は、当法人の経営理念を実践するために、構成員が共通に持つべき指針です。 すべての構成員は、本行動指針の内容を自ら尊重し、積極的に取り組んでいきます。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は750万円~1,200万円で、平均年収は890万円です。 年度別平均年収は、現在調査中です。 年齢別の平均年収は、下記となっております。 20~24歳:507. 3万円、25~29歳:631. 9万円、30~34歳:694. 2万円、35~39歳:792. 1万円、40~44歳:890. 0万円、45~49歳:996. 8万円、50~54歳:1068. 0万円、55~59歳:1023. 5万円、60~64歳:720. 9万円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 企画管理系事務職(CBS職):月額210,000円、監査トレーニー職:月額235,000円 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 新日本有限責任の平均勤続年数は現在調査中です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年2回 【月間残業時間】 47. 1時間 【有給消化率】 59. 社内制度は従業員一人ひとりのキャリアや目標に合わせて、自由に組み立てられる体系的な研修カリキュラムが用意されています。 EY Japan各社の研修内容は相互に利用可能なものです。 そして昇格時研修はEY Japan共通で実施し、平等であることに配慮しています。 研修内容は、従業員の多様なニーズや希望に応じて設定しています。 職階別・分野別・専門別に求められる専門的能力を養うプログラムや、グローバル人財育成研修、次世代リーダーの育成研修など、さまざまな研修プログラムが用意されています。 人事制度は従業員本人の希望や仕事に対する適性などを総合的に考慮して、配属部署を決定しています。 また、仕事に対する能力と法人が必要とする職務内容、また社会環境などを照らし合わせ、齟齬のないように配慮・勘案して配属が決定されます。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 社員さんには色々福利厚生があると思います。 育児休暇や出産前休暇等がしっかり取れる様です。 時間短縮勤務等もあるようです。 職場にリフレッシュルームもあるのでコーヒーや紅茶・お茶とか無料で飲めます。 仕事中プロのマッサージを受けられるのも良いと思いました。 出典元: ブラックな口コミは? 実質より体裁面から入る傾向があり 何時以降原則強制退社、形式的な業務効率化等 、業務量削減という本質的な議論にはなかなかいきません。 取り組みの取りかかりとしてしょうがないこととは思いますが、抜本的に改善するには経営陣と業務責任者の思いきった判断が必要です。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 新日本有限責任の採用情報 採用人数、インターン 採用人数は若干名で、インターンは希望者は、法人所定の「インターンシップ応募シートを提出することになっています。 主な内容は、経理・監査実務(監査リスクアプローチ、主要な実証手続き等)、新日本有限責任監査法人クライアント工場視察(現場実習)、新日本有限責任監査法人職員との座談会などです。 出身大学の傾向・学歴 慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、中央大学、立教大学、明治大学、明治学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学などの有名私立大学 新日本有限責任のまとめ いかがでしたか?「新日本有限責任」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

新宿監査法人

新日本監査法人 評判

Information• 2020年06月24日:• 2020年05月25日:税務情報5月分を更新しました。 マンスリーカルチャー5月分を更新しました。 2020年04月23日:税務情報4月分を更新しました。 マンスリーカルチャー4月分を更新しました。 2020年03月27日:税務情報3月分を更新しました。 マンスリーカルチャー3月分を更新しました。 2020年02月27日:税務情報2月分を更新しました。 マンスリーカルチャー2月分を更新しました。 2020年01月24日:税務情報1月分を更新しました。 マンスリーカルチャー1月分を更新しました。 2019年12月24日:税務情報12月分を更新しました。 マンスリーカルチャー12月分を更新しました。 2019年11月26日:税務情報11月分を更新しました。 マンスリーカルチャー11月分を更新しました。 2019年10月24日:税務情報10月分を更新しました。 マンスリーカルチャー10月分を更新しました。 2019年09月25日:税務情報9月分を更新しました。 マンスリーカルチャー9月分を更新しました。 2019年08月23日:税務情報8月分を更新しました。 マンスリーカルチャー8月分を更新しました。 2019年07月24日:税務情報7月分を更新しました。 マンスリーカルチャー7月分を更新しました。 2019年06月26日:税務情報6月分を更新しました。 マンスリーカルチャー6月分を更新しました。 2019年05月23日:税務情報5月分を更新しました。 マンスリーカルチャー5月分を更新しました。 2019年05月09日:税務情報4月分を更新しました。 マンスリーカルチャー4月分を更新しました。 2019年04月08日:税務情報3月分を更新しました。 マンスリーカルチャー3月分を更新しました。 2019年02月21日:税務情報2月分を更新しました。 マンスリーカルチャー2月分を更新しました。 2019年01月24日:税務情報1月分を更新しました。 マンスリーカルチャー1月分を更新しました。 2018年12月26日:税務情報12月分を更新しました。 マンスリーカルチャー12月分を更新しました。 2018年11月24日:税務情報11月分を更新しました。 マンスリーカルチャー11月分を更新しました。 2018年10月30日:税務情報10月分を更新しました。 マンスリーカルチャー10月分を更新しました。 2018年09月27日:税務情報9月分を更新しました。 マンスリーカルチャー9月分を更新しました。 2018年08月27日:税務情報8月分を更新しました。 マンスリーカルチャー8月分を更新しました。 2018年07月28日:税務情報7月分を更新しました。 マンスリーカルチャー7月分を更新しました。 2018年07月11日:税務情報6月分を更新しました。 マンスリーカルチャー6月分を更新しました。 2018年05月24日:税務情報5月分を更新しました。 マンスリーカルチャー5月分を更新しました。 2018年04月26日:税務情報4月分を更新しました。 マンスリーカルチャー4月分を更新しました。 2018年03月28日:税務情報3月分を更新しました。 マンスリーカルチャー3月分を更新しました。 2018年02月26日:税務情報2月分を更新しました。 マンスリーカルチャー2月分を更新しました。 2018年01月29日:税務情報1月分を更新しました。 マンスリーカルチャー1月分を更新しました。 2018年01月26日:• 2017年12月25日:税務情報12月分を更新しました。 マンスリーカルチャー12月分を更新しました。 2017年12月5日:税務情報11月分を更新しました。 2017年11月24日:マンスリーカルチャー11月分を更新しました。 ホームページをリニューアル致しました。 今後とも内容の充実をはかり分かりやすい情報をタイムリーに発信してまいります。

次の